2017.07.11

7/10 保護者制裁論で充溢した保育園政策の議論~保育園等運営審議会で18時以降の追加保育料が決まる

10日午後、朝霞市保育園等運営審議会が開かれましたが、その提案のあまりにもずさんさ、あるいは困った人への想像力が欠けた内容に、唖然としながら傍聴していました。

今後、7月28日10時からの子ども子育て会議での意見聴取を経て、8月21日頃に開かれる保育園等運営審議会で決定となりますが、内容は
1.18時以降30分ごとの「延長保育料」の導入(2018年度から)
2.希望順位が下がった保育園でも兄弟姉妹が同園になるようにする処理のとりやめと点数加算の導入
3.市内在住で市内勤務の保育士の優先入所の点数加算
の3点です。1点目は昨日の会議で、経済的弱者に配慮することなどを付帯決議として決定してしまっています。

市外通勤者にペナルティーを科す内容ですし、困った状況にある人ほど大変な思いをするものです。また審議会の議論も感情論に任せる内容があり、あまりにも当の利用者が聞いたら唖然とする話もありました。
そもそもの目的が不明確なまま提案した行政の稚拙な対応も、保護者制裁論のような議論が横行する結果となった上、一部については決定にまで至ったということに、朝霞市の保育行政に絶望的な感情を持ったものです。

続きを読む "7/10 保護者制裁論で充溢した保育園政策の議論~保育園等運営審議会で18時以降の追加保育料が決まる"

| | コメント (0)

2017.07.06

7/6 いったい保育料は誰の許可を取って値上げするのか

保育園の保育料の値上げ、体系変更を検討する、「保育園等運営審議会」が10日14時~朝霞市民会館、保育園や学童保育、子ども関連施策を全体的に検討する「子ども子育て会議」が28日10時~朝霞市役所内で開催されるという案内がされています

●来年度からの保育料の改定に向けて議論が始まっています。税収が横ばいなのに保育園運営経費が逆ざや構造で毎年急伸するなか、持続可能な保育園財政ではなくなっていると見ています。私も値上げせざるを得ないと思うところがある一方、仕方ないものだからこそ、当事者たちの意見をある程度は吸い取って、保育所に関する費用負担全体の調整と緩和が必要だと思っています。

そのためには、まず、預けている、預けようとしている保護者が「この値上げなら仕方ないよね」と思うところまでもってくことが必要で、さらに言うなら、「この値上げをすることでここがよくなるよね」といううところまで持っていければ120点だと思っています。

ところが役所は、保育サービスを「負担付き給付」という概念で処理できてしまいます。何かというと費用負担を条件に費用以上のサービスを提供することをいい、そのことは一方的な給付契約の変形なので、費用負担する人の声など聴かなくてよい、という法的な位置づけです。
さすがに、今どき、それを前面に立てて、役所が勝手に保育料を改定する、などということはよろしくない、という考え方に立つので、様々な審議会や会議で意見聴取をしています。

ところが保育園の運営の様々な条件を決定する「保育園等運営審議会」は、保護者代表委員が入っていません。これはこれで問題です。
そこで市は保護者世代の委員がいる「子ども・子育て会議」に議論を付してくれているのですが、保護者が職場を出てきにくい時間帯に開催時間を設定して、結果として欠席する保護者世代の委員が少なくありません。6月市議会でも昨年の市議会でも何度も問題として取り上げているのに、また次回も、午前10時~12時開催で予定が公表されていました。これでは都内通勤している保護者委員など、午後からの出勤は微妙で、休みが丸一日になってしまい、子どもの病気による有給取得などで休暇取得日数に余裕のない委員さんは、なかなか出席できません。
午後に出勤しようとする保護者世代の委員は、会議の終了時間が延びるのを回避しようと、発言を慎む傾向があります。保護者世代の委員が発言できている場面があまり見られません。

保育料値上げは避けられなかったとしても、他の費用負担と調整したり、値上げをする対象を変えてみたりして、様々なチューニングは可能なはずです。それを保護者の納得性を探りながら前に進むべきなのに、保護者世代の委員が発言しにくい、出席しにくい運営をしたら、ただサイフに手を突っ込まれて、値上げされた被害者意識しか醸成されません。
それでは自治も、地域の共同性も育まれない。ただのお客様意識、役所にものをいうときには結果を要求するだけ、という市民を育ててしまいます。それでいいのでしょうか。

●近隣市の「子ども・子育て会議」の開催は、土日にしたり夜間にしたり、保護者世代の委員が出やすいように様々な工夫がされています。

●先ほども、値上げは必要だと思う、と申しましたが、手続き論がおかしければ、とてもとても賛意を示すことはできません。人のサイフに手を突っ込むことを一方的に決めることに加担するからです。民法改正で約款の不利益変更は同意が必要という改正が行われています。そういう時代背景のなかで、値上げはきちんと手続きを踏むべきです。

●保育料値上げの議論を始めているなか、市内民間保育所への保育士の待遇改善の独自補助が検討が始まったことが市議会の答弁で明らかにされています。それはそれで結構ですが、保育士が辞める理由が経済的理由だけではないし、短期間で退職していく保育士が少なくないことも問題です。お金を出すということだけではなく、保育士の定着対策や、保育の現場で現場では解決しきれない問題が起きているときに相談できる仕組みを整備しないと、マネジメントができずに短期間に保育士が辞めていく保育園に、ザルで水を撒くような補助金になりかねません。

●世間では誤解されていますが、子育て世代の増加は市町村財政にプラスに寄与しません。持ち出しだらけの状態が続きます。いま、全国の自治体では子育て世代の獲得合戦をしていますが、育てた子どもや子育て世帯の定着がない限り、今の保育財政の負担構造では、その市町村が育てるコストを押しつけられるだけ、という仕組みになっています。

| | コメント (0)

2017.01.21

1/21 放課後児童クラブの入所決定状況

保育園に続いて、放課後児童クラブ(学童保育)の入所内定が通知されています。

残念なことに3年生以下で保留(待機)児童が発生したのが、泉水(第五小学校)で2人、本町(第六小学校)で33人発生しています。このうち本町は、新たに開設される民間の放課後児童クラブの受け入れが可能で、問い合わせると紹介されることになります。泉水は、児童の保護者の転勤等の事情で年度末に発生する空き次第ということになります。
※保育施設の整備はどうも黒目川以東ばかり進んでいます。地域偏在がまた出てきています。今後の課題だと思います。

4年生以上で受け入れがあったのが、膝折(第一小学校)、根岸台(第九小学校)、溝沼(第十小学校)が全員、浜崎(第三小学校)の一部となっています。

●これ以上の受け入れ枠の確保のためには、学校内の放課後児童クラブだけでは敷地確保が難しいことと、保育園以上に困難な指導員確保が課題です。来年度からは、第八小学校校区と第六小学校校区には新たに民営施設が開設されます。

●高学年の保育ニーズは高くあり、できるだけ早く実施できたらと思います。一方で、高学年になってくるにつれて、放課後児童クラブ丸抱えの保育では、子どもたちの自立への欲求が満たせないところもあります。地域と施設による保育の汽水域みたいなものが必要なのではないかと思います。放課後子ども教室やプレーパークなどと連携した、自由な参加を前提とした子どもの居場所づくりが必要になってきているのではないかと思います。

| | コメント (0)

2017.01.16

1/16 保育園の決定・保留のご案内が発送されたようです

保育園等運営審議会で市が報告した、きょうが、保育園の入所決定/保留の内定通知が送られています。

毎年、何とかというお声をいただきますが、かつて定員が全部で750人しかない時代に、いろいろな働きかけがあって混乱した過去があって、現在では厳格な点数制での審査になっています。不都合な結果となった方には申し訳なく思いますが、二次募集等への対応、遠隔保育園への自動車送迎、家庭保育室の募集、育休延長など様々な対応をご検討くださるようお願いいたします。

11月に締め切った入所申請ですので、もちろん追加申し込みもありますが、逆に転勤など仕事の状況の変化や家庭の状況の変化などもあり、1次募集より楽とは言えませんが、絶望ばかりではないと思います。

さて今年の入所状況の資料を入手しました。
高い点数の方が保留になっている一方で、保育に欠けるのにどうしてこんな点数になるのか、と思うような点数の方も入所決定しています。どうしても仕事をつながなくてはならないという方は貪欲に希望園を書くことが必要だったのだろうと思います。一番、保育園入所であまり良い思いをしていないのが、片方がフルタイムで、もう片方がパートのご夫婦のご家庭です。
点数と入所決定したか保留したかだけ掲載したデータを入手しましたが、以下のうよな状況です。点数は夫婦フルタイムで加点なしだと60点(フルタイムでは働くひとり親も基本60点)です。

0歳児 入所決定最低点37点 入所保留最高点65点 分水嶺61点と60点間
1歳児 入所決定最低点39点、入所保留最高点69点(例外的)、次は65点 分水嶺64点と63点間
2歳児 入所決定最低点38点 入所保留最高72点、分水嶺63点と62点の間(転園申請分除く)
3歳児 入所決定最低点18点、入所保留最高81点、分水嶺57点と53点の間と、40点と39点の間(転所申請を除く)
4歳児 入所決定最低点39点、入所保留最高点66点、どの点数層でも半分以上が入所決定(転園申請を除く)
5歳児 転園申請を除き全員入所決定
※分水嶺とは、入所決定者が半分以上の点数と、半分以下になる点数の境界を表現したものです。3歳児以上は分布がばらつくのできれいに分水嶺が出ません。
※転園申請は、どの年齢も厳しい数字になっています。

一方で、今回の入所決定の結果、
0歳児で7園12人、1歳児で3園9人、2歳児で1園4人、3歳児で6園19人、4歳児で11園57人(新設園を除き9人)、5歳児で12園65人(新設園を除き9人)の定員のあきがあります。

●地区別でいうと、子どもの人口に対して、黒目川以西が少ないのが現実です。もとからある地元の保育事業者の数、地価や空き地の量、市役所からの地域の見え方などでどうしても黒目川以東に開設が集中しやすい傾向があります。ふたたび保育所の偏在が目に付きます。来年から改善を求めたいと思います。

| | コメント (0)

2017.01.10

1/10 保育園の入園調整状況が報告される~保育園等運営審議会

10日午後、保育園等運営審議会が開かれ傍聴してまいりました。
2016年11月に締め切られた、2017年度の保育園入所申し込みの内定状況が報告され了承されました。申し込みをした各保護者への内定通知は、16日(月)に発送となり、それをもって各保護者が保育園と入所を確定させる手続き進めることになります。

保育所の入所の決定状況の資料は、内定結果が各保護者に通知発送される16日以降に公表されますが、審議の内容から以下のような結果となっいています。
保育園の新規入所申込者数は1129人、うち794人、保留者いわゆる旧定義の待機児童数は375人です。
年齢 申し込み数 入所決定数 保留者数
0歳児  394      267     62
1歳児  418      262     156
2歳児  202      119     83
3歳児  157      131     26
4歳児   20       13     7
5歳児  3        2     1

昨年が保育園の新規申込者数が1070人だったので、59人増加しています。定員も増加していながら、低年齢児の待機児数が大きく減少していないことから、そのほとんどが0~2歳児の増加で、低年齢児の入所が厳しくなっいることがうかがわれます。

●資料が公表された後に、このブログでも入所の調整結果の分析をする予定です。

●朝霞市で新たに生まれる子どもが、毎年1400人で、5歳児の段階で580人前後の保育に至っていますが、女性の社会進出を考えると今後も保育需要は強まる傾向は続くものと思われます。昨年と今年も0歳児の入所数が約260人、1歳児の新規申し込みの約400人であると、1年齢あたり650~750人程度、生まれた子どもの半分が5歳になるまでに保育所利用することを前提に定員が必要になってくることをうかがわせます。

| | コメント (0)

2016.11.04

保育オープンミーティング開きます 11月5日午後

朝霞市での保育園入所申請手続きが始まったことを受け、来年度からの保育園入所検討者を対象に、保育オープンミーティングを開きます。
市議会の議論などを通じて得られた情報から、市の保育園の概要、政策の概要、昨年までの入所の状況などをご説明し、参加者とのみなさまとの意見交換をいたします。

○日時 2016年11月5日(土)13:30~(開場13:00)
○会場 朝霞市産業文化センター2階 第3研修室
○参加ご希望の方は、資料準備の関係で事前に申し込みをお願いいたします。
事前申し込みでご連絡いただきたいのは、①お名前、②入所を申し込む予定のお子様の来年4月1日の年齢、③お住まいの町名をメールでお知らせください。
会場変更、中止でのご連絡があるかも知れませんので、返信できるメールからお送りくださるか、返信先のメールアドレスを書き添えてください。

※お子様連れのご参加、途中入退場は自由です。
※駐車場の台数が少ない会場ですので、ご注意ください。
※本当は午前中に開きたかったのですが、開場確保の関係で午睡が必要な午後になりましたことご容赦ください。
※なお、朝霞市は厳密な入所決定制度を採用しており、議員による入所のあっせんはできませんしいたしませんのでご容赦ください。

| | コメント (0)

2016.10.14

10/14 朝霞市の保育園の入園申請日程

来年(2017年)4月に保育園入所を希望する方の入所申請日程が公表されています。
●入所申請書類の配布 2018年10月17日(月)
●入所申請受付機関 2018年10月17日(月)~11月18日(金)
※受付場所 市役所2階保育課
※郵送可(11/18消印有効)
※届け出日による入所判定の影響はありません。
※市は郵送と持参とで特段の差はないとしていますが、申請の仕方に不安がある方は窓口にお越しになる方がよいかと思います。

●昨年の事例では、入所結果の決定は1月上旬に仮決定して、2月上旬に開かれる保育園運営審議会の翌日に正式決定しています。

●ここ数年の入所申請のご相談を受けての私からの助言です。
・できるだけ通園可能な園を希望順にできるだけ順番をおつけになる方がよいですが、通園が絶対に不可能な園を希望に入れると、次年度待機児童にもカウントされませんからご注意された方がよいです。
・勤務先証明証の記入にあたって、提出に必要な月が国民の祝日等が多い月に該当して、勤務時間数を過小に書かれる危険性がありますので、市の説明書を良く読んで、勤務先に説明して記入していただいてください。
・年々、保育所利用の申請者数は増加(2010年度671人→2016年度1130人)しており、とくに1~2歳児の入所はかなり厳しい状況です。保育園入所申請しつつ、育児休業の延長などのを利用できる方はその余地を職場に残されて申請されることをおすすめします。
・政治家や有力者、保育事業者等による入所順位の介入は朝霞市は行う余地がありません。ご容赦ください。

●毎年行っていますが、保育園の新規利用希望者の保護者を対象に、11月上旬に保育ミーティングを開催しようと考えています。例年、制度説明にとどまって、お力になれているのか自信がなく検討中です。決まりましたらお知らせします。

| | コメント (0)

2016.03.06

3/3 10年前の朝霞市の保育・子ども政策の策定を思い出す

3日の本会議議案質疑で、2006~2015年度まで朝霞市の子ども政策の中心となった「あさか子どもプラン廃止条例」に質疑しました。
この計画の成果と積み残し課題の答弁を求めました。その質疑をするにあたって、計画策定時の保護者たちの動きを思い出しました。

計画策定は、2004~2005年度に行われました。
その頃、数こそ10人程度でしたが、保育園だったり、子どもの遊び場だったり、母親の孤立だったり、発達障害の子を抱えている母親だったり、今なら当たり前、子どもに関していろいろな問題意識をもった保護者が計画策定に関与させよ、と役所におしかけたことがありました。私もその一人として、子どもをだっこひもで担ぎながら市役所に行ったり保護者どうしの作戦会議をやったりしたものです。
さらに、当時、東洋大学ライフデザイン学部の学部長で社会福祉研究では権威の古川孝順先生が検討会の座長に内定していて、先生から保護者達が東洋大学の学部長室に呼び出され、保護者たちに計画の下書きさせるようなことをしてもよいのではないか、ということでその仕組みを考えるところまで進んだものです。
担当課の困惑をはじめ、いろいろな事情で、自己決定を求めた保護者の望みは断たれましたが、担当職員はその保護者たちが何を望んでいるか、火だねは残してくれて、今日の保育園の増設や、プレーパークの開設、児童虐待に対する積極的な対応体制が組み立てられてきました。

今、そんな動きがあるのかな、と考えることがあります。もちろん政策の完成度は高くなったし、子ども政策の改革に先入観や見えないところで抵抗をするような人も少なくなりましたが、一方で、子ども子育て会議も多様な保護者がいるわりには議論も低調だし、保育園運営審議会に保護者代表がいなくても平気な運営になっています。

●当時、いろいろ嫌なことを言ってしまった相手の担当係長が、議場に出世して幹部職員としておられました。とても感慨深いものがありました。

●5日、某所で保育園制度の地方分権をさらに推進せよ、という報告を聴いて、そうなんだけども当事者参加とか自己決定権の議論が欠落した保育の地方分権では、政策の決定権が、厚労省の専門的勉強をしている官僚から2~5年に1度異動をする自治体職員に置き換わるだけで、さらにはお客様的市民を増やすだけではないか、と思いました。最近話題の育休退園にしても、保育の入所点数による輪切りにしても、結果にいかんいかんと言うのではなく、当事者にも決める場に出させろ、って求める面がもっとあるべきなのでしょう。

●もうじき私も保育園政策の当事者ではなくなります。若返りが遅れ、女性参加が後退し、単身赴任者が増加する朝霞市議会のなかで、保育園のことで当事者として骨身にしみて、仕組みを改革したいと思う人材が必要です。今や朝霞市の財政の8分の1を占める政策分野です(人件費を県が負担する小中学校の運営経費を保育園同様の市財政に経由する方式に変えたらぐっとウエイトが減りますが)。

| | コメント (0)

2016.02.20

2/12 保育園運営審議会の続報

報告が遅れましたが、12日の保育園運営審議会があり、傍聴してまいりました。

そのなかで、1月に決定した入所者の大半は入所手続きが済み、一方で転勤などの事情で若干空きが出始めている状況が報告されました。
さらに、新設の小規模保育施設1ヵ所、定員拡張2ヵ所が行われて、待機児童問題の対応を進めた報告がありましたが、それでも1歳児で200人を超える待機児童の受け入れ先確保としては、20人弱という状況ですが、これは2次募集の枠として、待機になった方々への応募枠として案内されることになります。

また、点数別の入所の決定/保留の状況がようやく非公開指定が取れたので、これから分析して、昨年、一昨年とどう変化したのか分析したいと考えています。

| | コメント (0)

2016.01.05

1/5 保育園の入所調整結果の通知が発送されます

5日14:00~保育園運営審議会が開かれ、傍聴してまいりました。きょうの審議会では、来年4月から保育園への入所を申請していた保護者に、利用の認定の可否結果と、希望園の利用調整の結果が終了が報告され、その事務を承認するものでした。

きょうの審議会の結果を受けて、昨年12月3日までに、保育園の申請をしていた保護者に、決定した入所園名か、待機(保留)になったことを示す、利用調整結果の通知が発送されます。(平成28年度幼稚園・保育園等のご案内p28④)

この後、決定した入所園がある保護者は、その園との子ども同伴での面談を行った上で、園との間で正式な利用決定の手続きを行うことになります(「平成28年度幼稚園・保育園のご案内」p28をご参照ください)。

●予定では12月中に利用調整の通知をし、待機となった方のこの後の対応や、面談をする園側の時間が確保されることになっていましたが、市としては、初年度でやってみると相当な事務量だったという状況のようです。身動きができない状態で引っぱることになり、保護者の方々にはご不安を与えているかと思いますが、事情をご賢察していただけたらと思います。

●回収されましたが会議で配布された資料からは、

続きを読む "1/5 保育園の入所調整結果の通知が発送されます"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧