2017.03.24

3/21 介護・医療の統合情報システムの導入へ~3月定例市議会の一般質問から

21日11:20頃~昼をはさんで14時ぐらいまで、朝霞市議会の一般質問で7点の質問を行いました。

・ごみ焼却施設の改築に関しては、2022年改築稼働は故障リスクと周辺住民との調整の関係で動かさず、DBO方式(仕様発注で設計施工一貫方式)で行うことが明らかになったにとどまり、建築費のかかる2022年稼働を絶対に動かさないという理由に関してイマイチ得心できない答弁でした。答弁調整であった国の交付金予定額を減額される可能性もありロックされている状況に関しては答弁がなく、そのあたりは不信感を持ったところです。

・マイナンバーに関しては、余計な付帯サービスを乗っけて情報漏洩リスクがないかと問いただしたところ、現状では住民票等のコンビニ交付以外は考えていないということ、答弁のなかで市長が突然、マイナンバーとは別に、医療・介護の統合情報システムを導入して地域の医療機関・介護事業所などで検査情報や既往歴を共有するシステムを検討しているとの答弁が行われています。

・子どもと生活の課題では、火災罹災者への生活再建に関しては改善を考えたい、三原4丁目5丁目の浸水の原因は調査終盤になり概要が見えてきて排水路の勾配に課題がある可能性がある、失業者への支援ではハローワークと連携しているが、ハローワークからの生活再建への逆紹介を模索したい、税の滞納整理から生活再建につなげるサービス展開はまだ調査段階である、との答弁でした。

・交通問題では、市の公共施設の駐車場が週末には慢性的な渋滞にあること、駐車場の増設が難しいことから公共交通利用を促せ、と質問したことに対して、工夫していくという答弁。

・性少数者の課題では、市の様々な文書から不必要な性別記載欄は廃止を始めている、同性パートナーシップ証明等は調査する、職員研修には取り組みたい、という答弁。

・中期財政に関しては、大型公共工事を来年度から大量に発注するような予定を組んでいるのに、5年後以降の財政見通しを訪ねたところ、それについては現在立案していない、という答弁。それに対して、朝霞市と財政体質が類似(財政体力は強いのに慢性的な現金不足)していた入間市が中期財政計画を立ててから大型事業の見通しが立つようになっていることを紹介しながら、中期的な財政計画を示して、新規事業が財政に与える影響をみながら事業採択を決めるべきと申し上げました。

| | コメント (0)

2017.03.20

3/21 市財政の未来、貧困や困難の発見などを質問します~市議会一般質問

21日の市議会で、市の財政の未来像、貧困や困難の発見、清掃工場の焼却炉改築などを本会議場で質問します。順番は3番目で、小山議員、松下議員の次になり、10時30分から11時ぐらいに始まり、正午または昼食休憩をまたいで午後の最初に及んで終わるのではないかと思います。

また質問時間中はライブ配信が行われます。

内容は、以下の7項目です。資料は議場配布する予定の資料です。
1.ごみ焼却施設の更新
   資料1 ごみ焼却施設整備基本計画から施設規模の算定方法
   資料22014年4月市議会全員協議会配布「ごみ処理施設建設に係る経費試算比較」
2.マイナンバーの課題
3.災害・生活激変への対応
   資料3 朝霞市配布「被災された方へ」
   資料3 2017年3月市議会民生常任委員会資料「生活保護世帯に関する子どもの進路状況」
   資料5 2017年1月所沢市議会政策討論会「所沢市の子どもの貧困に関する質問について(回答)」
   資料6 2017年3月市議会民生常任委員会資料「生活困窮者の相談」
   資料7 2011年3月総務省「生活困窮者対策等における税務情報の活用について」
   資料8 瀧・生水「生活再建型滞納整理の実務」(ぎょうせい)p164図(著作権の関係でインターネットアップはしません)
4.子どもと生活の課題
5.交通問題
6.性少数者の課題
   資料9 2016年7月「性自認および性的指向の困難解決に向けた支援マニュアルガイドライン」(著作権の関係でインターネットアップはしません)
   資料10 2015年4月文部科学省「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」
   資料11 2019年度朝霞市実施計画から財政推計
7.中期財政
   資料12 2019年度朝霞市実施計画p230「財政推計平成28~32年度」
   資料13 市債の推移と予測(黒川まとめ)
   資料14 新年度予算の朝霞市の市債残高の見込み(資料13をグラフ化)
   資料15 2017年3月本会議議案質疑黒川提出資料
   資料16 2017年3月市議会民生常任委員会「平成29年度実施計画不採択の取組」
   資料17 2016年3月朝霞市公共施設等総合管理計画p32公共施設更新費用推計

| | コメント (0)

2017.03.10

3/10 3月定例市議会一般質問は21日午前後半ぐらいからです

3月市議会の議員による市政への一般質問(議案から自由な質問)の各議員の発言日程の割り振りが決定しています。

質問の日程は(敬称略)
17日 福川、田原、駒牧、岡崎、遠藤、柏谷、津覇、本山、須田、大橋正好
21日 小山、松下、黒川、大橋昌信、山下、田辺
23日 石川、山口、斉藤、利根川
いずれも9時スタートです。

私の質問時間は、21日の10:30から11:00までに始まり、昼食休憩をまたいで、午後に食い込む見込みです。
質問のテーマは、
1 ごみ焼却施設の更新(説明会の十分性や建設時期を問います)
2 マイナンバーの課題
(マイナンバーの庁内業務合理化と、プライバシーリスクのある業務)
3 災害・生活激変への対応(火災や失業の後の生活再建支援)
4 子どもと生活の課題
(お金のかかる学校教育の課題、子ども自身が行く相談窓口)
5 交通問題(公共施設の駐車場の将来的にあり方)
6 性少数者の権利保障
7 中期財政の対応
です。

他の議員の通告内容は、こちらをご覧ください。
一般質問通告事項一覧表

| | コメント (0)

2016.12.15

12/13 おおむね現状維持~市議会一般質問

13日、市議会で市政全般を対象に質問する「一般質問」の番がまわってきました。水害の解決、市長提出議案のあり方、市民の意見表明権や市民参加、行政改革の考え方、保育政策、市長3期目の総括の6点を質問いたしました。市長選を前にセンシティブな時期なので、ほとんど前進はありませんでした。

水害の件では、8月の三原地区の浸水に関連し、幹線排水路である田子山排水路の状況や今後を尋ねました。現在、水害の原因を調査し3月頃結論をみて、対応を検討するという方向が示されました。

市長提出議案のあり方では、行政が市議会に提出する条例の制定・改廃が、1か月の議会の冒頭に提案されますが、提案の背景事情や立法事実、根拠法などとの関係、関係する市民との調整などまったくわからないまま、カジノ法案ではありませんが、数日の審議で通すことになります。国の法律制定のように、検討過程から、条例の制定の必要性や、どんな条例になっていくのか、国や既存の条例との関係性などの説明資料が公開されるべきではないかと問いただしましたが、できるところはやるが、という現状維持の答弁でした。

市民の意見表明権や市民参加では、子ども議会の運用改善を提起しました。市の毎年の事業選定「実施計画」の検討過程に反映することをルーチンに入れたらどうかという提案には「各部課の判断」、子ども議会の答弁の反映状況の整理も「難しい」という理由でほぼ現状維持の答弁でした。審議会の改革では、傍聴のフリー化は「各審議会の自主性」という理由で現状維持、関係者の民意で判断する場なので諮問事項を明確にしたらどうか、という点も現状維持の答弁でした。

行政改革では、財政的数値目標がないことを問題視、また市民生活の見通しが立つようにリストラされる事業の基準を明確に、と求めましたが、いずれも国や税収の動向を理由に、現状維持となりました。

保育園の入所申請の確認質問では、11月18日締切で、1116件、昨年比82件の増加となっており、とくにゼロ歳児、1歳児が再び急増、4~5歳児はほとんどないという結果でした。入所の早期化が進んでいる状況が答弁されました。

市長3期目の総括では、与党の田原議員からの質問で成果は明らかにされたので、積み残し事項を確認しました。はまさき健康いきいきタウン構想と、朝霞駅南口アメニティーロード化があると答弁、私からは高齢者福祉の「地域包括ケア」にトップマネジメントが必要と申し上げたところ、組織機構を改編して全庁的に取り組む必要がある、との答弁を受けています。

| | コメント (0)

2016.12.10

12/10 いろいろな議員の問題意識を聞くことができます~週明けから市議会一般質問

週明け12日から14日まで、朝霞市議会は、議題に関係のない市政に関することなら何でも質問できる、市議会の一般質問が行われます。日程は以下のとおりで、時間は各日9:00スタートで2人目からは確定していません。各議員の問題意識や抱える課題を聞くことができますし、その問題がどのように行政のなかで処理されているのか聞く機会です。

12(月) 田原(輝)、駒牧(公)、遠藤(公)、岡崎(公)、獅子倉(輝)、船本(絆)、津覇(輝)、福川(輝)、本山(公)
13(火) 柏谷(輝)、大橋昌信(輝)、松下(絆)、黒川(無会)、小山(無会)、山下(輝)、利根川(公)
14(水) 田辺(無ク)、石川(共)、山口(共)、斉藤(共)
カッコ内会派名 輝…輝政会、公…公明党、共…共産党、絆…絆、無会…無所属の会、無ク…無所属クラブ
🌑各議員の質問通告事項

🌑市長選を前にした市長の今任期最後の市議会ですので、私は政策要望的な質問は控え、振り返り的な質問を中心に通告しています。
1.水害の解決に向けて~田子山排水路
2.市長提出議案のあり方~立法プロセスの課題や説明資料
3.市民の意見表明権や市民参加~子ども議会や審議会・委員会の課題
4.行政改革の考え方~財政や公共施設の見通し
5.保育政策~申請状況と対応
6.市長3期目の政策推進の総括~公約の点検とトップマネジメントの判断をきく

🌑この10年、一般質問が活性化しているのはよいことではないかと思いますが、一般質問で行われているような政策要望は本来市民にとって誰でもできることであるべきでなければならないと思っているので、職業議員としては、あまりそこばかりに力を入れる存在に留まってはならないのだろうと思います。
それより大事なことは、市民の生活に影響を与える議案の審査・審議能力ではないかと思っています。受け身の仕事で、議員の個性は出にくい世界ですが、行政マンが予定調和・自己完結のように見せて出してくるものに、メリットやデメリット、障害事項や問題点、不足点を発見して、修正をかけたり、問い返したり、ときには否決したりすることが市民生活にとってより大事なのでしょう。

| | コメント (0)

2016.09.25

9/21 学校長期休暇中の放課後児童クラブの開所時間見直しはされず~市議会一般質問②

21日の市議会一般質問で明らかになったことをお知らせする、続報。
福祉関係では、保育園や放課後児童クラブの運営の不合理な点と、社会福祉協議会の指定管理のあり方を問いました。

公立保育園の0歳児保育が8ヶ月児以上に限定されていて、生まれ月で保育を受けられる格差を再度取り上げました。夏・冬・春の長期休暇中の放課後児童クラブの開所時間が8時で、保護者が学校の門前に子どもを置いて通勤している実態があるので改善せよ、という保護者団体からの要望や様々な立場の議員が繰り返し取り上げてきたこと、子どもが食べないわけにはいかない保育所の主食の自己負担金が実費以上に高くて園による格差が著しいこととそのやりとりに注意力がそがれる問題などを問いただしました。
主食費の保育料化は、改善に向けて検討を始めると答弁したものの、他の2つの課題はゼロ回答となる答弁でした。
保護者が、市の保育園や放課後児童クラブの政策を変えたいときにそれを取り上げてもらう公式なルートが存在しないことから、経営者委員に偏っている市の保育園運営審議会の人選の改善や、市・民間・社協など事業者の内部での保護者の要望対応の仕組みづくりも求めました。

放課後児童クラブや児童館、様々な障害者福祉事業など展開する朝霞市社会福祉協議会に、こうした事業を指定管理(単なる下請けではなく管理者として仕事を外注する)とする契約更新が来年4月に迫っているなかで、更新の問題点なども指摘しました。

以下、詳細な議場での質問・答弁です(実際はまとめて3回の質問・答弁したものを、わかりやすく展開しています)

続きを読む "9/21 学校長期休暇中の放課後児童クラブの開所時間見直しはされず~市議会一般質問②"

| | コメント (0)

2016.09.24

9/21 市職員の正規・非正規の格差は拡大へ~市議会一般質問①

21日9:00~市議会一般質問で、私の質問を行いました。
このブログでは、①市職員の賃金改定、②保育・放課後児童クラブの制度的課題やそれを担う組織の問題、③交通や道路政策、住宅などまちづくりの課題の3回に分けてお知らせいたします。

1つめは職員の賃金です。
8月8日の人事院勧告を受けて、市の職員の賃金をどう改定するのか、という問いでした。地方公務員法で、地方公務員の賃金は、民間の同等の職務にある労働者や国家公務員の賃金に準拠することを求められ、朝霞市には職員の労働組合がないことから人為的に操作する余地はなく、人事院勧告をそのまま実施するしか公正な基準はありません。
市の正規職員の賃金は、月給で平均で400円、ボーナスを成績評価分に0.1ヶ月増することになります。
あわせて、非常勤職員や臨時職員などの非正規職員の賃金改定を質問しましたが、改定は見送りとの方針が答弁されています。
その方針で進むと、朝霞市の職員の正規職員と非正規職員との格差は広がり、非正規職員は物価上昇に追いつかない賃金となるので、実質賃金の低下ということになります。

続きを読む "9/21 市職員の正規・非正規の格差は拡大へ~市議会一般質問①"

| | コメント (0)

2016.09.07

9/7 一般質問は21日9:00~

市議会本会議、議案への質疑。冒頭、議長から一般質問の割り振りが決定、宣告されました。

以下の通りです(敬称略、会派名略)。
20日11人 ①福川(輝)②田原(輝)③駒牧(公)④岡崎(公)⑤遠藤(公)⑥獅子倉(輝)⑦柏谷(輝)⑧松下(絆)⑨石原(輝)⑩本山(公)⑪須田(絆)
21日5人 ⑫黒川(無会)⑬山下(輝)⑭小山(無会)⑮利根川(公)⑯田辺(無ク)
23日5人 ⑰津覇(輝)⑱大橋(無ク)⑲山口(共)⑳石川(共)㉑斉藤(共)

●本日、午前中は、平成27年度一般会計決算に対する質疑を行っています。

続きを読む "9/7 一般質問は21日9:00~"

| | コメント (0)

2016.06.24

6/22 学校図書館サポートスタッフの能力開発が行われるか

22日、市政全般を対象に議員が質問する「一般質問」で私のあたりの日でした。
今回は、災害対策、羽田新航路、非常勤職員、保育政策、社会保障と税の一体改革、学校図書館の6テーマを質問いたしました。

災害対策では、福祉避難所の運営や福祉避難所を民間が勝手に開いた場合の支援体制、緊急輸送道路として市が指定している道路の周知を確認しました。
羽田新航路は、朝霞市が航路予定から外れたものの、南風悪天候時は元の案となるので、航空機災害や氷などの落下物の対応を引き続き求めました。このテーマは2年前から毎議会質問してきましたが、ここでいったん棚上げします。
非常勤職員の課題では、特別職非常勤職員に交通費が出ないことの問題、一般職非常勤職員が不本意な雇い止めが起きていないかの確認質問、物価にも春闘相場にも追いつかない今春の報酬改善の問題を指摘しました。
保育政策では、国の緊急待機児童対策の対応の考え方を確認し、質の低下につながるものは利用しない、という答弁を得ています。
社会保障と税の一体改革では、増税先送りで国民健康保険に国が一般財源からの繰り入れをやめよと言う一方で軽減措置が実施されるはずがどうなるかわからない問題に、情報収集を続けるように求めました。

今回の最大の課題は学校図書館の課題です。
提案力・企画力、そして物を書く力が求められている就労の場で、調べ学習の役割が高まっていて、そのための学校図書館がインフラとして整っているのか確認しました。学校図書館というと感想文を書かせて文学書に親しませるイメージが固着していますが、本当はもっと深く知りたい子どもたちのための知の玉手箱でなくてはならないように思っています。学校図書館協議会が示すジャンルごとの本の割合とどのくらいずれがあるのか、図書館サポートスタッフへの情報武装、教育研修の機会などをただしました。いずれも改善検討の約束がされています。

詳細は工事中です。

続きを読む "6/22 学校図書館サポートスタッフの能力開発が行われるか"

| | コメント (0)

2016.03.18

3/17 マンション政策前進の兆し、妊産婦の支援体制の強化~市議会の一般質問より

17日は市議会の一般質問でした。

冒頭、大橋昌信議員の昨日の一般質問での言動に、陳謝があり、その後、私の質問に入りました。

マンション政策では、管理士会の協力を得ての相談会が好評であることを受けて、実態調査を来年度行う準備をしていること、管理組合向けのセミナーの開催することを具体的に検討していることが明らかになりました。

子育て世代包括支援センターの設置をする、という前日の駒牧議員の質問に対する答弁を受けて、業務内容を確認しました。市は、現在保健センターで行っている巡回訪問に加え、母子手帳の交付や、産前産後のケアの調整、困難な事情を抱えている人のケア計画の立案などを行う見込みである、と答弁、これに対して、母子手帳の交付場所が当面1カ所になることで不便さが訴えられるかもしれないが、全件の妊産婦の支援のためにあえて我慢して前に進んで質を確保してほしい、と要望いたしました。

中枢都市圏連携を推進している地方創生にからめて補完関係にある自治体との協力を訴えました。
消費生活で関係の深い豊島区や、防災応援協定の山形県東根市、福島県須賀川市、長野県佐久市、岐阜県瑞浪市などとの連携強化を模索してはどうか、という頭の体操の質問をし、加えて、地方創生の関連の交付金が毎年年度末に制度が出てきて、まとまったアイディアが出せないということなので、ふだんから先進事例を考えておく準備が必要ではないか、と申し上げました。

その他、ごみ収集や焼却場、ディスポーザーの規制のあり方、保育園の入所点数の課題など質問いたしました。

詳細は後日、アップいたします。

●昨日の一般質問の最終バッターで前議長の利根川議員から、12~13日に市立図書館で開かれた東日本大震災の福島避難者の声を聴くイベントで、特定党派を批判するビラが配布されていた問題が取り上げられ、教育機関でこのようなことがあってはならない、調査して報告せよ、との強い要望がされました。答弁は求めなかったのですが、与党議員であり、市としては調査はしないわけにはいかない状況となるのでしょう。

教育の中立性は、個人の内面の自由を保障するためのものであり、そのなかで今回の主催者の見落としが、刑罰ではないにしても、思想調査のようなことをされるまでの可罰的違法性を持つものなのか、と思います。政治が権力的に統制させる問題だとは思えません。
直接的に子どもに党派性のある教育をしたり洗脳したということでもなく、所管が教育委員会の施設だからと、極端に統制されるべきものではないように思います。逆には、書籍の貸し出しや司書による調査が対象ですが、図書館の自由という概念もあり、政治的主張を強要されたものでもなければ、その内容は権力的に統制させる話ではないように思います。

私の1期目4年間は、利根川議員が名議長として議会運営に采配を振るい、議会改革や、野党議員との調和に細心を尽くしていた思い出ばかりで、全幅の信頼をおいていたので、今回のこのような、市民や職員を巻き込むことになるこうした対立を持ち出したことに、とても悲しい思いでいます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧