2018.07.05

6/26 部活動、元号とシステムの対応、東武鉄道への働きかけなどをただす~市議会一般質問

25~27日まで市議会本会議で、議員が自由に論点を設定して質問できる「市政に関する一般質問」が行われ、私は26日の13~15時まで質問いたしました。
テーマは公文書管理、非正規職員雇用の改革の対応、元号改定の対応、市の提供する地図、東上線改善対策協議会の協議状況、学校校舎のこれから、部活動などの課題に対して質問を行いました。

質問を通じて明らかになった主な内容としては、、

・公文書管理に関しては、業務で使用中の文書の管理は市としてある程度しっかり行われて、幅広く公文書と定義されて管理されている一方、使用済みの文書の保管に関しては課題だらけだということが見えてきました
・市が雇う非正規職員の改革は、一時的に雇う臨時職員以外は「会計年度任用職員」に移行すると決めている他の具体的な内容は未定。市長部局に関しては、職がある限りの継続雇用を前提とした運用になっているが、教育委員会は日雇い労働者扱いしていることが判明
・元号の対応では、77本あるシステムのうち、西暦併用で元データで元号を保持しているのが30本あり、それがどのようにシステムの制御に影響を及ぼすのかはこれからの調査による。故意・重過失による年号判断システム開発ミスがあれば開発業者と協議していく
・市の公共施設の案内地図に関しては転用できるように改善したい
・東上線改善対策協議会では、ダイヤ、本数、朝霞台駅のバリアフリー化、オリンピック対応など幅広く議論したが、朝霞台駅の改築が後ろに下げられ、バリアフリー化が遅れそう
・第八小学校の増築が始まる。8教室と給食調理室、ランチルームなどが作られる。マンション建設などによる一時的な児童増になる可能性があるので、転用可能な設計とする予定
・3月に示された学校部活動のガイドラインの対応は、県の対応を見てから判断。基本線は国の方針とする必要がある認識をしている
というものです。

詳しくは下記お読みください。
※実際の一般質問は全体で質問一括・答弁一括で3往復でされていますが、読み取りやすいように一問一答のかたちにして展開してあります。

続きを読む "6/26 部活動、元号とシステムの対応、東武鉄道への働きかけなどをただす~市議会一般質問"

| | コメント (0)

2018.06.26

6/26 朝霞台駅のバリアフリー、部活動の課題などを質問~本日午後、一般質問をします

市議会本会議で、議員が自由論題で行政に質問できる「市政に対する一般質問」として、本日午後、私が質問を行います。

時刻としては13~14時ぐらいにスタートし、90分程度と思われます。
質問の大きなテーマとして通告しているものは、
・公文書管理(市の文書は残るか)
・職員政策(非常勤職員制度の2年後の改革、中途採用職員の処遇)
・元号改定の課題(コンピューターシステムと長期計画書)
・地図(ゼンリンとの協定、公共施設の地図の改善)
・東上線改善対策協議会の協議内容と課題
・学校の課題(第八小学校の増築、校舎の課題、学校部活動の改革の対応)
の6項目を行います。

ライブ中継もあります。
録画公開は、1ヵ月後になります。

| | コメント (0)

2018.03.21

3/20 質の高い住宅都市をめざして~市議会一般質問での私の取り組み

19日、20日、23日の3日間、市議会では議員が発見した市政の課題を行政に質問する「一般質問」が行われています。
私は20日2人目で、9:40~質問を行いました。テーマは、地域公共交通の充実のための舞台装置づくり、分譲マンションの維持管理の質の向上、分譲マンションが地域で孤立しないための仕組み、住宅の過剰供給が引き起こす問題、住宅を確保しにくい人々への支援、保育園・放課後児童クラブの待機児童問題、放課後児童クラブの運営改善、教員の働き方改革や夏休みの短縮などの学校の課題などを質問しました。

地域公共交通の改善のために法律にある「地域公共交通会議」を設置は避けられないとの見通し、自主防災組織に対して、防災訓練に自治会に入っていない管理組合を誘ってみるよう提案する、などの前向き答弁もあれば、住宅の過剰供給はいくら法律で仕掛けが作られても市場原理だから仕方がないんだ、という全くの後ろ向き答弁もありました。分譲マンションの維持管理の支援や保育園課題は従来路線のもと、引き続き取り組み努力するという答弁でした。

詳細は続きを読む以降に書きます。

●今回は雪に関する質問が多く見られます。私は雪国で9年過ごしたので、太平洋側の方々はこんなに雪にびっくりするものなんだなと思って拝聴しておりました。

●私の一般質問のやりとりの概要はこの続きに記述しています。

続きを読む "3/20 質の高い住宅都市をめざして~市議会一般質問での私の取り組み"

| | コメント (0)

2017.12.15

12/13 「子育てしやすいまち」をどうつくるか~市議会一般質問

13日夕方、市議会本会議の一般質問(市政全般を対象に自由質問できる)の機会がやっていて、約100分間、行政とやりとりを行いました。

最大のテーマは、朝霞市の子育てをどうするか、という考え方の設定。9月定例市議会で、田辺議員が総合計画に設定した「子育てしやすいまち」をあらゆる施策で串刺しして検証する仕組みができているのか、という質問があり、同時期、東洋大学の先生とおしゃべりしていただいているなかで、ユニセフが地域コミューンの政策点検指標として「子どもにやさしいまち」12の指標を出していることを教わったことが契機でした。

役所はPDCAの事業評価を入れていて、以前より生産性は上がりましたが、一方で、そのやり方は、目の前にあるわかりやすい数値目標で結果を出すことばかりが優先課題になりがちです。そうではなく大目標や、そもそも子どもや子育てを大事にしたまちづくりはどんな視点を持たなければならないかという目標が必要で、それは無手勝流でやるのではなく、一定の経験や知識をベースにしたものを活用した方がよいと思ったからです。

その他、朝霞台駅と北朝霞駅の点字ブロックが人の動線を横断していること、来年度から6年間の障害者プランや高齢者福祉計画の視点、母子手帳の交付方法の変更で浮上した妊婦の課題や自殺対策と生活支援、たたずまいを守るマンション規制のあり方、もっと乗っていただくためのわくわく号の改革の残課題などを取り上げました。

(詳細議論はここから)

続きを読む "12/13 「子育てしやすいまち」をどうつくるか~市議会一般質問"

| | コメント (0)

2017.09.21

9/21 きょう、質問します

きょう、市議会で「一般質問」といって、議員が市政に関することで自由に論題を設定して質問する場で、私が質問いたします。

私の質問時間は中途半端になりますが、午前の後ろぐらいから昼食はさんで午後の冒頭ぐらいまでになると思います。
インターネット中継でもご覧になれます(録画公開もありますが作業の都合から1か月後になります)。
※他の議員の方も含めて、本日の市議会は9:00~スタートです。

今回、行政側に通告している質問内容です。
1.情報公開の課題
(1)公文書管理
(2)審議会や検討委員会のあり方
2.大型施設の課題
(1)東洋大学の移転
(2)クリーンセンター焼却炉の改築延期にまつわる政策判断
3.来年度の行政課題
(1)来年度予算編成の日程と進捗
(2)機構改革
4.良質な地域雇用・人材育成の課題
(1)公契約条例と賃金実態調査の今後
(2)人事院勧告と非常勤職員の処遇改善
(3)職員の育成
(4)夏休みの部活
5.交通政策
(1)わくわく号の改革
6.大型施設の課題
(1)保育料改定などの課題
(2)介護保険制度の改定と地域包括ケア
(3)次期障害者プラン・障害者福祉計画
(4)利用者保護の体制づくり
7.災害の対応
(1)豪雨の対応
(2)防災行政無線

🌑自分が多面的な論点を設定して質問しているにもかかわらず、市議会議員にとって「一般質問」って何だろうなと思います。

続きを読む "9/21 きょう、質問します"

| | コメント (0)

2017.09.19

9/19 あさって市議会で福祉や東洋大学無き後を質問します

21日昼前後から私の議会質問(一般質問=市政全般から関心のある分野について質問できる)になります。
今回は、まちが変わる大きな課題、職員や市民の育成、高齢者福祉・障害福祉・保育料の課題などを聞きます。

🌑市民の方からハンドルネーム(ネット上の名前)の方から、実家の土地の前の道路計画をめぐって、利権ではないかというご批判をいただきました。

議員は除斥事項と言って、自分の財産の増減に関する質問を議会ではできないことになっていて、私もこの道路計画をめぐっては、6年間、議場だけではなくあらゆる場での発言は慎んできました。ただ、道路予定地では、商売している方々がおられたり、最近自宅を改築された方々がいるので、市役所の職員には十分に関係者の意見を聞くようにとだけ申し上げ続けました。

40年前からあるもともとの道路計画では、実家の土地の一部が市の買い取りの対象でしたが、昨年の見直しで道路幅が狭まり、実家の土地は売る分がなくなり、引き続き袋地のままで、それを解消しようとすると土地を買い取らなくてはならない図面に変わり、利権どころか不自然な隣地を解消するためには現金を用意しなくてはならなくなっています。

育ったところのご近所さんで、道路建設めぐってはいろいろ意見があることは伝え聞いていますが、除斥事項で直接の利害関係人となってしまったがために私は何もできません。せっかく市議会に送り出してくれたのにご近所さんのために積極的な動きが取れなかったことをお詫びしたいぐらいなのが実情なのです。

| | コメント (0)

2017.09.08

9/7 一般質問の割り振り

7日の本会議冒頭で、20~22日の一般質問(市政に自由に議員が話題を設定して質問できる時間)の割り振りが決定しました。
20~22日 一般質問 (敬称略)
20日 田原,駒牧,岡崎,利根川,遠藤,福川,獅子倉,柏谷,本山
22日 松下,須田,大橋昌信,黒川,小山,田辺
23日 山口,石川,斎藤
ということで私は、22日の午前10時半~11時にスタートし、昼をまたいで14時頃のスケジュールになるのではないかと思います。

| | コメント (0)

2017.09.01

9/2 2日午後に市政オープンミーティングを開きます

2日午後、市議会の議論や市政に関する報告を行いながら参加者と意見交換をする、「市政オープンミーティング」を開きます。※開催することをさらりと伝えていますが、単独でのお知らせが直前になったことをお詫びいたします。

日時 2017年9月2日13:30~16:00
会場 朝霞市中央公民館コミュニティーセンター 集会室2
    朝霞市青葉台1-7-1(朝霞駅南口徒歩8分・朝霞市立図書館となり)
    バス停 わくわく号根岸台線図書館前下車1分
         わくわく号膝折溝沼線図書館入口下車5分
         西武バス・国際興業バス朝霞市役所前下車7分
内容 
・市の決算の簡単な案内
・来年から様々な分野で始まる市民への負担増の課題
・清掃工場の改築延期から見える、市財政の将来
・わくわく号の改革像
などを私からのテーマとしてお話し、みなさまからのご意見なども含めてやりとりしたいと思います。

※途中入退場は自由です。申し込み不要です。お子様連れ参加も歓迎です。
※駐車場が満車になりやすい会場ですので、できるだけ徒歩・公共交通・自転車をご利用ください。

| | コメント (0)

2017.06.25

6/21 部活の過剰と教員の保護策を論戦~市議会一般質問

21日の市議会一般質問で、13時から私の質問を行いました。質問事項は以下のとおりです。

1.羽田新航路の課題
2.職員政策・機構改革(イクボス、非常勤職員、機構改革)
3.良好な住生活の課題(住生活基本計画、分譲マンション)
4.都市交通の課題(東上線、わくわく号、地域公共交通会議)
5.緑地と環境の課題(基地跡地利用)
6.保育と子育て支援の課題(保育園、放課後児童クラブ、子育て包括支援)
7.学校教育の問題(部活、持ち物規制、教員の超勤、学校図書室)

とくに部活のあり方、教員の働き方に関する質問では詳細にわたっての質問のやりとりを行いましたが、教育委員会が自体の詳細の把握が行っているのか、あるいは国や県の通知と矛盾する運用の対応に苦慮しているのか、疑問に思う場面も多くありました。
部活はがんばってほしいものの、以前から活動が過剰ではないかという指摘を何人もからいただいていました。

また、わくわく号の改革が10月から始まること、来年度からの市役所の組織改編の検討が始まっていること、基地跡地の整備が始まることなどが明らかになっています。

詳しくは…

続きを読む "6/21 部活の過剰と教員の保護策を論戦~市議会一般質問"

| | コメント (0)

2017.06.21

6/21 市政のあれこれ聞き出します~市議会一般質問

※本日は豪雨が予測されているので、傍聴に行くのが難しいと思われる方はぜひライブ中継をご覧ください。

市議会には「一般質問」という時間帯があり、市議会議員が問題に思っていること、有権者から議場で聴いてほしいと頼まれて公式に確認した方がよい、と思うようなことを行政側に本会議場で聞く時間が設けられています。
当日はライブ中継もあります。また1か月ほどすると録画公開が、8月25日頃にはデータでの議事録も公開されます。

私も毎回エントリしていますが、今回は、過去の他議員の質問時間の実績から、時間帯として午後冒頭に当たる見込みです。

質問通告は以下のとおりです。
1.羽田新航路の課題
2.職員政策・機構改革(イクボス、非常勤職員、機構改革)
3.良好な住生活の課題(住生活基本計画、分譲マンション)
4.都市交通の課題(東上線、わくわく号、地域公共交通会議)
5.緑地と環境の課題(基地跡地利用)
6.保育と子育て支援の課題(保育園、放課後児童クラブ、子育て包括支援)
7.学校教育の問題(部活、持ち物規制、教員の超勤、学校図書室)

●いずれも朝霞市としての住宅地の持続的な価値をどう守るかという一点から展開している話です。子育てで言えば、ただ人口増で子育てにやさしいと言うのではなく、一定の質が保障される保育・教育が必要だし、時代が求める人材育成への積極的対応が必要なこと、そのためには公共サービスを責任もって供給できる住宅供給の目安の数を設定して事業者や転入検討者を誘導する必要があること、住宅そのものの質を維持すること、東京のベッドタウンとしての生活の質は通勤電車の状況が大きいことから東武鉄道と沿線自治体の定例協議の内容確認と今後の対策として展開されているものです。

●ここ2か月ぐらい社会問題化してきた、教員の長時間労働と、部活の問題の中味が急に膨らみました。もっと学校に部活をと求めるポジティブな市民の声はよく届きますが、一方で、うちの子が休めていないらしいとか、親戚の教員の子が辞めたがっているらしい、というネガティブな声を何度もいただいてきました。そんな思いをさせず、適正な勤務のあり方、中高生の社会との接点を奪うような部活のあり方に論戦をしていきたいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧