2019.04.28

4/26 N国党の大橋昌信議員が朝霞市議を辞職

20190426nkokuohashi話題の多かった、NHKから国民を守る党の大橋昌信議員(所属会派:輝政会)が本人の届けによって4月26日に辞職されました。参議院選挙対策とその後の身の処し方を控えての転居にともなう辞職と見られています。

N国党では立花党首以外では最初の当選者で、同党の選挙のロールモデルができたのが2015年12月の朝霞市議会議員選挙だったと思われます。過去の経歴やプロフィールがない選挙で当選できたのは驚きでした。そのなかで諸条件を考えると、彼のような突飛な主張が、約1%の有権者に票となって返ってくるのはおかしくないと思いました。
さらに、町内会の枠外で出てきた議員に塩対応するこの街で、彼は、市長や在来勢力の住民が公認したとみなすような立場である、与党・最大会派の輝政会に入ったことが衝撃でした。
朝霞市の民主主義って何だったのだろう、と自問自答することが多いこの3年半でした。

議会外の活動では、様々な話題を提供されて、市内外の方々からかかってくる電話に議会事務局が対応に追われる場面が何度かあり、ハラハラした同僚でもありました。私のところにも何もしないのかと抗議される長い電話が頻繁にかかってまいりました。
これは、地方自治法での議員の懲罰を考える機会になったと思います。昨日のNHKスペシャルでも話題になりましたが「議場内」の自治として懲罰は行えるのですが、議会外の活動のトラブルは司法に委ねなくてはなりません。
国会議員の不逮捕特権ほどではありませんが、議員は議論する立場を守られているんだ、ということを心しなければならないことも改めて認識する機会になりました。

よかったこととして、大橋昌信さんとは、「議会だより編集委員」の最大会派・輝政会が送り出した委員として一緒に仕事することもありました。議会だよりをつくるというサブな仕事ゆえに、調整し忘れ、決め忘れ、先送りになりがちな話が多いなか、大橋昌信さんは、会派に持ち帰って協議してほしいことをきちんと一つ一つていねいに確認してこられ、そのことでわずかですが議会だよりの改善が進んだこともあります。その協力ぶりには感謝していますし、事務能力を感じました。

●今回の統一自治体選挙で、首都圏を中心にNHKから国民を守る党の躍進が注目されています。民主主義システム全体に対する不信感もあって、どうせ投票するなら、という有権者の感覚が強く、そのなかで実際に行動に移してしまう有権者がこの党の進出を支えていると思います。
政治の話題が国政の政局の話ばかりであること、与党よりの政治部報道の傾斜、生活に漂う不安感に処方箋を示せない政党や政治家のあり方などが改善されない限り、同党以外にも、こうした議員が誕生する流れはしばらく続くと思われます。民主党や、若手議員たちに対する期待が裏切られた後の、冷笑ムードも大きく、私も選挙のたびに「地方議会って存在意義があるのかね」と有権者に聞かれることが多くありました。そうした時代的な背景のなかの副作用だと思っています。

●ネットを見なくてNHK料金不払い運動を提唱した本多勝一に影響されてきた左派系の市民が共感しているシーンも何度も見ました。難しがられると思想や体系化された政策でたたかわず、税や公共料金の負担ばかりを主要な争点設定をしてきた左派系の政治運動が、こうした政党の土壌を作ってきたのではないかと思うところがあります。
首都圏においては地域政治情報がマスコミに出ることは不祥事しかなく、選挙の争点も国政課題になりやすい傾向があります。そうしたことも、市政と無関係な派手な政策課題を掲げた同党が進出した要素があります。

●これから4年間、統一自治体選挙以外の、中間選挙と言われる市区町村議会議員選挙では、50人近くに膨れあがったN国党の議員が専従活動家として駅頭などをジャックして選挙運動等をすることが想定されます。その他の候補には浮動票をねらった空中戦がやりにくくなる可能性があります。そうした選挙対策を考えている人たちは戦略の見直しを考えておいた方がよいと思います。

●議会事務局に抗議の電話がかかってくるのはわからないではないのですが、上司でもない議会事務局に処分を要求され続ける状態は、日本人の民主主義に関する基本的な理解が、まだまだなのだなと思うことが多くありました。

●朝霞市議会では議会運営委員会の委員の枠が4人に1人(端数切り上げ)となっているので、彼の辞職により、最大会派・輝政会は9人から8人になり、1議席なくなることになると思われます。

| | コメント (0)

2019.03.08

3/8 18日9:00~10連休の対応など聞きます~13日からの市議会一般質問

3月定例市議会の各議員が持ち寄りで市政に対する一般質問が13、14、18日の日程で行われます。各日9:00~です。

通告順の関係で私は3日目18日9:00~となりました。

●私の質問通告事項 全議員の通告内容
1公共交通と市民の交通課題
(1)地域公共交通会議の課題
(2)バスの利用状況と課題
(3)東上線の改善状況と今後の対応
(4)セブンイレブンとの包括連携協定の内容と今後の展開
(5)市道1号線「二本松通り」の課題
2街のサイン・案内
(1)たどりつけない市役所や公共施設
(2)さまざまな人への対応
(3)あふれる禁止札の課題
3市の将来像に関する課題
(1)羽田新ルートの対応
(2)基地跡地利用の今後の戦略
(3)市内コンテンツの育成
(4)会計年度任用職員制度の導入への対応
4改元の対応と2019年ゴールデンウィークの対応
(1)保育所・放課後児童クラブの対応
(2)生活困窮者の対応
(3)電算システム他事務対応
5子どもに関する政策
(1)子どもの権利条約への対応
(2)保育所・放課後児童クラブなどの保育政策
(3)校則の課題
(4)小中学校施設のこれから
(5)子どもの遊び場

●各議員の質問日(発言順=通告順、敬称略)
13日(水) 9人 津覇、福川、田原、駒牧、岡崎、遠藤、獅子倉、須田、利根川
14日(木) 6人 本山、柏谷、山下、大橋正好、田辺、小山
18日(月) 4人 黒川、山口、石川、斉藤

| | コメント (0)

2019.03.07

3/6 建設分野の来年度の政策を論議しました~建設常任委員会

3月5日~6日、市議会建設常任委員会があり、都市建設部・上下水道部に関連する議案の審議を行いました。
予算の(行政実例で好ましくないとされる)分割付託による分割議案を含む、全議案が賛成多数、2議案は総員賛成で可決されています。一般会計の土木費等、上下水道の特別会計、道路認定議案、地域公共交通協議会設置関連の条例などが可決されています。
また「デマンド交通を求める」請願が年金者組合から提出されていますが、6月定例会まで調査するということで継続審議になりました。

朝霞市に関わる交通事業者、警察や市役所などの行政機関、関係する市民などが一同に会して、地域の公共交通の改革課題を議論し、責任を負う「地域公共交通協議会」を設置する議案が出され、私もかねてから期待を多くするところがあるので賛成しましたが、議案のなかに委員として「市議会議員」とあり問題だとして修正案を提出しました。理由として、市長と議会が別々に選ばれる二元代表制として、行政に議決機関が議論せず取り込まれる問題があること、近隣市などで審議会に議員を入れるのをやめているなか新設の審議会としてふさわしくないこと、交通という議員の票につながりやすい課題を特定の議員の参加で検討するのは問題が多いとして、削除する修正案を提出しましたが、民主党公認の山下市議の反対討論などがあり、私以外の全議員を受けて修正案は否決され、市長提出議案のまま可決されています。
議案第23号 朝霞市地域公共交通協議会条例(市長提出原案)
議案第23号に対する修正案(黒川提出)

●タブーや閉鎖性の多い集団のなかで、政治過程として、修正案を出して、面倒なことしたと恨みを買うより、すっぱり全面的に反対してギャンギャン批判して玉砕した方がウケがよいというのが議員になっての実感です。対決路線を批判する議論は多いのですが、実際に当事者になってみると、原案をさらに良くしようする具体的な行動は良いこと何にもありません。

●朝霞市では、行政の様々な審議会委員会に議員が入り込んでおり、意思決定のシステムとして問題だなと思っています。もちろん議員からすればものを言う場所が増えていい、という喜びかも知れませんし、様々な情報が入る議員が審議会でぴりっと議論をさせていることも長所としてありますが、機関としてどうなんだと考えると問題だらけです。
行政が出した提案に議員が関与しすぎると、事前の露払いで話を聞いてもらっているので議場で議論することがなくなってしまいます。市民の代表機関として「決める」という責任を負うのは議会ですから、議員は議会という場のなかで、様々な工夫をしながら政策に関与すべきなのだろうと思います。
他市の議員に聞くと、そのあたりのけじめはちゃんと教育されていて、おかしいでしょう、ということを言います。

●建設常任委員会の私の取り組んだ主な質疑(メモによる要約)

続きを読む "3/6 建設分野の来年度の政策を論議しました~建設常任委員会"

| | コメント (0)

2019.03.02

3/1 4月からの朝霞市の仕事の財源とルールを聞き続ける~本会議議案質疑

3月1日、9:00~市長提出議案の本会議質疑を行っています。22時までかかりました。議案の全体像を把握することができ、5日以降の常任委員会でのさらに深掘りした審議を受けて、判断していくことになると思います。

来年度予算に関しては、朝霞市の経済規模を上回る膨張予算であるものの、保育園関係の無償化、待機児童対策が底上げしている上に、第八小学校増築、総合体育館改修が嵩上げしていることが見られました。市に協力している非常勤職員や市の予算で仕事している民間の方々の我慢されている状況については認識していることは確認されましたが、具体的なアクションはいまいちという感じです。それぞれ1事業として巨額な、介護、保育・幼稚園・学童、障害福祉の計画と予算の関連性を今回初めて確認できるようになりました。

条例改正では、新規条例の地域公共交通協議会(バス、タクシー、鉄道事業者と、警察、地域住民代表、自治体が継続的で同じテーブルについて公共交通の改善に向けての協議をする会議体の設置)条例、産業振興条例では議論が盛り上がり、また学校運営協議会を設置することが前提となる「特別職報酬条例」改定の議案では、学校運営協議会の本質をめぐる議論が百出しています。

●総論・枠組み大賛成、各論1点に大きな瑕疵ありの地域公共交通協議会条例、どう扱うべきかなぁ。悩みどころです。さっとと修正出して通す、というのが頭のなかでは最善の策ですが、修正案が出ることがみっともないというメンツが先立つと、それまた政治力をすり切らすだけで何も結果を生まない。合理的な自治体・議会であればさっさと野党議員であれ修正を受けて通します。
問題意識をしなやかに受け止めて前に進むというのは、重大事故防止の考え方と同じだと思いますが、日本の公共空間では、修正案が出されることは原案に反対されて騒がれるより嫌がられますね。対案路線が定着できないのはこういう公共空間のメンツの文化が大きいと思います。
国政も、1997年の金融国会の成果をよしとせず、野党に政策主導権を奪われたと捉えてしまって多数派工作にさらに力を入れるようになったことが問題となっています。

●インターネット録画 も近日公開されています。
2019年度一般会計予算 9:00~17:05(途中休憩14分、65分、18分) 
その他会計予算・補正予算 17:20~18:30
第12号、第13号議案 18:30~19:05
第14号~第21号議案 19:25~20:40 
第22号議案 20:40~21:15
第23号議案~第51号議案 21:15~22:10

●終了は22:10までかかりましたが、国会のように空転して遅れているということではなくて質疑が山のようにあり、ということです。私も時間を増やすことに加担してしまって、市職員にご負担をかけて心苦しいところです。ただ、みんなの税金ですし、みんなの生活がかかっているものですから、総額600億近くのお金の使途を決める口頭試問です。よほどフィーリングがあう家が見つかったときでもないかぎり、3500万円の家を買うときの家族会議だって10時間で納得したりしないと思います。
実質10時間の審議だけで解明しきれたとは言えないことばかりです。
ただ資料の出し方で効率的な議論はできたはずだなと思うことは多くあります。もちろん財政課を中心に、毎年議会に提出する資料は改善してもらっていますが。

●以下、昨日の私の質疑の要約をご紹介します。

続きを読む "3/1 4月からの朝霞市の仕事の財源とルールを聞き続ける~本会議議案質疑"

| | コメント (0)

2019.03.01

3/1 来年度の朝霞市の予算の安全性や行政サービスの内容のあり方を議論します~9:00~市長提出議案に対する質疑を行います。

3月1日9:00~朝霞市議会本会議で、市長の提出した議案に対する質疑を行います。
来年度の朝霞市役所の仕事を決める、6本の予算、産業振興条例や地域公共交通会議(設置)条例など、新しい制度の条例案を審議するなかで、18議案(予算3本、補正予算1本、新規条例2本、条例改正10本、人事案件2本)に質疑をエントリして内容を通告しております。

本会議場の傍聴も可能ですが、インターネット中継も可能です。また録画公開も直後に行われるようになっています。
朝霞市議会インターネット中継

●本会議議案質疑では、細かいことが聞けない、所管委員会(私の場合は建設常任委員会)の質疑は遠慮せよ、というルールのなかで、通告していますので、比較的概略的な内容になっています。

●条例改正の一部では、前の質疑者が質疑した内容に重複したり、後の他の質疑者の通告内容が深掘りして聞けそうな場合は、質疑を省略することもあります。

●第1号議案2019年度一般会計予算案だけで9:00~午後にわたり14~15時までまわるのが過去の実績です。
その後第2号議案から順次、審議されます。

●さらに各議案の深掘りした質疑は、5日以降の常任委員会で質疑が展開されます。
  5日~ 総務常任委員会 建設常任委員会
  7日~ 民生常任委員会、教育環境常任委員会

●私が提出した市長提出議案に対する通告事項

続きを読む "3/1 来年度の朝霞市の予算の安全性や行政サービスの内容のあり方を議論します~9:00~市長提出議案に対する質疑を行います。"

| | コメント (0)

2019.02.22

2/22 きょうから予算議会がスタート

本日9:00~来年度予算を審議する3月定例市議会が始まります。
市議も市職員も市長も、手っ取り早い解決策に飛びつきがちで、そのことでちまちました支出増大圧力がかかりがちです。財政を考えるときには、そこをどう我慢しながら、福祉の幹となる部分と、未来への種まきに振り向けることができるかが大事だなぁ、と思っています。
本日は議事日程などの庶務的なことを確定した後、市長からの議案の提案で終了します。終了後、市議会全員協議会があり、和光市とのごみ処理広域化の取り組みについて報告が行われます。

●予算議会の日程は以下のとおりです。いずれも9:00スタートです。
3月1日 本会議 市長の提出した議案に対する質疑
5~6日 総務常任委員会、建設常任委員会(私が所属)
7~8日 民生常任委員会、教育環境常任委員会
  ※常任委員会・・・専門部会のような場。
11、12日 委員会開催予備日
13~14日、18日 本会議 市政に関する一般質問
25日 委員長報告・討論・採決

●議場での傍聴の他、ユーチューブによる中継・録画も見ることができます。
朝霞市議会ライブ中継
過去の録画公開
※以前は録画公開に1ヵ月かかっていましたが、最近、直後に公開されるようになっています。

●常任委員会は設備の関係で中継・録画公開できませんが、2~3ヵ月後、議事録が公開されます。実務上のこと、技術的なことは常任委員会で議論されていて、どうしてこんな制度運用になっているのか、ということが説明されています。

あす13:30~中央公民館コミュニティーセンター1階集会室で、市長から提案された予算から、来年度の朝霞市のしごとをレビューいたします。新規事業、やめた事業などを見ながら、朝霞市の未来を参加者と話したいと思います。

●15日に議会運営委員会で来年度予算が示された後から、来年度予算の問題点さがしを続けています。疑り深くない私の性格にとって過酷な作業です。
21日の朝のNHKおはよう日本でも、金庫の底がついた自治体を取り上げ、議員はボーッと賛成ばかりしてきたのか、と批判的に報道されていました。私を含めて野党議員が朝霞市の予算のストレステストをやり続けて、疑問点を議場でぶつけることをおろそかになるんだなぁ、と思って見たものです。

| | コメント (0)

2019.02.16

2/15 3月定例市議会での51本の市長提出議案と4本の請願が示されました~議会運営委員会

22日から始まる定例市議会開会に向けて、議事整理を行う、議会運営委員会が開かれました。
議事に関しては、内示されていたとおり、22日からの日程ですが、冒頭、市総務部長から、市長が提出する議案の説明が行われ、51議案が提示されました。
3月定例市議会では、来年度の予算、国や県との精算関係を中心とした最終の補正予算が提出されるのがいつものことに加え、来年度からスタートする事業にともなう条例改正、新設条例が提案されています。

今年は、単発でわくわく号の改革や東武鉄道との協議をする状態から、包括的に朝霞市内の公共交通事業者と地域、警察が一体で公共交通の改革の議論ができる「地域公共交通会議」が設置される提案がされています。市内の人間関係の強化と、生活や通勤の環境改善に仕組みが始まると評価しています。

市民からの請願では、
放課後児童クラブの職員配置基準と処遇の改善を求める意見書を国に提出することを求める内容(民生)、
脱原発の意見書を国に提出することを求める内容(総務)、
どろんこ会の延長料金の是正と保護者徴収金の運用ルールを守らせることを求める内容(民生)、、
デマンド交通の導入を求める内容(建設)
の4本の請願が提出され、審議に掛けられます(カッコ内は審議にかけられる常任委員会)。

●市議会の日程
2/22開会、3/1本会議議案質疑、3/5~6総務・建設常任委員会質疑、3/7~8教育環境・民生常任委員会質疑、3/13,14,18市政に関する一般質問、3/25討論・採決・閉会
3/19一般質問通告締切、3/26本会議議案質疑通告締切

平成31年第1回朝霞市議会定例会提出議案一覽表
※議案について市のHPでのリンクを見つけ次第、リンクを貼り付けていきます。

続きを読む "2/15 3月定例市議会での51本の市長提出議案と4本の請願が示されました~議会運営委員会"

| | コメント (0)

2019.02.08

2/8 来年度の朝霞市役所の仕事内容をご説明します 2/23 13:30~

国の予算案の国会審議が始まっていて、ここ数日、テレビ中継が行われています。
朝霞市も、2月22日から市議会で、来年度予算の審議が始まり、朝霞市役所の来年の仕事内容が決められます。議員には15日、議事の整理を行う「議会運営委員会」で議案が示されます。

それを受けて、私が市民のみなさまに来年度の仕事内容をご説明する機会を設けつつ、日頃の市政に関する意見交換の機会を作ります。
どなたでもご参加できます。子連れでのご参加も可能です。途中での入退場も可能です。

タイトル 2019年度朝霞市役所のしごと説明会
    (2019春黒川滋オープンミーティング)
日時 2019年2月23日(土)13:30~16:00
会場 朝霞市中央公民館・コミュニティーセンター 1階集会室
       朝霞市青葉台1-7-1
   (ロビーは「くろかわしげる後援会」と案内されます)
内容 2019年度の朝霞市役所の主な仕事内容の説明
   2018年12月定例市議会のご報告
      (図書館政策・性少数者の対応)
   学生インターンからの「未来自治体・朝霞」の発表
会費 無料
お申し込み 不要。参加したい方はご一報いただけると資料準備が助かります。
お願い 施設の自動車駐車場が混み合うので、可能であれば徒歩・公共交通をご利用をおすすめします。

●市としての予算の説明の機会として以下の場が公開されています。
市議会全員協議会(傍聴5人まで)
  2019年2月14日13:30~ 市役所2階市議会全員協議会室
  予算の全体像、新規・増強した予算を中心に市当局が議員に説明
市議会議会運営委員会(傍聴5人まで)
  2019年2月15日9:00~ 市役所2階市議会第2委員会室
  議案としての予算の説明
市議会本会議(傍聴50人まで)
  2019年2月22日9:00~ 市役所1階市議会傍聴入口から入場

●市の予算、予算資料は15日以降、順次ホームページで公開されます。このブログでもリンクやPDFでご紹介していく予定です。

●予算を議会が通すことで、特別法律や条例で義務づけしていない仕事は、市民から市役所に裁量が与えられることになります。

| | コメント (0)

2018.12.18

12/18 意見書よりも市民に重い条例改正や契約案件など~12月市議会で決められたこと

昨日、議会の報告では、どうしても予想外の展開をした意見書の扱いになりますが、無難なものが多いとはいえ、市長提出議案が全議案可決されて、市民生活に影響のありそうなものをかいつまんで説明しなければなりません。
※近日、採決結果を議会ホームページで公開します。

1.総合体育館のエアコン設置工事に入り休業します(1議案・全会一致)
総合体育館にエアコンを設置し、あわせて一部バリアフリー工事をする契約が認められています。これにより、すでに13日から市のホームページで宣伝されていますが、来年2月4日以降の利用に規制がかかります。ご不便をかけますが、いろいろな意味で機能がアップしますので、ご容赦願えたらと思います。

2.副市長の交代など人事がありました(2議案とも全会一致・総員賛成)
直接的には市民生活に関係はないかも知れませんが、1月1日に副市長が田中さんから、関野さんに交代します。また石川監査委員が続投します。

3.市職員・市長・教育長等の賃金改定がされます(2議案とも全会一致・総員賛成)
市の正規職員は人事院勧告にともなって月例給料とボーナスが上がります。市長、副市長、教育長の特別職もボーナスが連動して上がります。議員は据え置き(改定なし)です。
※市職員の給与に関しては労使関係に対して近代的なやりとりをするよう討論で意見を申し上げました。

4.予算が追加されました(4議案すべて全会一致で可決)
職員の賃金改定・中途退職者分の減額・時間外手当の追加など人件費の見直し(トータルでは削減)、猛暑などによる光熱水費の追加、障害福祉サービスなどで予算追加が行われました。

5.市道が追加(1議案・共産党3人と田辺議員が反対による賛成多数で可決)
旧第四小、武蔵大学グラウンド前の道路が市道に追加されました。

| | コメント (0)

2018.12.17

12/17 東海第二原発の運転期間延長しないように求める意見書が可決~市議会最終日

12月定例市議会最終日、討論と採決が行われました。市長提出議案は、市道認定に共産党と田辺議員が反対したことで賛成多数で可決となった他は全会一致で可決しました。

Youtubeによる議会録画配信 平成30年第4回定例会最終日

第76号議案の市職員の給与に関する条例改正案に対しては、賛成としつつも、委員長報告で気になったところがあったので「改定時に職員の意見の聞き取りをすることはよいことだが、やりすぎると団結権の侵害になる」と警告して賛成しました。
※討論はリンクのyoutubeの1時間19分から21分にかけてです)。

可否が微妙な情勢であった議員提出議案第3号「東海第二原発の運転期間を延長しないことを求める意見書」は可決できました。

前段に審査した意見書を可決せよという請願と意見書ともに、
賛成12(公明5、共産3、無所属クラブ2、黒川含む無所属の会2)
反対10(輝政会8、絆3)、
棄権(輝政会1)で採択されました。
無所属クラブが統一行動できて、保守の大橋正好議員が賛成に回ったことが可決の大きな1議席でした。山下議員は支援団体との政策協定とご自身の信念の間で悩み棄権しています。
※東海第二原発の意見書の賛成討論、私の部分は2時間39分~45分40秒、全体は2時間22分~55分ぐらいです。前段の請願審査は、1時間48分ぐらいから始まっています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧