2017.12.19

12/18 衆院選の補正予算と市職員定数条例改正に反対~12月定例市議会の討論・採決

議会最終日、12月定例会に出された議案の討論・採決が行われました。

私は、専決処分の承認「一般会計補正予算第3号」、市長提出議案「市職員の定数に関する条例」改正の2議案に反対し、他の市長提出の9議案、請願1議案、意見書1議案に賛成しました。このうち市長提出議案11本はすべて可決、請願と意見書各1本は否決されています(全議員の採決の賛否表はこちら)。

一般会計補正予算第3号は、衆議院議員選挙に関する補正で、国の事務をやらざるを得ないものなので通常は反対しないものです。しかし、今回の解散・総選挙の理由も薄弱で、国権の最高機関を首相が解散するという三権分立にもとる天皇の国事行為のみを法的根拠とする解散(7条解散)としてはやり過ぎで、違憲の事務と判断したからです。市の責任ではなく、解散をした首相と、きちんとした判断を避けて先例とした最高裁の問題ですが。

市職員の定数条例の改正は、実質31人の職員定数枠を増やすもので、そのうち来年度必要な10人しか職の必要性が明示されていないことから、憲法第15条と戦後の公務員法制からすると問題がある、として私ひとりが反対しました。

意見書は、私が提出した「生活保護の生活扶助の水準を維持することを求める意見書」の1件。メディアで生活保護費の1割削減などと話題にされているものに対して、引き下げないように求める内容です。討論では、反対意見もありましたが、反対した会派も含めて、どの会派も生活保護の基準額の引き下げに心配していただいたのですが、私が出すタイミングが少し遅れ、それぞれの会派内での討議時間がなかったことがダメだったと受け止めています。

続きを読む "12/18 衆院選の補正予算と市職員定数条例改正に反対~12月定例市議会の討論・採決"

| | コメント (0)

12/18 議会人事の改選~民生常任委員会を離れ建設常任委員会に

朝霞市議会は、2015年の改選から2年経過し、慣例で18日、議会人事の変更をしました。各議員の所属委員会、複数自治体の共同事務を行う一部事務組合に送る議員などを改選しています。
私は、政策分野では民生常任委員会から建設常任委員会に移ることになり、その他会派の役割として、議会運営委員と議会だより編集委員となっています。このうち議会だより編集委員会では、選挙の結果、番狂わせで委員長を拝命いたしました。

議長、副議長に関しては、それぞれ辞表が提出されたものの、議長・副議長が所属する与党会派(輝政会・公明党・絆)の反対で否決され、野本議長、船本副議長の続投となっています。

また、本来はどうかと思うところがありますが、行政の審議会・委員会で議員枠として、高齢者福祉計画推進委員会と図書館協議会に送り込まれることになりました。

初当選以来所属した、民生常任委員会を離れることになるのはさびしいものですが、高校の恩師がよく言った「ひと所に溜まる水は澱む」という言葉を思い出すことにします。建設常任委員会というと、公共施設や道路など公共事業的イメージが強いですが、バスや公園緑地、マンションの課題など私なりの分野もありますし、福祉の増進という点ではバリアフリーなど取り組み課題もあると思うので、仕事をさせていただけたらと思っています。

続きを読む "12/18 議会人事の改選~民生常任委員会を離れ建設常任委員会に"

| | コメント (0)

2017.12.14

12/13 議会だよりをつくる重責

2年前の市議選からの折り返し点、朝霞市議会では、恒例で議会人事を再設定しています。

議会だより編集委員会という、市の「広報あさか」に3か月に1度割り込ませていただいている「議会だより」とホームページのジャッジを行う委員会があり、市議会の各会派から1人ずつ委員が出ています。私も1期目は完全無所属だったので委員となり、2期目も所属会派から委員として出してもらっています。

今回、議会だより編集委員が改選され、絆が船本議員から松下議員に、輝政会が山下議員から大橋昌信議員に変更がありましたが、その他4人は同じメンバーとなりました。

改選であり委員長選挙を無記名投票で行ったところ、どういうわけか野党である私に委員長を拝命することになりました。議会改革のもっともわかりやすいところが議会だよりということで目立つところです。想定外の役職に驚きつつ、責任感もってやりたいと思います。
副委員長には、松下昌代さんが当選しています。
市役所の資金難で派手な改革は難しいところですが、今の制約されたリソースのなかでどれだけわかりやすく、議会が何をしているのかわかってもらえる紙面にできたらと思っています。

🌑広報あさかに背乗りして議会広報やっていることのメリットデメリットがあります。メリットは、議会にまったく関心のない人にも目にとめていただける機会があること。配布経費がかからないこと。デメリットは、議会として自立した広報手段を持っていないこと、編集の自由さがないことです。政党系の会派は独立を望む声が強いのですが、難しいかなぁ、と思っています。

🌑その他、市議会の常任委員会、議会運営委員会、一部事務組合に送り出す議員などの公式人事は18日最終日に議長から提示されて、「異議なし」承認する予定です。実は会派間で調整していて内定しているのですが、正規決定から公表します。
慣例では2年に1度の議長・副議長の交代もありますが、議長候補者も議長選やるかやらないかの根回しも私のところには来ていません。地方自治法では任期4年となっていて、どこの議会も1年または2年で辞職を申し出て改選するような運営をしていますので、何もなければこのまま、ということなのでしょうか。

| | コメント (0)

2017.12.08

12/7 自治体の仕事は人件費的なものばかりに表出するものです~市議会民生常任委員会の審議

7日、市議会民生常任委員会が開かれました。補正予算、介護保険の低所得者の利用料補助の審査に係るマイナンバー制度の適用など、市長提出議案3件と、国民健康保険税の値上げをしないよう求める請願1件が審査いたしました。私は4件いずれも賛成し、市長提出議案は全部可決、請願は与党系議員の反対で否決されました。

🌑協会けんぽ、健保組合、公務員共済短期には所得比例の保険料しかありませんが、国民健康保険税には、世帯中心の制度なのに、家族数によって人頭税がかけられる仕組み加わっており、国は「応益負担」などという最もらしい理由でこの比率を高めよと誘導策を採っています。そのなかで、ふじみ野市が子どもの3人目からこの人頭税を課さない制度に変えています。富士見市も続くようです。多子世帯の支援などというよくある名目なのでしょうが、人頭税的な制度がそもそもおかしいというなかでの一つの解決策として取り得る選択肢かなとみています。

🌑市議会議員になってから6年担当した民生常任委員会。18日の最終日に所属委員会の変更が行われます。引き続き所属するのか、違う委員会に行くのかわかりませんが、一つの区切りとなる7日の委員会です。

🌑各議案の審議のようすです。

続きを読む "12/7 自治体の仕事は人件費的なものばかりに表出するものです~市議会民生常任委員会の審議"

| | コメント (0)

2017.11.30

12/1 市職員の20人増の根拠をきく~市長提出議案に対する質疑を行います

12月1日9時から、市議会本会議で市長提出議案への本会議質疑が行われます。

私は、11議案中、7議案で質疑を行います。

衆院選の経費を事後的に計上した補正予算第3号では、総選挙の概況と、解散権の憲法規定の課題などを確認していきます。

補正予算第4号では、街灯の撤去をめぐる補正で街灯の管理者のあるべき状況をどう検討したのか、ふるさと納税の合理性などを確認していこうと思います。

下水道補正予算では、雨水排水管工事の内容を確認します(具体的な内容の説明が提案でも資料添付もなかったので)。

機構改革にかかわる部室設置条例の改正案には、部課係の再編の意図を再確認していきます。

職員定数条例には、定数増の根拠を確認していこうと思います。公務員を増やすな減らせ、という世論は昔より小さくなっていますが、それでも根拠がよくわからない定員増を市民の代表としてそのまま認めることにはならないと思うので、内容を確認して、それ次第ということになると思います。

職員の育休条例改正では、新たに適用される非常勤職員・臨時職員としてどのような人が想定され、年度をまたぐときにどのような手続きとなるのか確認します。

道路設置の議案では、TMGあさか医療センターの開設にともなう道路の改廃とあわせて、通院者・勤務者全員の交通環境に関してどのような調整を行ったのか確認しておこうと思います。

| | コメント (0)

2017.11.28

11/27 12月定例市議会が始まる

27日、朝霞市議会の12月定例市議会が始まり、11本の市長提出議案と、継続案件の3本の請願審査が予定されています。

日程;1日市長提出議案に対する議案質疑/5日総務・建設常任委員会/7日民生・教育環境常任委員会/12~14日本会議一般質問/18日本会議討論・採決
毎回9時開始です。
本会議は傍聴と、インターネット中継が行われます。また1か月ほど後になりますが、ユーチューブによるインターネット録画公開も行われます。

一般質問にエントリされたのは(敬称略)
駒牧、岡崎、津覇、遠藤、福川、田原、大橋正好、柏谷、本山、松下、須田、田辺、小山、大橋昌信、山下、黒川、山口、石川、斎藤、利根川の20議員で、この順番に発言が回ってきます。1日の本会議冒頭で日程の割り振りが決まります。

議案と、私の一般質問通告内容は下記のとおりです。

続きを読む "11/27 12月定例市議会が始まる"

| | コメント (0)

2017.11.21

11/20 12月定例会の招集

12月定例市議会の招集通知が届きました。予定どおり、24日議運委員会、27日(月)9:00~開始という内容です。

通知されている議案は以下のとおりです。

続きを読む "11/20 12月定例会の招集"

| | コメント (0)

2017.11.03

10/31 会津若松市議会を訪問しました

市議会の議事運営のダンドリを調整する「議会運営委員会」で、議会改革をテーマに会津若松市議会を訪問しました。

朝霞市も情報公開に関する議会改革はかなり前進し、インターネット中継や録画公開、議事録の全面公開とりわけ委員会議事録のPDF公開、本会議や委員会以外の会議の傍聴をルール化、18歳未満の子どもへの傍聴解禁などに取り組んできました。
そうしたことはわかりやすいこととして取り組みやすいものです。

会津若松市議会では、予算決算の審議での議会の意思反映、議会としての市民からの意見・要望の受け方や処理などの仕組みを構築しており、今回そうしたものが、一同衝撃を受けて勉強いたしました。

会津若松市議会では、個人の議員への頼みごとより、それを持ち寄って合議で意見反映させたり、議会として市民要望を聞いて、議論して合意に至ったものから行政に実現を迫るということを、仕組みとして構築しています。
朝霞市ではまだ、議員個人で受けた要望を、行政に伝える機能と、一般質問という何でも質問できる機会に、市民の要望を個別に伝える機能しかもっていません。行政に体力財力がある時代はそれでよかったのかも知れませんが、そうでない時代においては、議員どうしで議論して合意して、納得性の高い政策にして行政に解決や実現を迫っていく、優先順位を変えていく、というお作法が必要なのだと思います。

🌑都内の議員の選挙で、「実行力」とか「実現力」とか言う方がおられますが、議員個人で政策実現できる余地などほとんどありません。そういう議員は他人の手柄を自分だけのものにしているか、政治的に相当な横車を押していると考えた方がよさそうです。

続きを読む "10/31 会津若松市議会を訪問しました"

| | コメント (0)

2017.11.02

11/1 予算は取ってきていませんが…猫の避妊手術をめぐって

201709広報あさかの11月号に、市議会の議案質疑で、補正予算に突如盛り込まれた猫の避妊手術助成のことに質疑しています。
これをご覧になって、政策実現のお礼のメールをいただいたのですが、それは誤解なので説明をしたいと思います。
私も地域猫の活動をしている団体からアプローチをいただいて、何とかしたいとは思っていた案件ですが、この予算化は私の頭を越えて、市長与党系の議員の働きかけで実現したものと思われます。お礼はそちらにしていただきたいと思います。

予算化されたことは喜ばしいことなのですが、急に出てきたものなので、活動している団体が求めている、地域猫にしていくための効果的な政策になるかどうかの確証が得られず市の姿勢を問いただしているものです。

野党系議員の言う政策が実現することなど稀にしかありません。そういう意味で無力ですが、出てきた政策に対して、それを実行する行政に緊張感を持たせて、政策が政策たる形をなしているのか質しながら、本来、地域が求めている課題への解決に近づけていくことも大事な役割です。

続きを読む "11/1 予算は取ってきていませんが…猫の避妊手術をめぐって"

| | コメント (0)

2017.09.29

9/27 堅調な財政運営を評価~9月定例会が終わりました

9月定例市議会が27日、議案に対する討論・採決を行い、閉じました。

最大の議案である、2016年度の決算には、無謀な投機的支出がなかったことと、決算結果が好調で、ベッドタウンの自治体の西東京市が資金繰りの指標として設定している、財政調整基金(自由目的積立金)が標準財政規模の10%という数値をクリアしたことから、資金繰り面の不安の解消もめどが立ったこととして賛成しました。
また、第四小学校跡地利用に関して、1000人規模のメーカーの研究施設がやってくることの準備として、土壌汚染調査や土地鑑定が焦点となった補正予算には、猫の避妊手術補助金の新設や保育園の処遇改善費の取り扱いに注意点を指摘して賛成しました。
その他市長提出議案のすべてに重大な問題がないとして賛成いたしました。

また、市民団体から出ていた、国保税を引き下げることを求める請願は、実行できる保障がない、国の制度設計を見直してもらうしかない、として反対、子ども医療費を国が負担することを求める請願は、ナショナルミニマムとして子どもの医療を保障することが必要として賛成しました。

🌑9月定例市議会は、決算審査で市役所の仕事を点検する機会なので、是々非々主義の判断をする私にはとても大量の書類と格闘します。決算書のほか、事業評価、監査人意見書、外部評価、内部統制、福祉を中心とした詳細な内訳、要綱、さまざまな一般的な資料など、積み上げると2㍍近くなります。

続きを読む "9/27 堅調な財政運営を評価~9月定例会が終わりました"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧