2018.03.29

3/28 計画性のない公共施設の修繕などを問題視~2018年度予算などの審議を終わる

28日市議会最終日。予算はじめ市長提出議案のすべてが可決されて終わりました。また教育長の三好節さんの再任を全員で同意し、これから3年間の任期をつとめていただくことになりました。
これら議案のうち、私は、2018年度一般会計、国民健康保険特別会計、介護保険特別会計の3議案に反対しました。
市民に影響の大きいところでは、介護保険料が標準的な方で月額4650円から4950円に引き上げられます。

一般会計では、自治体が取り組むことになっている計画的な公共施設の修繕や改築を具体化にしないうちに公共施設の修繕や新築を進めてしまっていること、計画人口を上回る人口増に対する問題意識がないこと、税のクレジット収納を開始して滞納整理を通じた生活困窮者支援という道を一部放棄してしまったことを問題視しました。
さらに委員会審議で、最大の支出項目である保育園関係の予算、続く障害者福祉関係の予算の全体像とサービス形成がどのようになっているのかチェックしていないことも判明。
こうしたことから、賛成するリスクは負えないと反対しました。

国民健康保険特別会計では、国と都道府県の綱引きによって、2018年度からの市町村運営から県を中心とする「広域化」が、県中心の事業なのか市中心の事業なのかあいまいな制度になって、予算書には市の責任を負えない項目がてんこ盛りに計上されていました。これには何かあったときにマネジメントの問題があるとして反対しました。提案した市の担当者には責任のないことで申し訳ないですが、賛成というわけにもいきません。

介護保険特別会計では、地域包括ケアが始まり、介護事業者以外の高齢者をとりまくさまざまな人が高齢者の見守りや居場所づくり、日常生活の支援をしましょう、となっているのに、その支出項目である「地域支援事業費」は役所がやる介護予防でほとんど予算を消化していて、市民が地域で活動していることに対して何ら予算化されていないことを問題視しました。また保育や障害者福祉同様、介護保険の各サービスにどんな予算が付いているのかの全貌把握も委員会でされていないことも問題とし、賛成するリスクは負えないと反対しました。

各議案の審議結果の詳細は後日、「続きを読む」以下に掲載します。

続きを読む "3/28 計画性のない公共施設の修繕などを問題視~2018年度予算などの審議を終わる"

| | コメント (0)

2018.03.04

3/2 2018年朝霞市の予算書を見て~7日9時から本会議で質疑を行います

前の記事で、朝霞市の2018年度予算が提案され、そのリンクをご案内いたしました。
あのようなものを羅列されても、どう読んでよいのか、というのが多くの方ではないかと思います。今回、私が予算書を見ていくつか感じたことをご案内いたします。
そしてここに記載したことを中心に、7日の市議会本会議(9:00~)と、9日の建設常任委員会で質疑を行う予定です。

●朝霞市の来年度予算の全体像を見たところの私の見立ては、
【市民サービス】経常的な支出は、ほとんどの事業で増えも減ってもない。つまり市民サービス変化はほとんどない。
【工事費の増加】昨年度に設計費・調査費として頭出しされた工事費が、実工事に入り、今年から桁違いの予算額になっている。そこに第八小学校が1.5倍の生徒増にともなう校舎増設が飛び込んで、重くのしかかる。そのなかで、ごみ焼却施設の先送り、市役所の耐震化工事の終了、ゆ~ぐうじょうや猪苗代湖少年自然の家の取り壊し工事の終了や、借金を追加することでなんとか帳尻合わせている。
【待機児童問題の対処】社会構造の変化と人口増にともなう待機児童が減らない状態で、保育園や放課後児童クラブの予算が引き続き5億円と急増。国や県などの補助金や保育料を差し引いた市の持ち出し負担を捻出することが課題であり限界に近づきつつある。
【介護保険制度の改正】介護保険や障害者福祉では、国の改革に連動した計画の更新があったが、微調整にとどまる。利用者増と入所施設を増やすことで介護保険料の値上げとなる。
【市の借金】借金の残高はこの10年順調に減らしてきたが、2017年度に引き続き、270億円台でほとんど減らない。楽観もできない状況に入りつつあり、黄色信号が灯るのは今後の施設の建設改築事業の追加次第。
【市の資金繰り】運転資金面では、2014年以降の使い切り体質を改善し続けて、年度はじめには安定水準に入るが、多額の支出に備えて何かを貯金できる水準にはないし、何かあれば資金繰りがいつ悪化してもおかしくない
という受け止めをしています。

●以下、市の公表している予算の特徴に記載のない詳細な疑問符のつく点や課題を挙げます。、

続きを読む "3/2 2018年朝霞市の予算書を見て~7日9時から本会議で質疑を行います"

| | コメント (0)

2018.02.22

2/21 利用者自身から改善提案が出る~図書館運営協議会

昨日、図書館運営協議会があり委員として出席してまいりました(本来こうした行政の内部会議に議員が委員枠を持っているのは好ましいことではありませんが…)。
図書館離れを示唆するデータが示され、危機感を持たねばならないときだな、と感じました。
そのなかで、「図書館友の会」の代表である委員から、改善提案を文書でまとめて提出されたことは良かったと思っています。
出席した6人の委員のみなさまも活発に意見を言われ、定刻を5分ほど超過したぐらいです。

私は以下の意見を申し上げました。

続きを読む "2/21 利用者自身から改善提案が出る~図書館運営協議会"

| | コメント (0)

2018.02.15

2/15 市役所の来年度の新規事業・廃止事業が通知

14日、議員あてに、来年度2018年度の市の事業内容を決定した「実施計画」と、それにもとづく新規事業、拡充事業、廃止事業をまとめた「平成30年度の主な事務事業について」が配布されています。

この資料をもとに、2月20日の市議会全員協議会(傍聴可)で説明され、21日の議会運営委員会で議案として配布される2018年度の朝霞市の予算書の審議の基礎資料となります。

こうした議案や資料の提出を受けて、私なりに市の事業を分析した特徴を、2月25日のオープンミーティング「朝霞市役所のしごと説明会」でお話したいと思います。

●内容を簡単にご案内します。
新規事業としては
・総合防災訓練の実施 349.6万円
・空き家対策や住宅施策を所管する組織の新設 5555.1万円
・保育士への処遇改善の補助金(月1万円) 3480万円
・幼稚園預かり保育補助事業(幼稚園の延長保育実施の補助) 4197.2万円
・在宅医療連携拠点業務委託(和光市にある医師会の地域包括ケア支援室への補助) 326.5万円
・障害者スポーツレクリエーションの集い(県からの移管) 20.8万円
・障害児者緊急時短期入所事業 210万円
・福祉相談課の新設 784.3万円
・救命救急医療寄附講座支援事業(4市で救命医確保するために日本大学に寄附) 274.8万円
・第八小学校自校給食施設等整備事業(8小の通学児童の増加にともなう増築と自校式給食施設の新設) 5042.9万円(設計費)
・教職員出退勤システム導入 228.5万円
・博物館非構造部材安全対策工事 1522.8万円
・宮戸2丁目土地区画整理事業(177mの道路整備) 5000万円
・シティープロモーション課の新設 430.1万円

廃止される事業としては
・学習支援補助金(生活困窮者家庭の児童の通塾費用の補助) 36万円
→2016年度から直接、学習支援を行う事業が再開されたことによる廃止
・学校開放講座開設費補助金 25万円

●「拡充される事業」のなかに設計費から工事費に移行して桁違いに増えた事業もあります。公共施設の設備の更新や昨年段階で新規事業として開始したものが、額が増えてたくさん押し寄せているという状況が見られます。これらが予算編成を圧迫しているものと見られます。
建設工事関係以外のサービス面では、予算の骨格に大きな影響は与えていないものの、問題がないわけではありません。事業の問題意識は感じるものの予算額が少なすぎるもの、今どきこういう手法を採用するのか、と思うようなもの、市民と市役所が直接向き合うことをますます業者任せにしてしまう問題があると感じられるものなどがあるなぁ、と思って読み込んでいます。

●新規事業と廃止事業の金額のアンバランスが毎年気になります。新規事業の財源構成が不明確で、毎年その解明をパズルのように計算しながら、適正な内容かを判断しています。新規事業に、既存事業の削減だったり移管だったりするもの、国や県の補助金や地方交付税による返済財源付きの市債が活用できるものはよいのですが、そうでないもので帳尻が合わないと、甘い税収見込みを立てたり(ここのところは税収が好調なので問題起きていませんが、逆ねじ回ったときが恐いです)、当初予算で計上すべきものを、補正予算に回したりすることも時々見られます。

| | コメント (2)

2018.02.08

2/25 2018朝霞市役所のしごと説明会(新年度予算説明会)を開きます

3月定例市議会が2月下旬から始まり、4月からの新年度予算を議論いたします。

新年度予算は、市役所の新年度の仕事のメニューリストです。そのご説明をすることが、市役所の仕事がどうなるのか、市民のみなさまに説明するよい機会になると考え、ここ4年、「朝霞市役所のしごと説明会」と称して、2月下旬から3月上旬にかけて、公開でのオープンミーティングを開いていますが、今年も下記のとおり開きます。

その他3月定例市議会に出ている議案、私の議会の取り組み、参加者からの関心のある話題など参加者のみなさまと意見交換しています。いただいたご意見は、市議会の質問に役立てることも少なからずあります。

1.タイトル 市政オープンミーティング「2018年度の朝霞市役所のしごと説明会」
2.日時 2018年2月25日(日)13:30~16:00
3.会場 朝霞市中央公民館・コミュニティーセンター1階集会室
        朝霞市青葉台1-7-1 中央図書館となり
4.内容 ・12月定例市議会のふりかえり
      ・新年度予算の説明
      ・3月定例市議会の議案
      ・自由意見交換
5.参加申込 不要です。必ず参加される方はご一報いただけると資料準備の関係で助かります。

※ どなたでも参加できます。お子様連れの参加も歓迎いたします。
※ 途中入退場も可能です。
※ 駐車場が限られていたり周辺施設のイベント次第でいっぱいになりますので、可能な方は公共交通機関・徒歩のご利用をおすすめします。

| | コメント (0)

2018.02.07

2/7 朝霞市総合計画1年目の振り返りでインターネットアンケート開始

朝霞市役所が、総合計画の基本的なコンセプトに市の実態がともなっているか、自由論述のアンケート募集をしています。インターネットに打ち込む方法になっていますので、インターネット環境がある方はお気軽にふだん思っている朝霞市の課題を書き込んでいただけたらと思っています。

計画期間残り9年、市の政策改善につなげていくものですので、より多くの市民の方の参加をお願いできたらと思っています。

| | コメント (0)

2017.09.01

8/31 第四小学校の跡地利用や福祉部門の再編成の計画が示される~市議会全員協議会から

31日の市議会終了後、市議会議員が集められ「全員協議会」が開かれて、行政からいくつかの政策判断の説明が行われています。

1.教科書選定に関わる職員に教科書会社の親族がいた件での影響
 教育長の親族に教科書会社の職員がいたことが判明したことで調査が終わったことを受けての報告。営業エリアが該当しないこと、議事録等の検証から、影響力は見られない、との3人の弁護士(埼玉弁護士会に人選を依頼)の調査結果を受けての報告

2.来年度の市役所の機構改革
 福祉部に高齢者福祉を移し、総合相談窓口を設けて、地域福祉と高齢者介護との有機的な関係をつくること、子ども家庭福祉関連の2つの課を健康づくり部に移し、「子ども健康部」とすること、住宅政策を担当する課を設置すること、定員管理などの報告

3.本町児童館の設計
 本町2丁目3番地に、2019年度に開設される予定の本町児童館の基本設計の説明

4.わくわく号の最終見直しの結果
 内間木線の路線のうち、内間木地区の現行路線を乗り継ぎ分離対象とせず、直通路線として現在のまま残し(朝霞台駅からのアプローチは若干変更)、上内間木のみ乗り継ぎ路線を設定することを報告と、改めてコミュニティーバス全体の改革を再説明

5.第四小学校の跡地利用
 社名は明かせないものの化学メーカーの1000人規模の研究所が移転してきたいと打診があり、その資料として必要な土地鑑定、有害物質の有無の調査、校舎跡に保存している博物館資料の移転をする予定の報告

が行われています。

続きを読む "8/31 第四小学校の跡地利用や福祉部門の再編成の計画が示される~市議会全員協議会から"

| | コメント (0)

2017.08.22

8/21 朝霞市の介護のピークは2040年に

昨日、来年度から3カ年の朝霞市の介護保険事業計画と高齢者福祉計画を策定する委員会が開かれたので、傍聴してきました。この計画で策定された内容の範囲で、来年度から3年間の高齢者福祉政策が展開されませんし、この計画の内容から割り帰して介護保険料が決定していきます。大事な会議です。

特徴的なことは、これまで「団塊」キラーワードで語ってきた高齢化を、朝霞市の実情に即して、1975年生まれ以前の市民が高齢化する2040年が高齢化のピークと読み(実際当市では団塊の世代は地価の関係で流入がなく、団塊ジュニアが過大に集中)、ピーク時、高齢化率27%を想定して準備にかかるという大きな方向性が立てられたことです。
高齢化率はこれで済むかなと思うところがありますが、高齢化政策は長期戦の様相を呈することを覚悟したということでは画期的です。
その他は、ラジオ体操をやるとか、体操系介護予防の話と、国の介護保険制度の見直しぐらいの話しかなく、具体論はこれからというところです。
塩味病院の先生からは、医療計画との連携が書かれていないという指摘がありまさにそうだと思いました。後期高齢者医療の広域連合から朝霞市民の診療データの情報が入らないことなど課題も答弁されています。
東洋大の高野先生、民生委員の委員などから意見があったものの、専門職代表の委員からはあまり意見がありませんでした。

会議終了後、担当課長と40代として意見交換をしています。
また審議の内容は、市議会での論戦での題材にも生かし、議会からも計画を磨いていくことにします。

| | コメント (0)

2017.07.20

7/20 わくわく号の改革が10月から

6月の定例市議会で、朝霞市のコミュニティーバス・わくわく号の改革が10月からスタートすることが明らかにされているが、14日の検討委員会で詳細が明らかになっています。

取り寄せた資料では、検討委員会報告書の改革提言35項目のうち、見送りは台数を6台から7台に増やすことの1項目、実現に向けての検討を継続する(当面保留)は13項目、条件が整い次第実施が2項目、その他が10月から実施されます。

主な変更点
【膝折溝沼線】
・栄町のルートを四中前の「観音通線」からイイダ前に変更。新たに「栄町三丁目」「栄町市民センター入口」バス停を増設。
・わかりにくい本町関係のルートを整理
・北朝霞駅からわくわくどーむへの直通を廃止(無料のりかえ券で対応)
・朝夕に膝折5丁目・北朝霞駅間などの区間運転を行い、乗り残し問題への対応を行う。
(膝折5丁目バス停は、朝霞駅方面からの6:50、7:55、9:06の間に、7:22と8:27の始発を追加)
※この区間運転の追加はよい工夫だと思いますが、北朝霞駅から膝折5丁目に送り込む回送運転の一部営業運転をすれば保育園送迎等に活用できそうな感じはしています)
【根岸台線】
・バス停の増設(実施済)
【宮戸線】
・始発・終点を1本除きわくわくどーむに変更
※北朝霞駅起終点でなくわくわくどーむ起終点となることで、わかりにくく、バス停によってはわくわくどーむで分断されるので、利用率が低下すると心配するところがあります。人口密度も高く、駐車場などのインフラが弱い地域なので利用者の発掘が可能な路線だと思うのですが…。
【内間木線】
・北朝霞駅・内間木公園間の幹線と、内間木地域の循環バスとの分離
・循環バスは無料
・幹線部分は経路を朝霞市斎場・博物館立ち寄りに変更。
【全般】
・運賃改定は消費税10%改定のときに実施し、同時に割引制度の実施
・北朝霞からわくわくどーむへの乗り継ぎ割引を実施
など。
・北朝霞駅の乗り継ぎ時間の調整はかなり困難ですべての時間で十分な対応は難しい
ということも明らかにされています。

台数の増加がなかったので、本数の増加は、乗車率の少ない区間のカットや大回りのルートを短縮化した効果と、通勤時間帯の区間運転の実施で捻出した、運用面の改善による1路線数本程度にとどまり、利用者のニーズとして高かった、おおむね30分間隔の運行の実現はできませんでした。また都内のコミュニティーバスで採用されているようなパターンダイヤも実施できませんでした。
宮戸線は、ほとんどの便の起終点が「わくわくどーむ」になったことで、宮戸地区から北朝霞駅に行くのに反対側ルートを利用することが難しくなり、駅利用者には、反対回り路線が使えず、利用できる便数が半減する案となっています。とくに宮戸のわくわくドーム寄りの地域は、北朝霞駅に大きく迂回するルートとなり、バスを利用する意味を見いだせるのか疑問です。
事前調査で、北朝霞駅・朝霞駅を中心に利用者は利用して、駅をターミナルにする運用をすべき、という結果にもとづいた提言がぐらついているように見えます。

| | コメント (0)

2017.05.15

5/11 来年度からの介護保険改定の基礎データがまとめられる

来年度から全国の自治体で改定が行われる介護保険の基礎データとなる、「朝霞市高齢者等実態調査」のサーベイ調査(いわゆる「アンケート調査」)の数値の集計データがまとめられ、11日に開かれた「高齢者福祉計画及び介護保険事業計画推進会議」で確認されました。
私は委員でないので、同会議を傍聴してまいりました。

調査は、①要介護度1~5以外の高齢者、②在宅介護の利用者、③現役世代、④介護事業所、⑤ケアマネージャーを対象に調査が行われています。

以下、調査報告書の概要の特徴を書き出しています。

続きを読む "5/11 来年度からの介護保険改定の基礎データがまとめられる"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧