2018.10.18

10/18 しょうもない消費税談義に囲まれている政界。生きている間、社会保障の水準は悲観的なものです

消費税増税をめぐり議論が大迷走しています。軽減税率や景気対策の迷走ぶりがまたワイドショーのネタになっています。

政治的な反発になっている消費税が、弱者だけを痛めつけるだけの税金なのか、という疑問を持つことが必要だと思います。消費税の「逆進性」をちゃんと説明できる人って本当に少ないんです。その逆進性の正体にどこまでおびえるべきなのか、もう少し冷静な振り返りが必要だと思っています。
逆に、何で学校で半強制的に食べるべき給食が税負担でなく所得に無関係に一律取られるのか、低所得者が大量に入る国民健康保険に1人頭の初乗り税があるのか、学校で義務的な補助教材として使われるものに教材費負担があるのか(その補助教材で宿題やらないと怒られるでしょう)、保育所に子どもを預けるとご飯代だけ(園によっては1家族分ぐらいの値段)取られなくてはならないのか。義務的に頭割りで負担していることが漫然と続けられているのか、こちらには誰も怒らないのか、本当に疑問です。貧富の差関係なく義務的に取られているのに滞納すると人でなしのように言われるのです。

サイフのなかの現金で、今より損する、トクするということだけで政策判断するのは、政治家としては最も合理的ですが、未来にどんな社会を作るかということでは、それではダメなんだと思います。
困ったときに行き詰まらない社会システムを税金をどうするかということとあわせて考えなきゃならないのだろうと思います。

「逆進性」に対する過大評価の脅威に、安倍首相も引っ張り回されて、軽減税率の副作用をろくに考えもせず受け入れ、さらにポイントだ、戻し税だ、何だとどんどん制度を複雑にしてしまいます。そうすればするほど、社会保障にも国が借金を増やさないための財源もなくなっていくわけです。また「景気対策」の制度が複雑化しているので、情報強者だけがその恩恵を受けられ、「逆進性」で痛みがあるであろう階層にはちっとも届かないということになります。今の制度のなかでシステム改造を最小限にできるように、消費税の痛税感の低所得者対策は、第一に医療費の自己負担軽減などの現物給付の充実、第二に所得税の基礎控除の拡大や税額控除、戻し税でやるべきだと思います。

自公政権もこんな感じで消費税増税の財源をまじめに考えずにばらまいてしまう、対する野党も、今じゃないとか、逆進性を過大評価して消費税増税反対といくわけですから、結果として増税してもバラマキに使われて、野党の側として財政の健全化も社会保障の安定化も提案できないまま、引き続き「財政がー」という状態が続くのでしょう。

となると、個人が今おびえている、様々なリスク、老後、失業、貧困化、教育での転落、教育費の高騰にともなう子どもの世代のふるい落としにおびえながら、ひきつづきリスクを抱える群どうしでお互いに「あいつら不正をやっている」と醜悪な告発合戦をやって、お互いにリスクを抱える群どうしで福祉を斬り合うという状況は続くのだろうと思います。

私の目の黒いうちは保育士の給料が足りないから1万円出すとか、このワクチンに予防効果があるから補助出しましょう、という程度の改善はあっても(もちろん財源がないのでその裏側で何かが切られるわけですから)、包括的に国民全般のリスクをなくすような社会保障に対する包括的な改善というのは期待できないように思います。
そういう政治環境で世の中良くすることに尽力できるのか、また一つ自信がなくなっています。

続きを読む "10/18 しょうもない消費税談義に囲まれている政界。生きている間、社会保障の水準は悲観的なものです"

| | コメント (0)

2018.08.14

8/14 恐ろしいサマータイム

政府のトップがサマータイムをやるんだ、と言い始めてしまいました。今の政権のありよう、政治のありようから言って、もうこれは撤回されることはなく、マンセーマンセーとサマータイムに向けてどんどん進んでいくのだと思われます。

私は最初の職場がシステム部門だったので、日の変わり目、月の変わり目、年の変わり目に必ずコンピューターがトラブルを起こすのを見てきました。変わり目にシステムの起動の仕方が変わったり、データ量が変わったりして、トラブルを起こします。そんなことを見てきたので、コンピューターの時計がどのように動いているのかということを認識するのはとても気になるようになりました。

サマータイムは人間ががんばって2時間ずらして生活するだけでは済みません。ATMの起動時間、鉄道のダイヤや運行を管理するシステム、電力やエネルギーの供給制御、ありとあらゆるところでコンピューターの時計が制御していて、それらをすべて2時間ずらして調整できるか、調整して様々なプログラムがうまく動作するのか、本当に心配です。2000年問題とか、官庁での改元問題などと同じです。
2000年問題のようなシステム設計で想定していないことが追加されているので、もっと深刻な社会的混乱が引き起こされる危険も予感しています。改元問題みたいに、閉鎖された世界でのシステム制御の問題でもないことも心配です。

サマータイム言い出している人たちが、このコンピューターが何もかも制御している時代における制度に対する認識が全くないということが言えます。人間が頑張ればナントカなる、そんな認識しかないのでしょう。システム部門だけに過剰な負荷がかけてしまうのは、消費税の軽減税率などもそうです。システムを支える仕事のことが想像できなくて、よかれと思うだけの人とそれに迎合する細かい配慮をする政治家という立場でしかものを考えていない結果なのではないかと思います。

| | コメント (0)

2018.07.18

7/18 埼玉県選挙区、定数が1増えます

参議院議員選挙を来年に控えて、裁判所の判決を意識して、何らかの定数是正が迫られている中で、自民党が急ごしらえした定数是正案が強行突破されて、可決しました。

その結果、来年の参院選から埼玉選挙区は定員が1増え、4人を選ぶ選挙になります。4議席のうち公明党は鉄板の議席でしょうから、自民党が2人擁立するのか、民主党系では国民民主党と立憲民主党の両方から出すのか、そのなかで共産党や無所属が突破できるのか、など投票する意味が大きく出てきそうな構造になりそうです。

●今回の自民党案について、与野党合意せずに強行突破したことは良くないなと思っています。決めごとや選び方のルールは、特定の政党や政治グループの意思を押し通すことは良くないことです。
ただ内容については、私もやむをえないものがあるな、と思うところが多く、時間かをかけて野党を説得していくべきだったのではないかと思います。

理由としては以下のように考えています。

続きを読む "7/18 埼玉県選挙区、定数が1増えます"

| | コメント (0)

2018.06.18

6/17 立川市議選、敗北と教訓とこれでよいのかと

昨日の記事でご紹介した立川市議選に立候補した議会改革の運動で知り合った谷山きょう子さん、敗北しました。応援していただいた方々に感謝します。
事務局のスタッフ、地元関係者、愛情ある運転の担当者、近隣市議のみなさまの気持ち良い方々にふれあい、とてもよい雰囲気の選挙でしたが、政党のつばぜりあいと、出馬の元いた政治団体との混乱が尾を引いたと思っています。

●候補者はやるべきことをやりましたし、配布物の水準もそれなりのものを作りました。候補者の人間関係も1期目で普通の母親から、地域で顔を知られた存在にもなっていました。さらに今回の立川市議選は、珍しく投票率が前回より上がって組織票ではない票も流入していたはずです。
そういうなかでの敗北なので、本人や地域社会の責任というより選挙の協力やアドバイスをしてきた側の問題かなと思って、猛省しているところです。
ここのところ負け戦ばかりなので、どうも負け癖がついている感じがします。雑用としての選挙の応援は続けようかと思いますが、主体的に関与するのは当面控えようと思っています。

●また要領よく渡り歩いた1人の立憲民主党の公認候補はトップ当選しましたが予想通りです。支持率10%の党のたった1人の候補者ですから。そこに国会開会中、連日幹部級の国会議員を送り込んで、国政選挙のようにしてしまった立憲民主党の地方選挙のあり方も問われると思います。

●1995年統一選からご縁のあった生活クラブ系の政治運動「ネットワーク運動」の東京都の組織の衰退と、衰退するがゆえのとんでもない話の展開に、情けない思いをしています。今回、同世代を傷つけた東京の地方組織とは、しばらく関わりをもたないようにしたいと思っています。
労働者の雇い止め問題に重大な関心を払っていますが、やり方がそっくりで呆れました。

| | コメント (0)

2018.06.16

6/16 立川市議選で谷山きょう子さんを応援

201806131他市のことですが、10日から立川市議会議員選挙が始まって、あす17日が投票日です。
議会改革の運動で知り合いになった、谷山きょう子さんが無所属で立候補として、選挙期間中に応援に入り、選挙の準備段階で何度か相談に乗りました。

ひたむきに政策に取り組む姿勢を私は評価しています。
1期目の4年間、立川市の小中学校のトイレ改修に道筋をつけ、待機児童対策に取り組みました。子育て当事者世代の議員どうし、意見交換しあっています。
2期目に向けては、放課後の子どもの居場所づくりや、子どもがまちづくりに参加する仕組み、都市計画を進めるのにあたって市民参加を広げていくことなどを訴えられています。

●谷山さんは1期目は東京の地域政党の公認で、組織的支援を受けて当選したのですが、2期目に向けて準備に入る時期になってもこの地域政党がなかなか公認を出さなかったので、2期目をどうするか無所属議員たちに相談があって、そのなかで応援することにしたものです。
地域政党で一緒だったもう1人の先輩議員は人気野党にするっと移籍して、地域政党は一方的に2人の後任の候補者を決めて公認したということです。

私の6年間の無所属議員の生活でも、一般有権者でもないよくわからないことをする人たちに縛られるより、無所属で、まっさらな立場で、市議会で是々非々主義を通した方が、自治体議員としての目が確かになるし、市民の期待にも応えやすくなると思っています。

●地元での応援団がとても気持ちのよい方々でした。

| | コメント (0)

2018.03.23

3/23 特養の建設と教員の時間管理がいらないという県議会自民

今朝の埼玉新聞で、県議会の予算案は可決したものの、議会過半数を握る自民党と、3人の「改革」という会派が、附帯決議を可決して、県予算を含む特別養護老人ホームの建設と、県立高校の教員のタイムカードシステム導入が当面、停止されることになったと報じています。

予算を議会が厳しくチェックして、おかしなところを止めるという行為そのものは否定されるべきではありませんし、知事への対抗勢力が力を持っているというのは行政権の暴走を止めるのに大事なことだと思いますが、今回の止めた予算は、必要な予算です。
県議会自民は、特別養護老人ホームは余っている、というのが論拠ですが、県内でムラがあるのではないかと思います。土地の安い県北はがんがん施設が作れて「余っている」のかも知れませんが、県南はそもそも施設がない、家族介護もしにくい生活環境。県南の自民党の議員は誰を向いて仕事をしたのでしょうか。朝霞市でも特別養護老人ホームの入所待ちが120人以上います。少し減ったぐらいです。保育所待機児童が始まった頃も少子化だ何だからいらないと議論して、今とても難しい問題になってしまっています。

タイムカードシステムの導入を止めたこともひどい話で、教員が教員としての仕事の質を上げられないから十分な休息時間を作りましょう、というのが自民党政権のもとでも進められた「教員の働き方改革」のはず。その第一歩は県教委が使用者として時間管理しなければ、労働安全衛生上問題があるということで、実施不可避で、「教員はもともと奉仕業」(埼玉新聞に掲載された提案者田村議員のコメント)などとイデオロギーをふりかざして、人を育てる仕事をこのまま介護や保育が今みまわれているような不人気職場にするつもりか、と聞きたくなります。

一日も早くこの附帯決議を解消する決議をあげて、県民を人質にするようなことはやめてもらいたいものです。

●12月には原発建設推進の意見書を出している埼玉県議会。来年は県議選ですが、市議選以上に低調な県議選の結果、こんなセンスの議員が選ばれているのかも知れません。選ぶ方の責任が問われているような感じがします。

●あわせて賛成したのが、「無所属改革クラブ」というところなのですが、ここに所属する1人の議員が立憲民主党の集会によく参加して、リベラルな主張をされています。こんな話にまんまと乗るのかとがっかりしています。

●3月定例市議会でも教員の働き方改革や夏休みの短縮をめぐって、公立学校の教員の労働問題が話題に。そのなかで教員組合との交渉を、教育委員会は「話し合い」と言い張り、あくまでも交渉と認めないスタンス。地方公務員の場合、労使交渉の結果を役所の側が遵守する義務は負わないけれども、労使交渉は応じ誠実に交渉しなければならない立場。不当労働行為と言われかねない危険な答弁だと思いながら聞いていました。

| | コメント (0)

2018.01.29

1/29 津市議選にいわわき圭一さん当選

20世紀の終わり頃、よく大宮でギロンした友人、津市議会議員の岩脇圭一さんが再選できました。応援していただいた方々にお礼申し上げます。

津観音にお参りする善男善女のような、地域の方々の気持ちと投票行動が染みるようにありがたいものです。
今回の選挙前の準備段階で応援に入りましたが、有権者とも、地域の様々な方々とも、若手議員でいじられやすい状況から、話しやすい存在として関係に変えていっていて、津市にとっての情報の結節点みたいな役割を果たしているんだと実感しました。

岩脇さんに3期目のご活躍を期待し、私も見習わせていただきながら、またまたご縁が深くなった、支えてくださった津や三重県のみなさまにお礼を申し上げます。

●昨日は、民主党の国会議員だった方々が市長選を勝ち抜いています。岐阜市長選に挑戦した柴橋さんと、太宰府市長選に挑戦した楠田さんです。ともに若いので、市長経験はとてもよい経験になると思います。
1990年代は自治体の首長経験者が次々に国会議員になって、地方分権を推進したり、特色のある自治体運営に後押しするような動き方をしていただきましたし、市民と広く向き合ってきた経験から、できるだけ価値中立の政府を作るように尽力されました。自治体での改革の経験も、情報公開などに持ち込まれたと思います。
今、国会議員の多くは、政治塾出身者か地方議員経験者ばかりになってきています。そのなかでどうしてもしょうもない政争に熱を上げる風土ができあがっているように思います。どんな政治の世界の人材になっていくのか楽しみなところがあります。

●1990年代後半、社会党の崩壊過程でも、落選したり国会議員の選挙からおりた政治家が、自治体の首長に転身する例が多くありました。成田空港反対闘争との和解を進めた成田市の小川国彦市長、豊橋市の早川勝市長、日南市の北川昌典市長、広島市の秋葉忠利市長など特徴のある行政をされた市長がたくさんおられました。また連合参議院からは、四日市市の井上哲夫市長もいました。

| | コメント (0)

2017.12.26

12/26 電力消費地が無責任な~県議会、原発推進の意見書を採択

埼玉県議会が、原発推進の意見書を決議・採択したというので、呆れてものが言えません。
東北出身の人が多く、福島原発の被害と、それでさまよう人々を受け入れているのを目の前で見ている県民の多くが推進せよなんて思っているとは思えません。

また、埼玉県という電力消費地でしかない県が、原発を推進せよ、という決議を出すなど、なんとおこがましく恥を知らないのかと思わざるを得ません。原発立地や周辺自治体は、推進するにしても、反対するにしても、そのリアルで大きな現実の前に、のたうちまわるような苦悩を抱えているのに、電力消費地の埼玉県が、わざわざやらなくてもよい原発推進の意見書採択をしたことは、どう見られることなのでしょうか。

電力消費地が原発推進するなら原発引き取れ、せめて高レベル放射性廃棄物引き取れ、と言われても仕方がありません。

🌑賛成したのは、自民党県議団と、県民会議の2会派と無所属議員1人だそうです。朝霞市選出議員は2人とも賛成ということになります。

🌑こんなことになるのも、自治体議会で圧倒的な拘束力を持つ会派が選挙で問われるしくみになっていないからです。市民派議員は、何かと良心の個人を選ぶ個人名選挙を重視しますが、同様の論理で保守系議員も選ばれ、それはこうした県民感情と真逆の判断を支えるわけです。
総務省の研究会がは報告書を出しているのですが、都道府県議会に比例代表制を入れるというのはこういう問題が起きたときに正しいと思います。

🌑もう一つ、革新系政治家が、地方議会で、自治体の事務とあまり関係のない国政課題に関する意見書を乱発することがあり、そういうことと同じことを多数派からされたということだと思います。自治体議会が国政の代理戦争の場にしてしまう、そんなことの問題を感じています。

🌑私の父の郷里大分県や、北海道の函館市は、立地自治体でもないのに勝手に立地を決めた自治体が県境の向こう側すぐにあり、本当に困っています。そういうリアルさがないお気楽意見書に、同業者として恥ずかしくなります。

| | コメント (0)

2017.12.23

12/22 首相公邸でパーティーをする首相の妻の問題

首相の妻が、住んでもない首相公邸でパーティーをまたやったという話が入りました。ひどい話です。

もちろん公邸は、首相になったら住むのが基本(今の首相は理由はわからないもののなぜかほとんどそこに住みませんが)なので、首相とその家族の私生活も含みます。その限りで人を招こうが何しようが構わないところがあります。ここでは森友学園問題のように、公私混同を理由に批判をするつもりはありません。

ただそんなことしてセキュリティーの問題はありませんか、と思います。
首相公邸は首相の公務をスムーズにやるためにあるものですが、もう一方で、首相を守るための施設でもあります。つまり、さまざまなセキュリティーの工夫がされていて、それらがつまびらかになることは好ましいことではないはずです。したがって、信頼できる知人友人の限りは問題ありませんが、友だちの友だちみたいな人がやってくるようなことをやるべきではありません。

信じられない暴挙で、これは安倍首相一代の問題で済まず、後に首相になる人の安全まで脅かすものです。まさか外国の工作員や軍隊、国内のテロリストがただちに首相公邸に何かをする状態とは思いますせんが、国を危機に近づけるもので、強く抗議したいと思います。

国民をテロだミサイルだと危機意識を煽って、首相近辺の人が何をやっているんだろうと思わずにはいられません。ほんとう、平和なもんです。

| | コメント (0)

2017.10.23

10/23 総選挙のご協力ありがとうございました

昨日、総選挙の投開票が行われ、選挙結果が出ました。選挙運動に関わった者として、このそうぞうしい日本の選挙スタイルに我慢してくれたり、あるいは逆に応援してくださって感謝しています。

さて結果ですが、
選挙区の吉田よしのりさんは選挙区・比例区ともに議席を取ることができず、期待に応えられなかったことは本人にかわり申し訳なく思います。
比例区は、応援した立憲民主党が朝霞市で第一党にすることはできませんでしたが、22.5%の得票率を得ることができました。こちらにはご理解ご協力いただき投票していただいた方々に深くお礼を申し上げます。北関東ブロックでは比例区全員当選という結果になっています。

以下、今回の選挙の読みです。

続きを読む "10/23 総選挙のご協力ありがとうございました"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧