2017.08.15

8/15 終戦の日、戦没者を追悼しました

20170815shusennohi先の大戦の終戦が宣せられて72年目、千鳥ヶ淵戦没者霊園に足を向け、総評の後継団体が主催する追悼式に参りました。毎年、ここに出て、先の大戦にまつわるすべての戦没者を追悼しています。

終戦を前後し、NHKが各種ドキュメント番組を手厚く放送して、参考になります。今年は、アメリカの軍隊の公文書から、日本への都市空襲がどのように行われたか克明に経緯が明らかになりました。戦争の記憶がなくなりつつある一方、戦争の経験がある人たちが証言しても支障がなくなってきている時代なのだろうなと思って見ていますが、戦争を始めたこと、戦争を終わらせた時期が遅すぎたこと、いずれもきちんとした決断ができない日本人の組織の体質を感じています。

そうして血をあがない実現した戦後の民主的改革を今私たちが享受していて、そのことの重みをしっかり感じ取っていきたいと思います。

●2年前に毎日新聞が各種統計や文献から戦争や戦争中の社会状況をまとめて「数字は証言する~データで見る太平洋戦争」というサイトを公表していて、先の大戦をめぐっては希望的観測で簡単に話をまとめて、信じたい話にもり立てることが増えていますが、このデータを見たら戦争を始めたのも正気じゃないし、あの戦争をもってしてもちゃんとシミュレートしたチームが軍隊にも政府にもあったのですが、どちらも負ける結果を報告したところ左遷されて前線に送られたなんて話もあったりします。
その組織にとって都合の悪い予測をする人を、空気を読めないダメな人というレッテル貼りがされがちですが、そういう組織の行く末は、こういうことなのだろうと思います。

●この記事のなかで、日本が戦争始めなかったらどのような展開をしていたかという問いがあって、日独伊に近かったのに日独伊側に加わらなかったスペインを例にあげられており、ギリシャも含めて、1975年頃まで穏健な翼賛体制が続いていたのかと考えると、またそれはそれで頭を抱える感じがしています。最近、中立、中立と叫ぶわりに戦前を美化する「国際政治学者」が話題になりましたが…。

| | コメント (0)

2017.07.31

7/30 議会改革の原点

29~30日、2007年に議会改革の号砲を鳴らした「市民と議員の条例づくり交流会議」に運営者側として参加してきました。
今年は、議会のチェック機能が働いているのか、というテーマでした。都議選でも、前の巨大与党に変わる、新たな巨大与党が誕生しているなかで、改めて議会が行政をチェックするということは何かということを考えたいというテーマ設定でした。

1日目の29日
・全国の議会改革の進展を調査速報から確認し、情報公開や一般質問の改革は進んでいるものの、議員立法はまだまだ、市民が議会に関わる仕組みづくりは立ち後れていることが報告されました。
・その後、自治体の監査委員のうち1人が議員から選ばれている制度がやめられる仕組みが導入され、議員選出の監査委員にどのような効果があるのかという議論がされました。行政職員出身の委員は、否定的な意見をする一方、議員として監査委員を経験した登壇者は、議員が行う監査は単なる会計的なチェックにとどまらず、筋のおかしな話を発見したりする効能がある、というような対論が行われました。
私は、監査委員のうち1人を議員とすることには懐疑的です。現在は市長の指名・任命となっており、議会のなかでの力関係が中立的になって事実上の指名権を議会が握らない限り、市長の都合の悪いことをチェックする人を市長が選ぶという構造になることや、専門性や職務の中立性、先入観がなく監査できるかというと心許ない感じがしています。
2日目の30日
・午前中は分科会。私は新公会計改革の運営を担当しました。今年度から自治体は貸借対照表を作ることになり、企業感覚の導入という言葉に表面的に共鳴する人には萌え萌えの改革が始まりますが、実態としては、過剰な資産の価値を維持するために膨大な減価償却費と維持費を毎年計上しなければならない、というよくわからない状況が出てきます。一方で、公共施設の年あたりの維持費用などが明確になったり、公共施設の無秩序な要求をセーブできるデータが出てくる期待も感じられます。
・午後は、各分科会の報告でしたが、議会への若者参加を取り組んでいる高島高校の取り組みが注目され、その報告に対する質問や討論で埋め尽くされました。若者の政治参加意識が低くて、教育、教育と言われますが、表面的な知識注入やモラルの押し込みではなく、子どもたちが地域社会に参加して、ルールや秩序や利益配分を変えていく体験をしなければ難しく、そのよい機会を議会が形成できるか問われているのだと思いました。

| | コメント (0)

2017.04.14

4/14 熊本大分地震1周年

もう1年になります。思ってもみなかったところに大きな地震が起きるという教訓を与えてくれました。
しかし、生活を再建しきれない人には、ほんとうに辛かった1年だったことをおもいめぐらすと、ここで安穏と生活していることに申し訳ない気持ちです。

熊本は、前職で何度も私を呼んで保育制度の改正に関する説明会を開いてくれて、そのことで私自身も勉強する機会を与えてくれた土地。
大分は、私の父方のルーツにあたるところ。幸い父の故郷の被害は少なかったものの、同業者のまちは観光客を抱えたまま被災して大変な思いをしたこと。

そんなことを思い出しながら、みなが人を大事にしながら生きられる社会にしていくことが大事だと振り返る日にしたいと思います。

| | コメント (0)

2017.04.13

4/13 年度末・年度始め

先月28日に市議会が終わり、議会報告を作り、印刷し、発送作業を進め、などとやっているうちに、みなさまにブログを更新して情報提供するのがあいてしまいました。

4月年度替わりでしたので、いろいろありました。
一つは、市役所の人事異動があり、課長級がかなり動きました。私が議員になった頃から、朝霞市の人事異動は落ち着き始め、2~3年でころころというケースは少なくなってきたのですが、ここに来て介護保険で企画担当する新設係ができたり、部長級の定年退職での引き上げによる昇格者がいたりと、組織改革はありませんでしたが、人が動く理由がいろいろ出ています。
また正規職員の新人は21人入りました。半分は新規採用、半分は社会人経験者という状況です。

卒業式や入学式もあり、門出をお祝いさせていたただきました。
引っ越しでいなくなられるとご連絡をいただいた方もおられます。ありがとうございます。

政治家にとっては政治資金報告書(年度末)、政務活動費報告書(4月中旬まで)などの作成・提出と、3月定例市議会の報告づくりで事務作業ばかりに追われるのですが、逆に、政治以外の業界では決算や異動をはさみ忙しい時期なのであまりウロウロしてはならない時期でもあります。

そろそろ事務仕事も一段落。次の市議会に向けて取り組む課題の調査にかかり始めています。

| | コメント (0)

2017.03.10

3/10 森友事件は何でも教育が解決できると考えることがベースにある

森友学園問題がマスコミを賑わせています。世の中、うまく立ち回るとこんなふうに土地を手に入れられるんだなぁ、という感じがしていて、日々、公共用地を高く買わざるを得なかったり、借りざるを得なかったり、NPO活動団体から活動する拠点が手に入らないと悩みを打ち明けられ、そして何より住宅価格の高騰に人生を捧げてしまう勤労者の側から見ると、うんざりしてきます。ほんとう自分はうまく立ち回れない無産者だとつくづく実感します。

土地の取得の不公正さの話はメディアやルポライターの力に委ねたいと思いますが、とても教育者として必要な知力もなさそうな理事長が、教育を騙り、そこに右派の政治家や評論家が群がる構図を見ていると、教育界って不幸な環境におかれているな、と思います。

日本社会は、個人の禁欲的努力を最大限に評価し、リスク分散や社会連帯による問題解決をあまり重視してきませんでした。その結果、人を教育して人を力づける方法論を中心に考えてきたので、何でもかんでも教育のせいにしてきたところがあるのではないか、と思うところがあります。これは右派も左派も同じです。

そういうなかで、右派の政治家や評論家が、こんな迷言吐く人物の学校経営に過剰な価値を見いだして、(最低限見積もって)煽ってきたのではないか、と思うところがあります。

教育や学校教育の効能と限界をきちんと見るべきではないかと思います。

●教員が授業のみならず、いろいろルールを増殖させて統制する生徒指導から、過剰な活動に問題が呈せられる部活まで、みんなこうした何でも教育で解決させようという思考回路が背景にあるのだと思います。

| | コメント (0)

2017.03.03

3/2 人が不幸になるのは因果律か

埼玉新聞によると、県議会自民党は、遭難者を救助して、財政が破綻した山岳県はないというのに、都会の県議会がこんな偽悪趣味な条例を作ろうとしています。

「遭難者から費用徴収 県防災ヘリの救助有料へ 安易、無謀な登山防止」

金額は命の重みに比べれば大したことはありませんが、この条例を作った人たちの、生存権に対してどのような価値観をもっているかよくわかろうものです。
そんな格好で登山するの、と私も思うことはありますが、一方でチベットを歩き回った川口慧海師などは、そうした極限のなかで、身分を隠して登山したことが、世界に未開の地に住む人々の姿を今に伝えているところもあります。
何より、記事では、救助に当たっている当事者から懸念が示され、私もそうだと思います。

条例を提案した自民党県議団は、いささか観念を振り回し過ぎなのではないかと思います。

●この一件は議員提出条例のありようについて考えさせられるものがあります。自治体議会が怠惰を貪っているのではないか、という有権者の疑問に、全国各地の議会人が改革に立ち上がっています。
そのなかで、議会が受け身の存在であることを克服しようとして政策条例づくりに積極的な動きが見られます。このこと自体は歓迎です。
一方、議会の改革に積極的な片山善博元総務大臣は、議員提出条例の数を自慢する風潮に一席を投じるコラムを自治日報に書いたことがあり、私も目をはっとさせられました。市民の自由を奪う可能性がある条例を、いくら作ったか競い合ってよいのか、という内容です。
自治体議会が市長が提出した条例や、市民が提出した請願や陳情の審査という受け身の仕事を、しかも英雄をつくれない「合議」という手段でしか実現できない、受け身の政治の場であることを直視し、その良さを残したありようを考えなくてはならないように思います。
この埼玉県議会の議員提出議員には、そういう危うさを感じさせるものがあります。少なくとも生命に関わる議案ですから、自民党やその同調者だけの賛成で通すようなことは慎重になってもらいたいと思います。

●遭難者自身が問題あるはずだ、という考え方を展開していくと、最後は救急車を呼ぶのも有料化される可能性があります。山岳登山より自己責任が問われる、決闘や暴力団の抗争、慢性疾患の放置、恋愛のもつれによる刃傷沙汰に、無料で救急車を呼んではならないという話に展開するのではないかと思います。その場合、小金井でストーカーに殺されたアイドルのような人は、多分、生きていなのではないかと思います。
人が不幸になることは因果律だと考える、ある種の自民党らしい考え方です。

続きを読む "3/2 人が不幸になるのは因果律か"

| | コメント (0)

2017.01.10

1/9 新年となりました

これが新年初めての「きょうも歩く」更新となってしまいました。新年おめでとうございます。みなさまにとってよい年となりますよう、お祈り申し上げます。

全世界的に政治は、通俗道徳だけをふりかざしながら、それにつき従わない人間には何しても構わないんだ、という偽悪趣味が流行して、それをある程度の人が応援しています。私は、大変な時代になったと受け止めています。真っ正面から歯止めをかけようと努力している人もいますが、人々が苦痛を感じ、それを嫉みや足の引っ張り合いにエネルギーを変えているわけですから、人々に安心感ができない限り、正面突破は難しいのではないかと思っています。

市町村の仕事は、人々の苦しみを取り除き、力づけをする仕組みをつくる最前線です。偽悪趣味の政治が流行するなかで、人々の嫉みや足の引っ張り合いを引き起こさないで済むような、力づけられている、欠けたるところを後押ししてくれる、居場所があって、参加している、ということが実感できる地域社会になるように、無力な野党議員ですが、力を使っていきたいと考えています。

細かい政策の話では、人材不足と複雑化する制度の上で、サービスの基盤の維持すら危機的状況など介護保険制度の混迷には心を痛めています。

一方で、悲観ばかりもしていません。
労働問題では、その偽悪趣味とも言える安倍政権といえども、最低賃金の引き上げや、非正規労働の問題の解消に向けて動き出しています。サービス残業に対して、刑法的な統制をかけ始めていて、働く人たちが家庭も何も犠牲にして生きる社会から足を洗う動きは始まっています。政権維持の都合とはいえ、この20年労働者の保護行政の後退と、学生運動世代の引退で労働運動も後退を重ねてきましたから、よい追い風となっていると思います。
保育政策の前進も、10年前には考えられないほどポジティブになってきましたし、朝霞市ではありませんが、商業主義的な保育事業者においても、保育にとどまらず、子どもと家庭を支える取り組みにチャレンジする事業者が出てきています。
子どもの貧困や、これまで忍従してきた様々な矛盾する学校の習慣への問題意識なども社会問題になってきています。

そういうなかで、朝霞市がどのような政策選択をしていくのか、どのように市役所が市民との協調的な関係を作っていくのか、市民が市の意思決定できる場でじっくり議論できない代わりに、私が議場その他で口を一所懸命動かしていくのが、議員としての第1の役割だと思っていますので、今年も様々な問題提起をしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2016.08.22

8/22 水に近づかないように

台風、大雨、突風の被害が続いています。
水の溜まっているところ、水が流れているところに近づかないようにしてください。

我が家の前の道路も、野火止用水の暗渠を挟んで大きくて深い水たまりができる場所です。今回の台風による大雨でも立ち往生してしまったクルマがありました。
歩いて通っても、水に足が取られますし、漂流してきたごみなどでけがする危険性もあります。

雨はおさまりましたが、風が強くなりました。
可能な方は、もう少し気候が落ち着くまで外出を控えられるのがよいのではないかと思います。

| | コメント (0)

2016.05.12

5/10 名古屋のおとなりのまちをうかがいました

龍谷大学の土山先生のお誘いで、愛知県海部郡の蟹江町、大治町、飛島村議会議員の研修の補助でうかがいました。朝5時に出て、夜帰る日帰りでした。

研修内容は一般質問の改善のグループワーク。市議会の自由質問である「一般質問」をどういう視点で磨いたらよのいか、という土山先生の講義の後、6人1組の班ごとに、持ち寄った過去の一般質問を題材に、改善点や評価点を議論していただく場面での司会役でした。

3町村ともすぐ隣が名古屋市という大都市。ベッドタウンとして成長が期待できるし、財政状況も比較的よい。そのなかで、都市化にともなう防犯や保育や様々な料金負担などの新たな課題をお聞きしているなかで、朝霞市と共通する課題が多いと思って参加者の報告や意見をお聞きしました。
私が担当した班の題材は、防犯カメラのへの補助金を倍増させてほしいという質問と、学童保育を6年生までにしてという質問でした。補助金を増やして、という質問を展開していくには、「困っているから増やせではなくて、何のためというところが大事」という意見や、違う町村の議員からその町村の補助金の出し方と比較しながら「もっと地域防犯という考え方がないと税金使うのは前に進まないのではないか」などのアドバイスが飛び出て、議員が自分のものとして侵してはならないと思われている一般質問を、みんなで議論することの効果は大きいと認識しました。

3町村議会では、市部と違って一般質問のルールが緩くて、かえって実質的な議論をしているなぁ、と感じました。一問一答時間制限なしという議会もありましたが、最長で2時間だったということなど、へぇ、と思うことも多くありました。

| | コメント (0)

2016.05.04

5/3 憲法記念日

憲法記念日。日本国憲法はGHQとの関係と、第9条を政局的感情論で語られがちです。
私は人権条項、社会権をきちんと書き切っていることなどは大きく評価しており、現行憲法の前半は変える必要を感じておりません。明治憲法を改正する必要性に迫られた太平洋戦争の敗戦を受けなくても、9条以外は、いずれ現憲法の内容に至っただであろうことは間違いないように思います。

一方、統治機構に関しては、地方分権、最高裁のありよう、一院制と二院制など、現行憲法を守れと言っているだけでよいのか、という内容もあるなと思っています。
憲法解釈においては、衆議院の解散権には憲法解釈の変更を行い、厳格解釈が必要だと思っています。国権の最高機関であり首相を指名する機関を首相が勝手に解散できるなど、矛盾です。また財産権の自由に関しては、不動産だけ極端に自由な解釈をしていることが様々な弊害をもたらしていると受け止めています。

政局的感情論ではなくて、近代国家として現在の憲法の総括をしながら、硬性憲法の良さを生かしながら憲法を運用していくことが必要だと考えています。

●気に入っている憲法条項というと、私は、社会党議員が憲法起草小委員会で押し込んだ第25条、そして集団的労使関係を公認した第28条、集会結社の自由を定めた第21条です。これらはいずれも西欧民主主義国が実現し努力している内容ですが、日本では、戦前の内務省スタイルのままだなぁ、と思うことばかりです。

●有明の憲法集会に参加してまいりました。安倍首相のおかげというのか、結構盛り上がっておりました。立憲主義という言葉が理解されたのも、安倍首相のおかげですが、それで世の中が良い方向に向くかというと違うように思います。

●私ごとですが、98歳の祖母が先月末に亡くなり、4日に最後の人生をともに過ごした人たちと親族でささやかな葬儀を終えました。

●また、4月の下旬には高校のときに私を守ってくださった恩師が亡くなりました。この先生には、今の政治的な素養を形成する読書を促してくれた方でした。10年以上親交か絶えていたところの急報だったので、悔いることばかりです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧