« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021.05.31

5/31 本日10時から予約入力を応援します 朝霞駅東口ロータリー

26~28日、市として新型コロナウイルスワクチン接種枠を大量(説明資料がないもので具体的な数字ではありませんが、万という単位です)に追加し、予約枠をめぐる混乱は回避できる状態になりました。
電話予約は回線数に限界がありつながらないので、引き続きつながりにくいと思いますが、インターネットからは、接種の日時や会場を制約しなければ、予約が取れる状態になってきたと思います。

  インターネット予約の入口
  直接・インターネット予約画面へ

  インターネット入力の説明書(PDFファイル)

インターネットからであれば予約が取れない状態が解消したことから、市議会の会派「立憲歩みの会」として、新型コロナウイルス・ワクチン接種のインターネット予約に困っていたり難しい方を想定して、予約の支援を街頭で行います。お困りの方は焦らずにお越しください。

5月28日 10:00~14:00 朝霞台 南割公園(ひこうき公園・市役所朝霞台支所斜め前)【終了】
5月31日 10:0013:00~15:00 朝霞駅東口駅前広場
【開始時間を変更しています】

※屋根のある会場で行いたかったのですが、事務所を持てない議員2人の会派で、感染症対策もあり、露天で行うことにしました。
※雨天の状況がひどいとき、会場が密になった場合には、中止することもあります。そのときはご容赦ください。

市役所本庁舎でも予約の支援を行っています。

●28日の取り組みの結果ですが、まだまだたくさんの予約が取れないで困り果てている高齢者がいらっしゃる状況がうかがえました。地域の民生委員さんにも見つけていただいて、ご案内していただいた高齢者もおられました。民生委員さんからは、高齢者から認識されるように2~3日同じ場所でやってもらえたら、というご提案をいただきました。
ニーズがそれなりにありそうなので、今後どう展開するかは、会派で考えてみたいと思っています。6月定例市議会の日程と、準備と宣伝時間、天候とのにらめっこだなと思っています。インターネットができない方相手なので、どうしても紙媒体での宣伝の準備時間が必要です。

●以下、28日の取り組みのふりかえりです。
初めて他人のものからですが、予約画面を直接見ることができました。

●ブログを書くような私には、作業は簡単でしたが、高齢者にとっては、作業を応援するにしてパソコンにたどりつけても、
・英数字を混ぜてパスワードを作ったり入力での英字と数字の切り替え、
・一番大事なキーにあたる接種券の番号の字の小ささ(私でも老眼鏡がいります)と、
・接種券番号が、最初にゼロが連続する数字が来ているのでゼロの数の読み間違え、
・役所の頑迷な元号使用がために接種券の生年月日が昭和で届いているのに、画面の最初の入力で西暦の誕生日入力が必要だ、
などが壁になっています。なかには、ありえないと思うところがあります。

●朝霞市の入力は第1キーが会場なので、会場はどこでもいいから、という方の予約画面の取り方が手間取ると思いました。また2回目接種の会場が選べなくて、日程を選び直すときに一度キャンセルしなければならないのが、せっかく取った予約が取れなくなるとの不安を招いている感じがしています。

●2回の接種のインターバル3週間というのも誤解が多いもので、ぴったり3週間じゃないとキキメがなくなると勘違いされている方がたくさんおられました。3週間以内にやってはならないことですよ、早い方がいいけど、少しぐらいあいてもと申し上げました。マスメディアが「3週間」を強調するだけで、視聴者に正確に理解される報道をしていないなと感じるところです。

●予約結果を紙で出す機能がありません(といってもプリンタがなくてはなりませんが)。控えを書き取る紙も同封されていません。高齢者にとっては、記憶やメモの間違いから接種に行くときのミスが必ず起きると思っています。予約結果の控えを大きく書くシートを用意してお渡ししました。
封筒にメモされている方が多かったのですが、封筒の色が濃すぎて、字が読みにくいなぁ、と思いました。朝霞市全般、送ったものの封筒がどう使われているか振り返って、色選びを再考してほしいものです。市議会の茶封筒とそれいゆプラザの黄色の封筒はよいけど、他の封筒の色がメモできなすぎます。

●ひこうき公園の予約応援では、朝霞台地区の参加医療機関が限られているために、会場選びに困難をきたしました。また取れる会場が坂を挟む場所ばかりで、交通手段で難色を示される方が何人かおられました。

●ご来場者のなかの少なくない方が電話をかけ続けたとおっしゃっていました。高額なコールセンターで細い回線では、簡単にパンクするに決まっています。そもそもコールセンターって何のためにあるのか、と思うところですし、準備に混乱する自治体相手にコールセンターに委託を前提に政策誘導した政府の思惑は何だろうかと感じるところです。コールセンターに委託する、という全国の自治体に共通した電話受付業務のあり方に対する先入観・思い込みが問われていると思います。
市としてもトラブルが混乱になってくると市職員が直にやらなければならない、ということを肝に銘じて、今後の混乱が予測される業務に取り込んでほしいものです。

| | コメント (0)

2021.05.27

5/27 会派としてワクチン接種の予約を支援します 28日と31日

26~28日、市として新型コロナウイルスワクチン接種枠を大量(説明資料がないもので具体的な数字ではありませんが、万という単位です)に追加し、20日頃から25日まで続いていた予約をめぐる混乱は回避できる状態になりました。
電話予約は回線数に限界があるので、引き続きつながりにくいと思いますが、インターネットからは、接種の日時や会場を制約しなければ、予約が取れる状態になってきたと思います。

  インターネット予約の入口
  直接・インターネット予約画面へ

  インターネット入力の説明書(PDFファイル)

予約が全く取れない状態が解消したことから、市議会の会派「立憲歩みの会」として、新型コロナウイルス・ワクチン接種のインターネット予約に困っていたり難しい方を想定して、予約の支援を街頭で行います。お困りの方は焦らずにお越しください。

5月28日 10:00~14:00 朝霞台 南割公園(ひこうき公園・市役所朝霞台支所斜め前)
5月31日 13:00~15:00 朝霞駅東口駅前広場

※屋根のある会場で行いたかったのですが、事務所を持てない議員2人の会派で、感染症対策もあり、露天で行うことにしました。
※雨天の状況がひどいとき、会場が密になった場合には、中止することもあります。そのときはご容赦ください。

市役所本庁舎でも予約の支援を行っています。

●医療機関での接種会場を希望する方に、いくつかの医療機関での直接の予約受付をやめ、市への予約受付に切り替えています。

●このような、できる人にとっては簡単な予約支援の作業は、市民による地域福祉の活動の一環として進められていくのが望ましいものですが、市民活動の育成を怠ってきたことが市役所に集中してしまうのだと思います。
それでも、いろいろな方に聞くと、ご家族、ご近所、民生委員さんなどに頼って、予約を取ったという方もおり、こうした支援活動が今後の安否確認などに展開できるとよいなと思っています。

| | コメント (0)

2021.05.24

5/24 ワクチン接種のインターネット予約の案内不足にお詫び申し上げます

20日発見し事実確認に追われましたが、ワクチン接種の供給体制のうち、予約の案内で不十分なことがあり、結果的に混乱が発生していることに、二元代表制の一翼を担う市議会議員として、十分な点検をできなかったことにお詫び申し上げます。

予約券の発送は、入荷したワクチン量にあわせて順次、5歳刻みで発送しています。ワクチン量と無関係に予約券は送付しておらず、接種券の届けられた人の分のワクチンは確保されています。時期さえ接種場所を選ばなければ必ず接種できる状況がつくられたことをまずご案内しておきます。

問題が発生しているのは、その予約券の発送した郵便物に、インターネット予約の予約サイトのアドレスの案内もQRコードも印字されておらず、結果として、どうインターネット予約してよいかわからない多くの市民が、インターネット予約を経由しない、電話予約や一部の医院で行われている直接予約に殺到、市役所の交換電話がパンクしたり直接市民がおしかけられる状況も発生し、新型コロナウイルス感染対策上好ましくない混乱も発生しています。まずはインターネット予約のサイトの入口をご案内いたします。

  朝霞市新型コロナウイルスワクチン接種申し込み(説明を読みたい方はこちら)
  予約ページの直接リンク(説明はいらなくて直接入力画面にしたい方はこちら)

市議会議員としては、現在「非常時」ということで、議員は直接的に市の細部の事務に介入することは控えるべし、という一般論はあるものの、事前のチェックが不足していたことを強く反省しお詫びするところです。些細ですが、大規模な混乱を生じないようにと組み立ててきた仕組みが、予約の一点で大混乱しています。仕事の流れを検討する上での注意力が不足していたということは否めません。

65歳以上接種までは、接種券の発送準備を終えてしまっているようで、引きつづきこの状況は続きますが、できるだけ上記のインターネット予約を利用しての予約取りをお願いしたいと思います。

●まずは、市民のみなさまには、接種をめぐって焦らないように、お願いいたします。ワクチン接種の広がりが新型コロナウイルスを終わらせる有効な手段ですし、この1年以上、窮屈な生活から解放される道としてワクチンに期待し、早く打ちたいというのもわかります。日本国という単位では、すでに十分なワクチンを購入予約しており、いつかは全員がワクチン接種を受けられることになっています。昨年のマスクの奪い合いもありましたが、焦っての行動は混乱をさらに拡大して、思うように予約できない方や体の弱い人がはじかれる状況が悪化します。

●評価できる話も飛び込んでいます。
市の把握している視覚障害者、聴覚障害者は、接種券の発送後、開始年齢別に、直接電話などで予約の支援を行うことも検討されているようです。対象人数を確認したら、この方法が確実に早く対応できるものとして評価しています。

●予約が混乱して全体になしくずしに波及してしまっているのは、市の広報活動(広報物の担当部署の仕事ということではなく)が「誰に届くのか」「届いた情報で市民はどう動くのか」ということに配慮がされていない仕事をし続けてきた結果ではないかと思います。
また、ワクチン接種に対して、医療面以外の様々なお問い合わせ、相談を受ける市議会議員や民生委員などに十分なアナウンスがないことで、市民からのクレームで問題を発見し、どうしようもないことの釈明に追われることが続いています。今年だけ6月市議会の招集が遅く設定されているのも、こうしたことが後の祭りにするつもりだったのではないか、といぶかしがるところです。

●再度このような初歩的な踏み間違いで、全体が混乱するようなことがないように、これから接種券の発送を再設計できる64歳以下の接種対応については、会派「立憲・歩みの会」としても、整理してご意見申し上げていこうと思います。65歳以下の接種対象者の広げ方は、仕事を休めない世代や職種を考えると、固定観念のように上から年齢を下げていくやり方でよいのか、考えどころだと思います。また世代によっていの人口ばらつきも強く、現在の45~54歳は他世代の倍ぐらい人口がいます。
今、変異株が広がっている20代、30代が、職場の上下関係や地位で土日しか休めないのに、土・日接種が有給休暇を取りやすいはずの年齢層の予約で埋め尽くされていていつまでたっても接種が進まない、なんてことになれば、いつまでたっても新型コロナウイルスは消えていきません。そうはいっても感染で劇症化しやすい割合はやはり高年齢なので、矛盾した前提のなかでの判断が求められるところです。
その上で、重ねてですが、朝霞市の接種は年齢であったりカテゴリーで接種数と接種券の送付を釣り合い取れるように行っておりますので、順番の問題はありますが、必ず接種はできます。焦った行動はなさらず、落ち着いた対応と、お気づきの問題があれば私ども市議会議員にご意見いただけたらと思っています

●ワクチン接種の進め方は、強制感が拭えないものの、上越市、生駒市、イスラエルなどで採用している、自治体側が市民に日時場所指定で接種に呼び出す方式を私も検討するように申し上げてきました。この方法が混乱がないと、最近は評価を上げています。
今の予約を挟む方法は、市民も予約受付側も、つまらない事務とストレスを増やすだけだからです。ワクチン接種の制度検討の当初の頃は、近隣自治体で(まだ始まってもいないのに)「先進事例」とことさら宣伝され、かかりつけ医での接種を美化する報道に、多くの市議会議員が好意的に採用を求める場面が多く、職員にも抵抗感があり、採用されませんでした。

| | コメント (0)

2021.05.23

5/23 和光市長にしばさきさん当選

23日投開票が行われた、おとなり和光市の市長選では、しばさき光子さんが当選いたしました。当選をお祝い申し上げます。

幹部職員の不祥事にまつわる辞任をうけて、その責任を強く問う吉田候補と、和光市の改革とブランド化を進めた松本前市長の路線を継承するしばさき候補の対決のなかで、改革の継承を訴えるしばさき候補に市民の多くが支持をした結果となっています。投票率も45%と、三つどもえの激戦であった12年前の松本前市長誕生の選挙(2007年、43%)を上回り、市政の選択に関心の高い和光市民の姿を見る結果となりました。
とくに男性投票率が43%に留まったのに対して、女性投票率が47%と、女性の投票率の高さも特徴ある選挙結果です。

有権者数 6万6200人
総投票数 3万0120人
投票率 45.5%(女性投票率47.79%、男性投票率43.31%)
しばさき光子 1万8387票
吉田たけし 1万1336票

四市の自治体のあり方、行政のあり方の改革のペースメーカーとして、引きつづき和光市の改革に奮闘することを期待しています。

●和光市に踏み入れたことがありましたが、大量の二連ポスター、宛先を指定しない全戸送付の郵便物など、挑戦者側が大規模な物量作戦が行っていることとが印象的でした。さらに自民党、公明党の国会議員の投入、市の幹部職員の重大かつ低次元な不祥事への市民の評価、一方でこの12年間で「住みたい街ランキング」の上位の常連となるような自治体ブランド化の成功とそれに裏打ちする市政改革などの市民の評価、など選挙を左右するいくつかの変数が読み切れなかったので、予測がつかない選挙でした。

●対照的な朝霞市です。市長にものの言いにくい雰囲気、今の総与党体制を強く支持してきた在来型住民まで不満を言う状況、だれも起ち上がらない現実のなかで1970年代の様相の保革対立型選挙の結果、現職5選目でした。その結果、だれもがものを言いにくい雰囲気と事なかれ主義が市役所に蔓延しています。適宜、市長選で緊張感を持たせている近隣市を見るに、反省するところ多くあります。

| | コメント (0)

2021.05.08

5/8 松本武洋さんが民間人に

きょうをもって、お隣の和光市長松本武洋さんが辞職します。
国会中継で「ニンメーセキニン」ということを煽る政治風土があるなかで、政治家の部下の失敗に対するハードルは厳しいものがあります。
直下の部下であった人物の、公金着服事件の責任を取るもので、残念ですが、辞職という対応は妥当なところだと思います。優秀な政治家でもったいないという思いはありますが、無理に引き留める方が、もっと残念な結果になるだろうと思います。

松本さんと知り合ったのは、2005年頃ではないかと思います。このブログ「きょうも歩く」で私があれこれ書き始めたところを目をつけられ、しばしばコメント欄に論争を挑んでくる和光市議が松本さんでした。イデオロギーは違う(私は西欧北欧社民主義に、松本さんは自由主義)し、ウイットは入るしでしたが、丁寧な論立てをして議論を作れっていただいたことは、捨て台詞が多いネット言論のなかで、私は大事に受け止めました。当時の政治評論では、松本さんは「改革派」、私は労組職員ということで「抵抗勢力」にほかならないわけです。当時、取り組んでいた地域福祉計画づくりでエッジをかけたものいい(取り上げた問題は、今日のコロナ対策ではみんな浮き彫りになった問題ですが)をしていた私には、職業のこともありまちで「アカ」とまで陰口たたかれていたもので、そうしたレッテル貼りを超えて関わっていただいたことは印象深くありました。
論争を重ねていくうちに、類型的な自由主義よりも、有効な自治体がどうるあるのか、というところで価値が共有できたところがあります。それを模索する姿に、政治家という松本さんを尊敬するようになりました。市議時代には、朝霞市の市民活動団体相手に自治体財政の講座をしていただいたことがあり、財政という言葉が切り詰めるだけではないというイメージを作っていただくのに協力していただいたことがあります。

12年前・2007年の和光市長選に立候補するというときには、公明党と共産党以外は、地元の家系の人かベタな政治業界経験者ばかりの朝霞地区4市で、政治の雰囲気を変えてくれる存在になるだろうということで、応援いたしました。まだ私は政治家になっておりませんでしたので、表に立つというよりは、種蒔き、水まきみたいな支援です。まさかの当選をかちとって驚いたものです。
開かれた自治体政治に期待する市民に大きな支持を得たのだと思います。

その後、市長になられ多忙であること、2011年には私が市議になり、ときに利害が異なる朝霞市の立場ということもあることから、市議時代のような何でも言い合うような関わりはしない方がよいと遠慮してきました。
この12年は和光市の施策の展開を見て評価してきましたが、子ども関係を中心にNPO事業と市政との協働、保育だけではない子育て支援政策の展開、介護保険の周辺の地域福祉の展開などでは成果をあげられました。自由主義者として「切り捨て」の政策を採用することはなく、統合度の高い政策を推進して、正直、市民に近いところの政策で改革が停滞している朝霞市とはぐんと差をつけられたという感じがしています。

一方で、今回の辞職の原因となった人物の問題はもう少し早く見抜けなかったか、という気持ちはあります。近隣市の視察を受け入れないことや、ケアマネージャー業界からは早い時期から当該人物の支配的な対応が指摘されていました。
一方で、保革対立のような、基本的な考え方の違いで政権交代を経験したことのないこのあたりの自治体では、新しいやり方で自治体経営をするための研修・学習をしている職員が少なく、先進的な政策の知識や遂行能力を持った職員がいれば、抜擢せざるを得ないといのうが現実でもあります。それを否定すると、仕事ができる人材が去って行く市役所になると思います。
結果は、部下が、公金着服という誰もが想定を超える事件が起こして容疑者となり、それを受けて、連座して松本さんがどこかで市長を辞職は避けられない、と見ていたので、潔く今回の辞職という判断になっていると思います。

近年、担い手不足や、政争や学生運動を経験していない政治家が増えて、政治業界ですら争いごとを避ける傾向が強く、首長の任期が長期化する傾向がありますが、私が政治や選挙の訓練を受けた1990年代は、同一人物が首長を連続3期12年を超えてやると、いろいろ問題が起きると言われてきました。友人である松本さんの未来を考えると、市長を降りられるよい機会ではないかと思います。地方自治体の経営を考えるプレイヤーとしては、首長以外の関わり方もあるかと思います。
これからの自由人となった松本さんの活躍を楽しみにしたいと思っています。

●和光市長選に向けての動きが始まっていて、競争選挙になるようです。
今月下旬に行われる和光市長選は、政策の内容もさることながら、それ以上に先進自治体と評価されてきた改革の継続か、新人どうしであるにしても不祥事の責任問題か、という選択肢ではないかと思います。和光市民の自己決定権を尊重し、落ち着いたところで、大所・高所からの判断を仰ぐべきであり、政党や国政政治家が手を突っ込むべきものではないな、と思っています。

| | コメント (0)

2021.05.07

5/7 朝霞市の新型コロナウイルスワクチン接種が部分的に始まります

本日、市のホームページに接種日程が公開されています。
医療従事者に引きつづき、高齢者の接種が始まりますが、ご存じのとおりワクチンの生産が追い付かないことによって、輸入が遅れていることから、本数が限られます。
朝霞市としては、接種希望者での予約合戦にならないように、第一波として、90歳以上約1700人を対象に5月17日から接種が始まります。この数であれば90歳以上の方は全員落ち着いて接種できますので、10日から始まる予約では接種には焦らず、移動手段や、ときに移動支援者などの都合などを調整してから、ご予約いただけたらと思います。
続いて、ワクチンの入荷のめどがたつたびに、65歳以上の方には、5歳刻みで時間差をつけて予約・接種をスタートしていきます。予約開始に関しては仮置きの日程が市から公表されていますが、事情変更も大いにありますので、そのときにはご容赦ください。

●ワクチン接種をめぐっては、国が、選挙を意識して焦るあまり、楽観的な情報と、実態の情報が入り乱れて、情報が錯綜しています。正確な情報と、待たされるのであれば落ち着いて対応することを呼びかけてもらいたいものです。
世界中がワクチンを欲しがっている、ということはメーカーは140億本を生産しなければならないはずです。インドなど日本より感染が深刻な国もあり、そうした国を放置してよいのかという国際世論もあるなかで、日本は不利な状況にあります(第四波が強烈なので、扱いが変わるかも知れませんが)。諸々のことを考えると、日本だけ優先してワクチンを売る、ということが難しいことはちょっと考えれば国民も理解できます。
楽観的な見通しを立てて、民や自治体がわさわさトラブルを起こす要員をまくより、あまり快適な情報じゃなくても難しいことは難しいと伝え、多くの人が接種することが終わるまでは、感染対策をできるだけやるように伝えることが政府の役割ではないかと思います。

●ワクチンの配り方ですが、全国の自治体にまんべんなくワクチンを配っているのはどうかと思ったりします。東京都の接種済み者数と和歌山県の接種済み者数がほとんど同じという結果です。
政府は接種の遅れを、責任回避のために、あたかも自治体の接種体制や、医師会の問題であるかのような情報宣伝をしていますが、原因はワクチンの輸入が思うようにならない、ところに集約されます。政府派、少ない入荷量のなかで、何を優先すべきかジャッジして、いろいろ言われても、まず感染対策した方がよいというところを定めて、そこに集中的にワクチンを投下すべきだったのではないかと思います。考え方としては両極端で、少数しか入らないので、感染症が広がっている都会の高齢者施設や入院施設、または、逆に、人の出入りの限られた地方自治体に集中的に投下して、出入りのない限られた集団のなかからウイルスを追放すべきだったのではないかと思います。
メディア、とくに民放ワイドショーは三鷹駅の北口・南口みたいな、付随的だけどわかりやすい境界線問題ばかりキャンキャンやるので、まんべんなくという判断になるのだろうとは思いますが。

●自治体に関しては、入荷量と関係なく接種を受け付けてしまい、予約業務のパンク、さらには電話回線をダウンさせたり、医療機関に直接電話される市民が出てしまっているところがあります。ワクチン接種の開始にあたって、個人的な嗜好を重視した議論をしすぎた結果だと思います。
会派・個人として市に少し口酸っぱく申し上げたのは、集団接種会場の接種の設計をちゃんとやろう、ということと、ワクチンの奪い合いみたいなことをしないように、対象者を計画的に区切って接種を案内せよ、と申し上げました。朝霞市としては、高齢の人から段階的に接種を案内することになり、混乱が起きないと断言するつもりはありませんが、電話で奪い合いをやっている自治体よりはるかに安心して接種予約できるのではないかと思います。
また市には焦るな、ということと、モノが日本に届いていないワクチンがいつ来るかなんて誰も本当の約束できないので、方針転換を恐がるな、とも申し上げています。時間さえ気にしなれば、いつかはワクチン接種は希望者全員に行き渡ります。できるだけ早く終わった方がいろいろな傷は小さくて済みますが、住民どうしや医療機関でトラブル起こしてまで焦って進めるべきではありません。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »