« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021.03.31

3/30 公営イベントのなかでおしよせる財政危機~3月定例市議会が終わりました

26日、市議会の3月定例市議会が最終日となり、議案の討論・採決が行われました。

3月定例会で最大の議案は、4月1日から1年間の市の仕事を規定する予算6本の審議です。とくに危機的な内容をもつのが、一般会計予算で、規模が人口、市民所得、総務省が全国の自治体の収支を合算した予測である地方財政計画を大きく上回り、3.4%増の450億円の規模になったものです。その内容も新型コロナウイルス対策があればともかく、入っているのはワクチン接種に関する7億弱のものです。
新型コロナウイルス対策なき財政膨張の背景には、5年ぐらい前から公共事業をやりすぎた借金返済が押し寄せていることがあり、このことで、借金の返済と新規の借金の差額が12億円にもなり、借金の返済に市民の税金の5%分が削られ、市民サービスに使えない状態になっているからです。
そのために27億円ある貯金から11億円を取り崩すという展開になっています。この予算を3年繰り返せば、朝霞市は資金ショートを起こし、市独自の行政サービスをことごとく削っていく必要が出てきます。
そういう状況にもかかわらず、本来は市民がイベントを開くものまで、市役所が主催でイベントをやるということが増殖していて、予算配分が明らかにおかしい予算です。
そうした危機感を背景に一般会計予算には、強く反対をしました。

国民健康保険特別会計では、収入の保険税の見積が楽観的過ぎて、市税収入の算定と矛盾しており、財源不足に陥る危険性があると反対しました。

一方介護保険特別会計と介護保険料の改定では、サービス提供量の積算にもとづく保険料算定が初めて全面公開され、サービスの必要・不要と保険料の水準が議論できる土台ができたことを評価し賛成しましたが、会派としては本田議員を通じて討論したように、基礎的なサービスが安定的に提供される土台は作られていると評価しつつ、地域の市民が支える仕組みが弱くて、重度なサービスに利用が偏重している実態を改善するための、地域開発が必要と考えています。

今回の定例会で大きな人事案件がありました。関野副市長と三好教育長が退任することになりました。お二人には重要な場面で意見を聴いていただく機会を作ってもらい感謝しています。
それぞれ後任として市長は、副市長に神田市長公室長、教育長に二見第二中学校長を任命し、議会として同意しています。神田さんは歴代副市長とともに市の仕事を中心的に調整してきた人物であり適任、二見さんは学校教育部長時代に、今日教育をめぐり問題になっていることの改善改革を指導した功績があり適任、と判断しています。

●請願では久しぶりに国政課題のものが本会議での審議となりました。採決の前の「討論」では、安全保障や原発などの課題では、どうしてもマニアックな自説開陳になりやすいのですが、議場でやるべきはどれだけたくさんの議員に賛成してもらう(反対のときは反対してもらう)かの働きかけをするべきではないかと思いました。会派結成時に国政だけの課題の請願には、賛成したり反対するけれども、基本的に地方自治法第99条があることから紹介議員や討論はしないという方針ですが、さすがに見かねて、願意をシンプルに理解して賛成してほしいと申し上げました。

●各議案の概要と賛否、各議員の対応については(続きを読む)以降、ご覧ください。

続きを読む "3/30 公営イベントのなかでおしよせる財政危機~3月定例市議会が終わりました"

| | コメント (0)

2021.03.29

3/26 朝霞台南口の公共施設の配置に十分な検討を求める~市議会一般質問

26日市議会本会議で一般質問を行いました。問題提起したことは、市長公約の実行課題、自治体DXの推進体制、新型コロナウイルス感染拡大下の部活動、ワクチン集団接種の体制整備、歩行者の安全です。

さきの市長選では、当選した富岡市長から公共施設が大幅に増える公約が挙げられていました。今は、自治体の固定費を増やす、公共施設の床面積を増やすな、という世の中の流れがあります。実際には、総務省から指導や時には地方交付税の算定による統制があるなかで、どう整理していくのかという問題意識から問いました。また、旧朝霞台中央病院向かいの溝沼浄水場跡地を利用しての、朝霞台南口地区の公共施設をどう整備するかという複雑な問題です。

私は溝沼浄水場跡地利用は評価するものの、その中身が市長選の公約で子育て世代包括支援センターと児童館が決め打ちされたことは唐突感があり、高齢化も進行している三原の住民ニーズの確認が必要と指摘しました。また弁財市民センターの内装の老朽化、三原公園との一体的な子育て環境の整備、西朝霞公民館の今後という課題も含めて、考えるべきではないか、と問題提起しました。これに対して、市長からは基本的に推進させてほしいものの、財源や住民ニーズの確認が必要なのでそのなかで調整していくとの答弁がありました。
性急に施設を決め打ちして作っていくことは、あのときあれを整備しておけば、という後の祭りになりやすく、禍根を残すので、慎重であってほしいと思います。また当然のことながら財政体力と相談しなければ、後々、あの施設のために何もできない市役所になる、というリスクも背負います。

自治体DXの推進が話題になっています。私の本音を申すと、新型コロナウイルス感染対策で打ち出されている申請業務のリモート化は郵送によるものが大半で、朝霞市役所のコンピューター化はまだ1995年ぐらいの段階で、DX、AIに取り組む前に、まずは情報化推進の職員育成、現状「係」扱いになっている組織体制の変更が必要と指摘しましたが、現状で、という答弁で終わりました。また、国による標準システムの押し込みが予定されているのですが、地方分権を制限するものだという意識が必要ではないか、と指摘しましたが、これに関してはその可能性も検討しながら向き合う、という答弁となりました。

1月に新型コロナウイルス感染拡大でも中学校の部活動が続けられたことに、教育委員会本体として危機管理が足りないという指摘には、県教委が、という答弁に終始しました。埼玉県教育委員会は、東京都並みに感染拡大した県南部と、感染者がたまにしか発生しない県北部と統一ルールが決めきれないから、最も緩い規制にして、県南部は独自の判断しなければならなかったのではないかと再三問いかけましたが、はぐらかされた答弁が続きました。

新型コロナウイルスワクチン接種では、集団接種の体制整備のために、医師会やロジスティックの設計ができる流通業や自衛隊と準備のプロジェクトチームが必要と指摘しましたが、医師会とは連携しているので内部検討にさせてくれ、という答弁でした。田原議員も同様の質問をしていましたが、後ろ向きです。行政と医師集団が腹を探りあいながら落としどころをさがし、行政から要請していくというスタイルで準備ができるのか、心配なところです。

歩行者の安全では、第五小学校周辺のハンプ設置に向けた経緯とそれが他地域でも同様なことができるかを聞きました。ハンプ設置に関しては交通安全の実現に向けた住民協議会を設置して自治会、PTA、警察、市とで協議して進めた、国土交通省大宮国道事務所から危険箇所と指摘されて始めたもの、と紹介され、データで危険地域と捉えられるところは同様の協議をしたいという答弁がありました。ハンプ設置に苦情はあったか、と聞くと、住民協議会で合意して進めたので苦情はない、という答弁が行われています。

| | コメント (0)

2021.03.26

3/26 きょう午前中後半、市長選後の市政や交通政策などを問います~市議会一般質問

きょう、26日午前から一般質問を行います。本田議員の次なので、10時から10時半スタートで午前中一杯、答弁によっては午後にもつれこむかな、という日程になると思います。

●きょうの一般質問は、黒川、山口、斉藤、佐久間の5議員です。

●傍聴もできますが、新型コロナウイルス感染の不安のある方は、インターネットで傍聴できます。

●私の通告した質問項目です。
1.市長選挙の公約と自治体経営
(1)公約として盛り込んだものの課題認識
(2)計画書への反映や具体化の手順
(3)公有地の活用の適用範囲
(4)朝霞台駅方面の課題
※市長選を受けて広く展開してしまった公約と財政難をどう両立するのか、そのマネジメントを問います。
2.事務改革
(1)指定管理の更新準備
(2)金曜日の17時締切
(3)三桁カンマの使い方
(4)DX推進への対応
(5)「国の補助金ですから」問題
3.シティープロモーションの課題
(1)紹介されるものの選別
4.新型コロナウイルス対策
(1)生活支援の強化と総合化
(2)ワクチン接種の準備
(3)小・中学校の感染拡大の対応
5.子ども政策
(1)保育所・放課後児童クラブの待機児童問題
(2)子育て世代包括支援センターのこれから
(3)学校施設不足の対応
6.交通とまちづくり
(1)地域公共交通計画の展開
(2)東上線改善対策協議会の協議内容
(3)電柱、ミラー、標識の安全管理
(4)歩行者優先のまちづくりの取り組み

| | コメント (0)

2021.03.13

3/13 給食のトラブルにお詫び申し上げ、改善を働きかけます

メディア等でも報道されましたが、朝霞市立第五小学校の学校給食で、歯を破損するけがをした児童がおられ、また別件で、賞味期限を大幅に過ぎたお菓子が出されたトラブルが1日ずれて発生しています。
二元代表制の一翼にいるものとして、被害にあわれたお子様と保護者にはお詫び申し上げるととともに、再発防止と安全な給食の確立に努めてまいります。

●市議会には、12日の深夜、市議会本会議に続く「全員協議会」が開かれて、行政側から2件の報告を受けております。
私を含む各議員からは
・検品体制を確実に行うように
・自校式給食で委託調理のなか、市職員である栄養士1人体制を当面複数体制にすること
・賠償請求になると思われるので被害を明確にすること
・業務マニュアルの検証をすること
などの要請意見が出されています。当面、再発防止に注意して、真相究明にあたることと答えを受けています。

| | コメント (0)

3/12 来年度の市役所の仕事を検証しています

12日、朝霞市議会本会議で2021年度予算審議が行われています。
自治体の予算を可決すると、多くのことを自治体職員の裁量を委ねることになります。つまり自治体にとって予算審議は来年度実行する仕事のメニューを承認する作業です。
そのための質疑が行われました。その結果見えてきたことは以下の7点です。新規事業が少ないので、問題点ばかりが目につきます。
インターネットの録画公開が行われています。根気のある方は見ていただけたらと思います。私は2時間04分あたりから1時間半程度質疑を行っています。

1.財政危機の予兆が忍び寄っている予算です。新型コロナウイルス対策は補正予算で行うため、新型コロナウイルスによる支出増は1億円ぐらいしかないにもかかわらず、昨年の最初の予算より15億円も支出が増加し、市の貯金を久しぶりに11億円も取り崩す予算です。貯金の残高は28億から17億に低下します。新型コロナウイルス非常時を理由としない支出増に手が打たれていない予算と言えます。またこれをあと3回やったら資金ショートする予算とも言えます。
ちなみに5年ぐらい前までの朝霞市の予算規模は380億円前後だったものが、今は450億円にもなっています。そんなに経済成長しているわけがないので、やはり使い過ぎが定着している予算と言えます。

2.2010年代後半のアベノミクスで財政の調子の良かったときに膨らました事業の借金の返済が始まっていて、新規の借金-借金の返済の差額が12億円となり、キャッシュフローを圧縮しています。たんまり貯めた貯金を崩し続けた、小中学校3校と朝霞駅の両側を整備した後の2005~2013年と同じような構造の財政になりつつあります。

3.公共施設の修繕・改修工事が、2月にまとめたばかりの「ファシリティーマネジメント計画」と関係なく行われ、支出を圧迫しています。

4.2020年度に5億円かけて買った学校のタブレット端末が配備され始めましたが、学校現場にシステムトラブルに対応する職員が配置されていないため、故障するかも知れない自動車を運転させられている状態です。教育委員会は要求したようなのですが、採否のところで却下、その理由として「必要かどうかわからないのに人を要求されてもつけられない」という答弁です。

5.オリンピックパラリンピック歓迎行事はじめ、イルミネーションなど公営イベントと、それに近い駅南口商店街の活性化には積極的な予算です。こうしたイベントは市民から自発的に始まり、自治体が財政支援をするというのが本来の姿と思うところです。

6.障害者福祉と保育の予算が合計で10億近く伸びています。もちろん半分以上は国や県の補助が入るのでそのまま財政悪化の要因ではありませんが、便益を受ける利用者の数に比べて、支出の増加が著しく、コスト分析が必要なレベルに入っています。住民運動をベースにした福祉活動を面倒がり、施設依存(施設収容)型福祉をやってきた限界が出はじめていると思います。

7.これに加えて、公共施設のバラマキが目立った富岡市長の選挙公約の準備が着手されて、後年度さらに財政支出が増える予兆を持つ提案です。ここには、2月まで2年にわたる調査で計画化し、市全体の公共施設の床面積を規制したり、修繕計画のコストを想定しながら新規施設を求める「公共施設ファシリティマネジメント計画」が全く機能していないことを覚らされます。

以上のようなことが見えてきました。それでも市税収入が大して増えないのに、財政支出が急速に増え続けている実態が掴みきれていません。このあと、15日からの分野別に分担して審議する、市議会の4つの常任委員会の審議を待って、判断したいと思います。

●その他にも一般的な議案の審議も行われています。
1.市民に最大の影響を与えるのは介護保険料の値上げ改定です。標準月4950円→5700円になります。今回の提案では介護保険事業計画で必要な事業量から必要額を割り返し、介護保険料が設定されていることが説明づけられています。介護保険料を上げるなという議論は、サービスを抑制することが必要になります。
2.高所得の個人事業主が該当しますが、国民健康保険料(税)の上限が96万円から99万円に引き上げられます。該当者は500人弱です。
3.浜崎から宮戸に入るところで武蔵野線を越える「浜崎橋」の改修工事が発注されます。鉄道上なのでJR東日本にお任せする工事です。残念なことに幅員の見直しは行われず、引きつづき狭い幅員となります。
4.幅員の広い歩道にテラス席を設けることができる制度が創設されます。
5.介護保険事業者に関する規制の変更が行われます。

| | コメント (0)

2021.03.11

3/11 東日本大震災10年

東日本大震災が起きてから10年となりました。犠牲者を悼み、その後の困難にあわれた方々にお見舞いを申し上げます。

戦後の安定期が終わり、しばしば災害に見舞われることが起きるようになり、改めて人々が助け合い、支え合い、いたわり合うことの大事さを確認したいと思います。

市議会議員という立場では、防災や、災後の復旧のための様々な支援を考え抜いて、提起していかなくてはならない立場だと心得ています。

●全国の自治労の組合員が有給休暇を取得してボランティアに入り、現地の自治体業務の支援や、避難所運営支援にあたっていただきましたが、私はその支援者のマッチングとロジスティックで、福島の拠点で仕事をしました。このときに、親族をなくしたり、家を失ったりしながらも、ボランティアの受け入れにあたってくださった、受け入れ側自治体の職員のみなさん、また避難所など協力してくださった方々、現地の自治労関係者の気持ちを今でも重く受け止めています。そんなときなのに、旬の果物を差し入れていただいたことも思い出します。

| | コメント (0)

3/10 12日9:00~議員の本分、議案審議が始まります

3月8日、3月定例市議会が始まりました。市長から議案が26本提出されています。これに対する質疑は12日の9時から本会議で行われ、インターネットでの中継・公開も行われます。いささか冗長な議論ですが、市民の払った税金がどのように使われ、市の持続可能性を検証する機会です。選んだ市長がどのように振る舞うのかもご覧いただけたらと思います。

来年度の市の仕事を定義する予算案が提案されていますが、全体的に使い過ぎ、という感じが否めません。そのことは新型コロナウイルス対策が、ワクチン接種以外、微々たる内容しかないのに、財政調整基金が11億円も取り崩されることにも現れています。もちろん市税収入が減る見込みを計算もしていますが、一方で減った額の75%は地方交付税で手当されるので、そればかりではなく使い過ぎです。
 
各議案の総論としての問題点・評価点は確認していますが、予算の評価につながる内容の点検は、
12日9:00~本会議(市長提出議案に対する質疑)と、
16~17日の総務常任委員会、建設常任委員会
18日~の民生常任委員会、教育環境常任委員会
で審議されます。
※本会議での審議はインターネット中継・録画公開が行われます
その結果を受けて、30日の最終日での最終日の本会議で討論・採決が行われます。

●8日の市長の議案説明の前に、関野副市長が3月末をもって退任することが報告されています。また任期満了で教育長の人事案件の議案も追加される見込みです。

●3月定例市議会で審議する議案
 本会議提出と議会運営委員会で確認済のものです。
 所属常任委員会の分野の質疑は本会議できないので、
   民生常任委員会に関するものは私ができないので本田議員にお願いし、
   教育環境常任委員会に関するもの(今回はなし)は本田議員の課題を私が引き受けています。
 詳細審議は委員会に委ねられます。こちらは会議室の設備の関係から中継・録画がありません。申し訳ないです。

続きを読む "3/10 12日9:00~議員の本分、議案審議が始まります"

| | コメント (0)

2021.03.05

3/5 3月定例市議会の一般質問は23,25,26日の3日間です

市議会には、議員が市政に関する課題を自由に設定して質問できる一般質問の機会があります。
3月定例市議会では、3月23日、25日、26日に日程が設定されています。
きょう締切のところ、エントリいたしました。質問事項はこの記事の最後に掲載しています。

●一般質問にエントリした市議会議員(敬称略)
福川、田原、小池、岡崎、遠藤、宮林、須田、大橋、利根川、
山下、田辺、外山、石川、本田、
黒川、山口、斉藤、佐久間
質問は、エントリ順で3日のうちどこに当たるかは、8日終わりに議長から宣告されます。

●私の通告した質問項目

続きを読む "3/5 3月定例市議会の一般質問は23,25,26日の3日間です"

| | コメント (0)

2021.03.04

3/3 16日から国際興業バス全市的に減便のダイヤ改正

20210302bus 市内4路線を走る国際興業バスが16日からダイヤ改正を行います。今回は、朝霞駅南口から膝折、志木駅方面の路線が全般的に減便になっています。全面的にダイヤも改正されていて、改正ダイヤにご注意ください。

 内容としては、
・朝霞駅東口から朝霞・浦和線を経由して内間木(旧湯~ぐうじょう)の路線は夕方帰宅時間帯を中心に減便、
・朝霞駅南口~末無川(志木行と膝折循環の合計)は1時間に約4本→2~3本、
・さらにその先に向かう朝霞駅南口~膝折~志木駅東口は約50分間隔
となります。
 私の居住する三原地区では、志木駅東口→朝霞市役所が、朝霞市民の公共施設の利用で使われるのですが、イベントの開始時間に間に合うには微妙なタイミングのダイヤ設定であり、やや使いにくいダイヤだなぁ、と受け止めています。

 バスの運転士に対する全国的な賃金低下が、人材不足を招き、その結果としての路線廃止です。日頃、もっとバスを活用する生活スタイルにしていくことで、賃金改善が実現すれば、いずれ増便となる可能性もないわけではないので、もっと乗ろう、ということを呼びかけたいと思います。

●このうち、早朝1便だけの朝霞台駅→膝折→朝霞駅南口(朝12系統)は廃止になります。
志木駅南口→朝霞駅南口(朝11系統)は、昨年3月に市内の2路線の廃止申請を県に届け出て、様々な事情で8月に廃止は撤回されましたが、減便を予告されていたものです。
  過去記事 8/26志木駅東口→朝霞駅南口のバス廃止が撤回へ
こうした問題に、朝霞市は公共交通協議会という会議体を設置して、業者、警察、自治体、地域団体で歯止めをかける仕組みを一昨年から発足されています。これがあったから助かったというところがあります。

バス会社も募集しても応募がない運転士の賃金改善のために、路線の選択と集中を徹底的に試みています。採算が取れているだけでは存続してもらえる時代ではなく、もっと儲かる路線に集中的に運転士と車両を投下していく時代です。
1便あたりの乗車率や、自治体の協力で路線の存続を決めているところがあります。埼玉県内は減便や廃止した分しか増便しないと自治体に表明しているバス会社もあります。そういう業界事情のなかで、マイカーばかりを乗り回していた人が、突然バスがないと言いだしても、対処しようがない時代に入りつつあります。
わくわく号も、以前は朝霞市が金を積めば増便を考えてくれましたが、今は、運転士がいないと断られている状況です。

●社会全体、人の役に立つ仕事に人手不足が起きて、東大生の希望の職業がコンサルタントといい、憧れの職業が軒並み手足を動かさず観念的な職種が並ぶ時代です。税制が金融にだけ甘いせいですが、努力が大事と言う人こそ、資産から派生する所得ばかり追いかけたり平気でする時代です。
このミスマッチを解消するような、所得の公正な配分が行われる社会構造に転換することが急務だと思います。

●そのようななか、新年度予算では、市役所の駐車場の舗装し直しに2500万円もの予算が計上されています。マイカーを持っていない人の割合が下から4番目の朝霞市で、公共施設のマイカー来場者の駐車場に関するクレームばっかり聞いている感じがします。新型コロナウイルス対策はもちろんのことですが、CO2対策や、公共交通の存続という観点から、そこに今お金使うんですかという感じがします。市役所周辺の見てくれの整備にばかりお金を使います。

| | コメント (0)

2021.03.01

3/1 市長選が終わり、3月定例市議会へ

2月28日投開票が行われた市長選で、富岡勝則市長の続投が決まりました。泡沫候補が落選するのでなければ、朝霞市の地方選挙は人口が増えようが、目新しい候補がでようが、だいたい3万5500人前後は必ず投票に行き、それ以外の人は地方選挙に行かない、ということが改めて見せつけられた選挙だったと思います。

富岡市長の得票が若干少なく、小山候補の得票が革新系基礎票+野党系市議の得票を1000~2000票上回っています。私も市内を歩くなかで、一定の長期政権への問題意識、市政の停滞、ハコモノとイベントばかりの公約のマンネリ感に不快感を示す意見を、思いもよらぬ方からいただく場面が多く、そんなことも反映した結果なのだろうと思います。

さて、富岡市長が続投となった翌日の1日、3月定例会の招集が行われています。来年度予算や、4月1日施行の様々な条例改正を審議する市議会です。
招集日は確定で、その他は内示ですが、日程は以下のとおりです。正式には3月3日の議会運営委員会で日程が決まります。
3月8日 招集・本議会初日
3月12日 本会議での議案質疑
3月16~17日 総務常任委員会・建設常任委員会
3月18~19日 民生常任委員会・教育環境常任委員会
3月22日委員会予備日
3月23日、25日、26日 本会議一般質問
3月30日 本会議最終日・討論・採決

なお、これにあわせて、
市民からの議会への請願 3月5日17時提出締切(要紹介議員)
一般質問エントリ締切 3月5日12時
議会運営委員会の開催 3月3日9:00~
全員協議会の開催(議員への来年度事業の説明) 3月3日13:30~
などの日程が案内されています。

●招集告示にあわせて行政から議会に審議を求められている議案の一覧

続きを読む "3/1 市長選が終わり、3月定例市議会へ"

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »