« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021.02.26

2/26 このうち一指標は・・・

自治体四季報という、まだ認知度の低いサイトで、朝霞市が「全国優秀自治体ランキング」という評価で7位に入っています。
といっても指標が、人口の増減、財政調整基金(自治体の貯金残高)の増え方、住民1人あたりの職員人件費ということなので、決して住民サービスとか生活の質が評価されたわけではなく、公務員さんが職場としての自治体の経営安定度を見るランキングです。住民にとっては、ぬか喜びしない方がよい評価です。

人口増加も、朝霞市においては東京一極集中の影響で、他律的な成果です。また人口増が良いかというと、永久に解決しない待機児童問題に追われてその他の福祉に資源を回せなかったり、マンモス校の再出現で新しい教育展開や、空き教室の利用を前提にした住民サービスなどができず、デメリットも出てきています。

住民1人あたりの人件費の低さも、民間委託や民間事業者への発注、非正規職員を増やせば、同じだけの業務をしていても良い指標が出ます。場合によっては、良い評価ではなくて、市役所の仕事が、発注事務や報告書の管理で忙殺されて「ブリシットジョブ(自己目的化した管理業務)」化している危険性も見なければなりません。

財政調整基金の話ですが、現市政においては、2005年度の富岡市政スタートから2013年度までの9年間のうち1年を除き、ずっと取り崩しを続けて、2014年の年度初めに現金が底をつきかけてしまいました。2013年度までの9年間は、3月25~30日に議会で承認される、納品完工まで1日から5日しかない3月補正予算で残金を寄せて集めて使い切り、残金も地方財政法で定める財政調整基金への積立ルールを守っていませんでした。
私は、そうしたことを逐一問題視して、やめさせて、今の財政調整基金の残高に持ち直しています。この評価も、残高の増加率なので、この回復過程の数字が評価されたのだと思いますが、残高そのものは全国的に高いわけではなくて、ようやく年度当初の資金繰りに支障がない程度に持ち直しているというのが実情です。
この部分の評価は、総論で財政問題を指摘した質問はいくつも出ていましたが、方法論の問題点まで具体的に指摘して財政を建て直す議論を作ってきたのは私だと自負しています。

このランキング評価は一つの自治体経営の指標だと思いますが、財務総務畑の公務員の視点、役所が自己保存するための指標であって、福祉や教育や環境に関する指標は一切ありませんので、そのあたりを呑み込んで、7位という評価を受け止めてほしいと思います。

●財務に関する評価は朝霞市はあがりやすくて、2000年代初頭の日経の調査でも、財務部門で全国1位を記録したことがあります。以前はベッドタウン住民は税金を納めていただける一方、主婦の存在で住民サービスは学校教育以外ほとんど不要でしたが、今は、介護や保育サービスが充実してくるなかで、必ずしもそういう評価にならなくなってきています。そして、それでいいのだと思います。

| | コメント (0)

2021.02.25

2/24 「何のため」が抜け落ちているワクチン接種の議論

地方議員業界はいま、ワクチン接種の準備が話題です。この議論に噛んでいると、方法論ばかりどんどん些末な議論になっていて、ワクチン接種は何のためにするのか、という議論がどこかいっているんじゃないかと思わせるものがあります。

その背景には、ワイドショーやワイドショー化しているニュース番組の報道加熱があります。庶民感覚に近い、感情に障る問題や、疫学的な問題よりもどう並ばせられるか、という本質論ではない、些末な技術的問題を取り上げれば取り上げるほどチャンネルを切り替えてくれるからです。そういう報道に煽られた発信が、何のためにわざわざ国家的事業で接種をやるか、ということをすっ飛ばして、右向け、左向けと声があがるなかで、声の出る住民の感情を逆なでしないことが最高の仕事の価値になってしまい、自治体の現場は迷走している感じがしています。報道規制ができるわけがないので、実務に携わる人は、横目でそういう報道を気にしつつも、最大の効果が出るように接種の準備を進めるのが最善です。

集団接種へのネガティブなイメージから後ろ向きにとらえ、個別接種中心のやり方がもてはやされていますが、医師会の側が、混乱をしなやかに受け止める腹が団結力をもって決まっていないと、懸念材料が多いと私は見ています。これは何千人もの人を集める仕事をした人でないと、あるいは毎日何万もの物を届けることをコントロールした仕事をしている人でないと想像つかないかも知れません。

そして最近では、中央政界では、1回接種で済ませようかなどという政治の側の思いつきが提案され始めています。こういうのも、冷静に専門家が議論すべき話題です。

こうなってしまうのも、国家的に接種を進めるのは何でやるのか、どのくらいの人たちが接種を終わらせれば次の時代に向かえるのか、ということが共有されていないからだと思います。受付や予約アプリや集団か個別かとか、接種会場のつくりとか、まだ世界的にも使われ始めたばかりのワクチンの副反応を具体的に示せとか、反ワクチン派の存在の是非論とか、傍論とも言えるサービスの細かいテクニカルなことばかりに関心が向くのではないかと思います。

私は、自治体が医師会全体との信頼関係をきちんと構築できるかどうかが、混乱や不成功にならない一番のカギを握っていると思います。そのためには自治体側がきちんとしたグランドデザインを描いて、医師会と根気強い協議が必要です。また接種の人的資源は医師会ですが、接種のオペレーションは、大量の物や人を正確に動かす実務を日々になっている物流業者や、ときには自衛隊などに助言を仰ぐことが必要ではないかと思っています。

あと数日で来月末配布される「広報あさか」のなかに、次号は臨時議会の議会だよりが掲載されます。同じ会派の議員に全原稿を見せてもらいましたが、補正予算の柱であるワクチン接種に関する質疑は、多くの立場の議員から多面的な質疑が行われていて、現時点での市の絵姿が捉えられるよい資料になっていると思います。
ワクチン接種対応で朝霞市はどうなっているの、と思われる方は、ぜひご一読ください。
急がれる方は、youtubeで議場のライブが配信されています。時間はかかりますが、こちらをご覧ください。

| | コメント (0)

2021.02.23

2/23 ハコモノ羅列の不安と市議のままの不安~市長選の公報を入手

市長選の公報を入手しました。

今回の市長選、私は試合放棄状態です。現職には、和光市とのごみ焼却施設や朝霞の森開設など、一度判断したことを傷が大きくなる前に転換して変えた決断力と政治力は評価していますが、新しい政策課題に対する認識が甘いこと、議会の自律性を考慮しないところに、応援するということにならないと考えています。

一方で挑戦者の候補者は、市議時代に同じ会派を組んでいた方です。男性を含むひとり親家庭の支援に国に先立ち政策化したり、議員としては立派で、道を開けないことに道をつける活動をされてきましたが、市役所全体の上司となる資質や、責任を問われたときの態度などを見てきたなかでは、課題の多い人であると思います。こちらも応援することにならないと思っています。小さな話ですが、すでに政治活動チラシの配布が始まっていた、今月中旬まで何の話もありませんでした。

さて、入手した公報ですが、
現職・富岡勝則候補のものは、ハコモノ政策ばかりです。朝霞台地区を冷遇してきたことを見直そうとしているんだということは評価します。これも、私や田辺議員、須田議員が強く問題提起をして、気づかれた問題ではないかと思います。
一方、ノウハウで解決すべきことまで、ハコモノ政策の羅列で問題解決を提示することに不安しか呼び起こしません。財政的にもきついですし、政策の提示の仕方が古いという感じがしています。この25年、朝霞市の人口増を支えた人たちは、ハコモノで経済成長を実感したことがなく、新社屋建築と社内行事の盛り上がりに得意がる会社幹部に先行きの不安を覚えるような時代を生きている若い賃金労働者です。
この4月からスタートする市の総合計画に書かれていない話もあります。18日の市議会全員協議会で、市議会に対して、総合計画の策定手法の説明に終始して、内容をほとんど説明しなかった理由、公共施設の維持修繕を具体化するはずの「ファシリティーマネジメント計画」に数字が盛り込まれなかった理由かと合点しました。当選したら作ったばかりのこの2計画をどうするのか、問われることになると思います。
朝霞市が新型コロナウイルス対策で直面したのは、建物の話ではなくて、市役所と外郭団体内のノウハウの不足です。この9年間、議場で、市長と市長に事前諒解されている各部長の答弁を拝聴してきましたが、先進自治体とまではいきませんが、新しいソフト重視の政策への評価が低すぎて、朝霞市役所のひとりよがりみたいな答弁が目立つなぁと思ってきたところです。今回の公約でも、孤立する子育てに寄り添う職員やボランタリーな人々を増やすことなく解決しない問題を、ハコモノ増やしても子育て強者の居場所だけを増やすだけです。
市民の側も、声を挙げやすい題材として、公共施設のあるなしで行政からの愛情を評価する語られ方がこういうことになっているところがあるとは思うところです。

挑戦者の小山香候補の側は、強大な権力を持っている5期目現職を打破したいということなのに、市議時代に固執していた政策だけ、という感じです。お金のかからないソフト重視の政策が中心なのは評価しますが、学校増設など、あまりにも他の政策に与える財政、人的、政治的影響を考慮していないと言わざるを得ません。朝霞台地区は経験していますが、期待した第十小学校建設では思うような場所に土地確保はできず、当時の人口急増地域に学校は作れず、結果として飛び地的な学区を作らざるを得ませんでした。時間もお金もかかり、子どもが多い地域も動いていくもので、再考が必要なことと思います。
その他の政策は個々にはそうなんだろうなぁとは思いますが、市議として取り組める政策ではなかったかなと思うところです。
レイアウトもタテヨコの字の間隔がほとんど同じで、読みにくい、という印象を与えるばかりです。

●先進国では類を見ない規制だらけの公職選挙法では、選挙期間中のちらしは、街頭配布だけ許可されていて、ポスティングが禁止されているので、陣営から支持されていないと思われた人には、入手が困難を極めています。公職選挙法の規制は、主体的に投票先を選びたい人には、情報が入ってこない規制ばかりだと改めて思うところです。

●今回、富岡市政が始まって初めての対決型選挙になったなかで、十分満足いく候補者を擁立し、市民のみなさまにこれなら次の朝霞市は、と思っていただける状態にできなかったことが、私の政治力の至らなさだと反省しています。言い訳はいろいろありますが。
背景にあるのは圧倒的な朝霞市の地域政治の人材不足です。
地域のイメージが、町内会・自治会・商工会ばかりで、市民による自発的な活動の層の薄さが、地域の人材不足に拍車を掛けています。ここを解決しない限り、市議になったり、もっとオーナーシップをもって、市長になって街を良くしていきたい、という人材は、政党が供給する人材か、今の現職市議しかラインナップはありません。この問題は保守も革新も共通している限界です。報酬が若干低い(この4市は全国的にも低いのです)和光市議会にはどんどん挑戦者が入ってくるのに、朝霞市はいつまでも、いつもの顔で、新人もいつの間にかいつもの顔に巻き込まれてしまいます。
乞う挑戦者、と思っています。市議選ということもありますが、地域開発に挑戦者、と思う気持ちです。また市議選でも、次々に新人が既存の体制に恭順していくなかで、自分の手で道を開きたい、という人を期待しています。

| | コメント (0)

2021.02.19

2/18 次の5年ビジョンがないのだろうか~総合計画の議会レビュー

18日午前、市議会の全員協議会(会議にするほどではないが、議員が情報を共有しておかなくてはならないときに説明会的に開かれる)が開かれ、新年度から始まる計画のうち、①総合計画後期基本計画、②まちひとしごと計画、③公共施設ファシリティーマネジメント計画、④地域公共交通計画の説明が行われました。
これらの計画は市民に影響が大きいのに、「行政内部の計画」という位置づけで、行政職員だけで決められることになっているので、議会の過半数が「議決事項」として追加することに賛成しない限り、市議会の議題にも採決の対象にもなりません。その代わりという説明の場でした。

驚きましたのが、5年間の朝霞市の「最上位計画」と位置づけている①の総合計画後期基本計画の説明でした。21日から市長選がはじまり、現職市長が続投を表明しているなかで、市議会議員に対する今後4年間の任期をすべてカバーする5年間で実現したいことの問題意識や取り組みたい政策がアピールされるのだろうと思っていたところ、事務方から、5年前に立てた計画本文から順番を入れ替えたところの説明を数分受けただけで終わりました。今までどおりということ以外に、何をしたいのかさっぱりわかりません。
最近、市政に関して停滞や変化がないということを指摘されることが多くあります。まさにそれを象徴する場面だったと思います。

市長選の前に続投の大義をアピールする場面を、情勢は変わらないと読み、余計なことを提言して滑らない安全パイを取ったのだと思いますが、向き合うことを避け内部調整だけで状況を抑え込もうという政治姿勢を象徴するものです。
与党議員には総合計画の説明以前の様々な説明や約束を民主主義的にしているのかも知れませんが、中立的な私たちの会派からは、敵意をあえて持たずに見ているなかで、そのように見えるばかりです。
また、日頃、市役所は市民が地域に関心を持ってくれない、と嘆いたり、自治会加入率の低下が問題だと言い募るわけですが、議論を避けた市政運営をしている限り、市民は忙しく、関心を持つ市民など生まれてきません。忙しさを超える問題意識がないと、地域に入っていってナントカしなきゃと動いてくれるわけがありません。

政治的には、何も説明しない説明であると、本当に停滞の状況なのか、また1期目のように市民に意見が割れる問題に手を突っ込もうとしているのか、いろいろなことを考えてしまいます。選挙が終わってから大きな話が出てきて、市民の間で議論が起きたときには、後出しジャンケンと思われることです。

●その他の計画では
②「まちひとしごと」に関しては、人口予測なので人口推計の取ったパターンを説明していますが、前回のようにそこから新しい課題を提言することはなかったので、数値的分析の話に終始しました。我が会派からは、出生率の上昇に「結婚」を促すことは妥当なのか、という疑義をさしはさみました。子育てをするのに婚姻した家庭がある方が安定的とは言われていますが、出生に関しては、結婚を前提にする考え方がいろいろな意味で出生率を抑制している可能性もあります。生まれてきた子に罪はなく、またどのような状況であれ生まれてきた子をどこかに追いやることは不可能なので、生まれてきた子は経緯を問わず歓迎し、育てられる環境をつくることが必要な時代にあると思います。
③公共施設ファシリティーマネジメント計画は、今後の公共施設の長寿命化と更新を仕分けして、必要な財源、技術をどう調達していくかという計画ですが、理念とメカニズムの説明のみで、具体的な手法や財政調整的なことはほとんど説明がありませんでした。政治的配慮をしすぎた場当たり主義的な公共施設の運営にならないか心配になるところです。そういうときに割を食うのが、新住民の多い地域です。
④地域公共交通計画は、私が念願してきた計画がようやく策定されました。細かいところに不満はまだありますが、ようやく市としてマイカーの利便性だけに目を向けるのではない交通政策ができるようになったと思います。地域公共交通協議会という会議体、この計画、わくわく号や補助金などの具体的ツール、職員が揃ってきたと思い歓迎するものです。
この説明のなかでは、2021年4月から、朝霞駅南口から川越街道沿いの新電元工業の間に路線バスが開設されます。通勤時間帯だけの運行になり、ノンストップということですが、一般路線なので市民や周辺の事業所に通勤・学校に通学する方も利用できるようです。積水工場跡地から和光市方面のバス開設とともに明るいニュースです。
新電元工業は飯能市から移転してくることから、従業員の従来の居住地である西武線方面や武蔵野線方面からの直で乗り込むバスの方がニーズが高いのではないかと思うところです。私も高校時代に飯能市との間を毎日往復していましたが、乗換のロスというのは大きかったと記憶しています。川越街道バイパスの工場前の交差点に右折レーンのないで、周辺道路の通勤渋滞を避けるためにも、今後も継続的に十分な検討が必要なところです。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »