« 3/25 市議会はきょう採決~追認機関と思われないために | トップページ | 3/26 朝霞は男ばかり »

2019.03.26

3/25 4月からの朝霞市の仕事を議論して決めています~3月市議会定例会最終日、採決がありました

25日9:00~18:25の市議会本会議で3月の定例市議会は終了しました。最後に、提案された各議案の採決と、賛成・反対の意見表明である「討論」が行われています。
議会としては、市長提出の51議案と、請願2本のうち、市長提出議案は全議案が可決、請願は2本とも不採択となりました。
私は市長提出議案の4本に反対、1本に修正案を提出した上での賛成、残りは原案賛成で臨みました。
予算案に関しては、提案の情報公開度は〇、ガバナンスは△、ここの事業ではでこぼこがありつつ、なんとか納めたということで賛成しましたが、課題はいっぱい残っています。
念願の地域公共交通協議会の設置は諸手を挙げて賛成したかったものの、議員委員が存在し、箇所付けなど利益誘導になりかねない問題を孕むことや地方自治法の建て付けからは違法ではないけども問題がある条項があり、修正案を提出して磨きをかけようとしましたが、修正案は否決されて原案どおり可決されています。

インターネット録画公開の画像 
0時間15分20秒~9時間43分15秒
・4常任委員長の審議報告 0時間16分20秒~2時間48分30秒
    休憩   1時間23分56秒~1時間42分5秒
・市長提出議案の討論・採決 2時間48分30秒~8時間50分18秒
    休憩   3時間07分07秒~4時間15分11秒 
         5時間54分10秒~6時間10分34秒
         7時間42分19秒~8時間00分20秒
・請願審査 8時間50分18秒~9時間38分14秒

各議案の賛否情報や私の討論内容など詳しい点は続きを読む以降ご覧ください。

市長提出議案議案名は意が通じる範囲で略してあります。

【2019年度予算 6議案】  
  2019年度予算書・関連資料の朝霞市HP
第1号 2019年度一般会計予算 賛成18、反対5で可決
  (PDF.4,74M.210頁) 
  録画公開
   2時間48分35秒~4時間31分34秒 委員長報告への質疑
   4時間31分34秒~5時間29分33秒 討論・採決
  ・予算のもとになっている、2019年度事業計画
  ・予算の前年対比、基金(貯金)の推移などの資料
  ・予算のセールスポイント(記者会見発表資料)
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、大橋正好
 反対 共産党、小山、田辺
 討論者 斉藤(反対)、石原(賛成)、小山(反対)、黒川(賛成)、田辺(反対)
 私の討論内容 第一に予算編成のあり方について、予算情報の公開が広がって必要とする人に届くようになったことは評価したい。一方予算編成過程の公開と市民参加は引き続き課題。
 第二に予算のガバナンスでは中期財政計画がないのが引き続き課題で、突発的な大型事業が必要になると大変なことになる問題がある。第八小学校の増築という特需があるとはいえ人口増×経済成長を上回る4.9%増420億円の予算となったことは、やむを得ない事情があるとはいえ、警鐘を鳴らしたい。たまたま国が選挙対策で地方財政を緩めている今年かぎりの前提上限と認識する必要がある。保育園の保育料無償化の影響も大きいし、市民からしてもおかしなことになっている。市として十分な対策が必要。
 第三に予算に盛り込まれている事業として、地域公共交通会議の設置、ごみ焼却施設の和光市との広域化のために延命化対策を盛り込んだこと、保育園の待機児童対策、子ども子育て計画への子どもの意見聴取、風疹対策などが盛り込まれたことは評価。一方、事業が黒目川以東に偏っていて黒目川以西は三原4丁目5丁目の浸水対策工事しか見られない。非常勤職員の格差解消も不十分、保育園の人材確保が金銭面に偏り働き方改革に関しては不十分などの課題が指摘できます。

第2号 2019年度国民健康保険特別会計予算 賛成18、反対5で可決
  (PDF.608KB.38頁)
  録画公開 7時間23分57秒~7時間42分8秒
 賛成 輝政会、公明党、絆、小山、大橋正好
 反対 黒川、共産党、田辺
 討論者 石川(反対)、津覇(賛成)、黒川(反対)、田辺(反対)
 私の討論内容 単年度の国民健康保険の予算としては適正だが、将来の「赤字解消計画」をめぐって、一般会計からの「その他繰入金」を被用者保険加入者が払っている税金を突っ込むもの、という議論がなされて行政側が追認した議論がなされたことが問題。お金に色をつけて自分たちだけのものという議論をしたら、私的保険の世界に入り、社会保障など成り立たなくなる。また広域化で県も市も加入者不在の主体性が欠如した議論をしがちになっている。警鐘を鳴らす意味で反対。

第3号 2019年度都市計画下水道事業特 別会計予算 賛成19、反対4で可決
  (PDF.1.31MB.32頁)
  録画公開 6時間10分35秒~6時間18分10秒
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、小山、大橋正好
 反対 共産党、田辺
 討論者 田辺(反対)、柏谷(賛成)

第4号 2019年度介護保険特別会計予算 賛成19、反対4で可決
  (PDF.654KB.44頁)
  録画公開 8時間00分23秒~8時間14分58秒
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、小山、大橋正好
 反対 共産党、田辺
 討論者 石川(反対)、大橋昌信(賛成)、田辺(反対)、黒川(賛成)
 私の討論内容 いろいろ課題があるが、ようやく予算の積算根拠としている事業量の情報、国が交付金を増減させている評価項目の評価内容が資料提供され、朝霞市の介護保険制度の弱みと強みが共通認識のもとになって議論できる体制になったことを評価したい。

第5号 2019年度後期高齢者医療特別会計予算 賛成19、反対4で可決
  (PDF.335KB.20頁)
  録画公開 8時間14分58秒~8時間24分30秒
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、小山、大橋正好
 反対 共産党、田辺
 討論者 石川(反対)、利根川(賛成)、田辺(反対)

第6号 2019年度水道事業会計予算 賛成19、反対4で可決
  (PDF.444KB.34頁)
  録画公開6時間18分10秒~6時間30分51秒
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、小山、大橋正好
 反対 共産党、田辺
 討論者 田辺(反対)、柏谷(賛成)、斉藤(反対)、黒川(賛成)
 私の討論内容 事業としての予算に問題はないが、クレジット収納を始めることは斉藤議員同様問題視。手数料を抑えたが、他の民間企業が払う手数料の3~5%になる危険性もあり徴収コストが高すぎる。クレジット支払を求める市民には、ポイント還元という現金的見返りをねらう者もあり、値上げが検討されているなか問題がある。またクレジット収納で回収手段を他者に渡すことで生活困窮の発見が遅れる可能性もある。朝霞台中央病院跡地前の溝沼浄水場を取り壊すが、その跡地利用は注意して、ただのマンションが建つということがないよう都市建設部と連携した開発のありようを模索してほしい。

【2018年度補正予算 5議案】
第7号 2018年度一般会計補正予算(第3号)  全会一致で可決
  (PDF.882KB.20頁)
  録画公開 5時間29分33秒~5時間30分08秒
第8号 2018年度国民健康保険特別会計補正予算(第3号) 全会一致で可決
  (PDF.304KB.18頁)
  録画公開 8時間24分30秒~8時間25分04秒
第9号 2018年度都市計画下水道事業特別会計補正予算 (第3号) 全会一致で可決
  (PDF.127KB.4頁)
  録画公開 6時間30分51秒~6時間31分30秒
第10号 2018年度介護保険特別会計補正予算(第2号) 全会一致で可決
  (PDF.323KB16頁)
  録画時間 8時間25分04秒~8時間25分39秒
第11号 2018年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) 全会一致で可決
  (PDF.264KB.16頁)
  録画公開 8時間25分39秒~8時間26分12秒

【条例改正】
第12号 朝霞市地域福祉計画推進委員会条例改正 全会一致で可決
  社会福祉法第107条にもとづく根拠法の明確化
  所掌事務の明確化(計画策定などを明記)
  委員数を15人→18人
  委員の任期を5年から2年に短縮
  録画公開 8時間26分12秒~8時間26分46秒

第13号 職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例改正 (.PDF) 
  働き方改革にともなう勤務時間管理の必要性から勤務時間決定の規則委任
  録画公開 5時間30分08秒~5時間37分27秒
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、小山、大橋正好
 反対 共産党、田辺
 討論者 斉藤(反対)、福川(賛成)、黒川(賛成)
 私の討論内容 提案に不十分なところがあるが、ここは労使自治の世界で議会が決めすぎると団結権への侵害になるおそれが出てくる。むしろ職員の奮起が必要。残業時間の実質的規制が始まるという点を評価する。

第14号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例改正 賛成18、反対5で可決
   (改め文PDF) (新旧対照表PDF)
  農業委員に月額報酬3.6万~4.3万のほか、年額報酬の支払を可能とする追加
  学校運営協議会委員報酬年額1.2万円の新設
  学校医・学校歯科医の年額報酬のアップ
  録画公開 5時間37分27秒~5時間53分33秒
 賛成 輝政会、公明党、絆、大橋正好
 反対 黒川、共産党、田辺、小山
 討論者 斉藤(反対)、福川(賛成)、小山(反対)、田辺(反対)、黒川(反対)
 私の討論内容 学校運営協議会は他の先進国では学校運営の民主化と地域自治の一環として取り組まれているが、提案理由では地域資源の動員のためということに終始していたことは残念。文教族に取り囲まれて率直に政策を打ち出せない文部科学省の指導の限界があるなかでの提案とはわかるが。さらに地域資源の動員をする学校運営協議会であれば、附属機関として設置条例が必要ではないか。

第15号 朝霞市国民健康保険税条例改正 (PDF) 賛成19、反対4で可決
  国民健康保険税の上限額を年54万円から58万円に改定
  録画公開 8時間26分46秒~8時間29分49秒
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、小山、大橋正好
 反対 共産党、田辺
 討論者 石川(反対)、利根川(賛成)

第16号 朝霞市民会館設置及び管理条例改正 全会一致で可決
  (改め文PDF) (新旧対照表PDF)
  リハーサル室、会議室の増設にともなう料金設定
  録画公開 7時間18分14秒~7時間18分50秒

第17号 朝霞市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例改正 (PDF) 賛成19、反対4で可決
  勧告できる審議会を保育園運営審議会から子ども子育て会議に変更
  録画公開 8時間29分49秒~8時間40分21秒
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、小山、大橋正好
 反対 共産党、田辺
 討論者 石川(反対)、津覇(賛成)、黒川(賛成)、田辺(反対)
 私の討論内容 2018年度末で終了する保育園等運営審議会はステークホルダーが偏っており課題も多く監督として不適切。子ども子育て会議の方がステークホルダーはそろっている。ただし保育政策を考える子ども子育て会議が、運営の監督をすることは苦情やトラブル対応に限界があり、そこは子どもオンブズマンや福祉オンブズマンなど別機関が必要。

第18号 朝霞市児童館設置及び管理条例改正 全会一致で可決
   (改め文PDF) (新旧対照表PDF
  建築中の本町児童館の明記
  本町児童館の休館日を休日,5/7,木曜,1/2,1/3,12,29~31とする
  中高生利用か想定される児童館の開館時間を20:00まで設定
  録画公開 8時間40分21秒~56秒

第19号 朝霞市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例改正 (PDF) 全会一致で可決
  資格要件で短期大学、高等専門学校等卒とするところに専門職大学前期課程を追記
  録画公開7時間18分50秒~7時間19分28秒

第20号 朝霞市産業振興基本計画策定委員会条例改正 (PDF) 全会一致で可決
  計画策定が終了し委員会の役割が進捗管理に移行したことから
    委員会の役割に進捗管理を追記
    委員の任期を2年と明記
  録画公開7時間19分28秒~7時間20分04秒

第21号 朝霞市水道事業の布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに 水道技術管理者の資格基準に関する条例改正 賛成22、反対1で可決
   (改め文PDF) (新旧対照表PDF)
  技術者で短期大学、高等専門学校等卒とするところに専門職大学前期課程を追記
  録画公開 6時間31分30秒~6時間36分23秒
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、共産党、小山、大橋正好
 反対 田辺
 討論者 田辺(反対)、山下(賛成)

第22号 朝霞市消防団条例改正 (PDF) 全会一致で可決
  消防団員になれる人の対象を在住者に限定したものに在勤者を追加
  録画公開 5時間53分33秒~5時間54分8秒

第51号 朝霞市災害弔慰金の支給等に関する条例改正 全会一致で可決
  災害援護貸付金を利用する際、保証人を立てた場合は無利子とする
  返済方法に、月賦償還を追加
  録画公開 8時間40分56秒~8時間41分32秒

【新設条例】
第23号 朝霞市地域公共交通協議会条例 修正案を否決の上、賛成22、反対1で原案可決
  朝霞市の公共交通の充実を図るために、交通事業者、警察、市民、行政、議員を委員として一同に会する会議体を設置する。
  地域公共交通のマネジメントを始めるために地域公共交通圏形成計画を策定を開始する
  コミュニティーバス・わくわく号の運営を企画する
  録画公開 6時間36分23秒~7時間11分32秒
 原案で、協議会の委員に議員をおく条項を削除する修正案を私が小山議員を賛同者として提出しました。
 修正案の提案理由
  行政実例で行政の会議体に議員が入ることは「適切ではない」とされていて、議会と行政の役割分担の上で問題
  議員は市全体のことを考える役割があるものの、一方で支持者や支持層のことも考えるべき存在であり、箇所付けを検討するこの協議会に参加することはリスクがありうる
  議員の委員を「建設常任委員会の委員」から選ぶとされており、選ぶことに困難をきたす
  原案もそんなに悪くないが、リスク要因を取り除いてさらによい提案としたい
〈修正案の採決〉 賛成5、反対18で否決
 賛成 黒川、共産党、小山
 反対 輝政会、公明党、絆、田辺、大橋正好
修正案が否決されたので、修正されない原案をめぐって採決に移行し
〈修正しない原案の採決〉 賛成22、反対1で可決
 賛成 黒川、輝政会、公明党、絆、共産党、小山、大橋正好
 反対 田辺
 討論者 田辺(修正案反対、原案反対)
     山下(修正案反対、原案賛成)
     黒川(修正案賛成、原案賛成)
     本山(修正案反対、原案賛成)
 私の討論内容 修正案に関しては提案理由で説明したので省略。これまで公共交通の充実には、市から個別に事業者や警察に要請して都度個別交渉になり不利な状況であり事業者にとっても解決されない問題が多かった。関係者が一同に会して、抱える問題点を共有して包括的に問題解決を図る仕組みを動かすことが重要。わくわく号だけで解決されない問題は多く、多様な交通手段をどう組み合わせて公共交通の利便性を高めていくかが重要だ。

第24号 朝霞市産業振興条例 賛成22、反対1で可決
  録画公開 7時間20分04秒~7時間23分57秒
 賛成 輝政会、公明党、絆、共産党、田辺、小山、大橋正好
 反対 黒川
 討論者 黒川(反対)、須田(賛成)
 私の討論内容 条例の必要性、条例の制定過程で踏んだ市民説明会の開催など評価する。しかし市議会での議論に問題。本会議で審議できない条例の詳細に、委員会審議が不十分。条例には、事業者に3つ、商工団体に4つ、市民に1つ「努めるもの」と書かれ、市民に努力義務を要求する条例で、その内容を所管委員会で解明する必要があったはず。そこがわからずには市民に条例を送り出すことは保留しなければならないと考える。

【市道の廃止・認定】
  録画公開 7時間11分32秒~7時間18分14秒
第25号 市道路線の廃止について(根岸台5丁目土地区画整理関連) 全会一致で認定
第26号 市道路線の認定について(根岸台5丁目土地区画整理関連) 全会一致で認定
  (25号・26号ともPDF)
第27号 市道路線の認定について (PDF) 全会一致で認定
第28号 市道路線の認定について (PDF) 賛成19、反対4で可決
 賛成 輝政会、公明党、絆、黒川、小山、大橋正好
 反対 共産党、田辺
 討論者 田辺(反対)、山下(賛成)

【農業委員会以外の人事案件】
  録画公開 8時間41分37秒~8時間42分28秒
第29号 公平委員会委員選任に関する同意(藤原ユキ子さん・継続) 全会一致で同意
第30号 固定資産評価審査委員会委員選任に関する同意(鈴木康宏さん・新任) 全会一致で同意

【農業委員会委員の選任】
  録画公開 8時間42分28秒~8時間50分18秒
第31号~第50号 農業委員会委員任命に関する同意 すべて全会一致で同意
  第31号 高橋隆さん・継続・現会長
  第32号 斉藤義之さん・継続
  第33号 神山茂さん・継続
  第34号 秋山磨弥さん・継続
  第35号 野島一さん・新任
  第36号 高野正芳さん・新任
  第37号 伊藤久行さん・新任
  第38号 岡野茂さん・新任
  第39号 髙橋実さん・新任
  第40号 小寺昌さん・新任
  第41号 比留間基好さん・新任
  第42号 橋本広明さん・新任
  第43号 飯倉裕明さん・新任
  第44号 浅川秀雄さん・新任
  第45号 大貫善弘さん・新任
  第46号 髙野和明さん・新任
  第47号 船本弘行さん・新任
  第48号 栗原昌章さん・新任
  第49号 金子美身さん・新任
  第50号 千田理恵子さん・新任・公募枠

市民提出の請願
〈前回継続の案件〉
2018年請願6号 国民健康保険の均等割の子ども軽減を求める 賛成6、反対17で不採択
  録画公開 9時間14分40秒~9時間38分14秒
 賛成 黒川、共産党、田辺、小山
 反対 輝政会、公明党、絆、大橋正好
 討論者 利根川(反対)、石川(賛成)、田辺(賛成)、黒川(賛成)、小山(賛成)
 私の討論内容 稼ぐ力のない子どもにも人頭税を課すような制度はそもそもおかしい。「応益負担」と役所は最もらしいことを言うが、公務員の共済はどうなっているのか。子どもの扶養にとどまらず人によっては配偶者まで扶養で負担なしになっている。応益負担なんか何もない世界。一方、子ども抱えてシングルマザーで働かざるを得ない人は正規雇用の道がなかなかみつからず、16時ぐらいまでのパート労働をみつけて、子どもに食事させて寝かしつけて、また20時ぐらいから飲食店や小売店の清掃や警備みたいな仕事で働いている人が少なくない。そうした人はみんな被用者なのに被用者保険から弾かれる人たちである。そうした人たちに一人頭で保険料を払わせていいのだろうか。外国では世帯単位ではなくて個人単位の公的医療保険制度もあり、その場合なら子どもは稼得能力がないので無償のはず。請願は期限の定めもなく方向性として確認したらどうか。こうしたことは国の制度が変わるべきだが、子ども医療費同様、自治体が変わらないと国の制度も変わっていかない面もある。
2018年請願7号 学校給食費の無償化を求める 賛成6、反対17で不採択
  録画公開 8時間50分18秒~9時間14分40秒
 賛成 黒川、共産党、田辺、小山
 反対 輝政会、公明党、絆、大橋正好
 討論者 須田(反対)、山口(賛成)、柏谷(反対)、黒川(賛成)、田辺(賛成)、小山(賛成)
 私の討論内容 教育的意図があるなら、本来公費負担で、戦後のお金のない時代の仕組みをいつまでも続けるのはおかしい。私は親と子で利害が一致しないこともあると思うので、給食費を払う払わないで愛情の受けていない子と位置づけられて一方的に子どもがスティグマを背負うような仕組みがあることは良くない。給食費の公費負担は朝霞市では子どもの割合が多く5億円にもなり単独では困難だと思うが、全国で実施しても5000億円の財源なので、消費税換算で0.25%の負担増で無償化できる。あるいは市長会が提唱している地域独自のサービス上乗せのための課税「協働地域社会税」などで広く薄く負担することも必要ではないか。解決できない問題ではない。期限を切った請願ではなく、大きな方向性として確認してはどうかと思う。

〈今回提出の案件〉 すべて所管委員会で継続審査と決定
放課後児童クラブの職員配置基準と処遇の改善を求める意見書を国に提出することを求める内容(民生)
脱原発の意見書を国に提出することを求める内容(総務)
どろんこ会の延長料金の是正と保護者徴収金の運用ルールを守らせることを求める内容(民生)
デマンド交通の導入を求める内容(建設)

|

« 3/25 市議会はきょう採決~追認機関と思われないために | トップページ | 3/26 朝霞は男ばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3/25 市議会はきょう採決~追認機関と思われないために | トップページ | 3/26 朝霞は男ばかり »