« 2018年11月 | トップページ

2018.12.12

12/12 きょう午後、自由論題の質問にトライします~市政に関する一般質問2日目

しばらく間があいてしまいました。
朝霞市議会は、11日から議員が論題を提示して行政に質問を進めていく「市政に関する一般質問」が13日まで行われています。各議員が公約や支持者や市民からいただいたご意見、日々の発見から市政に提案したいこと、問題だと思っていることを行政にぶつけます。
きょうあすの質問者は下記の10人です。(11日に10人が質問済)

12月12日(水) 松下、須田、山下、田辺、黒川、小山、
12月13日(木) 山口、石川、斉藤、利根川
※前の田辺議員が午後にまたがりそうなので、私の質問は12日14:00以降にスタートとなるとみています。
※いずれも9:00スタートです。

※インターネットでのライブ中継・動画配信のアップもあります。

私からは下記の質問を行うと通告しています。
1.性的な属性で不自由にならない社会に(LGBT、性差を強調する社会教育)
・市の啓発事業で、非科学的な男女役割分担が強調されているものが続いている。とくに男女平等をめざす事業でそうしたことが行われて問題。
・性的マイノリティーを自覚した子どもが学校で様々な違和感を抱えて、そのことが自己の存在の否定や自殺念慮まで至ることが多い。 差別的環境をなくそうという提案。
・性的マイノリティーのパートナー間の法的行為の支援を求める提案。

2.市民の知的能力の開発(図書館)
・学校図書館の活性化と学校図書館サボートスタッフの人材開発のに必要性
・介護施設や小規模保育施設、交通不便地域に本が届く移動図書館の導入の訴え。
・図書館のビジネス支援が機能せず仕事量の適正化のために断念を求める。
・未来の図書館配置がどうあるべきか。
・職員の働き方改革をどうするか。

3.子どもに関する課題(保育園、学童保育、部活動)
・保育無償化の影響
・給食費の全額徴収化の対応
・民間保育園に預ける保護者の意見集約機能のあり方
・放課後児童クラブの最低基準の市としての運用
・部活動の市の方針確定にともなう解釈確認
・教育の働き方改革に貢献するかという課題
・抜け穴規定の問題

4.市民負担や生活困難者の対応(料金等の負担増と天皇退位にともなく役所閉庁とセーフティーネット)
・値上げが検討されている国保税、上下水道料金の検討状況の確認
・10連休の生活保護、福祉相談、保育所や放課後児童クラブの開所、ごみ収集などの現時点での検討状況
・元号改定にともなうシステム変更で出勤する職員の状況
・10連休中に月替わりで生活が激変する市民への価値観、考え方などを確認

5.活性化の課題(産業振興計画と都市計画)
・策定中の産業振興計画の課題
・策定中の産業振興条例が改革開放路線なのか統制経済路線なのか
・産業振興のうち商業活動と都市計画との連動
・シティープロモーションがめざす価値が市民に共有されているのか

6.情報公開の課題(会議資料公開、ホームページの改革)
・改革されたホームページがパソコンでは見にくい問題
・会議資料の公開が遅い問題

| | コメント (0)

2018.12.03

12/1 天皇即位でいただく10連休の保育や失業の課題

天皇退位と新天皇即位の祝賀として来年4月27日から5月6日まで10連休になることが政府から発表されています。年度替わりで多くの人が多忙な4月に新元号にならずに済んでほっとしていますが、GWに休暇が追加されたことは、やや危険ではないかと思っています。

一つには、月替わりに人生を行き詰まる人が多いこと。そのときに役所を開けられないというのは、月替わりで提供されるセーフティーネットが底割れすることになります。月末、突然職場が資金繰りにつまり、閉鎖され、宿舎付きの雇用であると家まで失います。そうしたときに役所が対応可能なのか。
昨日、山一証券の破綻のルポがNHKスペシャルで取り上げられていましたが、その後二の舞を避けるために金融再生法ができ。金融のセーフティーネットはできあがっています。でも人間のセーフティーネットは全然考えてもらえないんですよね。
朝霞市役所でも、通常の閉庁日と同様、守衛室経由で待機職員が出動するというスキームにするような予定にしています。しかし休日の守衛室が、そう事情を理解自宅待機している職員につなぐことは、難しいのではないかと思われます。その状態が10日間も続くのです。

もう一つは、保育園が通常の土曜日である27日以外、9日間あきません。公務員と工場労働者、事務系正社員は問題が少ないと思いますが、デパートやスーパーなど小売店や飲食店や遊園地に働く人しかおとながいないご家庭、警察、消防、病院、鉄道など土曜も日曜も交代勤務に組み込まれている人のご家庭などの、乳幼児の保育が底割れしかねません。子どもを預けられる信頼できる人が近くにいなければ、自宅にかぎかけて乳幼児を家で長時間寝かせておくしかありません。
初出馬のときに仕事でお世話になったUAゼンセン東京都支部長にごあいさつにうかがったところ、朝霞市には700人ぐらい組合員がいて大半は小売関係と聞かされています。そのうちどのくらいが保育園利用者かわかりませんが、大変なことになります。
国家が一方的に決定した休日の追加で、乳幼児たちが育児放棄にせざるを得ないなんてあってよいのでしょうか。各自治体で特別な対応が求められるように思います。

学校に関しては、急な転校では、ひとまず5月7日に学区内の学校に登校させて、事後処理的に手続きを進める対応をとる見込みです。

上記のようなことを12日午後の市議会の一般質問で取り上げる予定です。

●このことを一般質問するとツィートに挙げたら、貧困問題に取り組む「舫」の稲葉剛さんが取り上げてくれました。きちんと正面向いて対応すると、先進事例になると思います。

●10連休、保育でどうしようとお悩みの方、ご家庭の実情をメールで送っていただけたらと思います。直接の対応はできるかどうかわかりませんが、議会の質問を通じて対応を促す力になると思います。

●安倍政権のお友達政治家の圧力で、新元号の内定発表が4月下旬になってから、という毎日新聞の報道がありました。朝霞市役所も1週間でコンピューターシステムや印刷物の元号変更に対応しなければなりません。1ヵ月はほしいところでした。
役所のシステム担当者、各部門のシステム責任者たちは、改正プログラム入れ替えと動作検証で新元号・天皇即位を祝う間もなく、休日出勤になるみたいです。前回の元号改正に立ち会った職員も少なからずいますが、当時はコンピューターシステムなど会計や住民基本台帳など限られた世界で、それぞれが単独に動くシステムだった時代のものです。全然、質的に違うことをしなくてはならないようです。

●政府は消費を喚起したいつもりでしょうが、宿舎も航空便も大型休暇は変動相場制の料金で高くて、なかなか出かけられないんですよね。また製造業の仕事も公務員も減って、休みの日こそ働かなくてはならない仕事が増えています。そういうなかで大型連続休暇ばかり作りたがる今の政府、時代のセンスに合っているのでしょうか。疑問です。

| | コメント (0)

2018.12.02

11/30 私の一般質問は12日午後となりました~30日本会議議案質疑と一般質問の日程決定

30日9:00~市長提出議案11本への本会議質疑が行われました。
それに先立ち、議員が自由に論題を設定して行政に質問を繰り出す「一般質問」の日程が議長から宣告されています。いずれの日も9:00~スタート、順次質問となります。

質問日程と割り振り(敬称略)
12月11日(火) 津覇、福川、田原、駒牧、岡崎、遠藤、獅子倉、大橋正好、柏谷、本山
12月12日(水) 松下、須田、山下、田辺、黒川、小山、
12月13日(木) 山口、石川、斉藤、利根川
※私の質問は12日14:00以降にスタートとなるとみています。

私からは下記の質問を行うと通告しています。
1.性的な属性で不自由にならない社会に(LGBT、性差を強調する社会教育)
2.市民の知的能力の開発(図書館)
3.子どもに関する課題(保育園、学童保育、部活動)
4.市民負担や生活困難者の対応(料金等の負担増と天皇退位にともなく役所閉庁とセーフティーネット)
5.活性化の課題(産業振興計画と都市計画)
6.情報公開の課題(会議資料公開、ホームページの改革)

●市長提出議案の質疑は、一般会計補正予算ではふるさと納税関係、市長・副市長・教育長・市職員の給与に関する条例改正では改正の妥当性、監査委員の任命では監査委員制度のあり方、副市長の任命では人選の理由と候補者の従来業務との兼任の課題を質疑しました(詳細は続きを読む以下ご覧ください)。

また、建設常任委員会に関連する質疑は、所属委員である私には原則的にできませんので、4日9:00~の建設常任委員会で質疑を行います。生け垣補助金の追加と新たな制度改正の課題、積水工場跡地開発に関する土地利用規制改正の質疑を、本会議での他議員の質疑応答を受けて展開します。

30日の本会議議案質疑で私が行った質疑と答弁の要約

続きを読む "11/30 私の一般質問は12日午後となりました~30日本会議議案質疑と一般質問の日程決定"

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ