« 2018年4月 | トップページ

2018.05.07

5/7 27日14:30~オーブンミーティングを開きます

みなさまに市政の変更点をチェックしてもらいながら、身の回りで起きている、みんなで考えなきゃならないのでないか、これおかしいのではないか、ということを率直に意見交換できたらと思い、3ヵ月に1度ぐらいのペースで開いています。
私から、3月定例市議会の報告と、6月定例市議会に提案されそうな議案や私からしかけたい質問を紹介しながらみなさまのチェックを受けたいと思います。

日時 2018年5月27日(日)14:30~16:30
会場 朝霞市中央公民館コミュニティーセンター集会室1
     朝霞市青葉台1-7-1 朝霞市立図書館となり
     朝霞駅南口徒歩8分
     わくわく号根岸台線図書館前下車0分
     わくわく号膝折溝沼線図書館入口下車3分
     西武バス・国際興業バス朝霞市役所下車徒歩5分
テーマ 未定
     6月定例市議会の議案と一般質問のレビュー
     3月定例市議会の報告

※駐車場の少ない会場なので、可能な方は徒歩や公共交通をご利用ください。
※途中の入退場、お子様連れのご参加でも歓迎いたします。
※終了は16:30にしたいと思います。
※開催時間ですが、プレーバーク総会開催で出席するためいつもより1時間遅れで始めます。

| | コメント (0)

5/6 いろいろな人が生きやすい社会に~GWの過ごし方

201805062_2昨日6日昼から、いろいろな性のあり方を認めみんなが生きやすい社会にしようと、LGBTの人権に取り組む「レインボーパレード」に参加してまいりました。代々木公園から明治通りに出て戻ってくるコースを、LGBTの人権に取り組む「LGBT自治体議員連盟」など全国の自治体議員のみなさんと歩いて、街頭にアピールしました。中野区の石坂区議、豊島区の石川区議に誘われての参加です。
写真でご一緒したのは、出身労組の関係で親しくさせていただいている越谷の松田市議です。

前日の5日、同連盟の主催する研修会に参加しました。子どもが同性に対する恋愛感情を自認したときに、男女間しか正しいものがないという価値観をそのままに放置したり、男女の属性を強調して区分させることが多い学校生活で自分を抑圧することが、子どもの不登校や自殺につながっている、という宝塚大学の日高先生の統計調査からの指摘がありました。そうした現実があることから文部科学省の通達でも指摘されている、LGBTの当事者が孤立したり差別や偏見がない環境作りや、性教育や道徳のなかでの人権教育の取り組みなど、自治体議員としてチェックすべきことと受け止めました。
日高先生が紹介した、先生が生徒にうけてもらうために、かつてはしばしば同性愛者を笑いものにするような言葉遣いが頻繁にあり、実際にやってしまって不登校になり後年、その保護者に偶然あったときに許してもらえなかったエピソードなどを紹介され、今でも同性愛者たちを揶揄するバラエティ番組が作られていることからまだまだなんだよなぁ、と思って拝聴しました。ただそうした気づきをした教員たちが全国でLGBTの課題に取り組んでいるという報告もありました。
終了後の懇談会で、何がLGBTの人権の障害になり、それをどう解決していくか、というグループ討論を参加者どうしでしました。権威主義的な社会秩序を問題する発言のほか、下からは行政や企業がどんなに変わってもそれを受け止める地域がなかなか変わりにくいことが相次いで指摘されました。LGBTの課題は自民党から共産党まで、多くの政治家がやらなきゃと言っているのに、動きにくいのは、地域社会での厳しい受け止めがあるからなのだろうと思います。

自分の子も思春期に入り、性的なことで悩みや問題を抱えて生きることになります。何もかもものわかりのよい親を装おうと思いませんが、性的なことに関して重い荷物を抱えて生きないことと、性にまつわることで他人を傷つける鈍感な言葉遣いはしないように働きかけていかなきゃと思っています。

●映画「武蔵野」も見てまいりました。三芳町から川越市にかけて江戸中期に開発された三富新田を守り続ける農家の方々の生活を記録した映画です。栄養が少なくて荒野だった埼玉県西部の大地が、人の手が加わった自然循環で維持している。ほどよいエコというのこういう感じではないかと思って拝見しました。地価が高いため相続税も高く、転売してしまった方がつらくないということで、朝霞市の農地同様、どんどん農地がなくなっている、ということも切々と訴えられていた映画です。

●3日は憲法集会に参加してまいりました。私は消極的護憲派といったスタンスです。改憲論で出てくる話がろくでもないものばかりなので、それなら護憲でいた方がまだよいと思っています。

続きを読む "5/6 いろいろな人が生きやすい社会に~GWの過ごし方"

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ