« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018.05.28

5/27 オープンミーティング・ご来場ありがとうございました

27日、午後、あさかプレーパークの一会員として総会に参加いたしました。やはり運営資金の調達に苦心しているようです。とくに本体の朝霞の森の定期開催日以外の、朝霞の森の関連事業、黒目川や城山での開催事業の資金調達に苦心しています。民間の公募資金の獲得にも取り組んでいるのですが、これが当たり外れが大きく、市民自身による資金協力なしには厳しいところです。そのなかで、着実に寄附が増えているということに少しうれしい話もありました。

Dscn9838その後、イベントがあったのですが、総会のみの出席の後退席し、私が3ヵ月に1回開いているオープンミーティング。予告では都市計画としましたが、制度説明で終わりそうだったので、内容を変え、今年の朝霞市の事業で、参加者の関心が高かったシンボルロード計画に関連して、活用の参考になればと、先日市議会建設常任委員会で見学してきた、滋賀県草津市の草津川跡地公園などの取り組みを報告いたしました。

Dscn9830この公園では、市内の園芸業者のJVが運営の指定管理者となって、市民活動の支援を行いながら、公園利用を促していく仕組みを動かしています。指定管理者が、個人↔協同、受け身↔能動的の座標軸で、協同で能動的な取り組みがこれからは必要だよね、ということなども啓発し、市民活動をするノウハウまで提供しています(ノウハウを提供している「くさねっこ活動ルールブック」が秀逸)。
草津市では駅前周辺で猛烈なマンション開発が行われ、庭を持たない市民がいます。身近な庭として実感してもらうように、ガーデニングの場所を提供し、園芸業者がガーデニングのノウハウを提供することで、事業を成り立たせていることがあります。朝霞市でそれがそのまま導入できるとは思いませんが、こうした公益的活動をする地域の民間企業の力をどう引き出すか、ということはとても参考になったので、そのところをご紹介しました。

●草津川跡地公園を見学して、市役所の課題としては、市民参加をやったり、市内の事業者に働きかけをしたり、そういう多面的な働きかけができる、優秀なコンサルタント会社を選ぶ仕組みを持っているか、ということが参加型の公園づくりのカギだと思いました。財政ルールでは「最小のコストで最大の効果」と言われます。役所が完全に企画しきれるものに関してはそのルールは適用できますが、役所で足りないノウハウの調達は、最小のコストで選んでしまうと形だけ作って終わりというノウハウしか買えません。結果としてお金を使ったのに、というものになります。そのあたりの腹のくくり方が問われていると思います。

●宣伝がインターネットと直接の声かけにとどまったので、参加者数を心配していましたが予想以上に多くの方に来ていただき、感謝しています。

| | コメント (0)

2018.05.25

5/27 14:30~市政オープンミーティング(議会の報告と意見交換の場)を開きます

みなさまに市政の変更点をチェックしてもらいながら、身の回りで起きている、みんなで考えなきゃならないのでないか、これおかしいのではないか、ということを率直に意見交換できたらと思い、3ヵ月に1度ぐらいのペースで開いています。
私から、3月定例市議会の報告と、6月定例市議会に提案されそうな議案や私からしかけたい質問を紹介しながらみなさまのチェックを受けたいと思います。
今回、議会の報告にとどまらず、所属委員会が建設常任委員会に変わったこともあり、都市計画など朝霞市の街の姿の将来像を規定する話をしながら意見交換したいと思っています。

日時 2018年5月27日(日)14:30~16:30
会場 朝霞市中央公民館コミュニティーセンター集会室1
     朝霞市青葉台1-7-1 朝霞市立図書館となり
     朝霞駅南口徒歩8分
     わくわく号根岸台線図書館前下車0分
     わくわく号膝折溝沼線図書館入口下車3分
     西武バス・国際興業バス朝霞市役所下車徒歩5分
テーマ 朝霞市はどんな街になろうとしているのか
        都市計画などの未来像の解題
     シンボルロードの参考事例を見てきた報告
     3月定例市議会の報告
     6月定例市に提出されそうな提案の解説と一般質問に関する意見交換

※駐車場の少ない会場なので、可能な方は徒歩や公共交通をご利用ください。
※途中の入退場、お子様連れのご参加でも歓迎いたします。
※終了は16:30にしたいと思います。
※開催時間ですが、プレーバーク総会開催で出席するためいつもより1時間遅れで始めます。

| | コメント (0)

5/23 入間市の交通再編と地域公共交通会議の取組をヒアリングしました

23日、入間市役所を訪れ、都市整備部さんから入間市の公共交通の再編と、それを動かした地域公共交通会議の運営のヒアリングしてまいりました。

入間市のすぐれているところは、地域公共交通会議がきわめて生産性の高い議論をしていることと、数字を見極めながら市内の公共交通の見直しに、バス会社やタクシー会社と連携しながら取り組んでいるところです。朝霞市も地域公共交通に関する政策は努力しているところですが、民営バス会社やタクシー会社との恒常的な協議体制がないため、どうしてもパスモチャージと市営のコミュニティーバスをどうするか、しか手を打てない状況で、これを打破するのが入間市の事例かなと思っています。

印象的だったのは、西武バスでさえ埼玉県内は赤字路線ばかりで、できれば都内の団地路線や儲かる路線に運転士や車両を集中させたい環境のなかで、なんとか都市計画道路の整備とともに既存バス路線の一部経路変更を実現したことです。これには利用者がどう動くかという数字での裏付けが重要だったと言います。
バス会社との良好な関係がないと、朝霞市でさえどうなるかわからない今後ではないかと思います。

わずか1年半で15回も開き、運賃改定、既存バス路線の経路変更、コミュニティーバスの再編成などを住民、事業者、自治体、警察等関連行政機関で話し合う「地域公共交通会議」の生産性の高さの背景に、委員どうしでの非公式なコミュニケーションが役に立ったということも確認しました。本当の意図を認識しあう関係性のなかで非生産的な議論が陰をひそめるのだと思いました。

ワゴンタクシーによるバス運行を始めていますが、あまり欲張らないスペックを設定すれば、朝霞市の狭隘道路しかない地区にも投入できるかなと思っています。ただし採算は厳しい。このあたりは、指定地域の移動困難者を福祉サービスの利用認定などとからませながらタクシー券を配ることとの効率性の比較次第だ、ということも助言いただきました。

ドアまでのお迎えなのか、バス停まで歩ける人までを対象にするのか、そのあたりの見極めも大事だということでバスを強化するなら割り切りが必要、という点も明確に示していました。

改革によってこの3ヵ月、利用者は微減にとどまっていて、経路変更を伴う改革やると3割減るという業界の常識からはまずまずの成果だということと、ワゴンタクシーの1路線は乗り残しを出して、タクシーによるチャーター便を追走させることもある、という状況です。

最後に大事なことで、バスは経営なのでどうしても割り切らざるを得ない。そのなかで議員さんからは個別要求ばかりが挙げられてくるが、どうやって理念を伝えて改革に取り組むかが大事なことと、交通政策に精通している議員が調整役をやらなきゃダメだという示唆を与えていただきました。

| | コメント (0)

5/24 神谷大輔県議を悼む

18日、神谷大輔県議が急死し、23日と24日、葬儀に出席してまいりました。

政治的にはタカ派的な政策を主張がされていましたし、私が連合推薦、神谷さんは自民党ということで立場の違いがありましたが、葬儀の弔辞でもどなたも指摘されていましたが、実は温厚な方で、市議会議員時代には同世代ということでも親しくしていただきました。
市議会で、横車を押すような話や、トンデモな答弁で混乱すると、お互い顔を見合わせて苦笑いするようなことが多くありました。ほどよく肩の力を抜いた気持ちのよい関わりができた同僚議員でした。トラブルを相談して乗り越えたこともあります。
2期目は神谷さんが県議に転身されて寂しい思いをしていましたが、とうとう二度とお目にかかれないようになって本当に寂しい思いです。もっともっといろいろなお話をしてみたかったと思っています。

よい政治、よい地域社会になるよう、見守ってください。

| | コメント (0)

2018.05.23

5/22 公文書管理を学ぶ

旧知の情報公開クリアリンクハウスの三木さんからご案内をいただき、「公文書管理条例制定の課題とポイント」を勉強して参りました。

森友加計学園問題など、役所が証拠文書をきちんと保管しない問題が露呈していますが、自治体も公文書管理では、ルールは整理されているものの、文書が地域社会における共有財産という認識はまだ不徹底であることは否めません。そのなかで、国ほどひどくはないけれども、単に執務スペース確保だったり、生活感覚の断捨離思想みたいなもので、過去を説明づけられないような文書廃棄がされています。例えば、部活がいつから毎日やるようになって全国大会が意識されるようになったのか、とか、待機児童問題はいつから発生したのか、とか、ようやく全通した道路が全体でどのくらいお金や手間がかけられているのか、次の自治体の計画改定に向けて前回の計画の議事録を取り寄せる、というときに資料が特定できなかったことがあります。

そのような問題意識から過去何度も質問していますが、単なるファイリングシステムの自慢に終わってしまっています。でも、企業の所有物の保管にとどまる民間企業のファイリングシステムと、住民や地域の共有財産である公文書の保管は根本的に思想が違うというのが実感です。

東洋大学の早川教授からは、共有財産という認識の徹底が重要であることと、役所が簡単に破棄して外部が所有する証拠書類があった場合は抗弁できないこと、破棄における住民同意のモデル、紛失の対応スキームなどについてお話をいただきました。

データキーピングサービス常務執行委員の渡辺さんからは、公文書管理に関する条例制定の過程研究を紹介してくださり、なかなか政治主導にならず行政主導で立法が行われているが有意義であること、志木市の山崎東吉議員の一般質問の見識の高さなどが紹介されました。また、公文書管理がファイリングシステムとの相性の悪いことが指摘されたものの、一方で整理することに関しては共通なのでそこから保存に向けての取組をすることの有意義も話されました。朝霞市はこれが参考になりそうです。

情報公開クリアリンクハウスの三木理事長からは、政府活動が不適正になるとつじつま合わせのために公文書が問題を起こし始める、ということから話が始まり、公文書の定義のはぐらかし、文書管理規則のタイプによる対応、行政運営の適正化・自治体活動の説明責任・共有財産としての文書という理念を確認すること、文書のライフスタイルを想像しながらの保存に向けてのルール整備、電子化されたデータの扱いの難題さ、永年保存(いらなくなったら廃棄可能)と移管文書(保存文書になること)の使い分けに注意すること、などがお話されました。また市政施行○○年というのが歴史的文書を保存させる契機ともなると示唆とれましたが…。

●朝霞市において戦後の歴史保存がほとんどされていません。米軍基地があった時代のいろんな歴史に限らず、今生きている我々の都市計画やまちがどのように展開したのかということを裏付けていく資料がどのように保存されているのか心配になるところです。

●日本もヒミコ以降、6世紀まで忽然と歴史がないことが言われていますが、梅原猛の「神々の流竄」では、8世紀に公定日本史となる記紀編纂の過程で、地域史の資料の大半が消されてしまったのではないか、と指摘しています。どうもそういう歴史を背負っているようです。ただ、徳川政権は文書主義が徹底していたのですが、江戸城の火災でその文書の多くが焼失しているようです。

●新書「公文書管理」では、公文書の保管は国対国の約束の多い大陸の国では徹底されていたのですが、公文書を公開するということが定着したのは、ロシア革命で、新生ソ連政府が帝政ロシアが各国と密約していた文書を公開しながら、外国に第一次世界大戦の和平交渉や干渉戦争終結への交渉に活用したところから始まることが紹介されています。

| | コメント (0)

2018.05.07

5/7 27日14:30~オーブンミーティングを開きます

みなさまに市政の変更点をチェックしてもらいながら、身の回りで起きている、みんなで考えなきゃならないのでないか、これおかしいのではないか、ということを率直に意見交換できたらと思い、3ヵ月に1度ぐらいのペースで開いています。
私から、3月定例市議会の報告と、6月定例市議会に提案されそうな議案や私からしかけたい質問を紹介しながらみなさまのチェックを受けたいと思います。

日時 2018年5月27日(日)14:30~16:30
会場 朝霞市中央公民館コミュニティーセンター集会室1
     朝霞市青葉台1-7-1 朝霞市立図書館となり
     朝霞駅南口徒歩8分
     わくわく号根岸台線図書館前下車0分
     わくわく号膝折溝沼線図書館入口下車3分
     西武バス・国際興業バス朝霞市役所下車徒歩5分
テーマ 未定
     6月定例市議会の議案と一般質問のレビュー
     3月定例市議会の報告

※駐車場の少ない会場なので、可能な方は徒歩や公共交通をご利用ください。
※途中の入退場、お子様連れのご参加でも歓迎いたします。
※終了は16:30にしたいと思います。
※開催時間ですが、プレーバーク総会開催で出席するためいつもより1時間遅れで始めます。

| | コメント (0)

5/6 いろいろな人が生きやすい社会に~GWの過ごし方

201805062_2昨日6日昼から、いろいろな性のあり方を認めみんなが生きやすい社会にしようと、LGBTの人権に取り組む「レインボーパレード」に参加してまいりました。代々木公園から明治通りに出て戻ってくるコースを、LGBTの人権に取り組む「LGBT自治体議員連盟」など全国の自治体議員のみなさんと歩いて、街頭にアピールしました。中野区の石坂区議、豊島区の石川区議に誘われての参加です。
写真でご一緒したのは、出身労組の関係で親しくさせていただいている越谷の松田市議です。

前日の5日、同連盟の主催する研修会に参加しました。子どもが同性に対する恋愛感情を自認したときに、男女間しか正しいものがないという価値観をそのままに放置したり、男女の属性を強調して区分させることが多い学校生活で自分を抑圧することが、子どもの不登校や自殺につながっている、という宝塚大学の日高先生の統計調査からの指摘がありました。そうした現実があることから文部科学省の通達でも指摘されている、LGBTの当事者が孤立したり差別や偏見がない環境作りや、性教育や道徳のなかでの人権教育の取り組みなど、自治体議員としてチェックすべきことと受け止めました。
日高先生が紹介した、先生が生徒にうけてもらうために、かつてはしばしば同性愛者を笑いものにするような言葉遣いが頻繁にあり、実際にやってしまって不登校になり後年、その保護者に偶然あったときに許してもらえなかったエピソードなどを紹介され、今でも同性愛者たちを揶揄するバラエティ番組が作られていることからまだまだなんだよなぁ、と思って拝聴しました。ただそうした気づきをした教員たちが全国でLGBTの課題に取り組んでいるという報告もありました。
終了後の懇談会で、何がLGBTの人権の障害になり、それをどう解決していくか、というグループ討論を参加者どうしでしました。権威主義的な社会秩序を問題する発言のほか、下からは行政や企業がどんなに変わってもそれを受け止める地域がなかなか変わりにくいことが相次いで指摘されました。LGBTの課題は自民党から共産党まで、多くの政治家がやらなきゃと言っているのに、動きにくいのは、地域社会での厳しい受け止めがあるからなのだろうと思います。

自分の子も思春期に入り、性的なことで悩みや問題を抱えて生きることになります。何もかもものわかりのよい親を装おうと思いませんが、性的なことに関して重い荷物を抱えて生きないことと、性にまつわることで他人を傷つける鈍感な言葉遣いはしないように働きかけていかなきゃと思っています。

●映画「武蔵野」も見てまいりました。三芳町から川越市にかけて江戸中期に開発された三富新田を守り続ける農家の方々の生活を記録した映画です。栄養が少なくて荒野だった埼玉県西部の大地が、人の手が加わった自然循環で維持している。ほどよいエコというのこういう感じではないかと思って拝見しました。地価が高いため相続税も高く、転売してしまった方がつらくないということで、朝霞市の農地同様、どんどん農地がなくなっている、ということも切々と訴えられていた映画です。

●3日は憲法集会に参加してまいりました。私は消極的護憲派といったスタンスです。改憲論で出てくる話がろくでもないものばかりなので、それなら護憲でいた方がまだよいと思っています。

続きを読む "5/6 いろいろな人が生きやすい社会に~GWの過ごし方"

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »