« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017.04.30

4/29 「PDCAクルクル教」!

面白い評論を紹介されました。「「PDCAクルクル教」だから変化に弱い日本企業」。

最近は自治体も何かというとPDCAが管理手法として最も優先されるものとして扱われ、ただでさえたくさん作られている計画や審議会や行政委員会の運営に、PDCAが機械的に適用されてい運用し、役所のなかは行政評価で蔓延して、アイディア貧困な状態になっています。
そして市民も「PDCAをちゃんとやれ」という何の目的も目標もないご尤もなご意見をすることで、企画部門あたりのクルクル教の布教活動に加担したりしています。年柄年中Check業務に追われ、Checkにはまりやすいようにしか仕事をしなくなり、ただでさえ官僚的な仕事になりやすい市役所を、さらに官僚的にしてしまっている原因の一つです。
必要なところでPDCAを取り組めばいいけど、それがすべてになることは弊害もあります。理念を重視したり、顧客を想像することを優先したり、業務そのものの対話を重視したり、部署や場面によって計画や目標はPDCAクルクル教から自由に運用することが必要だと思います。

続きを読む "4/29 「PDCAクルクル教」!"

| | コメント (0)

2017.04.20

4/18 衆議院の定数是正が複雑すぎて憲法第15条の目的が果たせません

昨日衆議院の選挙区の一票の不均衡を是正させる第三者機関が答申をまとめました。朝霞市の属する埼玉県第4区は変更はありませんでしたが、お隣のさいたま市に関係する選挙区はすべて細かい境界線変更が行われ、その市や区に住んでいる人はどっちの選挙区に属するかわからない結果となっています。

また、この検討会は、「市の分割は解消していく」という目標があったにもかかわらず、県内では、熊谷市、鴻巣市、春日部市、ふじみ野市などに見られる選挙区の分断は解消されませんでした。こんなに市町村が分断されている状態だと、どの有権者が誰に投票したらよいのか全くわからない制度となっています。選挙は憲法第15条の国民による公務員の任免権の一環として行われます。1票の平等のためだけに誰を任免しているのかわからない選挙制度が妥当なのか、考えなくてはならないことがあります(詳細は続きを読む以降に書きました)。

今回の定数是正は、「0増」と定数を減らすだけの前提から始まっているので、都市部は定数を増やさずに選挙区人口を一定の枠内に抑えなくてはならなかったことが、ちまちま境界線変更をやってなんとか数をおさめて、より複雑な選挙区制度になったと思われます。
国会の定数を減らせ減らせと神学のようになっていますが、衆参あわせて700を400ぐらいにする提案なら意味がありますが、5や10をちまちま減らしても、全然国会の効率性には影響しません。かえって選挙区がおかしくなって、有権者が混乱するようなことが起きるなら、「0増」にこだわらない定数是正をするべきではないかと思います。

●私は、いくらやっても定数不均衡が是正されない現状と、国政選挙は多くの有権者が政党名を見て投票している現状と、政党内部の議員に対する教育・統制・合意形成の機能を強化するためには、政党別議席配分は比例代表制で行う選挙制度にすべきではないかと思います。
これまで、一番まともな議員が選ばれた選挙制度を振り返ると、1998年までの参議院比例代表制で、政党が一方的に決める名簿という非民主性はあるものの、アイヌ民族や、研究者からスカウトした人、帰化人など、日本の選挙文化のなかでは政治家にすることが難しい人を国会に送り込むことが難なくできました。
比例代表制はどの政党も簡単には過半数を獲得することが難しくいデメリットを強調されますが、しかし、選挙運動は、あれかこれかで敵対する関係のなかで行われなくなるので、政治家どうしの合意形成がしやすくなります。ここ30年ぐらいの政治で最も生産性が高かったのは、自社さ政権だったという説もあります。

続きを読む "4/18 衆議院の定数是正が複雑すぎて憲法第15条の目的が果たせません"

| | コメント (0)

2017.04.19

4/18 2016年度の政務活動費の報告

18日、私が持っていた政務活動費の使途の報告書を市議会に提出いたしました。20日に全会派・全議員の報告書の提出が締め切られ、監査委員の監査などを経て、情報公開の対象となります。提出書類をご覧になりたい方は、夏頃、情報公開請求の手続きを行うことによって見ることができます。

さて私の政務活動費の使途は以下のとおりです。

収入 政務活動費 24万円

支出 研修研究費 12万5469円
  (学会,研修,セミナー等17件の参加経費)
   資料購入費 11万8941円
  (自治日報,月刊自治研の定期購読料,書籍36点,文具購入費)
合計       24万4410円   独自作成のまとめ明細表

※議会報告の印刷代、毎議会ごとのオープンミーティングの経費は、支援者の寄附と私の私財を投じている後援会会計から支出しています。それらも政務活動費に含めることは合法ですが、研修や書籍購入が優先度が高いとしてそちらに政務活動費を充当しています。
※この他、資料購入はまだありましたが、小説と混在した書店のレシートであったり、政治的な内容の書籍ではあるけれども自治体とは直接関係しないことから、除外しています。

●朝霞市議会は、政務活動費の使用に関して比較的厳格な議会だと言えます。そのため、おかしな使い方をしている議員はいないのではないかと見られますが、緊張感のある状態を保つためには、市民のみなさまの監視が重要だと考えています。
●政務活動費をめぐって各地の議会でトラブルが頻発しています。そのために前払い制をやめよ、という議論が隆盛していますが、私は議会事務局職員の市長部局や特定会派・特定議員からの独立性が担保されない限り、そういう一面的なことは言えないのではないかと考えています。一方で、政務活動費の使途報告、領収証原本などはもっと市民が簡単なアクセスで監視できるようにしておくことが重要だと考えています。

| | コメント (0)

2017.04.18

4/17 悪質な金田法相の答弁

昨日、たまたま作業しながら、国会中継を聴いておりました。
共謀罪をめぐる金田勝年法務大臣の答弁がひどく、しばしば「(詳細の)事前通告がないから答えられない」という答弁がされていて、言語道断だと思いました。
詳細に事前通告しないと答弁しないというなら、国会には「質問主意書」という制度があり文書質問だけしていればいいわけです。何のために人が集まって言葉でやりとりするのか、その大切さがわかっていないで、質問者に非があるかのようなことを指弾するのは問題です。質が悪い。

議場で政策を議論するのかというのは、質問する、答弁する、さらにそこから見つかった問題点から質問をして問題を深めていく、そして新たな対応策を答弁する、と、何度にもわたるやりとりを通じて、政策の改善や深まり、問題発見が可能です。
国権の最高機関として、行政側の問題点や課題を発見することが質問の意義だとすると、質問内容の事前通告は、質問権とのバランスが重要だし、議論の展開によって発見されたことが再質問されるべきものであることから、詳細な通告がなければ答弁拒否できると考えるべきではないものだと思います。

厚生労働委員会の討論なき採決といい、最近、議論をしない議会運営が美風みたいな運営が続きます。戦前の国会も、選挙はあり、採決はあったものの、議論はどんどんしなくなった歴史があります。政治を見る国民の眼も議論すること自体に批判的な空気もあり、要注意です。

●議題は2012、2013年度の決算を審議していましたが、そんな昔の決算を審議していて、国の運営は大丈夫なのか、と思ったりします。

続きを読む "4/17 悪質な金田法相の答弁"

| | コメント (0)

2017.04.14

4/14 熊本大分地震1周年

もう1年になります。思ってもみなかったところに大きな地震が起きるという教訓を与えてくれました。
しかし、生活を再建しきれない人には、ほんとうに辛かった1年だったことをおもいめぐらすと、ここで安穏と生活していることに申し訳ない気持ちです。

熊本は、前職で何度も私を呼んで保育制度の改正に関する説明会を開いてくれて、そのことで私自身も勉強する機会を与えてくれた土地。
大分は、私の父方のルーツにあたるところ。幸い父の故郷の被害は少なかったものの、同業者のまちは観光客を抱えたまま被災して大変な思いをしたこと。

そんなことを思い出しながら、みなが人を大事にしながら生きられる社会にしていくことが大事だと振り返る日にしたいと思います。

| | コメント (0)

2017.04.13

4/10 議会だよりの改革

朝霞市議会は与党会派しか役職をまわさないのですが、どういうわけか私に「議会だより編集委員会」の副委員長というポストが回ってきて、議会だよりの編集の最終チェックなどをしています。

議会だよりは、広報あさかに3か月に1回(次回、広報あさか5月号)11~12頁を背のりして発行しています。市議会の各会派から選出した委員で、議会だよりの編集をする委員会で編集権を持っている委員会です。
議会だよりのレイアウトの確認、ホームページの運用などを、各会派の代表者で確認しています。新人議員が多かったり、比較的若年の委員が多いので、本来の議事が終わった後に、議会だよりの改善点を話しているうちに、いくつかの改革提案を受けています。それに対して、委員長・副委員長が一緒に、改善できるものは改善しようと、編集委員会のたびに議論をさせていただいています。

現在は小幅な改善の話が中心ですが、どう改善しろという話だけしていると議論が迷走するので、他の委員が提案した改善案にもとづき私が試作品を作って示し、議論をお願いしていることがあります。そうすると、できる/できないの議論はなくなり、その改善が必要かどうかという議論になります。

私個人としては、朝霞市議会の議会だよりを広報あさかから独立させて、議会事務局を頼らず各会派の若手議員が一緒に編集するというのが理想ですが、今の広報あさかに背のりして議会だよりを出すことで市民に読んでいただいている面もあります。また自主編集は、議員に記事の書き方など広報スキルをつける必要がありそうです。まだ道は遠いと思っています。

何より議会だよりをつくることは、議会で起きたこと、議員たちが話したことの後工程です。会議のあり方そのものを変えないと改善してもかたちにならない提案も多く、会議の方の議会改革が進み具合を見ながら改善をかたちにするというかたちにならざるを得ません。
10日の委員会でも、一同そういう議論になりました。

| | コメント (0)

4/13 年度末・年度始め

先月28日に市議会が終わり、議会報告を作り、印刷し、発送作業を進め、などとやっているうちに、みなさまにブログを更新して情報提供するのがあいてしまいました。

4月年度替わりでしたので、いろいろありました。
一つは、市役所の人事異動があり、課長級がかなり動きました。私が議員になった頃から、朝霞市の人事異動は落ち着き始め、2~3年でころころというケースは少なくなってきたのですが、ここに来て介護保険で企画担当する新設係ができたり、部長級の定年退職での引き上げによる昇格者がいたりと、組織改革はありませんでしたが、人が動く理由がいろいろ出ています。
また正規職員の新人は21人入りました。半分は新規採用、半分は社会人経験者という状況です。

卒業式や入学式もあり、門出をお祝いさせていたただきました。
引っ越しでいなくなられるとご連絡をいただいた方もおられます。ありがとうございます。

政治家にとっては政治資金報告書(年度末)、政務活動費報告書(4月中旬まで)などの作成・提出と、3月定例市議会の報告づくりで事務作業ばかりに追われるのですが、逆に、政治以外の業界では決算や異動をはさみ忙しい時期なのであまりウロウロしてはならない時期でもあります。

そろそろ事務仕事も一段落。次の市議会に向けて取り組む課題の調査にかかり始めています。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »