« 1/10 保育園の入園調整状況が報告される~保育園等運営審議会 | トップページ | 1/16 保育園の決定・保留のご案内が発送されたようです »

2017.01.15

1/14 ホームドア設置は朝霞駅が先行

東武鉄道がホームページで朝霞駅、朝霞台駅のホームドア設置が計画化されたことが公表され、朝霞市にも連絡がありました。

当初、乗降客数が多く事故もあった朝霞台駅が先行する予定でしたが、オリンピックの開催の関係で、朝霞駅が2020年度度まで(オリンピックですから2020年8月までということでしよう)に、朝霞台駅が2021年度以降にということになるようです。

●朝霞台駅については、朝霞市その他からバリアフリー化の要望が出されていますが、駅建物の更新まで棚上げになりそうです。

●ホームドア設置は歓迎したいのですが、東京メトロで行われているような車掌の廃止などが行われないことを望みます。1列車2000人が乗せられるもののドア閉めを、モニタ監視の運転士だけでやることは危険だし、東京メトロでもそうなっていますが、恒常的な遅延の原因となります。あくまでも安全性の向上のために取り組んでいただきたいと思います。

●ホームドア設置は、鉄道会社だけの善意で行われているわけではありません。最近の設備の追加は、自治体の補助なしにはやってもらえません。和光市はこれに4000万円負担しています。近年、大手私鉄がみな大幅な黒字を出していることを考えると、腑に落ちないところがあります。安全設備の整備はいたずらに遅らせてよいものではありませんので、出し惜しみはしたくありませんが、近年の電車は、運行速度の低下、運転本数の減少など、?がつくことが多くあります。それらを解消していただく改善がほしいところです。

●夕方の毎時45分に出る準急、50分に出る急行、27分に出る急行がTJライナーへの乗客誘導策なのか、著しく遅くしてあります。ほんとうに勘弁してもらいたいものです。

|

« 1/10 保育園の入園調整状況が報告される~保育園等運営審議会 | トップページ | 1/16 保育園の決定・保留のご案内が発送されたようです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/10 保育園の入園調整状況が報告される~保育園等運営審議会 | トップページ | 1/16 保育園の決定・保留のご案内が発送されたようです »