« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016.12.21

12/21 マイナンバーに証明書類が必要なのか

複数の収入のある人たちから、源泉徴収をするところにマイナンバーの報告をしなければならなくて、その手続きに悲鳴を上げるツィートなどが散見されます。

マイナンバーとは本来、税情報を集約するキー番号で、住民票データなどと共有しています。その前提からは、収入を得た人は支払元にマイナンバーを教えさえすればいいはずです。
どうして、支払元に、保険証だの、パスポートだの、免許証だの、住民票だの、もっと個人情報満載の書類を送らせる必要がある理由がわかりません。
政府は、番号がインチキだったらいけないと、確認書類による照合を求めていますが、番号そのものが本人確認の手段であり、それさえあれば本人確認は、源泉徴収データと合っているのか役所の側がやるべきではないかと思います。今までも源泉徴収事務に、番号はなく、番号があるだけ税務当局の源泉徴収の情報の集約にありがたいはずです。番号が間違っていたり、住所や名前と違っていたら、従来通りの名寄せの作業をすればよいはずです。
主義で番号を教えない人がいますが、その人たちは本人確認なんかされません。役所による倒錯した事務指導です。

マイナンバーをあれこれ使おうとしたり、国民の便益がなければ、と思ってクレジットカードや図書館利用カードとの連携をさせようとするから、問題がプライバシーに集中し、話がおかしくなるのです。

マイナンバーの目的は、行政の合理化でいいのではないでしょうか。機能を、税務当局の事務の効率化と補足率の向上、保育園や介護保険など税情報の転用が必要な仕事の効率化と、事務の簡素化のために限定すべきです。その事務が今ではアナログで名寄せもできず税務当局は膨大な作業をしているし、保育園の入所事務では入所順の決定や保育料の計算に多大な残業を重ね、しかも利用者は情報が確定するのに時間がかかって不安が増幅しているわけです。
その公務員の無駄な労働を解放したコストを国民にアピールして展開すれば、あるある言われている番号の漏洩があったとしても、プロレタリアートである大多数の国民にとってはほとんど影響のない話になります。

いろいろな意味で話が複雑になりすぎて、全く効果を出せないマイナンバーです。

| | コメント (0)

2016.12.16

12/16 指定管理議案が全件可決し現行のまま、健康づくり条例がスタートへ~定例市議会が終わりました

16日、12月定例市議会の最終日で議案への賛否の討論と採決が行われました。大半の議案は全会一致で可決しましたが、賛否の分かれた議案のうち、

補正予算は、ふるさと納税の評価をめぐって論戦が繰り広げられました。

市税条例の改正では、売薬購入代金の所得控除に、その意図から反対が続出しました。共産党の斉藤議員が、仮に通るにしても、売薬に過剰に依存せず正しい医療診断を求めるよう啓発を求める意見が出され、まことにその通りだと思いました。

指定管理議案では、放課後児童クラブの件が論戦になりました。
私は、過去、職員による内部告発から不適切な処遇があったこと、その対応はしてもらったが、過剰にカリキュラム化された保育内容、そのことによる職員の負担と管理的な保育システムが解決されていないことを問題視しました。反対言わないとなかなか誰も真剣に対応しないので、あえて反対を申し上げました。
小山議員からは、子どもの人権という視点をきちんとやってもらいたいということで反対されました。
賛成した議員も、与党第一会派の田原議員から賛成討論の最後に、問題を解決してほしい旨の意見が、田辺議員から、管理的運営に問題を感じていると言われました。
共産党の石川議員は、賛成として、職員の処遇改善の評価と、社協の他にどこに担わせるのかということは考えにくい、という理由を表明されました。

最後に、意見書の採決を経て、閉会となっています。

●次回定例市議会は、通常2月中下旬から始まりますが、来年は、市議会の招集権をもつ市長の選挙が2月26日実施されることから、早ければ2月27日以降に日程が明らかになると思われます。市長が続投すれば、3月5日前後に開会、市長が交代することがあれば3月18日以降に日程が決まり、20日過ぎに市議会が始まることになります。

●討論・採決の詳細

続きを読む "12/16 指定管理議案が全件可決し現行のまま、健康づくり条例がスタートへ~定例市議会が終わりました"

| | コメント (0)

2016.12.15

12/13 おおむね現状維持~市議会一般質問

13日、市議会で市政全般を対象に質問する「一般質問」の番がまわってきました。水害の解決、市長提出議案のあり方、市民の意見表明権や市民参加、行政改革の考え方、保育政策、市長3期目の総括の6点を質問いたしました。市長選を前にセンシティブな時期なので、ほとんど前進はありませんでした。

水害の件では、8月の三原地区の浸水に関連し、幹線排水路である田子山排水路の状況や今後を尋ねました。現在、水害の原因を調査し3月頃結論をみて、対応を検討するという方向が示されました。

市長提出議案のあり方では、行政が市議会に提出する条例の制定・改廃が、1か月の議会の冒頭に提案されますが、提案の背景事情や立法事実、根拠法などとの関係、関係する市民との調整などまったくわからないまま、カジノ法案ではありませんが、数日の審議で通すことになります。国の法律制定のように、検討過程から、条例の制定の必要性や、どんな条例になっていくのか、国や既存の条例との関係性などの説明資料が公開されるべきではないかと問いただしましたが、できるところはやるが、という現状維持の答弁でした。

市民の意見表明権や市民参加では、子ども議会の運用改善を提起しました。市の毎年の事業選定「実施計画」の検討過程に反映することをルーチンに入れたらどうかという提案には「各部課の判断」、子ども議会の答弁の反映状況の整理も「難しい」という理由でほぼ現状維持の答弁でした。審議会の改革では、傍聴のフリー化は「各審議会の自主性」という理由で現状維持、関係者の民意で判断する場なので諮問事項を明確にしたらどうか、という点も現状維持の答弁でした。

行政改革では、財政的数値目標がないことを問題視、また市民生活の見通しが立つようにリストラされる事業の基準を明確に、と求めましたが、いずれも国や税収の動向を理由に、現状維持となりました。

保育園の入所申請の確認質問では、11月18日締切で、1116件、昨年比82件の増加となっており、とくにゼロ歳児、1歳児が再び急増、4~5歳児はほとんどないという結果でした。入所の早期化が進んでいる状況が答弁されました。

市長3期目の総括では、与党の田原議員からの質問で成果は明らかにされたので、積み残し事項を確認しました。はまさき健康いきいきタウン構想と、朝霞駅南口アメニティーロード化があると答弁、私からは高齢者福祉の「地域包括ケア」にトップマネジメントが必要と申し上げたところ、組織機構を改編して全庁的に取り組む必要がある、との答弁を受けています。

| | コメント (0)

2016.12.13

12/12 富岡勝則市長、4選出馬を表明~市議会一般質問1日目

来年3月17日をもって任期満了を迎える朝霞市長に、現職の富岡勝則市長が再選に向けて挑戦することを市議会で表明しました。輝政会の田原議員の質問への答弁。

市政はまだ難題が多く、現職としてバランスの取れた判断、豊かな経験と人脈・パイプを生かしたい、政策としては、雨水対策、社会保障の充実、待機児童対策、小中学校の体育館の空調整備、健康寿命を伸ばす取り組み、高齢者の地域サポートセンターの設置、2020年のオリンピックパラリンピックなどに取り組む必要がある、とも述べています。

🌑選挙管理委員会は、1月11日立候補者説明会、2月19日告示、2月26日投票の選挙日程を決めています。

🌑富岡市長2期目後半、国家公務員宿舎の受け入れ断念以降、政治姿勢が調和する方向に進み、3期目、4期目はバランスの取れた政策配置が見られ、そこは評価したいと思います。
一方で、過去3回無風選挙が続いており、市政の緊張感を保つことが課題ではないかと思います。
また市長と市議の緊張感も課題ではないかと思います。

| | コメント (0)

2016.12.10

12/10 いろいろな議員の問題意識を聞くことができます~週明けから市議会一般質問

週明け12日から14日まで、朝霞市議会は、議題に関係のない市政に関することなら何でも質問できる、市議会の一般質問が行われます。日程は以下のとおりで、時間は各日9:00スタートで2人目からは確定していません。各議員の問題意識や抱える課題を聞くことができますし、その問題がどのように行政のなかで処理されているのか聞く機会です。

12(月) 田原(輝)、駒牧(公)、遠藤(公)、岡崎(公)、獅子倉(輝)、船本(絆)、津覇(輝)、福川(輝)、本山(公)
13(火) 柏谷(輝)、大橋昌信(輝)、松下(絆)、黒川(無会)、小山(無会)、山下(輝)、利根川(公)
14(水) 田辺(無ク)、石川(共)、山口(共)、斉藤(共)
カッコ内会派名 輝…輝政会、公…公明党、共…共産党、絆…絆、無会…無所属の会、無ク…無所属クラブ
🌑各議員の質問通告事項

🌑市長選を前にした市長の今任期最後の市議会ですので、私は政策要望的な質問は控え、振り返り的な質問を中心に通告しています。
1.水害の解決に向けて~田子山排水路
2.市長提出議案のあり方~立法プロセスの課題や説明資料
3.市民の意見表明権や市民参加~子ども議会や審議会・委員会の課題
4.行政改革の考え方~財政や公共施設の見通し
5.保育政策~申請状況と対応
6.市長3期目の政策推進の総括~公約の点検とトップマネジメントの判断をきく

🌑この10年、一般質問が活性化しているのはよいことではないかと思いますが、一般質問で行われているような政策要望は本来市民にとって誰でもできることであるべきでなければならないと思っているので、職業議員としては、あまりそこばかりに力を入れる存在に留まってはならないのだろうと思います。
それより大事なことは、市民の生活に影響を与える議案の審査・審議能力ではないかと思っています。受け身の仕事で、議員の個性は出にくい世界ですが、行政マンが予定調和・自己完結のように見せて出してくるものに、メリットやデメリット、障害事項や問題点、不足点を発見して、修正をかけたり、問い返したり、ときには否決したりすることが市民生活にとってより大事なのでしょう。

| | コメント (0)

2016.12.09

12/9 帰宅でストレスためない通勤環境

東洋経済オンラインで、夕方のラッシュ時間の「痛」勤がどうなっているのか、記事になっています
通勤混雑というと朝ばかりがクローズアップされますが、体力的には、疲れた体に通勤混雑で、帰宅したときにはすべてのエネルギーが吸い取られてしまっていて、家庭のことや、地域のことを取り組んだり、地元で飲んだりする体力をすべて削ぎ取られている感じがしないでもありません。そういうことが続くと、地域が疲弊するなぁ、と思っています。

また、しばしば、帰宅時間帯の和光市からの混雑を何とかしてくれ、とご要望をいただきます。確かに、私も和光市から朝霞方面に向けての夕方・夜間の混雑にひどい思いをすることが多くあります。朝霞市の行政側も、沿線他市とともに、こうした問題を東武鉄道との定期的な協議の俎上にのせています。

この記事によれば、和光市から朝霞に向かう段階で、東上線の乗客数は池袋を出る東上線と同じぐらいの量となります。池袋を出るときに近い輸送力を和光市から確保しなければならないように思いますが、和光市止まりが多く、和光市を出る東上線が非常に混雑している実感は、グラフに出ていると思います。せっかく複々線にしているのですから、地下鉄の和光市止まりを志木まで延長運転したらどうかと思うところです。
もう一つは、成増から和光市の間がボトルネックみたいになっています。東上線は3年前のダイヤ改正で志木止まりの普通の大半を成増止まりに切ってしまいました。そのことが混雑を回避する選択が取りにくくなっています。
朝霞市の公式見解に矛盾することいいますが、大きな視点でいうと、東上線は川越より遠くに通勤する人が多くいます。急行がちょこちょこあちこちに止まることで、すべての乗客が急行に集中するダイヤを夕方の通勤時間帯に採用しない方がよいように思います。遠・中・近距離で電車を分けて、和光市や朝霞台で乗り込んでくる人がどこまでいくのかを把握して、直通の延伸や急行の停車・通過を変化させることが必要なのではないかと思っています。

| | コメント (0)

2016.12.08

12/7 ほんとうにそれでよいのか、と問い直すことの大事さ/市議会民生常任委員会

昨日は、市議会の福祉・医療分野の議案を審議する、民生常任委員会がありました。5年に1度の市の施設の運営を外部に管理させる、「指定管理」の更新議案が6本、新しい「健康づくり条例」の審議など行いました。また、障がい児を中心に利用する放課後デイの1.5億の追加や「指定管理」の将来負担を前提にした契約を認める予算なども審議しました。

一般会計補正予算で焦点となったのは、①再来年度スタートの新しい障害者福祉計画・障害者プランの策定作業のためのコンサルタント契約、②放課後児童クラブの指定管理の契約の前提となる職員給の改善、③障がい児が中心に通所する放課後デイのあり方など。多額の予算を使う障害者政策を効果的なものにするためには、コストだけ重視のコンサルタント選びは改善が必要、放課後児童クラブの職員給の改善方法の落とし穴や職員定着対策としては給与以外の方法も提案が必要、障害者デイには、地域との接続が見えにくく、本人や家族が利用終了後孤立しないか、などの課題を質疑答弁しました。委員会採決では、全会一致で可決しました。

介護保険補正予算では、内容の確認質問が続きましたが、最終的に賛否が分かれ、石川議員以外は賛成、賛成多数で可決しました。反対理由が、事業ができなくて剰余金を積立金としたことが問題ということなので、介護保険事業計画は3年単位で動いているので、中間年で剰余金を積立することは問題とはならない、と賛成理由を表明しました。

健康づくり条例は、全会一致で可決されましたが、共産党の石川議員からは社会保障の給付抑制の正当化に使われることの懸念、私からは中学校の部活動で運動部系の部活ばかり奨励されるようなことが起きないか、などの懸念を表明しています。誰もが反対できないし権力性がなくても、理念条例をつくるときは人々の精神的自由を政治的に束縛していく危険性に注意が必要だと思います。

指定管理の議案は、はあとぴあ、放課後児童クラブ、児童館、老人福祉センター、障害者ふれあいセンターを社会福祉協議会に、特別養護老人ホーム朝光苑を朝霞地区福祉会に、管理者として指定するというものです。

このうち、はあとぴあの指定管理は、議案が複合していること、社会福祉協議会のガバナンス体制構築に努力不足だとして私が反対しました。9月定例会の事業組み替えに反対したことも視点としてあります。
放課後児童クラブは、4年前に職員が告発しようとした利用者への不適切な処遇の案件の処理が悪く、告発者も実行者も双方退職する展開になったこと、その後の人権教育も不十分、平成15年には設置されていた社会福祉協議会の法人としての苦情解決委員会もつい最近まで周知されず、不適切な処遇を予防・抑止する機能が不十分であること、セーフティーネットに関わる保護者や議員からの運営内容の改善要望も不十分な説明をせずに拒否することなどを問題として申し上げました。
5年に1度の仕事を受けるか失うかという契約更改のタイミングに、重要な課題への改善策が示されていないことから、運営者として問題があるとして私が反対しました。両議案とも、輝政会、公明党、共産党、大橋議員の賛成多数で可決されています。
両議案とも、反対意見は私、賛成意見は獅子倉議員のみです。

残る、児童館、老人福祉センター、特別養護老人ホーム朝光苑の指定管理に関しては、理由を表明しませんでしたが、事業の継続性を超える問題点は見いだせなかったことや、障害者ふれあいセンターはつい1年前に事業を開始したばかりであって運営者の変更を考えること自体が不適切と判断、いずれも賛成、全会一致で承認と可決しました。

🌑それぞれの現場ではいろいろな職員が苦労と努力をされているものですが、しかしだからといって構造的な問題があるのに、彼らの努力だけを評価してよかったよかったと無視するわけにはいきません。
議決で私の主張が認められないとわかっていても、言うべき立場にいる者が言っておかないで看過し続けるのは、議員として怠慢、と考え、心を鬼して、職員にとっても私にとってもつらいことを市議会で申し上げました。因果な仕事です。私自身は全然評価されなくても、あのときあいつがこんなこと言っていたなぁ、直しておかなきゃなぁ、という動きが始まれば、と思っています。

🌑健康づくり条例の必要性や多くの市民へのプラスの効果を十分に認識しながら、ニヒリストのタモリが昔の芸術家・作家がみんな病気に苦しめられたことを引きながら「不健康って色気あるんだよなぁ」とコメントしたことを思い出しています。

🌑一般会計予算の議論はこちらです。

続きを読む "12/7 ほんとうにそれでよいのか、と問い直すことの大事さ/市議会民生常任委員会"

| | コメント (0)

2016.12.07

12/6 横路孝弘さんの決意

6日夜、衆議院議員で元北海道知事をした横路孝弘さんの東京後援会の忘年会があり、出席してきました。

横路孝弘さんとは、私が20歳のときに初めて選挙に飛び込んで、お世話になりました。選挙で必要な作業は後援会の膨大な作業から学びましたし、横路さんを支援している自治体議員の選挙を通じて、選挙の技法を学んだところもあります。
学生インターンも、政治NPOも、学生運動もなく、当時は選挙事務所に学生が出入りするのは脱法的なアルバイトぐらいしかいなくて、志願兵として飛び込んだもので珍しがられました。
以後9年の北海道の在住の間、北海道の社会党の政治運動・選挙のダイナミズムに感化されたものです。

忘年会では、横路さんのあいさつのなかで、支援者へのお礼が述べられた後、最近行った外務防衛委員会で、安保法制で日米の防衛抑止力を高めたことが、ロシア封鎖みたいに受け取られ、そのことは北方領土の返還をさらに難しくしたのではないか、と質問したことが紹介されました。安全保障のリアリズムを踏まえた議論が横路さんの持ち味だと思って見てきました。

北方領土の返還の希望的観測は、経産省の先走りだと問題を指摘するメディアもあります。憲法の厳密な解釈では疑義のある任意解散権をふりかざして、政治的成果で総選挙をしようとしていると思いますが、成果は難しいのだと思います。一方で、任意解散権を振りかざしてやりたい放題やる、という安倍政権の構造は変わらないものだと思うので、横路さんも「解散は近々あり」と引き締めていました。

次の衆議院議員選挙をもって横路さんは引退することになり、後任者を決めておられます。横路さんが政治家になったのが私の生まれる1年前、年齢が私の父母が同年代ということで、引退にさみしさを覚えるとともに、きちんと道を敷いて引退するということの見事さを感じています。最後の東京後援会の忘年会と思って、万難排して出席いたしました。

20161206yokomichi_bonenkai忘れてはならない恩人・選挙の現場ではほんとうにお世話になった妻・横路由美子さんともご挨拶できました。政治家になったことをたいそう喜んでくださり、選挙の現場での思い出話や、一緒にたたかった後援会のみなさまの今をお話しました。

🌑こうした会場では思いも寄らぬ方と知り合いになったり、再会します。激励をいただいたり、ありがたいものです。

| | コメント (0)

2016.12.01

12/1 ふるさと納税、市の施設運営の管理者選びを議論しました

12月定例会、本会議2日目。市長提出議案の審議を9時間半続けました。

補正予算で契約行為だけ計上されている「ふるさと納税」サイトへの参加経費を問いただしました。ふるさと納税の流失と流入の差が7000万を超えて(ただし減収分の75%は交付税で戻るので実質は1650万円)、市として見過ごすことができない規模になってきたことによるものです。153万円の来年度払いの契約が計上されていますが、来年度のふるさと納税の期待額は210万円ということで、それなら、という感じがしないでもありません。市外在住の職員にふるさと納税を強要しているある自治体の事例を紹介しながら、そんなことしないですよね、と確認質問したら、周知はするかもしれないが、ふるさと納税を求めることはしないつもり、という答弁。朝霞市の場合、東京都区の職員が朝霞市職員数より住んでいるものと見られ、近隣市区とのふるさと納税の撃ち合いが始まったら、負けることになる危険性もあります。

開発事業等にあたっての協力を求める条例改正では、大規模開発やマンション建設にあたって、開発業者はそこに住む人に町内会への加入を求めることを求めさせる内容も含まれています。これはこれで強制力はないのでやったらいいと思います。
同じ趣旨で、「地域コミュニティー」と協力を求める趣旨で、マンション集会室も市の要請で設置を求める規定がすでに入っているのですが、その態様や、マンションの内規が地域に開放することを前提としていないものが放置されていることを取り上げました。マンション住民に上から目線で町内会に入れ、とやるのもいいですが、一方で、地域の町内会とお互い様の関係を作っていかないと、うまくいかないはずです。その一つのツールがマンションにある集会室で、町内会館を持てない自治会との取引的な協力関係のづくりのきっかけになる可能性を持ちます。

施設の管理者の指定更新の議案13本では、その多くで、利用者や関係団体、市民と、その事業者に更新継続してよいのか、更新継続するならその事業内容が十分なのか、意見交換したのかを重点的にききました。大半が利用者アンケートと苦情内容で判断していて、創造的な問題意識は引き出していないと思われるものばかりでした。その上、外郭団体との随意契約ばかりで、内部検討で他の事業者と比較したのも1件しかなかったので、この更新も2回目を過ぎて、いささか緊張感がなくなっているように思います。

放課後児童クラブに関しては、5年に1回しかない今回の更新のチャンスで、運営課題がどこまで解決されたのか心証を得られる答弁ありませんでした。一方で、共産党議員の質疑では、職員の待遇が大幅改善される道がついたことが答弁されました。
「正職員」であってもかなり劣悪な職員の処遇が改善されるのは喜ばしいことですが、そうであるなら我流で一所懸命やるやり方を改め、教育的指導を中心としたやり方から、子ども集団の力を引き出す児童福祉の基本に立ち返った事業のあり方を模索し、職員集団として、保護者要望の採否を判断してほしいものだと思いました。

| | コメント (0)

12/1 東京都「政党復活予算」のおかしさと、議会の政策決定権

東京都の「政党復活」予算がびっくりされています。東京都で、国政選挙は、民進党やみんなの党や維新が強いのに、地方選挙になると、埼玉や千葉以上に自民党が強いのはなぜなんだろう、という疑問から、きっと何か不思議な集票システムが地方では効いているんだろうと思って見てきました。そこの一つの答えではないかと思います。

「政党復活」予算のあり方について、いくつか整理しておきたいと思います。
一つは、日本の地方自治の予算決定のあり方が、少しおかしいと思っています。予算の提案権はほぼ知事・市長に独占されています。少し昔までは、法の解釈で議会の修正権はほとんど認められておらず、議会は問題があると思ったら否決しかできませんでした。また予算が関わる条例も、知事や市長しか提案できない、という縛りも強かったため、立法機能がある自治体議会は、意味が多い条例ほど、知事・市長に提案させるしかありませんでした。その結果、不正を暴く以外に、知事や市長から自立できない自治体議会が形成されてきたと言えます。
首長と議会が別々に選ばれる制度においては、予算の提案権は議会にあってもおかしくありません。そういうなかで議会がきちんと政策実現のために、予算を確保したり変えたりする枠はあってよいと思います。

しかし、だからといって今回の東京の話が良いとは思えません。与党であるとか、個別の政治力でなどを使ってやるべきものではないと思います。議会で話し合って、知事提出予算の内容に不足があるから、各党が合意して200億円の予算修正をする、ということが重ねられていたら意味があると思いますが、知事と特定政党の関係のなかで、押し込んでいく隠し球として使われているなら、たんなるコネと議会ボスによる都政の支配という構造なわけで、やっぱりおかしいし不公正です。韓国大統領府の不祥事など都民は笑えません。

コネや党派性だけで予算をぶんどってくる、時代遅れの東京のシステムはすぐやめるべきですが、一方で、予算がすべて知事や市長が決める、というのも自治としての機能は不全です。そこを見ていただけたらと思っています。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »