« 12/7 文書による当選御礼はできませんのでご容赦ください | トップページ | 12/12 選挙公報がネット上から消えた »

2015.12.11

12/10 問題の多い来年度の税制改正

昨日発表された税制改正の評価です。

①法人税減税の効果に対して疑問、②企業版ふるさと納税制度の創設は企業のヤリ散らかしをさらに奨励する、③軽減税率なんかより給付面での弱者対策、④通勤手当の拡大は時代に逆行する、⑤金持ち優遇の配偶者控除の存続、が問題点と感じています。
一方で、朝霞市にとっては是非が別れるところですが、自治体間の財政力格差是正の拡大は評価しています。

①景気に逆効果な法人税減税
 法人税減税は景気にほとんど効果がありません。むしろ内部留保を増大させることを奨励することになることから、かえって蓄財ばかり奨励し、それが投機資金になってデフレ圧力になっていきます。
 減税を外形標準課税にシフトして財源確保しますが、それは、中小企業には増税になる可能性が高く、税による再分配機能を弱めます。今のような経済状態のもとでの「改革」としては問題が多い、と見ています。
 さらには、税収減の犠牲になる政策、格差是正や教育水準の向上などによって、かえって国力を低下させるのではないか、と思っています。
消費税増税と抱き合わせで行うことは、日本共産党あたりの批判を引き起こす政治的効果もあり、本当にマイナスの効果ばかりです。

②企業版ふるさと納税は問題
 企業に評価される自治体づくりしかしなくなります。ふるさと納税は個人の意思として特定の自治体に寄附する制度ですが、企業という集団的意思になると、そうした善意より、利害打算でしかなくなります。そうすると、自民党推薦の首長のところだけ寄附が集まったり、政治的な判断が入る危険性もあります。また、企業が支出面でのサービスを要求して、ふるさと納税を使って自治体への税金の支払いを拒否したりする危険性もあります。
 政治献金と同じ論理だと思います。企業版ふるさと納税はやめるべきだと思います。

③ムダな軽減税率
 消費税増税にともなう軽減税率の実施で1兆円以上の税収をなくしてしまうことが本当に弱者対策だろうか疑問です。あれだけ眼を血走らせて批判する人がいる生活保護ですが、国の予算総額が3兆円。それを1.3倍にできたら、シングルマザー・ファーザーが子どもをそっちのけでダブルワーク・トリプルワークをしなくても済んで、もっと子どもに向き合う時間が作れる、などと考えられないものでしょうか。
 実際にやってみたら、食糧品とは何か、生鮮食料品は何か、という話が出てきて、かえって混乱しています。弱者対策なら、福祉サービスなり、給付金なり、支出面で恒久的な財源を1兆円確保したらどうだろうか。その方が世の中よっぽど幸せになります。

④通勤手当に対する税控除の拡大
 給与所得者に対する非課税の通勤手当の上限を10万円から15万円に引き上げるという愚かな決定をしています。地方創生の議論では、地域内の経済循環をどう作るか、という話をしなければならないときに、長距離通勤を奨励してどうするのか、と思います。どの本か失念しましたが交通評論家の岡並木さんは、戦後、通勤手当に対する非課税枠を拡大し続けた結果、都市の集積ができず、安易に住宅は郊外移転し、郊外の土地が簡単に上がってしまったり、長距離通勤×混雑というひどい実態が蔓延した、と指摘しています。
 通勤手当の税控除の話で見落としてならないのは、一方でこの控除が「通勤手当」だけが対象で、自弁した通勤費は全く控除されず、給与所得控除のなか、とされている不公平です。
 企業が非正規労働者に払う通勤手当には極めて低い上限を設定しているケースが珍しくなく、さらには多くの役所など払わないところがあるなど酷いものです。そうすると非正規労働の労働者は、経費であるはずの通勤費に税金を払わなければなりません。
 地方創生というなら、こうした地域で働く人たちの問題こそ取り上げるべきではないか、と思ったりします。全くの愚策です。

⑤配偶者控除の見送り
 美辞麗句を言いますが、これは最高税率の高い高所得者の専業主婦(夫)がいる家庭ほど恩恵の受けられる制度です。共働き率が子どものいる家庭ですら3割を超える時代にそろそろ見直すべきです。少なくとも、税率による減税額の効果がもつ逆進性を解消するために、低位所得者の配偶者控除に相当する戻し税方式に切り替えることぐらい存続派は提案すべきではないかと思います。

⑥一方で評価点もあります。
自治体間の財政力格差是正が行われます。地方税の一部をさらに国を経由して地方共有の財源、地方交付税特別会計の財源になって、財政力の格差を是正します。
朝霞市にとってはプラマイゼロかややマイナスになりますが、東京や愛知との経済格差を埋める地方交付税制度を維持し安定させるためには、必要な政策だと考えます。もしこれをやらなければ、地方交付税の支払額を削減することをますますやらなければならないわけですから、制度的には不安定になり、朝霞市も歳出面で持ち出し財源が増えてしまう可能性があります。

|

« 12/7 文書による当選御礼はできませんのでご容赦ください | トップページ | 12/12 選挙公報がネット上から消えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12/7 文書による当選御礼はできませんのでご容赦ください | トップページ | 12/12 選挙公報がネット上から消えた »