« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015.09.25

9/24 修正案は粉砕され、政局がらみの条例多く 9月定例会が採決・閉会

本日は9月定例市議会の最終日。4年の任期のなかでは定例会の最後でした。
マイナンバー、新教育長制度、安保法案廃止の意見書など中央政局を反映する議案が多く、討論が白熱しました。一方で、総合計画条例の議決対象を広げる修正案を提出しましたがこれは与党議員の結束のもと多勢に無勢で否決されました。
清く正しい条例案は「日本手話言語条例」の可決ぐらいで、全会一致可決の議案は少なかった珍しい9月定例市議会でした。

マイナンバー関連では、左派系議員が猛烈に批判を加えていました。そのなかで私は個人情報保護の体制づくりに関連した2条例はマイナンバーに不安があればあるほど必要と賛成し、再発行手数料に関する条例は「税金を取る側の利便性のためにつきあっているのになぜ手数料を取るのだ」と反対しました。市税や事務の追加など、市の事業での利用は、市民が不安に思っているなら待とう、という考えで反対しました。

新教育長制度関連議案は教育委員会制度が無責任体制と文部科学省のいいなり教育になっていると批判しましたが、市長がどうこうするより、合議機関をダウンサイジングした方がよい、と制度そのものに反対しました。また、新教育長の勤務条件のなかで裁量権が低いことも気かがりで反対理由としました。

朝霞市総合計画条例では、修正案を提出して、具体的な計画部分も議会の審議の対象にしてもらおうとしましたが、与党の壁に阻まれ粉砕しました。

日本手話言語条例は、埼玉県初の「日本手話(手話のなかでの一つの言語で、耳による日本語習得の前に手話を習得した人が使える手話。文法等が全然違う)」言語を明確に位置づけた普及条例として成立しました。

最後に安全保障法案の強行採決に反対し廃止を求める意見書。ここはと思って賛成しましたし、内容に大きな問題があるわけではありませんが、集会アピールみたいな文案に、うーんと思ったものです。また、賛成側も反対側も、政治家というものは一般市民より安全保障の議論が好きなんだと改めて確認した晩でした。

閉会直後、議場で、引退を決めた2議員からごあいさつをいただきました。長年のご活躍に敬意を表します。

採決結果等は続きを読む以下に掲載します。
なお内容は速報的なものなので、正確な内容は議会ホームページから採決結果、議事録(12月上旬公開)でご確認ください。

続きを読む "9/24 修正案は粉砕され、政局がらみの条例多く 9月定例会が採決・閉会"

| | コメント (0)

2015.09.24

9/24 きょう、9月定例市議会の討論・採決

本日、9:00~市議会の9月定例会最終日です。
平成26年度の決算、今年度の補正予算、マイナンバー関連の条例改正、新教育委員会制度に関連する条例改正、新しい朝霞市の総合計画の審議会と議決に関する総合計画条例などの討論、採決を行います。

また、私からは、総合計画条例の議決を、事業内容にまで含む修正案を提出しており、審議されます。

おおむね11:00頃までは4つの常任委員会の報告が続き、その後昼食をはさんで平成26年度の各決算審査の討論・採決
午後から補正予算と各条例改正などの討論、採決が行われます。
また、安全保障法関連の意見書も出される見込みで、その提案、質疑、討論、採決も行われます。

傍聴もできますし、インターネット中継も行われます。録画公開は後日公開になります。

●今回の条例改正は、総論反対、各論必要な内容で、非常に判断に迷うものが多くあります。

| | コメント (0)

2015.09.18

9/17 総合計画条例案をさらに良くしようと修正案を提出しました

9月定例会での活動内容についてご報告がおくれていますが、昨日16日までに議案の質疑、一般質問が終わり、残すは24日の委員長報告と、議案への討論、採決の日程を残す限りとなりました。

採決に向けて、議案の賛否はいろいろありますが、1つ、反対ではないけれどももっとよい条例になってほしいと思うものがあり、昨日、修正案を提出しました。

対象は朝霞市総合計画条例で、現在策定中の朝霞市の「最上位計画」である総合計画の性格、決め方、委員の選び方などを定義している条例です。
このなかの決め方に関して第4条以下書いているのですが、議会を通すのは「基本構想」に限定されています。

しかし、その下にある具体的な政策が記述された「基本計画」は、今後10年の朝霞市の課題を決定することであり、議会の権能である予算を議決することと深く関与してきます。
また総合計画は「最上位計画」という性格からも、いくら市民参加で策定したとはいえ、議会を通し、また逆に議会と問題意識を共有する手続きをすべきではないかと考えています。

そこで、同条例の第4条に議決する対象として「基本構想」と書かれているものを「基本構想及び基本計画」とする修正案を、同じ無所属の田辺議員、小山議員を共同発議者として提出しました。

●本会議終了後の議会運営委員会では、市長から、教育委員会教育委員の選任案件(岡野忠正委員、比留間藤昭委員の再任)が2議案と、議会多数派から市議会委員会条例の改正案(新教育長制度に関するもの)が追加提出されました。さらに無所属議員から、安全保障法案に関する意見書の提出予告がされています。

●総合計画の中身は、12月定例市議会に提出されると言われています。
市議会議員選挙のある年の12月定例市議会は任期初日の12月18日に招集されて、かなりの時間をかけて議長や議席、委員会配分などの議会人事を決定し、それから市長提出議案の提案が行われ、審議に入ります。そして12月28~30日頃閉会する駆け足な日程です。
駆け足日程のなか、総合計画を読み込んでいるかわからない新人議員がいるなかで議論することになるので、少し不安を感じています。

| | コメント (0)

9/17 デタラメすぎる強行採決にショックと福山哲郎さんの演説の感動と

17日は安全保障法の審議を、断続的に自宅や議会控室で作業しながら聴いておりました。

参議院特別委員会の採決のシーンは、規模はともあれ議会人としてショックでした。早速共産党の小池晃参院議員が取り寄せて公開していますが、議事録は記録停止のまま(自治体議会では暫時休憩)の状態で、採決の手続きが行われ、委員会を通過したことになっているのです。
そのシーンも、従来の強行採決なら、委員長が野党議員と奪い合いながらマイクを握りしめ、どんな採決をしているのか音声になっていましたが、今回の強行採決は、与党議員が委員長を囲い込み、壺のような状態のなかにいるなかで、与党筆頭理事が壺の中から声を聴きだし、与党議員と、与党になびいた次世代の党や、日本を元気にする会の議員などに、祭のわっしょいわっしょいみたいな仕草を示して立ったり座ったりしていました、何に対して採決されているのかは、与党筆頭理事以外わからないという前代未聞の採決シーンでした。

市議会議員になって、採決でトラブルに遭遇したり当事者になったことがあります。自治体議会の採決の手順はとても厳格で、記録が不明確な採決が有効になることはありません。そのことで煮え湯を飲まされる思いで謝罪され、トラブルの収拾に苦しまれた同僚議員もいました。

今回かかっている議案は、自衛隊員を中心とした人の命に関わる話です。ゼニカネなどトラブルがあったときに補償できるような問題ではないはずです。
私は左よりの政治関係者のなかでは、珍しく自衛隊を積極的に肯定してきました。保育園の保護者仲間にも自衛隊員がいて、私のことをとても大切にしてくれています。そういう人たちに思いを馳せながら、安全保障法案を見てきました。
何が賛成で何が反対なのかわからないような採決で、彼らの人命を危険に近づける法案の採決をしてほしくなかった思いがあります。

20150917あまりにも憤怒がおさまらず、会合と会合の間、「オールあさか」の街頭宣伝にゲストとして参加してきました。

●一方、その前段にあった、鴻池安全保障法特別委員会委員長の不信任案の福山哲郎参議院議員の提案演説、各議員の討論は良かった。口が悪いツィートには「生前葬」と表する人がいたほど、鴻池委員長への野党議員の愛情と、こんなことになってしまった引責を訴える不思議な展開でした。
提案者の福山哲郎議員の演説は、もらい涙をもらうような演説でした。48分頃からは、
「(自民党の先輩議員が言うには)国会の混乱はすべて与党の責任なんだ、福ちゃん覚えておけ…それは私が官房副長官をしたときにそれが目の前に広がりました…野党は数が少ないから議論をするのが言論の府の仕事です…それが混乱するのは」という演説に涙が止まりませんでした。

●私が特定の政治家に対して心情的な評価をすることをめったにしません。いつも行いと言論で評価してきました。肯定的に評価するときは、客観的な事象に対して評価しないと個人崇拝になる、と思っているからです。

| | コメント (0)

2015.09.17

9/16 不思議な学校給食の民営化

私と、田辺議員と、共産党の斉藤議員が、今回の定例会で学校給食の民営化の案に質問をしました。

来年9月から、第五小学校の自校式給食から民営化を始め、最終的にはセンターまで含めてすべて委託するということです。ただし、その内容は、栄養士と献立は今までどおり市の職員が書き、調理と洗浄のみ委託するというもので、完全に労務買い入れ型の委託です。
こういうタイプの委託は要注意で、仕様書に書かれていないことをさせると、直接雇用しているがごとき働かせ方をしながら雇用責任を負わない「偽装請負」になります。給食を作ることと食育を有機的に結び付けなくてはならない自校式給食は「偽装請負」になりやすいのですが、そこから民営化を先行させるのか、意味がわかりません。

直営ならすべて調理員に月給や時給で払われてきたものが、今までの直営よりコストを下げ、その下がったコストから消費税や業者マージンをもっていかれれば、調理員の給料は相当切り下げなくてはなりません。最高月35万円の正規職員25人、時給1040円の非常勤職員99人の賃金が犠牲(私には資料を示しませんでしたが、田辺議員が入手した資料では880円を想定して委託コストを計算しています)になるだけです。朝霞市内に学校給食の調理請負会社がないので業者マージンは市外にもっていかれ、消費税で国に6割もっていかれ、地域経済にも悪影響です。

財政が目的なのかと思うと、朝霞市の行政改革の計画に書かれていない。総務省が監視する正規職員数を削減する目的なら定員適正化計画に書いてあるのかと確かめればどこにも書いていません。
行革効果をしきりに言うのに、入札にせず、プロポーザル入札(提案力や仕事ぶりを点数で評価で決定)するというのですが、調理と洗浄だけの委託でどんな提案が可能なのか不思議です。
行政改革を担当する中枢部門に聞いても、一般論ばかりで何もわからず、本庁の教育委員会も報告を受けているだけのような話になっていて、一体誰が何のために民営化を提案しているのか、よくわからない計画なのです。結果はともかく、なぜなぜと考えると、不思議な合理化計画です。

やり方や、脈絡や、責任が不明確なまま、財政にとって結果がいいんだからいいだろ、ということで行政運営の決断をしてしまってよいのか、私にはごろついた疑問を感じざるを得ません。そこには子どもの食の安全と、調理という職を扱う人の尊厳と生活が関わっているのです。

●委託を容認するにしても、いくつか前提が必要です。①パート労働者の委託業者への転籍と賃金補償をするために給食の委託に限定した公契約条例を制定する、②正規職員には全ての給食調理業務が民営化された後は新しい職場に異動することを確約する文書を交付すること、③教育現場との関係が深い自校式給食の委託は最後にすること(これだけでも正規職員の雇用問題は解決できる)、などです。

●私が決算審査の審議で質問して明らかになったのは、市が市職員に国の決めた地域手当より3%お手盛りして支払った総額が1億7000万円/年にも登ることです。
昨日の田辺議員の一般質問で、自分たちだけ守って専門職を切り離す行政運営を「だから公務員バッシングが起きるんだ」と批判されるのもそうだろうなぁ、と思うところです。

| | コメント (0)

2015.09.16

9/15 保育園の4月入園申請書配布は10月15日から

来年度4月1日から保育園入所の申請書を10月15日~12月3日の間、配布することが朝霞市議会での一般質問の回答から明らかになりました。

例年は11月中旬から配布していましたが、早めたのは、保育園に入れない短時間勤務のパート労働者が、幼稚園も利用できるよう、申請時期を揃えて、同時期にどちらに入るか選択できるようにするためです。

詳細はまたお知らせします。

●今年も、保育園新規入園者向けの朝霞市の保育事情の説明会を開こうと考えています。時期は10月下旬を予定しています。事前にメールいただければ、説明会の正確な時期や内容確定しましたらご案内いたします。
メールには恐れ入りますが、お名前、お住まいの市内町名、電話番号(任意)を記載してください。
市の制度が厳格なので、入所のあっせん等はできませんが、ご相談や申請書の書くにあたっての注意事項などをご案内します。

| | コメント (0)

2015.09.13

9/13 羽田新航路の説明会を聞いてのまとめ

20150913haneda_wako01本日も羽田新航路設定に関する和光市会場の説明会に行ってきました。初めて県職員と接触する機会があったので県として市町村とどう対応するのかうかがってきました。

さて、これまで羽田新航路の国土交通省の説明会に3回参加して、国土交通省の説明員や県職員との意見交換で見えてきたことがあります。詳しい内容は、「続きを読む」以降にまとめています。

まだ和光市中央公民館の会場はあさってまで開催しているので、関心のある方はぜひ訪問してみてください。

私は会場で国土交通省の説明員に口頭で5点申し上げてきました。
Dscn6604、①法的には航空法で国土交通大臣が航路設定できることとしているが、朝霞市民にとっては、航空機騒音があり得ると思って家を買った人は一人もおらず一方的な不利益変更でしかないことをきちんと認識して話を進めてほしい。
②埼玉県内ではとくに騒音被害が発生する朝霞市と和光市の意見をきちんと聞いてほしい。
③新幹線と競合する近距離の航空路線を減便させ羽田空港の航空機の混雑度を下げる努力をしてほしい。
④航空機の墜落・落下事故に対して「ありえない」とするのではなく、万一のときに消防団活動を含む消防行政がどのような危機管理をすればよいのか案内・情報提供をしてほしい。
⑤航路設定を強行するのであれば騒音対策の考え方を変えることや、関連自治体と国との間で目詰まりが起きている国策に関して解決を図る協力が不可欠。

●国土交通省説明会から資料以上に見えてきた状況

続きを読む "9/13 羽田新航路の説明会を聞いてのまとめ"

| | コメント (0)

2015.09.12

9/12 朝霞・和光の上空に2分間隔で飛行機飛ばすための説明会が開かれています

東京オリンピックに向けての外国人誘致のため、羽田空港をさらに増便しようとしています。
そのため、南風の日、15時から19時まで、朝霞市、和光市上空が着陸機の航路になることが計画されています。
1回の着陸あたり70デシベルの騒音で、和光市上空のルートは2分間隔、朝霞市上空のルートは5分間隔で着陸機が飛来します。
そのための説明会が、和光市の中央公民館と、武蔵浦和駅前のサウスピア(南区役所の建物)1階で開かれています。
パネル展示と、1組の来訪者に1人の職員がついて、説明をしてくれ、こちらの疑問を聞いて集約してくれます。

国土交通省の新航路設定の宣伝ホームページ
国土交通省の審議経過のホームページ
関連する朝霞市のホームページ記事

朝霞市は、下内間木から南下し、根岸台、栄町を通過し、和光市の地下鉄車庫に抜けていく航路になります。航路の東西500メートルが騒音域になります。
もともと航空路など予定されていなかった朝霞市や和光市にとって、騒音と安全の不利益変更以外の何者でもありません。
騒音や安全(航空機事故への防災)などの市民の健康と安全に関わる課題があります。
朝霞市も国の窓口になっている埼玉県も動きが鈍く、疑問に思った市民が直接、疑問をぶつけ、不安をぶつけ、不満をぶつけないと何も前に進まないので、貴重な機会として行ってくださるよう、お願い申し上げます。

●和光市中央公民館会場
13日(日)10:00~18:00
14日(月)12:00~20:00
15日(火)10:00~18:00

●武蔵浦和駅前サウスピア1階
13日(日)9:00~17:00
14日(月)9:00~15:00

※私も8月29日練馬区、12日武蔵浦和の会場での説明会を訪問しました。

●この問題が昨夏から上がって以来、2014年9月、12月、2015年3月、6月の市議会一般質問「飛来物の対応」という質問テーマで市の動きや、県に何を働きかけているのかを質してきました。
今の市議会でも15日午前に一般質問でこの問題を取り上げる予定です。

| | コメント (0)

2015.09.03

9/2 マイナンバーや新教育長制度に関する条例改正を議論~市議会本会議

昨日は市議会本会議で、決算と、マイナンバー関連議案、新教育長に関する条例改正など議論。

●一般質問は、初日が7人、2日目が8人、3日目が4人と決まりました。私は15日午前中スタートの見込みです。
14日(月)9:00~ ①佐野(明政会)②福川(進政会)③駒牧(公明党)④岡崎(公明党)⑤遠藤(公明党)⑥野本(進政会)⑦大橋(進政会)
15日(火)9:00~ ⑧船本(絆)⑨小池)(明政会⑩黒川(無所属))⑪本山(公明党)⑫須田(絆)⑬石原(進政会)⑭獅子倉(明政会)⑮松下(絆)
16日(水)9:00~ ⑯小山(無所属)⑰田辺(無所属)⑱山口(共産党)⑲斎藤(共産党)

●決算内容に関しては、一昨年と内容があまり変わらないので、内容よりも、決算公表のあり方、決算数字の概要に質疑をしました。

続きを読む "9/2 マイナンバーや新教育長制度に関する条例改正を議論~市議会本会議"

| | コメント (0)

2015.09.01

9/1 朝霞市上空の航路設定の説明会が行われています

30日に開いたオープンミーティング、雨の中にもかかわらずに参加していただいた方に感謝いたします。

主には全員協議会で説明のあった積水化学工場の跡地開発と、まちづくりに議論が集中しました。これまでの朝霞市が積み上げてきたまちづくりの前提と、どこまで折り合えるのかが問われているのではないかと思います。

29日には練馬区ココネリで行われていた、羽田空港機能強化の説明会場を訪問しました。この機能強化によって、朝霞市も着陸路の直下となります。安全、騒音、課題が多くあります。

説明会場では、訪問者1組に、国土交通省の職員が1人ずつ担当者がつき、ていねいに説明していただけるので、情報収集には重要な機会です。一方、これはこまるという意思をどのように伝えていくのかが課題でした。
説明員から言われたのは、都や県を飛び越してでも自治体の要望はきちんと伝えてほしい、ということでした。
市としてきちんと国に何が問題で、何が解決されるべきなのか、きちんと伝えるよう引き続き働きかけていかなくてはなりません。
これに関連して9月15日には市議会で一般質問を行います。

●近隣地区でも説明会があります。日程、会場はこちらのリンクをご覧ください。
朝霞から行きやすい会場としては、これから以下の日程で開かれます。
市民それぞれご意見があると思います。それらを伝えに行くことが大切だと思います。

渋谷駅 渋谷ヒカリエ8階 8/COURT 東京都渋谷区 渋谷2-21-1
9月4日(金) 12:00~20:00
9月5日(土) 11:00~19:00
9月6日(日) 11:00~19:00

武蔵浦和 サウスピア1階多目的室 さいたま市南区別所7-20-1
9月12日(土) 12:00~17:00
9月13日(日) 9:00~17:00
9月14日(月) 9:00~15:00

和光市中央公民館1階ロビー 和光市中央1-7-27
9月13日(日) 10:00~18:00
9月14日(月) 12:00~20:00
9月15日(火) 10:00~18:00

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »