« 6/11 予算の出し方、墓地政策を問いただししました | トップページ | 6/14 朝霞の森再開イベントで、ごみ整理係を担当しました »

2014.06.15

6/15 理解不能な法人税の引き下げ

法人税の20%台への引き下げが強引に決められました。財政がすってんてんで、消費税増税で国民の多くが負担増を我慢しているなかで、こんなバカな話がまかり通る、政治の品質って何だろうか、と思います。

また今回、法人税引き下げを強引に呑ませ、さらには労働者保護に関してどんどん安全弁を外そうとする経済界がなぜ政治的関与を糺弾されないのか、疑問に思っています。

地域名士層(農民等)=保守、企業経営者=自由、労働者層=社民という先進国型の政治構造のもと三極間で利益調整をする仕組みができあがらず(日本における社民主義やその流れをくむ勢力の試合放棄が大きいが)、かつては農民、今は企業経営者層の声ばかり政治に意見反映されやすい構造ができあがっていることの問題は大きいと思います。

その構造変化が、農協や労組への「既得権益」、政策に対する「岩盤規制」というレッテル貼りの批判というかたちで、ますます経営者団体のわがまま通り放題という感じになっています。

法人税減税の問題点として
・財政問題に決着がつなかい
・表向きの減税が行われても、課税ベースは広がるので、中小企業はさらに痛めつけられる(法人税減税の効果としての徐々に中小企業、個人に富がしたたり落ちるとするトリクルダウン理論とそもそも矛盾する)
・企業活動が自由になればなるほどかかる社会的負荷(たとえば長時間労働の蔓延による長時間保育の必要性、従業員の精神疾患のかかるリスク、行政サービスの時間拡大、共働き不可能となることからの女性の社会参加の機会の喪失など)への適正負担を失わせる
・法人税ゼロの国がある以上、こうした法人税減税競争は最終的には無意味である
・税金を払わないモラルなき企業の価値観を公認
・かつては法人所得は最終的に賃金や配当で個人に帰属するから法人課税は少なく、という理論があったが、昨今では内部留保と、蓄財にしかまわらない配当に行くことにしかならない
・賃金=経費なので、労働分配率の低い企業ほど恩恵を得る=有効需要を生まずに景気を冷やす
などがあります。

ベッドタウンの自治体の運営を見ていると、企業活動の自由による公共サービスの対応に追われっぱなしです。企業活動のツケ回しである保育所の運営経費を、なぜ企業のよる公的負担がなされず、経済界からは無駄遣いがあるのではないか、社会福祉法人が不正蓄財しているのではないか、などと言われなくてはならないのか、不可解だと思います(最近では、朝日新聞までかそんな論調に加担して、リベラルが財界とつるんで格差や支援が必要な人の問題を無視している昭和初期と同じような展開になっています)。

●先の市議会で、法人市民税の減税で、こうした法人税引き下げの動きを批判された論が展開されていましたが、今回の議案はまたこれとは違う話です。

今回提案されている法人市民税は、自治体ごとに法人税課税するウエイトが大きいと、東京と名古屋にばかり法人税が集まって、東京23区とそれ以外で財政構造があまりにも違いすぎる、という問題意識からの制度改正です。本社がどんどん東京に集中している状況においては、自治体の努力を超えている前提があります。
そこで、国税の法人税と自治体の法人税の割合を変更して、国税の割合を増やし、その分を地方交付税財源として地方に配分する予算とすることです。
その考え方は、私は賛成です。

また、埼玉県南西部の自治体は、地方交付税で決められた水準の財源しかないのに、住民からは潤沢なほい人税から上がる都財調による、東京23区並みのサービス(そのほとんどが給付金と何かの無料化政策でとにかく現金ばかりがかかる)が要求され、そのことが税収が悪くないのに財政を痛めつけている面は否めません。

一方で、朝霞地区4市は、地方交付税水準といっても、それでもそこそこ税収があると、この改革でソントクだけで言えばやや損ということになる可能性も高いと思います。

東京一極集中の税収構造を問題だ、という考え方をとるのか、ソントク論で反対するのか、考えどころです。

●もう1週間前になりますが、NHKの「里山資本主義」という番組で、貿易収支を都道府県間に見立ててグラフにして紹介されていましたが、埼玉県は、高知県の次のワースト2位で赤字でした。
それでなぜそこそこ豊かかというと、考えられることは、労働力を県外に出している、つまりベッドタウンとして労働者を住まわせ、東京で働いて得る賃金ことによって最終的に黒字になっています。地域循環型経済とか、持続可能性のある経済というにはほど遠く、人材育成を怠ると、とたんに経済的には苦境に至る県の経済構造だ、ということを思い知らされました。

|

« 6/11 予算の出し方、墓地政策を問いただししました | トップページ | 6/14 朝霞の森再開イベントで、ごみ整理係を担当しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/11 予算の出し方、墓地政策を問いただししました | トップページ | 6/14 朝霞の森再開イベントで、ごみ整理係を担当しました »