« 11/22 補正予算案(第5号)の経済対策事業への疑問 | トップページ | 11/25 朝霞市の選挙日程と議会運営 »

2012.11.24

11/24 「お金返せ」発言の見苦しさ

民主党から離党した人たちに、今さらカネ返せというのは見苦しいです。組織を裏切った者には厳しい姿勢がないと組織がもたないというのはわかりますが、こうした発言を繰り返す前原氏、安住氏はどうなんですかね。

もちろん東北某県のように離党した側が、事務所そのものを乗っ取り、金庫まるごと所有権を移転させてしまうような泥棒同然の行為は別ですが、過去受け取って民主党所属議員として使った政治資金をとやかく言いだしたらきりがありません。酒の席で言うべきレベルの話です。

小沢一郎氏などの妨害があったにしても、政党として、自前の人材育成機関や、シンクタンク機能を整備せず、政治思想をとりまとめることもなく、時々の自民党や公明党との対抗戦略の都合でぶち上げた思いつき政策を現場に垂れ流し、ただオウム返しに街頭行動などの選挙対策をさせてきたから、所属議員は簡単に寝返ることができてしまうのです。そうした人材育成や知的蓄積のあり方への自己批判がまずは必要じゃないですか。

鳩山氏は民主党の立党のときに最大限の経済的協力をしたことが明らかになっていて、その資金調達のあり方が自民党からさんざん攻撃され、後にレイムダックになる第一歩だったと思います。そこまでして資金調達した人を民主党は事実上追放したわけです。前原氏も安住氏も政治的にはよちよち歩きのときに、いったいよるべの政党の資金を誰が作り支えたのか、そんなことを考えると、そうした下品な攻撃はほどほどに、と思います。

離党者のなかには良質な人も、薄汚いと思う人もいます。再び政権復帰するためにはどうしたらいいのか、まずはそのための慎重な行動を求めたいと思います。

|

« 11/22 補正予算案(第5号)の経済対策事業への疑問 | トップページ | 11/25 朝霞市の選挙日程と議会運営 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/22 補正予算案(第5号)の経済対策事業への疑問 | トップページ | 11/25 朝霞市の選挙日程と議会運営 »