« 9/26 市長提出議案はすべて可決~議会最終日 | トップページ | 10/1 今度の内閣はパナソニック生計塾+民社党 »

2012.09.30

9/30 田中真紀子入閣は自爆テロ

野田改造内閣の布陣にかんする報道が出始めていますが、田中真紀子氏を入閣させるという報道に耳を疑っています。

少数与党に転落する可能性があり、総選挙も参院選もあと1年しか時間がない中、野田氏が取るべき選択は徹底した実務者内閣にすることです。

ところが田中真紀子氏はその対極にあるような政治家であり、政争には強いものの、省庁の統治能力はパワハラ的やり方しかできないし、野党には突っ込まれるし、ということでマイナス要素だらけです。田中氏の個人的人気とかあるのでしょうが、そういう世論調査の数字を積み上げるような政治手法が今日的混迷を招いていると思います。田中氏には対中関係の改善という意味があるという報道もありますが、名だたる親台派ばかりの内閣の中で、田中角栄の娘を入閣させたところで中国がいい顔すると思っているのはあまりにもお人好しと言えましょう。

少数与党に転落しても、欲張らずに実務をきちっとやっていれば相対的に評価されることになるはずですが、きっとどこかで小沢一郎氏と意を通じている田中真紀子氏のひっかきまわしや、田中氏と役人との対立に巻き込まれ、改造内閣はダッチロールに陥り、最悪のかたちで解散に踏み切らざるを得なくなるのではないかと予測します。小泉純一郎でさえ取扱に苦慮した人物を、野田氏が制御できるとは思えません。

橋下氏の維新の会が支持率の低迷に悩み、みんなの党が維新との協力がうまくいかず混乱状態、民主批判票の受け皿になるはずの自民党も世間受けの悪い安倍晋三氏が党首となったことで、民主党にとって相対的に良い環境があるなか、再び自爆することをどうして選択してしまうのか、マスコミ政治部的評価に弱い同党の体質の弊害だと思います。

|

« 9/26 市長提出議案はすべて可決~議会最終日 | トップページ | 10/1 今度の内閣はパナソニック生計塾+民社党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9/26 市長提出議案はすべて可決~議会最終日 | トップページ | 10/1 今度の内閣はパナソニック生計塾+民社党 »