« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.31

5/31 6月定例会に向けた議会運営委員会が開かれる

本日、議会運営委員会と全員協議会が開催され、6月市議会へのスタートエンジンが掛かり始めました。

議会運営委員会は、6月議会の議案の確認と、継続審査となっていた傍聴席数の増加を求める請願について審議をしました。

議案については、
一般会計第一次補正予算案(県の高齢者福祉の事業指定、保育所3園の新設、基地跡地の暫定利用にともなう予算修正)、外国人登録制度の廃止と住民登録への移行にともなう関連条例の変更2議案、外郭団体の名称変更にともなう条例変更、固定資産評価審査委員会委員、人権擁護委員の人選に関する議案4件などです。

5月29日までに市民や団体から提出され、6月定例会で審議する請願については、
①埼玉県立大学に医学部の新設を認めることを求める請願(提出者・医療生協さいたま朝霞支部、紹介議員:斉藤弘道)
②消費税大増税の反対に関する請願(提出者:埼玉土建一般労働組合朝志和支部、紹介議員:山口公悦・田辺淳)
③建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を図るよう国に働きかける意見書の提出を求める請願書(提出者:埼玉土建一般労働組合朝志和支部、紹介議員:斉藤弘道・田辺淳・小山香・黒川滋)
④都市再生機構賃貸住宅を公共住宅として継続し、居住者の居住の安定を求める意見書提出を求める請願書(提出者:コンフォール東朝霞自治会、紹介議員:石原茂・遠藤光博・斉藤弘道・獅子倉千代子・田辺淳・黒川滋・小山香)
⑤「年金支給額の切り下げに反対する」請願(提出者:年金者組合朝霞支部、紹介議員:斉藤弘道・田辺淳・小山香)
※紹介議員については、所管委員会の委員となっている議員はなれない関係で、紹介議員に希望があってもなれない議員がおられました。
※私のところには②~④の請願の紹介議員になってもらうよう依頼があり、②については十分な社会保障財源を確保するためには消費税の増税は必要という立場から、辞退させていただき、③と④については深刻な問題だとして紹介議員になり、また議場でも賛成する方向です。

継続審査となっていた傍聴席数の拡大を求める内容の請願については、基本的には議会改革の中で議論するとして継続審査とし、しかし委員会や全員協議会の傍聴席数については、委員長や議長の裁量権でもあるので、今後市民の関心の高い議案などが審議され、傍聴者が多数来場した場合には、従来どおり弾力的に運用するということで話がまとまりました。

また傍聴者への市議会の議案提供については、毎議会の、議案を提示される議会運営委員会以降、傍聴者に示す運用がまとまりそうです。

●議事録に残らない「休憩中」の自由討議とはいえ、議会内で、傍聴者数の拡大の弊害の事例として、関西の政治的事情について言及した議員がおり、その中で差別的な先入観を利用した問題発言がありました。たとえ話であったとしても、そのような持ち出し方をするのは好ましくないことだと思います。

| | コメント (0)

2012.05.27

5/26 NHKスペシャル 未解決事件簿・オウム真理教を見て

昨日のNHKスペシャル「未解決事件ファイル・オウム真理教」を見て、いろいろ考えさせられた。オウムは学生時代に流行し、

私には、信者を個室に閉じこめ、暗がりを怖がるのはお前の主観の問題だ、と追いつめるシーンが出てくるのが印象的であった。
このシーンでオウム真理教が行った、恐い、痛い、辛いということを、個人の内面の主観の問題としてとらえ相対化させ、不満は「解脱」のために個人の中の人間性の闘いに昇華させてしまう一方、わけのわからない理想については教団イデオロギーを盲信させるやり方は、2001年からの小泉構造改革を迎合した論理構成によく似ているんだと気づかされた。

小泉構造改革とその後数年の時代、新自由主義が全面肯定され、それによって人間が過去の呪縛から大いに解放されることが夢見られた。しかし結果としては、我が国では最も課題であるはずだった職場、家族の精神的呪縛が緩和されることがないままに、経済的・社会的規制の解体だけを行われた。その結果、労働者や生産活動に参加できない者の生活水準は低下したが、しかしその結果は本人の努力不足によるものなのだという理由付けだけを行われた。
今も30歳前後の人たちと話すと、就職活動の結果不遇な結果を甘受している者まで含めて、しばしばこういう論理を信じ込まされていることに気づかされる。

●番組中で、高山文彦さんのルポルタージュ「麻原彰晃の誕生」が紹介され、実業家から宗教団体が金儲けになると示唆され、自分の内面の弱さに悩む人々を利用し、麻原が力を出す場を見つけだすくだりが紹介されていた。
白を黒というような組織運営は、自らの弱みを克服したいと悩む人の内面に入り込み、ふりまわし、最終的に1つの目的に結集させることによって成り立つと、いろいろな場面で実感してきた。左右を問わず、社会運動家や教育運動家にそういうことをする人が少なくない。
いつだったか、自己啓発セミナーのツールに平和運動を利用している組織の人たちとあった。また昨今では、労働問題にもこうした手法が侵入しつつあるんじゃないかと思うシーンもあった。新しさもあり指導者が見識のある文章を書いておられる集団だと信用して集会に出てみると、その配下にいる運動員の異様な規律性、主体性のない眼の異様さに、ここは危険な集団ではないかと気づかされたことがある。

●全然話が変わりますが、全学連を自称する団体のなかで最大勢力の民青系全学連が崩壊の危機にある、というネット上のルポルタージュ(代々木小夜「ついにとどめを刺される「全学連」東大の自治会が引き起こす社会運動史上の大事件とは」)を読みました。
まぁ、政党支持率で言えば5%にも満たず、しかも排他的な勢力が、長く大学自治会に君臨してきたことには、何か無理があったわけで、ようやくその無理を精算する時がきたかという感じがしてならない。しかし不思議なのはエリート大学ほどこういうのが残ったこと。
学費値上げ反対とか、私学であれば私学助成拡大とか「一致した要求」を掲げ、特定の排他的な活動家集団が自治会内の反対派を抑圧するやり方は、本来、生意気で理屈っぽくて、仲間意識よりも対抗意​識の強い学生による運動に、進歩より停滞を招き、運動への堕落を招き、自滅したのではないかと思っています。

●ピュアな運動家には経済主義と罵倒されるかも知れませんが、私にも社会民主主義というイデオロギーがありますし、個々のイデオロギーは大切にしたらいいと思いますが、私も含めて世の中をどうこうしようという仕事をしている人は、異なるイデオロギー、考え方の人と対話しながら、社会合意を図るという基本動作を怠ってはいけないということでしょう。
また社会運動を行う集団の内部には、きちんと対話できる反対派を許容し、圧倒しないことが、運動がカルト化しないために必要なんだろうと思います。小泉純一郎のうまさと安倍晋三の拙さの差もそんなところにあるのでしよう。

●以前親友と議論したことがあって、政治家となった今では我田引水みたいで言いにくいが、人集めに「一致した要求」とか、「政党支持の自由」とかあえて言う組織というのは、それを言わなくてはいけない何か事情があると考えた方がいい。立ち小便されやすい電柱に、小便禁止と書かれた札が貼られているように。

| | コメント (0)

2012.05.26

5/25 名張ぶどう酒事件・再審開始決定の取り消し

1961年の名張ぶどう酒事件の奥西死刑囚の再審が進むと思っていたら、昨日、取り消されました。
物証での疑義に対して自白依存の判断がされたことに、残念な思いをしています。

ここ数年、法務大臣が死刑執行のサインをしないとバッシングが続きましたが、こういう事例があるから、どんどん死刑執行せよ、という立場には絶対になれません。

公正な裁判を望みたいものです。

| | コメント (0)

2012.05.23

5/22 スカイツリー開業に…

今日、東京スカイツリーが開業しました。世間はご祝儀ムードですし、公共放送のはずのNHKも提灯ニュースを朝から流し続けました。

しかしと考えなくてはならないことがあります。これを建設した東武鉄道は、この間、キャッシュフローの確保に追われ、社債を発行したり、いろいろやったわけですが、そのしわ寄せは、伊勢崎線の各駅停車の大幅な減便や、東上線では、昼間・夕方の電車の減便に表れていた部分が少なくないものです。

鉄道会社の本業である利用者の輸送が、特に遊びに出かけるわけではなくて、仕事のために使う電車の犠牲の上に成り立っている今回のご祝儀かと思うと、複雑な気持ちにならざるを得ません。

またこのスカイツリーは、観光施設のよう喧伝されていますが、観光利用による収入は一部で、大半の収入は、テレビ局はじめ電波利用者の利用料になりますが、このテレビ局の経営たるや、急降下というところで、東京スカイツリーの電波施設としての利用料は、下手するとダンピングされる危険性もあります。

●開業祝賀ムードにもかかわらず、東武鉄道は4月以来下がり続けています。

| | コメント (0)

2012.05.20

5/18 民生常任委員会の視察

朝霞市議会民生常任委員会のメンバーで、尼崎市、生駒市、川西市にヒアリングに行きました。いわゆる議員視察です。

P1000446_2兵庫県尼崎市は、ヘルスアップ事業という、血管病対策の取り組みです。講師は、2011年9月14日「ためし​てガッテン」の放送で登場した野口緑保健師でした。
脳血管、大動脈、心臓、腎臓など「血管病」対策に、余剰な脂肪対​策を求め、ていねいに検診と面談を行っている取り組みです。予防​できる段階では自覚症状がないこうした疾患の予防のために数字と​メカニズムを国民健康保険加入者にきちんと体の状況を伝えいくこ​とを中心にしつつ、国保財政の肥大化を抑制する取り組みをしてい​ます。また担当保健師の所属を国保担当課においているのも特色で​す。
そもそも職員の早期死亡対策として取り組みが始まり、効果を確かめて市民に広げたというステップを踏んだことも参考になります。
居酒屋談議レベルの社会保障給付削減の議論でなはくて、原因と対策に​きちんと着目して施策を行っていくことを大切にしていることが強​い説得力を持っています。

P1000481_2奈良県生駒市は介護予防と市民病院建設についてヒアリングを行いました。
介護予防では、小さなボランティア活動を30以上の市内のサロンを組織化して継続している取り組みがされていました。サロンでは、筋力トレーニングの他に、知的能力の維持のための計算ゲームなども行われ、高齢者のおしゃべりの場として機能していることが紹介されました。非常に参考になる取り組みでした。
市民病院建設では、医療崩壊が起きる中で、生駒市が公募で徳洲会を誘致して、年間5000万円の地代支出で市立病院​を誘致したことには、よくやったなぁ、というのが正直な感想です​。
一方で、徳洲会という医師集団からはキワモノ扱いされてきた医療法人に指定管理者として指定したことによる地域医療をめぐる医師会とのあつれきなど、副次的​な問題や、市長選挙の対立を背景とした市議会との難しい関係など大​変な一面も勉強になったと思います。
また、病院経営のほかに、地域医療、二次医療圏をどうしていくの​か、そういうことも細密に検討されていることを確認し、志木市民​病院の混迷する事態を見る視点ができたと思いました。

最後は、兵庫県川西市の「子ども人権オンブズパーソン」事業の取り組みです。川西市長の直属の機関で、子どもがつらいと感じたことの相談・調整と、場合によっては問題解決のための勧告などもできる機関です。
子どものいじめ、不登校、虐待などの問題を、人権の視点から、子どもの自己決定権を支えるための取り組みをヒアリングしました。相談活動と、それにもとづく調整を重視し、告発型のオンブズマンとは一線を画し、本人の力づけ、自発的な問題解決能力を支えている取り組みが参考になりました。子どもをめぐる問題は、社会や家族の複雑化、人間関係の希薄な状況などから、おとなたちの配慮だけでは子どもが救われないような事態が増えているなぁと感じています。とくに虐待は、子どもの立場によりそって力づけ、問題解決を支えるこうした役割は重要だと認識してきました。また不登校やいじめは、学校の官僚的な対応と、保護者の強い姿勢で対立してしまってどうにもならないような状況に対して、こうした相談・調整・勧告ができる機関があることは、当事者間の深刻な状況を解消し、不毛な訴訟に至る前に問題解決できる役割があります。

●今回の視察の選定は、東京と朝霞市の距離感に似た、大都市・大阪から電車で15~30分で行くことのできる大阪府の隣接地域の自治体にしました。すべてが似ているわけではありませんが、おかれた社会状況が似ていると思ったからです。都心から10~20キロ圏のベッドタウンの課題というのはなかなか全国的に共有されているものではありません。そうした意味では、今回、朝霞市でできそうなことが想定しながら話を聴くことができたのではないかと思います。

●視察については税金で旅行するわけですから、いろいろ議論があると思います。私は2つ効果があると思います。一つは自治体というのは自治という大義名分で、ついつい自分たちの自治体の中のアイディアだけで政策を進めようとしてしまいがちです。他の自治体の様々な事例とふれたり、その仕事の仕方の違いを確認にする中で、新しいやり方を学ぶ効果は少なくないと思いました。特に朝霞市は介護、保育、医療など福祉分野の政策が弱いので、他の自治体の事例を学ばずに問題解決は前に進まないだろうと感じています。もう1つは会派や控室の違う議員と数日一緒にいることになります。考え方の違う議員と話し続けることで、お互いの問題意識をじっくり確認することができました。議会は違う立場の人たちが合意形成をしていく場ですから、こうした時間は不可欠とは言わないまでも、有為だと感じています。

| | コメント (0)

2012.05.16

5/15 2013年度保育園3園新設・定数230増

午前中、保育園運営審議会を傍聴しました。
議題は待機児童対策で、新年度予算ではなかった話ですが、急きょ、来年度に3つの保育園が開園することが決まりました。

1つは栄町の川越街道旧道沿いの陣屋跡に、三郷市の社会福祉法人が設立する陽だまり保育園で、定員は50人。ここはマンションが林立している地域にもかかわらず公共施設全般が不足しているところなので役割は大きいと思います。
1つは溝沼の旧東洋大学校舎近くに、すでに認可保育所を2ヵ所と家庭保育室を運営するたんぽぽ会が設立する保育所で、定員は90人。朝霞市内で広く保育事業を展開している運営者なので、参入による質が期待できると思います。
1つは三原の星の森公園の向かいに、認可保育所1園と多数の家庭保育室を市内で運営するどろんこ会が設立する保育所で、定員は90人です。この地域は保育所不足に悩んでいる地域なので、期待が大きいと思います。

これまでの保育所増設は、黒目川沿いの低湿地に集中していましたが、今回は不足している地域に市も強く誘導したと聞き、このことは高く評価したいと思います。

審議会の中では、既存認可保育園の施設長から過当競争を心配するご意見などが出されましたが、私は朝霞市において、未就学児7000人あまりに対して、1700人程度しか保育所を利用しておらず、まだまだ女性の就労率は上がって利用者数は増えるのではないかと思っています。

しかし、保育所を増やすことは実際はともかく、外部評価委員会に毎回ネタにされていることが示すように、市民にはかなり経費がかかることのような印象を持たれていますから、将来的な朝霞市民の女性就労率を想定して、最終的な保育所整備のゴールを確認しておく必要があるのではないかと思いました。

終了後、市職員と意見交換する時間があったので、入園申請案内などに多大な税金が使われているとアナウンスして負い目を感じさせるのではなくて、逆にそのことをポジティブに展開し、多大な税金を使って保育したのだから、保育園を卒園してもしばらく朝霞市でふみとどまって、納税者となってお返しいただく気持ちにするようなアナウンスや、保育園の保護者どうし、子どもどうしの人間関係づくりに政策を当てていくべきじゃないか(もちろんそれは保護者や子どもの自発的動きなので予算ゼロかほとんどなくてもできる施策としてやるべき)、などと話しました。

●今日の担当課のまじめな仕事を見て、昨日、保育園に対して朝霞市外部評価委員会のいい加減な予備知識による議論をされた怒りが解消しました。

●このブログを読んで朝霞市は保育事情が良いなどと誤解して転入してこないでください(それでも私に一票を投じたくて転居される方は大歓迎しますが口利きはしませんのであしからず)。まだまだ深刻な状況です。

●朝霞市を見ていると少子化ではないということはそれはそれで大変な自治体運営です。

| | コメント (0)

2012.05.14

5/14 「もっと競争を働かせて安くしろ」というのは誰でも言える

午前中、朝霞市外部評価委員会ワーキングチームAを傍聴しました。11日にも開催されていましたがこちらは出席できませんでした。

今回のテーマは子育て支援政策。2年前も外部評価委員会で同じことをテーマにして議論しましたが、大した内容にもならずに、都市計画無策で子育て世帯を呼び込んでしまった後の朝霞市では全く有効性のない議論ばかりが展開されましたが、今回もまた同じでした。

議論は、今の財政支出は無駄だという決めつけから始まり、市民はもっとサービスを必要としているというポピュリズムにおもねり、最後は支出の効率性を高めよ、と言い放つ展開です。行政改革系の議論の粗雑さをまざまざと見せつけられている感じがしました。

たとえば、もっとも時間がさかれて議論されていた、放課後児童クラブ(学童保育)については、社会福祉協議会に指定管理者を随意指定していることが無駄の温床だという議論が始まり、委託保育料が10ヵ所で年3億が高すぎる、と断定(この委託料で70人の常勤職員+臨時職員が働いているという議論はスポンと抜けている)。競争入札にかけて内容を充実させろという結論。あまりにも粗雑な議論でした。

本当の行政改革をやるためには、どうして巨額な保育予算が必要なほど、子どもが存在するのか、それはどういうきっかけなのか、なぜ今のコスト配分にたどりついたのか、その当たりの検証、コストの中身、保育で言えばどういう労力をかけてそれにどのような対価を払ってきたのか、そういう検証抜きに、何となく無駄があるんだろう、だから巨額になっているんだろう、では改革のメスは入れられないわけです。

また保育には教育がないというような決めつけで議論がされていましたが、最低限の教育内容については、幼稚園教育要領と、保育所保育指針との間でレベルあわせが1997年に行われており、その後の数度の改正でも足並みがそろえられていて、オプションとしての幼稚園教育や、保育所として欠くことのできない家庭に代わる生活の場としての運営で教育内容の差があるという基本理解ができていないように感じました。

どうしても自治体の予算書では保育予算が大きなウエイトを占めるので、気になって仕方がないのですが、保育所のニーズは社会構造に起因するもので、その社会構造を変えない限り何をやっても認可外保育所が増えたり、より面倒なことになるだけです。

●本質的に保育予算は損してばかりで、自治体が保育予算をさくことが有効になるかどうかは、保育所を利用した保護者や子どもが後々その町に住みたがり、残っていただいて、十分に納税しているかどうかです。したがって保育所が無駄か無駄じゃないかという程度の低い議論を展開するよりは、保育所がこの町の人たちに役に立っていて、この町に支えられた自分はこの町を大切にしたい、と思う気持ちを作ることではないかと思うのです。今みたいに無駄だと決めつける議論なんかしたら朝霞市では保育行政に迫害された印象しか持たず、少し所得が上がったら市民は出ていく決断をするでしょう。それでいいんですかと思わざるを得ません。

| | コメント (0)

2012.05.12

5/12 議会改革の課題を議長に提出

朝霞市議会利根川議長から、各会派に向けて提出を要請されていた議会改革の課題を、4月27日提出しました。

議会の公開性や市民にとってわかりやすい議会とするための改革項目を掲げました。

内容は「続きを読む」以下に掲載しました。提出文全文については、添付ファイル

をご覧ください。

●一方大阪維新の会などが提案している、議員定数の削減や報酬の削減については私は掲げませんでした。第一に中身のない議員削減や報酬削減の提案は、議会不要論との妥協の産物でしかなく、全く意味がないと思っています。市議会が市民にとって使える場所であるという意識を少しでも実感してもらえる改革を提案できないのに、定数削減なんかするのは政治家としての逃げだと思っているからです。
朝霞市議会はすでに30議席から24議席まで4分の1近くの定員削減を済ませており、議員定数に関しての努力は果たしてきたと思います。また、これ以上の定数削減は各常任委員会の定数をさらに削減する必要があり、委員長を除いた1人ひとりの議員の拒否権が大きくなることや、委員会での主要会派の代表が十分に参加できないなど、審議に支障が出てくるのではないかと思っています。
議会改革の本質は、朝霞市民の意思決定の場として機能する市議会として充実させるために、中身について詳細な改革をたくさん積み上げていくことではないかと思っています。わかりにくい改革ですが、わかりやすい議会にするためには必要なことです。

続きを読む "5/12 議会改革の課題を議長に提出"

| | コメント (0)

5/12 過去の仕事をつらい・つまらなかったと発言していけないものか

どうせまた自民党の参院強硬派あたりとつるんでいる政治部記者が、また問責決議案で政治を空転させてネタ作りたくて垂れ流している情報だろうと思うのですが、

読売新聞 小川法相「裁判官だった3年間、退屈だった」

裁判官が退屈だったと言った小川氏が法相に不適格だと騒ぎたい政局向きの話なんだと思います。しかし、過去の仕事すべてハッピーなんて、あるものなんですかね。自分に合わなかった仕事のことを話して何が問題発言なんだかわかりません。

裁判官が下積みかどうかはわかりませんが、世の政治家には下積み生活時代の苦労自慢をされる方が少なからずおられます。私はそれはそれでいいことだと思っていますが、今回の小川氏を追及している読売のようにし、過去の仕事がきつかった、辛かった、合わなかったということを言ってはいけないという倫理があるなら、そうした下積み生活の苦労紹介すべてが問題発言にすべき倫理となると思います。それは、下積み生活だと思って働いている職場では、それを一生の仕事にして働いている人々もいるわけで、そういう人に失礼だということになるわけです。

そうした社会のいくつく先が共産主義国だと思っています。共産主義国は、就職はすべて社会的要請に基づくものです。どんなにつらい仕事でも、社会のために献身することが人類史の発展のためと位置づけられています。したがってつらいなんて言ってはいけません。理想の社会で、自らの仕事は社会に貢献していると評価しなければならないのです。

どんな人にも楽しい仕事とつらい仕事があって、職務に使命感を感じる場合もあれば、待遇との対価で誠実に働く場合もあるわけで、西側自由主義国の一員という位置づけをしてきた我が国において、それぞれの仕事の感想について、しかも終わった仕事については、感想を自由に発言して責めを負わない自由ぐらいあるはずだと思います。

●「過去の肩書きに利用したとの批判を浴びそうだ」などと読売は書いていますが、そんな批判、誰がしているんですかね。読売政治部記者の世論誘導でしょ。つまらなかった職業を経歴として挙げてはあけないんでしょうかね。言いがかりです。選挙時の政策のテキトーなことなんか誰も責められていないのに。

●どうせまた民主党閣僚の問責決議に道筋をつけていくための情報リークでしょ。日本政治は政局ばっかりで政策をやれ、と怒っている国民は、こんな情報に踊らされてはいけません。

●別に民主党も小川法相もかばいだてする理由はないのですが、こうやって政治家の首を絞めることにマスコミと国民が一体となって面白がっているところのいきつく先は、これ以上、選択肢のわからない政治になっていくということです。政治家が空気で潰される政治風土を放置しておく限り、政治家は国民に説明責任を果たさない方向にインセンティブが働き続けると思います。

続きを読む "5/12 過去の仕事をつらい・つまらなかったと発言していけないものか"

| | コメント (0)

2012.05.03

5/3 発達障がいの原因は親説を橋下大阪市長は否定

前掲の、大阪維新の会大阪市議団の条例案のうち、発達障がいの原因は保護者のネグレクトにあり、と決めつけて、保護者の根性をたたき直さなくては、という部分について、橋下市長自身のtwittwerで、非科学的とコメントし、この部分については採用したくない意向を示したようです。

最悪の事態にならずほっとしていますが、橋下氏の子分たちが話し合って採用した政策なわけで、そして維新の会というのは、政治業界ではトレンドとみなされていることから、政治業界の改革派がこういう感覚に飛びつきやすくなっていることに、不安と危惧を感じています。

またこの条例案は、他にも問題項目が多いと思うので、それはそれできちんと注視していかなくてはならないと思っています。

●いつまで高橋史朗みたいなトンデモ研究者を教育政策の提言者として採用するんですかね。

●政治家の倫理としても恐いものを感じます。維新市議団のような政治家たちは、「今の親はバカ」と本音では思っていながら、選挙になれば「子育て支援」「待機児童解消」とか演説しているわけですよね。本来の保守的な人であれば、バカな親をみたらその場で「ちゃんとしなさい」と注意すべきではないかと思うのですが、そんな親たちにぺこぺこ頭を下げておきながら、内心では「このバカ、いつか行政にとっちめさせてやる」と思っているとしたら、非常にシュールなものを感じます。

| | コメント (0)

5/3 大阪維新の会議員、発達障害は親の問題と条例に

映画「選挙」「精神」の監督、相田さんのtwitterから詳細の内容を知りましたが、大阪維新の会の議員たちが、橋下市政の教育改革のための条例として、5月の市議会に提出する「家庭教育支援条例案」。問題になっている保育士体験の義務化だけではなく、発達障がいは親に原因があると位置づけることが盛り込まれていることが、自由法曹団の弁護士によって明らかにされています。

家庭教育支援条例 (案)平成24年5月 「大阪維新の会」 大阪市会議員団(自由法曹団資料)

深刻な虐待などを除き、ほとんどの発達障がいは、親の育児に原因があるわけがありません。私の周囲でもその保護者たちは、全身全霊で子どもを支え、ダメ親になることなど許されない状況のなかで、本人たちはそんなつもりはないと思いますが、模範的な保護者として生き方をしています。それでも、障がい者の保護者はいまだに偏見のまなざしや肩身の狭い思いをして生活している人が少なくありません。そういう人たちに根拠もなく原因はあんただ、と言って社会の片隅におしやるこの条例は悪質です。

●「親学」という中で、あの維新の会の議員のうちどれだけきちんと子育てをしているのか(こういう言い方は子どものおられない方には大変申し訳ない言い方なんですが)、当然子どもの目をみながら授乳(男性議員だったらミルクを与える)ぐらいやったことがあるんだろう、そうでなければ子どもはグレでいるんだろうかと、ビデオでも持って追いかけ回してみたい気もしています。

●この条例の下敷きになっているのが、埼玉県の高橋史朗前教育委員長の考え方のようです。
衆議院議員下村博文ブログ「「親学」推進議員連盟設立総会のご案内」2012.4.5
(そしてそこには、鳩山由紀夫氏が顔を出しているではありませんか。下村氏「親学推進議員連盟設立総会」)
以前私はこの高橋史朗氏の発達障害に関するとらえ方、提言についてかなり問題があると指摘してきました。
2010.04.23 高橋史朗前県教育委員の問題ある発達障害児への見方
2005.07.19 教育者のような顔をした宗教家
そして埼玉県もマイルドながらも高橋氏の考え方に従って、発達障がいの予防として、発達障がい児の発見のためのスクリーニングなどいくつかの実害が少ない施策が展開されています。それでも上田清司埼玉県知事の立派なところは、高橋氏は政治的象徴として任用したにとどめ、大阪市のようにどぎつい政策にしなかったことではないかと思います。そういうゆるさが埼玉県の良いところです。

●育児は機械操作ではありませんから、完全にできるものではありません。問題にならない程度の「間違い」とみなされる、たとえば抱っこをする時間的割合とか、泣いたときの対応とか、離乳食を与え始める時期とか、離乳食の栄養素の割合とか、抱っこしていたらうっかり落っこちてしまったとか、さまざまな将来への心配事があって、あとであのときああすればというのは全ての親の心にひっかかっているものがあります。そういう親の弱みに、全く非科学的な言いがかりを、もっとも深刻な状況にある人たち、しかもどうしてこうなったんだろうと原因探しをしてしまいがちな人たちに投げつけて、人生すべてに負い目を持たせるのは、やってはいけないことだと思います。
またそういう負い目に対してつけ込んでくる人たちに、冷静になれるだけの十分な社会保障が必要なのだと思います。
昨年、新興宗教の勧誘を受けて、勧誘者の人生を逆に聞き出して、ほんとうにそういうことは人間としてのマナー違反だと思いました。

●この社会は、社会の問題を構造の問題としてとらえるのが苦手だし、その問題解決のための労力やコストの負担について「税金の無駄遣い」的な議論でいつも議論が宙ぶらりんになっています。そうした中で、社会の問題の原因をついつい人間の主体性の問題にすりかえたくなります。人間の主体性の問題だけなら、教育が悪い、という話になってしまいがちです。
そうすると勇ましい改革を掲げ奮っている政治勢力は、いつも教育改革ばかりやって、この社会で多数派の常識や既成概念では理解できない現象を教育の問題にしたがるわけです。かつての中曽根政権、安倍政権、鳩山政権などがそうでした。今は橋下維新一派や、みんなの党などがそうしたスタンスを取っているわけです。

●政策について風見鶏な橋下市長は、この条例について今朝、趣味的にあわないような発言をされています。どうかこうしたトンデモ教育改革は実行に移されないことを期待したいと思います。不勉強な、社会体験の少ない子分たちをたくさん抱えて、こんな批判を受けてご愁傷様と言いたいところです。

| | コメント (2)

2012.05.02

5/2 行政をとっちめるためだけの損害賠償請求考

都内某所で、首長が自治体に与えた「損害」を賠償せよと、住民訴訟を起こすことの問題点について議論がありました。

事例は国立市のマンション建設をめぐる訴訟です。
景観を壊すマンション建設に対して自治体が規制をかけようとしたところ、マンション業者から建築自由の原則と、当該地の規制がなかったことを理由に、訴訟を起こされ、最高裁で業者側が3000万円の損害賠償をかちとった事件です。この訴訟自体はこれで結審し、国立市が業者に3000万円の損害賠償を支払い、業者も勝訴したということで3000万円同額を国立市に寄附することで相殺され、処理は終わっています。

建築物による景観公害はじめさまざまな社会問題に対して、自治体は対応に苦慮しており、そうした中で伝統的な建築自由無制限の法解釈を取るのか、自治体には一定の景観を守らせる権利が若干でもあるのか、そうしたことが争われた事件です。また副次的に建設反対で当選した市長として、反対運動とはどういう関わり方ができるのかも問われた事件です。

ところがここにマンション業者とも関係のない市民が、当時の国立市長をやりこめる目的でしかないと思いますが、当時の国立市長に対して3000万円の損害賠償を国立市に払えと行政訴訟を起こしています。今の法律ではこうした訴訟はいくらでも起こすことができます。

私は、自治体の非常勤職員の一時金、退職金をめぐって、違法支出だからと自治体の首長を訴え、損害賠償請求をした関西の一部オンブズマンの行状を見てきたことから、新手の困った市民運動だと考えています。

もちろん、明らかに違法な支出、使い込みのようなものや、市長のえこひいきで不当に事業発注をした損害、今でこそなくなりましたがカラ出張など、住民訴訟で是正するべきものについて、何らかの訴訟の手段はあるべきだと思います。

しかし、社会的に善悪の判断が揺れている問題については、あるいは厳格な法解釈と緩やかに法解釈の間に結論が全然異なってくるものについて、これは、本来裁判官が白黒つける以前に、当事者間であったり、政治を介したりすることで、合意形成によって解決されるべきものだと思います。

逆に言うと、気に入らない政治的決定に対して、厳格解釈では違法性がつっつけるからと、何の利害もないのに行政訴訟によって損害賠償請求をさせるということをする限りにおいて、政治家は裁判官の伝統的法解釈から一歩も出た判断ができないためその仕事は官僚化せざるを得ません。また、最近定着しつつある市民参加の当事者間合意みたない手続きは危なっかしくてできない、やっぱり官が市民の見えないところで決めるのがいいんだ、という話に戻りかねません。

それが私たちの社会を幸福感のある未来にするものなのか、私は疑問に思っています。

●私は望む社会、望まない社会を取捨選択していくのは、政治的な合意に収斂させていくのが、自由で民主主義の社会にふさわしいやり方だと思います。もちろんこの政治的合意というのは、首長や議会の判断だけではなくて、市民参加による合意形成、関係者が少数である場合は当事者間の合意形成なども含まれます。
闇討ちみたいな訴訟を乱発して、本当に社会が良くなるのか、と思います。政治的批判をするなら正々堂々と真正面から議論で行うべきではないかと思っています。
提案能力のある、活力のある反対派、取って代わる勢力というのは、あまり陰湿なやり方では育たないと思います。

| | コメント (0)

5/2 年金に関する雑誌記事から

いろいろご意見をいただいているようなので補足です。

慶応大の権丈先生のホームページから年金に関する最近の雑誌記事がリンクでアップされています。

太田啓之氏「年金破綻論のまやかし」『AERA』2012年4月9日号(2日発売)
太田啓之氏「年金大誤報にダマされるな」『週刊文春』2012年4月26日号(19日発売)

年金が破綻について心配な方も楽しみな方も、そうは簡単に破綻するものではないということについて十分な理屈で書かれた内容の記事です。研究者でもジャーナリストでもない市井の私ががたがた書くよりまとめられていると思います。

経済学者であれ政治家であれ、基本的な公的年金を積立方式にすればとか、民営化すれば、とか、思いつきに過ぎないことで、実際にシミュレーション(経済学者ともあろうものがシミュレーションしなきゃわかんないのかと思いますが)して、政治的安定のもとに、賦課方式でやるというのが一番年金保険の運用としてはベターなんだということが発見できるものです。
AIJで失敗した年金基金は積立方式だから失敗したと言える事件なのです。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »