« 1/31 子ども園は待機児童対策という間違い | トップページ | 2/3 岩波書店のコネ採用を擁護する »

2012.02.03

2/2 確定拠出年金の元本割れ

今日のNHK「あさいち」冒頭で確定拠出年金で元本割れ続出、という報道がされていた。

この世の中全体、株価も地価も下がっている中、確定拠出年金の投資先だけ黒字ということは、その制度の仕組みからしてありえない話だと思う。専業主婦向きに設定されている番組なので「夫を責めず」とコメントしていたことに意味があるのだろう。

権丈善一先生や濱口桂一郎先生が指摘しているように、年金制度というは、賦課方式にしても積立方式にしても、社会合意なのか契約原理なのかの違いだけで現役世代から引退世代への所得移転にほかならない。
積立方式だから少子化にたえられるという認識の議論が、同世代以下で社会的関心の高い人たちでされているが、積立方式にしても少子化社会で生み出される富によって資産価値が形成されるのだから、結果としては、人口減の中で価値を生み出すことが前提でしか、積立方式の年金がうまくいく保障すらありえない。今表れているような資産価値の下落による元本割れが発生し、結局払い戻される年金は同じように目減りする。

それでも積立方式にこだわる人は、恐らく自分は運用に自信がある人なのだろうが、それはそれで本業をおざなりにしてできることで、投資の素人として位置づけられている勤労者が、休み時間、仕事前、終業後、通勤電車の中でたえず運用のことばかり考えることが、人生や社会にとって幸せで有為なのだろうかと考えてしまう。
世の中、もっと楽しく、役に立つ仕事や趣味があるはずで、そういうことは投資が趣味という方や専門職の方々の業として行っていただくような仕組みであった方がよい。

●また日本の確定拠出年金は、個人の運用の自由を認めていないものが少なくない。番組の当初でも「保険会社が勝手に投資している」というものも寄せられている。運用が自己責任ではないのに、結果自己責任という、何とも今時の日本経済の仕組みらしい話だ。

●まだ今は、確定拠出年金は、企業によってはある、という年金の3階部分に留まっている。導入はこの程度にしてほしいと思う。

|

« 1/31 子ども園は待機児童対策という間違い | トップページ | 2/3 岩波書店のコネ採用を擁護する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/31 子ども園は待機児童対策という間違い | トップページ | 2/3 岩波書店のコネ採用を擁護する »