« 10/18 朝霞市議選の立候補者説明会開かれる | トップページ | 10/31 後援会会報「公務員宿舎中止要請へ朝霞市方針転換」 »

2011.10.31

10/31 危険なTPP参加

TPP参加が政局化している。重大な政治判断にもかかわらず、まともに議論が浸透していない。多くの人が?の状態の中で、戻れない道に進みつつある。

私はTPP参加は非常に危険な賭けだと思っていて、反対の立場だ。また自由貿易を推進さえすれば経済成長できるという発想が、まだ自動車や電気製品だけでをアメリカに売ることで日本が繁栄できると思っている時代遅れの発想ではないかと思っている。またそういうパターンの繁栄をずっと続けたことで、日本社会を幸福感に満ちたものにしたのだろうかという疑問がつきまとう。

TPP交渉参加して内容を見ないと、という議論で参加に舵が切られ始めているが、交渉内容について国民や関係団体に十分に情報提供されるとは思わない。そういうことが可能なら、すでに交渉参加をしている諸外国からTPPの内容について情報が伝わってくるはずだが、そうした情報も入って来ない。秘密交渉でしかないから、国民に納得性のある合意内容にはならないと思う。

アメリカ、ブルネイ、チリ、シンガポールなど、新自由主義的な、自己責任的な政策運営をしている国がずらりと並ぶ。関税ゼロを中心に貿易自由化が主テーマなので、関税が撤廃される農業が壊滅的な状況になるほか、社会保障制度や労働者保護制度まで非関税障壁として、国民を保護する諸法制が切り崩される危険性すらある。

●TPP参加に対して、農業の改革をするんだ、と首相は叫んでいるが、まったくナンセンスな話。相続で細分化された農地はどこかで集約する必要はあるとしても、海外と競争力を持つまでの大規模化は日本の農業の良さを潰していくことになるのではないかと危惧している。また大規模化が公立を高めるのかどうか、私は疑問に思っている。また、フードマイルという言葉が少し前に流行したが、農産物の原価より移動させるコストやエネルギーの方がかかるような食べ物の調達の仕方が、これからの時代にそぐうのか不安を感じる。

●医療については、その受けられるサービスの階層化が進むことだろう。医療保険制度の民営化などを強硬に求められる危険性も高い。

●労働分野も、さまざまな規制緩和が求められることだろう。そして、年功序列賃金つまり、制度でも結果でも定期昇給や職能給制度などが見直しせざるを得なくなるのではないかと思う。

●TPPはアメリカによる経済のブロック化という面もある。

●TPPなんか推進するより為替レートの問題の方が大きい。円高対策をまじめにやれ、と思う。

|

« 10/18 朝霞市議選の立候補者説明会開かれる | トップページ | 10/31 後援会会報「公務員宿舎中止要請へ朝霞市方針転換」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/18 朝霞市議選の立候補者説明会開かれる | トップページ | 10/31 後援会会報「公務員宿舎中止要請へ朝霞市方針転換」 »