« 8/2 上田党の終わりのはじまり | トップページ | 8/6 朝霞市が地方交付税の交付団体に »

2011.08.05

8/5 後出しじゃんけんが続く自民・公明の子ども手当批判

子ども手当の見直しを妥協したと思ったら、また自民党はハードルを上げてきているらしい。国対の逢沢一郎がいきがって記者会見していたが、まぁ民主主義も、議員という職も貶める行為をしてきたものだと思う。

同志のブログだが、もうこうなったら特例国債法案を採決に回したらいいんじゃないかと思う。そうして国の財政が詰んだら、与党も痛手だが、ここまで強行に抵抗した自民党や公明党への批判も強まるであろうし、執行されている予算、補正予算の中には、自民党や公明党にとっての政策もあるはずだが、国が破産して事業ができなくなりました、ということを自民党や公明党を通じて政策要求した人や団体が黙っていられるのだろうか。

また子ども手当をバラマキと批判しているが、児童手当も自民党と公明党が与党だったときにほとんどバラマキ政策として構想されていて、批判を受けて所得制限などのたがをはめている。私はこの時代から批判(カテゴリー「児童手当を考える」)しているが、当時は、公明党などは数ある選挙で成果だ成果だと宣伝してきたものだ。そして民主党がバラマキと批判していた。私は児童手当から現金給付に批判的に見てきたものだから、自民党と公明党の今になっての難癖が、まったくわけがわからない。そういう天つばのような批判が、自らの過去を貶めることだということがわからないことと、有権者が全く振り返らない状況が恐ろしい。

●自民党は4kと言っているが、高校授業料無料化を否定することだけはやめた方がいい。国際的にもそんなことが実現できていない方が不思議だし、国際機関からも批判されている。またほとんどの人が高校に入学するようになり、実質的に義務教育になっている現状で、公立高校程度の授業料が無償でないというのは、貧困者が努力する余地を狭めることになる。

|

« 8/2 上田党の終わりのはじまり | トップページ | 8/6 朝霞市が地方交付税の交付団体に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8/2 上田党の終わりのはじまり | トップページ | 8/6 朝霞市が地方交付税の交付団体に »