« 8/21 国家公務員宿舎建設の説明会を無駄と承知で聞きに行く | トップページ | 8/30 都会の人の払う電車賃だけで複々線化は進んだか »

2011.08.29

8/29 三党合意は守られ国難は回避した

野田佳彦氏が民主党の次の代表に。したがって次の首相に決まる。

何より、ようやくまとまり国難を救った三党合意を破棄しても構わないんだ、という人が選ばれなくてよかったと思う。満身創痍の国政が、新たな冒険をする余裕はないと思う。現実的に動くところから少しずつ前に進ませることをしていくしかないと思う。

私にとってはベストでもベターでもないが、最悪は回避したと思う。野田氏の持ち前の落ち着きをうまく活かしてくれたらと思う。

●これと並んで聞き捨てならないのが、前原氏が、円高対策として、日銀から借金をして政府が国際投資を行う、という提案。働かない、労働によって物やサービスを作らないで、金融だけで円高対策をすることに無理がある。また日本の政治が司る政府が金融業なんかに手を出したら、国ごとカモられて、不良債権の山になるだけである。
政府が投資を行うなんていうのは、政府の機能と企業の機能が一体化した国、中国やサウジアラビアのような国が国民を文字通り食べさせている国のやることである。
政府は政府にしかできないことをもっとやるべきで、民間銀行のまねごとをする必要はない。またそうした実体経済を作らない国際的な金融投資は、さらにデフレを悪化させる。

●まぁ、よく考えれば、赤字国債を乱発してODAをやるのと大して変わらない発想で、それを開発途上国の土建事業にやるのか、先進国の金融機関にやるのかの違いだ。

|

« 8/21 国家公務員宿舎建設の説明会を無駄と承知で聞きに行く | トップページ | 8/30 都会の人の払う電車賃だけで複々線化は進んだか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8/21 国家公務員宿舎建設の説明会を無駄と承知で聞きに行く | トップページ | 8/30 都会の人の払う電車賃だけで複々線化は進んだか »