« 1/21 統一自治体選が近づき・マンションへのビラ配布が話題に | トップページ | 1/25 やっぱり代議士は国家公務員宿舎の建設を推進しているんじゃないか »

2011.01.24

1/24 東上線が3月にダイヤ改正

東上線が2年半ぶりにダイヤ改正する。パターンダイヤが復活しないので不満だが、今のダイヤ、本数の枠組みの中で、少しだけ使いやすくなるようだ。

日中は、急行がきれいな12分間隔の運転になる。その間、準急がきれいな20分間隔で発車する。帳尻をどういうふうに合わせるのかわからないが、改善なのだろう。

また通過駅に停まる各駅停車の接続が一切ない急行が日中、1時間に1本あったが解消されるみたいだ。真夏の炎天下、あるいは寒風ふきすさぶ冬、志木駅で接続する急行がなくて10分近く待たされている人をよく見かけていたので救いだろう。

不満はやっぱり、昔のような20分や15分サイクルのパターンダイヤが復活しないこと。時刻表を持ち歩かないと、乗客が無駄に待ち時間を浪費するダイヤが続く。それと急行は12分間隔できれいになるかも知れないが、準急が20分間隔ということは、論理的には、鶴瀬以南で急行(急行接続含め)・準急あわせて10分来ない時間帯があり、副都心線直通以前の急行(急行接続含め)・準急あわせて7.5分間隔の時代より不便な時代のサービスを超えないということになる。

また、上りに多いが、志木で急行に追い越された各駅停車が、和光市で急行に追いつくという、輸送力を抑制するために、急行の速度を落としたり、待ち時間を過大に見積もる理解しがたいダイヤは何とかならないものだろうか。

TJライナーの増発も不満。増発自体はいいのだが、TJライナーだけ優遇するから池袋駅が混乱状態におちいっているし、ほかの電車が低速走行を強要されている。昔、床が板張りの急行で、池袋と志木間が17分だったのに、今は23分もかかることがある。

●よくも致命的なダイヤの欠陥を3年近く放置したものだと思う。有楽町線との直通が始まったときもそうだが、中途半端に急行を増やしてパターンが崩れ使いにくいダイヤが数年続いた。東上線はダイヤの大改正をすると、3年程度は使いにくいダイヤを覚悟しなければならないのか。

●東京メトロの有楽町線と副都心線はどうするつもりだろうか。

|

« 1/21 統一自治体選が近づき・マンションへのビラ配布が話題に | トップページ | 1/25 やっぱり代議士は国家公務員宿舎の建設を推進しているんじゃないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/21 統一自治体選が近づき・マンションへのビラ配布が話題に | トップページ | 1/25 やっぱり代議士は国家公務員宿舎の建設を推進しているんじゃないか »