« 1/2 通販おせちのトラブルから | トップページ | 1/5 永田町方面を警戒 »

2011.01.03

1/2 派兵なしにありえるのか前原の日韓安保同盟構想

前原外相が「日韓安保同盟」と。

この考え方が日米安保と根本的に違うのは、日本が相手国の武力行使を容認したり協力したりするにとどまらず、海外での日本の武力行使が前提にならざるを得ないこと。朝鮮半島有事において、同盟関係があって武力行使を目的に派兵することがないなどと考えられない。

小泉純一郎がイラク派兵について苦し紛れに非戦闘地域とは、自衛隊の派遣されているところ、と強弁したことより悪質である。
日本に何のメリットがあるのかわからないし、この緊張関係の中で、北朝鮮に日本が与しないなどというレベルにとどまらず、助けを求められて出兵する側は日本になることから、非常に危険なにおいがしている。

●仙谷官房長官が問責決議をつきつけられたのも、そもそも前原の勇み足が原因だったわけで、自らの野望というか無謀というか、そうしたものを省みることせずに、次から次に、びっくりするような話を出してくることが、なんとも言えない。

●「坂の上の雲」を読み過ぎの外相らしい。そんなことを認めている首相もひどいものだ。昔なら外相罷免になるような話だと思う。

●統一自治体選挙では民主党を一人でも多く落選させたいと思うことばかりが続く。

前原外相「日韓安保同盟を希望」…韓国紙

 外相はこの中で、「北朝鮮の武力挑発は朝鮮半島はもちろん、東アジアの安定と平和を脅かす行為」と指摘し、「韓国と安全保障分野でも同盟関係を結ぶことを希望する」と述べた。

 外相は「新年の日本外交の最大の懸案の一つは、隣国と堅固な安保体制を構築すること」と強調し、今年初めに訪韓して、金星煥(キムソンファン)外交通商相と日韓の安保協力を協議する考えを示した。

 外相は「日本は過去の歴史について反省すべきことは反省すべきだ」とも述べ、韓国の国民感情への配慮も示した。

(2011年1月3日00時29分 読売新聞)

|

« 1/2 通販おせちのトラブルから | トップページ | 1/5 永田町方面を警戒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/2 通販おせちのトラブルから | トップページ | 1/5 永田町方面を警戒 »