« 11/18 暴力装置という政治学の基礎も知らない自民党の国会議員 | トップページ | 11/18 与党から転がり落ちた自民党は社会党と同じゴネ方 »

2010.11.18

11/18 自動登録でない選挙人名簿の登録者数で一票の格差をはかるべきだ

高校の卒業単位をもらうために、選挙制度改革の論文をもう23年も前に書いた私からすると、今さら一票の価値が0.2票とか騒いでいることが理解できない。

アメリカでも上院選は各州代表という位置づけにされて、各選挙区1人、つまりかなりひどい定数不均衡があるが、それが不正な選挙結果だという意見を聞いたことがない。

私が疑問に思うのは、こうした定数不均衡があっても、3倍程度までなら、大半の選挙区で当選ラインがあまり変わらないという現象がある。地方の人からすると選挙にも行かないような都会人に議席を割り振ることはどうかという疑問もあると思う。

そんなことを考えたときに、日本では選挙人名簿が自動登録になっていることの問題を感じた。選挙人名簿の登録を外国のように登録制にして、登録しなければ選挙にもいけないし、一票の格差は選挙人名簿の登録者数で行えば、実態に近い一票の格差がわかるだろう。

選挙になんか行きたくない、政治を馬鹿にしている、そんな国民は有権者登録しなければいい。そういう国民まで含めて一票の格差なんて語っていることが、まじめに選挙に行っている地域の人からすると、何行っているんだ、ということなのだろう。

まじめに選挙参加しない限り、近代国家での民主主義なんかありえない、という原則をきちんと貫徹させるべきだと思う。

|

« 11/18 暴力装置という政治学の基礎も知らない自民党の国会議員 | トップページ | 11/18 与党から転がり落ちた自民党は社会党と同じゴネ方 »

コメント

そう言えば、10数年前に組織票を批判していた佐高信氏が最近は有権者登録を義務付けて浮動票を無くせ、って主張を変えたんですよね。

小泉の郵政選挙で浮動票が大量に小泉支持へ廻ったことへのショックとも言えるのでしょうけど、ただ組織的な有権者登録で大勢が決まるのも違和感があるし、昨今ではそれこそ政治参加を真面目に考えず俺様の遺志が時代を創るんだとばかりに"参加"する有権者が、率先して有権者登録してしまう危うさがあると思うんですよね。

根本的に変えるとなると、それこそ秘密投票を犠牲にして記名式にしてしまうしか無いのかも知れませんよね。で、その結果起こった政策への責任に就いては、投票者にまで遡って追及する・・・・・何か嫌だなぁ(嘆

投稿: 杉山真大 | 2010.11.19 00:22

極論ですし、今の憲法では無理ですが、制限選挙にして、25歳以上で所得税をある一定額以上納付の者にのみ選挙権を与えるとかにした方がいいかもしれませんね。
低年齢ニート層にこそ弱者は容赦なく切り捨てろという主張がかなり多いようなので、では、選挙からは切り離しましょうと。

投稿: こんにちは | 2010.12.01 16:10

選挙は民意をある程度デフォルメして意志決定できる濾過作用みたいなものがあるのですから、あまりにも機械的に天賦のものとして一票の平等をとらえる考え方ばかり強調すると、いろいろ話をしたくなってしまいます。

ここまで首都圏と地方の格差が広がると、そもそも政治なんかどうでもいいと思っている棄権率の高い地域と、政治がなければと思っている政治参加率の高い地域とが平等でいいのか、という疑問もあります。

棄権率の高い地域で一票の価値を高めれば、喜ぶのは一部の投票に行く集団です。鳥取や島根の1票が1.6倍ぐらいになります。彼らの主張の逆説みたいなことになります。

一票の平等もいいのですが、投票に行かなければ同じです。投票に行ってもらうためには候補者が増えたり、入れ替わったりすることが大切です。そのために、もっと大事なことは開かれた候補者のリクルートシステムの改善と、普通に選挙やったぐらいではつかまらないような平易な選挙運動規制にすることです。

投稿: きょうも歩く | 2010.12.04 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/18 暴力装置という政治学の基礎も知らない自民党の国会議員 | トップページ | 11/18 与党から転がり落ちた自民党は社会党と同じゴネ方 »