« 10/3 選挙の基本を再学習 | トップページ | 10/4 公的医療保険が無駄だという米国民を笑えるか »

2010.10.04

10/4 右翼が申し立てれば起訴相当で、日教組が申し立てれば不起訴相当

右翼が審査を求めた小沢一郎は起訴相当で、被害者の日教組が申し立てた詐欺的行為をした悪徳企業プリンスホテルは不起訴相当って、検察審査会はいい加減なものだと思った。

小沢氏の一件で、裁判で真相を明かせと不起訴という処分そのものが問題になったのに、同じ刀で不起訴相当と議決するのは本当に理解できない。

4億円をやりとりしたことの何が違法なのか私には何度聞いてもわからない。わけがわからないから怪しいと言っているに過ぎないように思う。

政治家どもがお金のやりとりをしていることの違法性より、宿泊を約束してイベント組んだのにドタキャンしたホテルの方が人々の被害に直結しているはず。こっちの方が裁判で真相を明かしてもらいたい。

●小沢氏の一件で、検察特捜の報道がほとんどどうでもいい位置に。いかにマスコミが検察庁の手先かがわかる。
国民も国民である。有罪か無罪かわからないし、4億円が有罪無罪もさることながら、そのことで政治をゆがめて国民に実害を与えたかどうかなんて証明不可能なことの報道、つまりはマスコミ的政局談義にばかり関心を持って、権力が無実の人を犯罪者に仕立て上げ、その人の能力も人権も身柄も人生の希望も奪おうとしたことについて、あまりにも鈍感すぎる。
検察審査員はそういうことに一枚手を貸したと私は思っている。

●NHKが有罪を印象づけるコメントを次から次に紹介して、小沢一郎=クロという印象操作をしている。平均年齢30.9歳の検察審査員が市民感覚なものか。印象で汚い人のことを汚いと言って突き放していられる年齢ではないか。必要悪なことをやって悪者にされたような先輩の話をとことん聞いたことがある人間が5人も10人も集められるとは思えない。

●ニュース9の大越キャスターのコメントはあまりにも主観的で法的理解のない不公正なものだとここのところ何度も感じる。さわやかに語っているがその趣旨は小沢さえいなくなれば政治がきれいなるという政局談義でしかない。

●政局談義をすれば、もう少し小沢氏周辺が、自分たちが思うようにならないときに民主党を壊す恐怖感さえ与えなくなれば、いいのにと思うが、有罪と言い切れないようなことで有罪にして政界から追放すればいいという考えは、相手が選挙で選ばれている人である限り、間違っている。意志決定はそう思わないが、権力の人事こそ三権分立が徹底されるべき。でないと、常勤で身分保護のある行政権、とりわけ国民の自由を剥奪する権利を持つ権力機関にある行政権が暴走することが目に見えている。
不法行為なら、まだ暗殺の方が筋が通っている。昔、NHKが流していたBBSの制作した「野望への階段」を見たい。英語がわかれば日本語のないDVDなら売っているのだが。

|

« 10/3 選挙の基本を再学習 | トップページ | 10/4 公的医療保険が無駄だという米国民を笑えるか »

コメント

菅執行部は小沢氏について「幹事長を辞任して、けじめをつけた」という立場でした。刑事責任と政治責任は別、という見方だったと思うのですが、代表選ではそこをうやむやにして批判していたように見えたのは残念です。しかし、小沢氏も国政への影響を考えて行動してほしかった。

投稿: horace1225 | 2010.10.06 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/3 選挙の基本を再学習 | トップページ | 10/4 公的医療保険が無駄だという米国民を笑えるか »