« 9/3 民主党党首選は東京メトロを改革できる方に | トップページ | 9/4 「薔薇の名前」をもう一度見て »

2010.09.03

9/3 八尾の混乱にみる観光立国政策の過ち

おわら風の盆で有名な富山市八尾町が観光客のエゴに困惑しているという。観光客の都合に合わせて踊らないとか、勝手におしかけてきて言いたい放題という。

私は前、大都市だけどもプライドのない観光地に住んでいた。観光資源が無形文化財ではないので、エゴな観光客による被害は少ない土地柄だったが、一方で観光にたかる業者はひどかった。ラーメン●町なんて、東京でもびっくりするような値段で、横柄にラーメンを出すし、隣町のすし屋●町も、市役所の観光担当課に半ばぼったくり被害みたいなことを訴える観光客が後を絶たないという。

そういうのを見てきた後で、自称二枚目の大臣が観光立国日本などとぶち上げると、そのおぞましい商取引の日常を思い出して、いやなかんじになると思った。八尾町みたいに、日本国中、地域の伝統や生活を観光客の奴隷興業みたいにしてしまうのかも知れない。先日、中華街に行ったが、だんだん観光地化して、どこの観光地にでもあるようなお土産店が増えていたのにびっくりした。私の父の故郷は以前はひっそり静かな城下町で品格があったが、高速道路の開通、そして無料化もあいまって観光地化して、生活に根ざした観光資源や品格はだんだんなくなってきている。

質の高い生活があって、そこにひっそり訪ねて、訪ねたところの人々に人生の考案を与えていただくことに、旅の意味はあるように思う。今そんなことできるのは、宮崎県の日南市の飫肥・油津ぐらいまで行かないと無理かもしれない。

観光といっても、消費生活の延長を地方に持ち込んでも、何か、いつか飽きられ使い捨てされるように思う。そういう意味で八尾はいいものもっていたのに、災難なことだとつくづく同情する。

伝統と観光、揺れる「おわら風の盆」 富山・八尾2010年9月3日19時56分
.
優雅な舞が繰り広げられる道の両側には、観光客の人垣が続く=1日、富山市八尾町諏訪町

優雅な踊りが繰り広げられる道の両側には、観光客の人垣が続いた=1日、富山市八尾町諏訪町
 哀愁漂う胡弓(こきゅう)の音色に合わせ、踊り手が優雅な舞を見せる富山市八尾町の「おわら風の盆」。秋の風が吹く9月最初の3日間に、豊作を祈って地域の軒先を踊り歩く姿を、優美さに魅せられた人が後に続いたのが見物の起こりだ。ただ、人口約5千人のかいわいに、20万人を超える観光客が押し寄せるようになり、「伝統」と「観光」の間できしみが生じている。

 1日午後10時前。石畳の薄暗い通りで、数人の女性ツアー客らが、交通整理をする浴衣姿の男性に詰め寄っていた。「もう帰りのバスの時間。8時半から見られるって聞いてたのに、何も見ないで帰れって言うんですか」。男性は「苦情は旅行会社に言って」とそっけなかった。

 1985年に出版された高橋治の小説「風の盆恋歌」が、おわらブームの火付け役といわれる。

 ただ、現地を訪れても、踊りは簡単には見られない。阿波踊りのような大規模な祭りと違い、11地区に分かれた街筋のそれぞれで計20人ほどの一行がまちまちに踊る。さらに、「御花」と呼ばれるご祝儀を出す軒先で踊りを披露することも多く、50メートル進むのに1時間かかることも。混雑で身動きできないなか、踊りが回ってくるのを2時間以上待つケースも珍しくない。

 鹿児島市などから来た60~70代の女性グループは「ケータイの時代だし、もっと細かい進路を案内してほしい。見る人に喜んでもらってこその、伝統でしょ」。遠くから高い料金を払って訪れたツアー客には特に不満が多い。

 一方、地区をまとめる男性(47)は「自分たちのための伝統だった踊りが、『見せもの』になりつつある。文化を『見せてもらう』という姿勢で来てほしい」と反論する。薄暗いぼんぼりがともる通りで、禁止されたフラッシュの嵐が起こるなど、マナーの乱れも目立つ。「お客さんに来てほしい半分、減ってほしい半分です」

 受け入れる側も手をこまぬいていたわけではない。今年から初めて、踊りを見学できる時間の目安を記したチラシを配った。地元観光協会の職員は「これだけのお客さんを無視もできない。いかに観光と伝統を両立させるか、永遠の課題です」と話した。(高野遼)

|

« 9/3 民主党党首選は東京メトロを改革できる方に | トップページ | 9/4 「薔薇の名前」をもう一度見て »

コメント

そうして考えると、外国人観光客の受け入れってのも考え物だったりするのかも。

確か小樽市でマナー知らずの外国人観光客に手を焼いて「外国人お断り」って貼紙を出したら、市内在住の外国人から人種差別だと訴えが起きたんですよね。確かに人種差別と言われても仕方が無いけど、ただ国内観光客でさえ手を焼いている中で、外国人まで受け入れる余裕が無いって事情は同情したくもなりますよね・・・・・

投稿: 杉山真大 | 2010.09.03 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9/3 民主党党首選は東京メトロを改革できる方に | トップページ | 9/4 「薔薇の名前」をもう一度見て »