« 7/11 与党も敗北・自民党も過半数にはるか及ばず、話し合いの政治を期待 | トップページ | 7/11 千葉法務大臣、党から見殺しに »

2010.07.11

7/11 民主党惨敗の様相

開票終盤になってきたら、少しは民主党にスコアが入ってくると思っていたら、それ以上に自民党にポンポンスコアが入ってくる。落ちると思っていたみんなの党の選挙区候補者が上がってくる。40台前半の議席しか取れないとすれば、イヤでも責任論になるが、後の党首・首相候補がいないし、首相の選び直しでまた一骨折れる思いをすることになるだろう。小沢一郎の動き次第で、民主党は崩壊過程に入るのかも知れない。

その政界再編の台風の目が、みんなの党になれば、12年前から歴史をやり直すことになるのだろう。

民主党の自戒が必要だ。あいつがいなくなればいい、こいつがいなくなればいい、すぐそういう発想になる民主党の凌雲会的な組織運営では選挙が勝てない、そういうことが明らかになったように思う。

菅首相の問題点は、思いつき的発言でしか提案ができないことではないか。消費税増税の打ち上げ方はあまりにも稚拙。ここは党内で様々な批判を浴びても仕方ないと思う。批判能力は高いが、提案能力(技術レベルのものだが)がない。周囲の意見を聞いているのか、と思うところがある。

また昨年9月から振り替えると、余りにも乱暴な政権運営が目立った。
業界団体を正面から締め上げたり、官庁への細かい要請事項までに政党が立ちふさがったり、その割には党に判断力がなかったりしてきた。判断で迷走することも多かった。それを自民党政権の負の遺産の処理に時間がかかっている、という簡単な説明で片づけていて開き直り、問題点を修正するということになかなかならなかった。せいぜい、小沢一郎に対する反小沢という結束があっただけ。
そのことの蓄積が、たえず民主党の単独過半数には反対という世論調査の結果に現れていていた。消費税というのはトリガーに過ぎず、それ以前の政権運営の不徳の蓄積が大きかったのではないか。

●1人区は、予想したとおりの指定席しか民主党は確保できず、他はみんな自民党に取られた結果。

●消費税増税が選挙で敗北というトラウマがまた形成された。これが政治家に続く限り、財政赤字が膨らみ、社会保障政策はみんな小さな政府に向かって動き、国民がはいあがるチャンスの枠はどんどん狭まる。貧乏が貧乏を呼ぶ社会になるだろう。

●民主2人で争っている選挙区の情勢、新自由主義者やインフレターゲット論者の候補が優勢。共産党の中で比較的ましと思われるような候補も落選。民主党が惨敗しただけでなく、その中身もあんまりよろしくないなぁ。

●渡辺喜美が議員報酬3割カットで身を切れって言っている。渡辺自身が亡くなったオヤジの美智雄の政治資金をどう処理したのか明らかにしてから言うべきだろう。政界切っての政治資金を集めていた美智雄の財産を、もし政治資金の名のもとに無税で喜美が相続しているのであれば、全くいい加減な話であるし、創業した会社を売り払ってあぶく銭を稼いだような実業家か二世しか政治家になれない。

|

« 7/11 与党も敗北・自民党も過半数にはるか及ばず、話し合いの政治を期待 | トップページ | 7/11 千葉法務大臣、党から見殺しに »

コメント

そう言えば、Twitterで遣り取りしていると、いわゆるみんなで支えるとかみんなで負担するって考えが、直ぐに全体主義的な搾取のイメージに結びついて其処から「"自由"であれば、誰もが幸福になれる」って考えに行き着いている様に思えちゃうんですよね。ある"みどり派"がリバータリアン支持を主張していたんで、それって早い話ネオリベと同じじゃないって突っ込んだら、「強者の自由」と「人間解放」では意味が違うって反論されちゃいましたけど。
http://twitter.com/nagaseyuki/status/18245977776
http://twitter.com/nagaseyuki/status/18246278634
http://twitter.com/nagaseyuki/status/18247512631

あと気になったのは、意外に鳩山擁護論が多かったんですよね。菅政権やその周辺を批判する一方で、鳩山を犠牲者だとか言っているとか。沖縄まで来て県民を怒らせたことまで誠実さの表われと言っているのだから、ここまで現状認識を歪められるのか唖然としちゃいますよ。
http://twitter.com/hasse_y/status/18007211622

投稿: 杉山真大 | 2010.07.12 00:58

菅首相は理念を訴えるタイプでないせいか、目的が曖昧なまま手段の話をしたり、話が本質からずれたりする傾向があるように見えます。首相の主張を突き詰めれば「社会保障と雇用の安定」になると思うので、そこを強調してほしかった。第三の道や強い経済云々は「説明・補足」、増税は「手段」にすぎないと思います。メインテーマを設定しきれないところがビジョンがないように映ったのではないでしょうか。

投稿: horace1225 | 2010.07.14 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/11 与党も敗北・自民党も過半数にはるか及ばず、話し合いの政治を期待 | トップページ | 7/11 千葉法務大臣、党から見殺しに »