« 6/29 やっぱりHPの更新規制なんてできない | トップページ | 6/30 低所得者に消費税を還付するなら社・共が問題視する逆進性はなくなる »

2010.06.30

6/30 勧善懲悪でしか政治ができないのか

民主党のCMで菅首相が洗濯をするというものを流し始めたらしい(あんまり民放はみないので)。

家事の中でもっともオートメーション化(おっ死語)が進んでいる洗濯は、家事初心者にやってもらうのにうってつけ、いいじゃないのと思ったら、そのこころが。「既得権を含むすべての古いアカを洗い流す」。がっくり。

どうしてこういう勧善懲悪ドラマに話を落とし込まないと選挙ができないのかね。そんなことばっかりやっているから、都合が悪いけどやらなくてはならない政策をやる決断ができないんでしょ。自分たちが成敗される悪役になれないから。
やっている本人たちは龍馬伝のつもりかも知れないが、水戸黄門か暴れん坊将軍。しかも愛嬌がない。
うちの品物いい物なんです、と言えないのだろうかね。他社製品をけなすより自社のセールスポイント、営業の基本でしょ。

●菅首相、科学者の一員だから、洗濯習ったら面白がって楽しみそう。洗濯と靴磨きは、料理よりも理論があって、化学変化があって、難題もあったりして、なかなか楽しい。

●自民党は民放連盟の放送基準から外れるCMを作ったという。出演は電通に影響力の強い小泉家の進次郎氏だから、ごり押しして放送させるんでしょうが。

民主新CM、菅さんが洗濯…自民は進次郎氏起用
 民主、自民両党は30日、それぞれ参院選向けのテレビCM第2弾を発表した。

 1日から全国で放映する。

 民主党の「元気な日本」編は、菅首相(党代表)が汗だくで布をたらいで真っ白に洗い上げ、夏空に布を広げると、「元気な日本を復活させる」とのメッセージが浮かび上がる――という構成。「既得権を含むすべての古いアカを洗い流す」(安住選挙対策委員長)との狙いを込めたという。

 一方、自民党は、小泉進次郎衆院議員を起用した。党のホームページで流したところ、小泉氏の人気の高さもあって好評だったため、テレビでも放映することにした。

 日本民間放送連盟の放送基準には、政党CMの出演者について「党首または副党首に限る」との規定がある。自民党では「総務省からは党首以外の出演に法的に問題はないと回答をもらっている。あとはテレビ各社の判断だ」としている。

(2010年6月30日19時16分 読売新聞)

|

« 6/29 やっぱりHPの更新規制なんてできない | トップページ | 6/30 低所得者に消費税を還付するなら社・共が問題視する逆進性はなくなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/29 やっぱりHPの更新規制なんてできない | トップページ | 6/30 低所得者に消費税を還付するなら社・共が問題視する逆進性はなくなる »