« 2/9 「仕分け人、妻に比べりゃまだ甘い」考 | トップページ | 2/13 検察審査会に小沢氏不起訴不当を訴える市民団体 »

2010.02.11

2/9 死亡と誤診したのは冬眠状態だったのではないか

冷たくなっているホームレスを、救急隊員が死亡と判断して扱ったところ、霊安室でまばたきして生きていたことがわかり、問題になっている。救急隊員への処分も検討されているという。

しかし、人間にも冬眠する機能があるらしいという最近の研究では、冬眠状態であれば誤認する可能性もあるのではないか。
安易に処分すべき問題ではないように思う。とにかく助かったことはよかったと評価すべきではないか。

「死亡」ホームレス、警察の検視室でまばたき
 さいたま市で10日、市消防局の救急救命士らが救急搬送に向かった際、生きているホームレスの男性(51)を死亡と誤認するミスがあった。


 同局の発表によると、同日午前9時40分頃、同市西区のゲートボール場で布団にくるまった男性の意識がなく、冷たくなっているとの110番が住民からあった。警察の連絡で現場に着いた隊長(52)と救急救命士(41)は、男性の体に硬直があり、顔が青白く、体も冷たいことから死亡と判断。現場にいた大宮西署員に引き渡した。

 同署員が遺体運搬用トラックで男性を運んだが、同署の検視室で男性がまばたきしているのに気づき、119番した。意識は正常で、呼吸や脈拍、体温に異状はなく、病院での検査で脳内出血が見つかったが、命に別条はないという。同局は「観察の基本を怠ったことが原因」とし、関係者の処分を検討中。

(2010年2月10日21時53分 読売新聞)

|

« 2/9 「仕分け人、妻に比べりゃまだ甘い」考 | トップページ | 2/13 検察審査会に小沢氏不起訴不当を訴える市民団体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2/9 「仕分け人、妻に比べりゃまだ甘い」考 | トップページ | 2/13 検察審査会に小沢氏不起訴不当を訴える市民団体 »