« 1/2 新政権の成長戦略 | トップページ | 1/7 また保育所を事業仕分け »

2010.01.04

1/3 交通事故死者5000人を切る-道交法規制強化前の半分に

最近はすっかりご無沙汰しているが、以前、脱クルマの運動に関わっていて、自動車による事故死者を何とか少なくしたい、安心して歩いたり遊べる道路を取り戻したい、と話し合ってきた。

安心して歩いたり遊べる道路というのはまだまだだが、交通事故死者が5000人を切ったということは嬉しいニュースである。やはり道路交通法の規制強化が効果を上げている。交通事故の遺族が何度も求めたのに、規制強化では交通事故はなくならないという水をかける議論が続いてきた。

しかし、悪質なドライバーが引き起こす事故や、交通規則を故意に破ったことによる死亡事故というのは思ったより多いもので、ゼロにできなくても、法改正前が1万人前後であったので、やってみれば半減するということが結果となった。あとは、規制規則の強化以外の事故を減らしていく努力と、クルマを使う総量(台数よりも乗る時間や距離)を減らすことが求められると思う。

●一方、自転車については、前より交通規則の取締りは強化されたものの、依然野放しと言ってよい。自転車による交通事故は記録にも残らず、闇に葬られていると言ってよい。とくに高齢者や子どもが巻き込まれた事故など、ほとんど泣き寝入りで、のちのち後遺症に悩まされるケースも少なくない。
そういう中、エコロジストたちは自転車を思想的優位にある交通機関のように言い、埼玉県庁のように、満足に公共交通機関を整備させることもせずに、3人乗り自転車に補助金をばらまくようなことをぶち上げられて、またため息が出てくる。
最近、自転車が歩道を走行することが公然と認められた。一時意識が高まって歩道の自転車は減ったが、再び増加し、危険な運転にもさらされている。子どもが小さいので危険で仕方がない。
また、埼玉県は、公共交通が脆弱で使う風土がないので、自転車やマイカーを使いすぎるところがある。公共駐輪場を整備しても放置自転車の量が多い。それも非常識な止め方をする自転車がほんとうに多い。
安易に自転車を奨励する前に、①公共交通機関、とりわけ補助的な役割を負うバス路線の整備と増発、②自転車の登録ナンバー義務化、③自転車事故の徹底した追跡と取締り(特に人身事故)、④都市のスプロール化を防ぐ都市開発をやってもらいたい。

交通事故死者数:5000人下回る ベルト着用増え--昨年・57年ぶり
 警察庁は2日、09年の全国の交通事故死者数は9年連続で減少し、4914人(08年比241人減)となったと発表した。死者数が4000人台になったのは57年ぶり。事故の発生件数と負傷者数も5年連続で減少。警察庁は、シートベルトの着用者率の向上や悪質・危険性の高い違反に起因する事故の減少などが要因とみている。【千代崎聖史】

 警察庁によると、09年の事故発生件数は73万6160件(08年比2万9987件減)、負傷者数は90万8874人(同3万6630人減)。死者数は過去最悪だった70年(1万6765人)の3割以下となった。一日平均死者数は13・46人で1時間47分に1人が死亡した計算になる。最多は12月28日の29人、最少は1月18日の4人。

 飲酒運転による死亡事故(11月末時点)は264件(08年同期比13件減)で、1161件を記録した00年から9年連続で減少した。

 死者数は1953年に初めて5000人を突破。70年まで増加傾向で、第1次交通戦争と呼ばれた。その後、信号機や道路標識の整備などで減少に転じ、79年には8466人に。だが80年代前半から再び増加傾向となり、88年から8年連続で1万人を超え、第2次交通戦争とも呼ばれた。

 09年の都道府県別死者数は愛知が227人で最多、北海道218人、埼玉207人と続く。少なかったのは島根の33人、鳥取と佐賀の37人など。08年比で最も増加したのは長崎の27人、最も減少したのは愛知の49人。

 警察庁の安藤隆春長官は「約半数は65歳以上の高齢者。総合的な事故防止対策を一層進めていきたい」とのコメントを出した。

3人乗り自転車:購入で3万円補助制度 埼玉県がスタートへ--都道府県初
 高い価格がネックとなって売れ行きが思わしくない3人乗り自転車を購入すると、3万円の助成が受けられる制度が7日から埼玉県でスタートする。助成は前橋市なども行っているが、県警によると、都道府県単位で初めて。3人乗り自転車は昨年7月から販売が開始されたが、「県自転車軽自動車商協同組合」によると、加盟する県内約820の自転車やオートバイの販売店でまだ計数十台しか売れていないという。

 助成を行うのは、県交通安全協会など7団体で作る「幼児二人同乗用自転車普及促進実行委員会」と県、県警の3者。交通安全と子育て支援を目的とし、同組合の加盟店で昨年7月1日~今年3月31日に新車を購入した保護者100人を対象とする。

 3人乗り自転車は子供が幼いころしか使えないのに、主流タイプの価格は7万円前後と一般の自転車より高く、電動アシスト付きだと10万円以上する。6万9800円のタイプが全国で約1000台売れたという自転車メーカー「丸石サイクル」(埼玉県吉川市)の広報担当者は「予想より伸びていない」と話し、同「ホダカ」(越谷市)の企画担当者は「助成が始まればもっと普及するはず」と期待をかける。

 助成の申請には領収書や保証書の写しなどが必要。問い合わせは同組合(電話048・652・2020)。【久保玲】

|

« 1/2 新政権の成長戦略 | トップページ | 1/7 また保育所を事業仕分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/2 新政権の成長戦略 | トップページ | 1/7 また保育所を事業仕分け »