« 12/28 補足・年金積立方式に対する違和感私史 | トップページ | 12/29 禁煙の飲食店が、非喫煙人口に比べて少なすぎる »

2009.12.29

12/29 リアルな労働組合づくりの現場レポート

濱口桂一郎さんのブログの引用ばかりだが、今日の記事「『電機連合NAVI』2009年11/12月号」で、電機連合の加盟組合が労働組合づくりの現場の声を紹介していて、なかなか面白い。

気を遣い根回しをして核になる人を探していく過程、ある程度の数になって説明会を開けば組合に加わってもらいたい人々の突き放した皮肉、それが組合を作る話になっていく過程、描き方がとてもよい。

>・・・こんな場合は罵声のなかでじっと毅然とした態度で我慢し、2分程度言わせておくと急に静になる瞬間がくる。知らない人間に失礼をしている自分に気づく瞬間が同期する。その後、「みなさんがいろんなことを言いたい気持ちもわかります。網羅的な質問を受けても話が進みませんので、私から先に20分ほど説明させてください」と言い、1時間ほど経緯や法律的背景、大義をイッキに話をするのです。そして最後に自分の『想い』である「労働組合は絶対にあった方がいい。みなさんも私と同じように感じているはずです。どうか私にみなさんの力を貸してください」と熱く述べると、その後の質問は一件も出ない。

>説明会の場で『想い』を語る場面を一度見せると、同じように『想い』を語りたがる変な連鎖反応が起きることがある。

組織拡大オルグにくっついて臨時職員の組合加入のよびかけの説明会に行ったときの情景にぴったり。

こういう現場の体験談の積み重ねがなくて、組織化をやったことのない人間が過半数の役員会で、組織化は必要だ、必要だと言い合っているなかで、組織拡大の手法は、マーケティング的な戦略論か、オルグ道という精神論にとどまっているところに、スキルの蓄積が行われていないように思う。

この引用は、組織化の現場で先兵になってやらなくてはならない活動家にとって、どの間合いで何をすればいいのか、次にどんな展開が待っているのか、感覚的にがちっとつかむ内容を持っている。

●世論調査をすると「組合は必要だ」という人がたくさんいるのに、実際に組合づくりに入ると、この紹介記事のようにためにするような文句を言って拒絶されることが多い。
同じことが増税の議論でもそう。増税で社会保障を張り巡らせてくれという世論が強いが、実際の投票行動では増税を主張することは不可能に近いし、減税を主張するとどんなにメチャクチャなこと言っていても前向きなことを言っているように受け止められる。
世論調査というところでは正しい判断をしようとする自分、組合づくりでは組織化される人間として流されないための自分とペルソナを使い分けているのだろう。
世論調査にも、現実の現場にも流されてはいけない、ということと、それに立ち向かっていく根気と場数、ダメもとという達観が必要なのでしょう。
現実に流されやすい実生活を送っていて、自分の戒めとしたいところだ。

|

« 12/28 補足・年金積立方式に対する違和感私史 | トップページ | 12/29 禁煙の飲食店が、非喫煙人口に比べて少なすぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12/28 補足・年金積立方式に対する違和感私史 | トップページ | 12/29 禁煙の飲食店が、非喫煙人口に比べて少なすぎる »