« 11/29 テレビ朝日「スクランブル」に朝霞の国家公務員宿舎建設が取り上げられる | トップページ | 11/30 「ビラ配布お断り」マンションのビラ配布に最高裁が有罪 »

2009.11.30

11/30 週刊ダイヤモンドの謀略史観、今週の主役は労組

またまた週刊ダイヤモンド12月5日号が謀略史観記事。「民主党最大のアキレス腱」。
民主党がうまくいかなかったり、新自由主義者たちの都合のいいように動いていかないところを見ると、必ず出てくる陰謀史観。

書き方はネットウヨやSAPIOが中国・韓国を叩くのと同じ手法。そこらに転がっている断片的な事実をコピーペーストして貼り合わせて、ありもしない陰謀を労組がやっているかのように書き立てる。

厚生年金病院や社会保険病院が残ったのは「自治労の影がちらつく」などと書いているが、残念なことにこれらの病院に自治労組合員はほんとうに少なく、その多くは医労連の組合員か無所属。自治労は、地域医療を充実させるという立場で存続すべきだと考えているが、これらの病院の存続に組織的にはメリットもデメリットもない。抽象的な「地域医療を守ろう」というにとどまり、個々の厚生年金病院や社会保険病院の存廃の運動に関与した事例は少ないだろう。むしろこれらの病院の存続は外的要因による。医療崩壊を受けて、地域の中核的医療機関としてそれなりに機能していたため一律的な廃止はできなくなったということが正しい。ちゃんと調べろ、と言いたい。社会保険とか厚生年金という言葉が出たら、パブロフの犬みたいに、自治労とシナプスをつなげるなって。

42ページの「最強抵抗勢力自治労の闇」なんて笑ってしまう。
この記事の中で書かれている、微罪で処分を受けてねんきん機構に移れない社会保険庁職員の再雇用先の問題も、微罪であることを書かずに、巧妙に再雇用を求める連合や自治労の動きが政治的不正でも働いているかのように書いている。
今問題になっているのは年金記録を不必要に見た職員など微罪の職員だけである。顧客データののぞき見で解雇に至るなど経営者が好き勝手やっている相当のブラック企業である。普通は、始末書書いて、せいぜい降格か減給処分である。そのブラック企業みたいなことをやめるべきではないか、と言っているだけである。それの解決をしなければ法律的にも通らず、長く日本社会に尾を引く労働問題になる可能性が高い。
続く公務員制度改革の話も、自治労を悪者にするためにこじつけた不正確な理解である。自治労は公務員賃金の引き下げには反対しても公務員制度改革は賛成し推進してきた立場である。公務員制度改革は、①キャリア官僚の育成をどうするか、②西側諸国の通常の民主的な、契約的概念を基礎とした責任ある労使関係を構築するか、という改革の話である。したがって公務員制度改革は、賃金の引き下げとも引き上げとも中立な話である。

最後には、横ならび賃金を批判しているが、労働組合の機能は横並び賃金である。そこにパート労働者や派遣労働者、請負労働者が入っていないことが今の問題なのではないか。
経済誌を名乗る以上、アメリカの特殊な経営だけ見ないで、世界標準に近いヨーロッパの労使関係を見るべきではないか。そこでは、労働者の賃金は産業別労働組合と業界経営者団体が労使で職種別に賃金を決めている。労働力の価格は安いところがあればそこがいいように経営者に買いたたかれ、労働力価格がダンピングの対象になるからだ。そういう労務政策は不当なことだという社会共通の価値観があるからだ。だから労働者は労働組合に徒党を組んで経営者と交渉するし、組織を広げていくものなのだ。
そんなこともわからないで労働組合批判を書こうとすることがナンセンスなのだ。

まだ、労働組合なんかない方が社会が良くなる、と明確に言う一部のキワモノのエコノミストの方が正しい認識をしている。

●労働組合が陰謀をはりめぐらせるなどという虚構が成り立つには、労働組合に陰謀組織があるか、組合員に何でも命令ができる強力な支配力が前提でなければ話が成り立たない。労組の言うことを聞かないどころか、むしろ上から目線の組織内議員もいたりして、組合員に支援をお願いして嫌がられたりして手を焼いているこっちの身から思えば、まったく虚構の話である。

●労組専従を「3日やったらやめられない」などと書いているが、それなら労組専従のなり手探しなど苦労しない。貧しい地域ユニオンに比べたら連合系大産別の専従は条件はいいが、現職を棄てたり、中断したりしてやるほどの魅力はない。塩路一郎の話はいつの話だと思う。

●マンションに政治ビラを配布しただけで有罪という最高裁判決。こんな憲法も自由主義も理解できない裁判所は検察と癒着していると言われても仕方がないだろう。
ふつうに運動をやったら微罪で逮捕され社会的生命を失う。選挙に関われば公選法で逮捕されることを始終恐れながら運動しなければならない。国連も問題だと批判している。こんな社会で一人ひとりの市民が政治的発言力を持とうとして連帯することができない。だから労働組合の組織力と政治的関与が目立つだけであって、労組の足をひっぱったところで市民的自由は拡大するわけではない。

●週刊ダイヤモンドは、きちんと個々の記事に署名を入れるべきだ。無責任体制だからこんなでたらめな記事が書けるのだろう。

|

« 11/29 テレビ朝日「スクランブル」に朝霞の国家公務員宿舎建設が取り上げられる | トップページ | 11/30 「ビラ配布お断り」マンションのビラ配布に最高裁が有罪 »

コメント

名誉毀損で次々と訴えたら?
最近、勝率高いみたいじゃない。

投稿: o-tsuka | 2009.12.01 10:32

ダイヤモンド、小池記者でしょ。
現状に不満がある組合員にツテがあって、そこから情報を仕入れており、ガセも多いんですよ。

投稿: いつもはROM専 | 2009.12.02 15:14

とばしたっていいぢゃないか、みつびしだもの(みつを)
というところでしょう。ダイヤは組合が嫌いです。

病院特集を昔やった時も、医療グループによる公立病院買収しか医療を守る道がないような書き方。そこにちょろっと「組合が悩みのたね」というのをいれる。

o-tsukaさん、
名誉毀損で訴える? ご冗談を。SLAPPといって、メディアを封じるのに訴訟が利用されていることをご存じないみたいですね。ここのウェブマスターはそういう手段での対抗を考えられている人ではないと思います。

投稿: max | 2009.12.03 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/29 テレビ朝日「スクランブル」に朝霞の国家公務員宿舎建設が取り上げられる | トップページ | 11/30 「ビラ配布お断り」マンションのビラ配布に最高裁が有罪 »