« 11/24 バスのなけなしの補助金を切る前に高速道路無料化をやめるべきだ | トップページ | 11/25 9億円のおこづかい »

2009.11.25

11/24 計画経済と同じあやまちだ

選挙前から予測されていた民主党のハッタリ政策に、どう帳尻合わせしていくか、七転八倒している政権与党だが、今度は温室ガス25%削減についても、同じようなバタバタをやっているらしい。

温室ガス25%削減にともない、約束したはずの経済成長が思うようない数字にならないからと、その試算を行う専門家を入れ替えるらしい。
結果として、実際に科学的にシビアに数字を作ることよりも、政権の都合に合わせた数字作りをするようになることだろう。

政権は実行可能な見通しのあるプランしか出してはならないように思う。しかし、こうして実行不可能なことを帳尻だけ合わせようとすると、かつての共産主義国の計画経済のような間違いを起こすような気がしている。

温室ガス25%削減影響、「民主応援する人」で再試算2009年11月25日0時8分

 鳩山内閣は24日、地球温暖化対策を検討する副大臣級の会合を開き、温室効果ガス削減が経済に与える影響の試算について、専門家会合のメンバーを入れ替えて再試算する方針を決めた。小沢鋭仁環境相は「鳩山政権のやりたいことを本当に応援してくれる」メンバーを選ぶ考えを示したが、恣意(しい)的な対応だとの批判を招く可能性がある。

 再試算の方針は来週にも「地球温暖化問題に関する閣僚委員会」を開き、正式に決める。

 菅直人副総理兼国家戦略相の下に置かれた副大臣級の会合で24日、専門家7人と5研究機関でつくる「タスクフォース」(座長=植田和弘京大教授)が、10月23日から進めていた試算結果の中間報告をした。試算は、温室効果ガスを2020年までに1990年比25%削減するという鳩山政権の目標が、経済にどのような影響を与えるかを示すものだ。しかし、中間報告の内容は整理が必要だとして、この日は公表しなかった。

 会合後に記者会見した事務局長の小沢環境相は、中間報告について「我が党の政策をとり入れた形での分析になってない」と指摘。タスクフォースについて「今回の試算が最終の結果。(再試算を担当する)チームはかなり変わるんじゃないか」と述べ、メンバーを入れ替えて、地球温暖化対策税や国内排出量取引制度の導入など民主党が掲げる政策の効果や、技術革新の進展などを反映させた試算を新たにつくる考えを示した。

 タスクフォースは、前政権での試算を見直す目的で設置されたが、実際に試算を担当した研究機関は前政権と同じだった。タスクフォースで19日に示された中間報告案では、「90年比25%削減」の場合の家計負担について13万~76.5万円と試算したが、前政権での試算(22万~77万円)と差はあまりなかった。

12月7日から始まる国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に間に合わせるため、鳩山政権は約1カ月で中間報告をまとめるようタスクフォースに依頼。ただ、当初からタスクフォース内には「時間が足りない」と不満が漏れていた。鳩山政権の環境政策についても「分析には具体的な制度設計の情報が必要」などとして、試算には十分盛り込めなかった。(星野眞三雄、竹中和正)

|

« 11/24 バスのなけなしの補助金を切る前に高速道路無料化をやめるべきだ | トップページ | 11/25 9億円のおこづかい »

コメント

正直、このままでは民主党政権はこの4年間で国をめちゃくちゃにして終わるような気がします。

せっかく労働組合が支持する政党が政権に就いたというのに、これでは我が国では労働組合支持政党は政権に二度と就けなくなるでしょう。

ここまで民主党が小泉後継者だとは想像外でした。
この事業仕分けを国民の大半が支持している事実は、実は先の選挙は、小泉構造改革にノー、ではなくて、小泉構造改革を支持した結果の選挙であったのかもしれません。
私は小泉構造改革(特に郵政民営化)に反対の立場から投票しましたが、これでは次回からは投票先がありません。

投稿: 一国民 | 2009.11.25 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/24 バスのなけなしの補助金を切る前に高速道路無料化をやめるべきだ | トップページ | 11/25 9億円のおこづかい »