« 10/19 子ども手当の地方負担金は問題ないのか | トップページ | 10/21 賢明な判断で和光市のホームのパンクを回避 »

2009.10.21

10/21 夜騒ぐ男じゃのう

日本郵政の社長の西川氏を退陣させることに成功したと思ったら、斎藤次郎が出てきた。

不遇な退任の仕方をしたとはいえ、世の多くの人から見れば恵まれ、典型的な天下り役人でぬくぬくとしてきた人間を、よりによって日本郵政の社長の後任につけるとは、センスが悪すぎ。自民党に格好の攻撃材料を与えている。

天下り全廃と言う民主党の方針と矛盾する。十何年民間でやってきたと首相は言っているが、60過ぎた人物を十年以上も囲いこんできた会社とは、監督官庁が旧大蔵省にほかならない。
天下りの弊害そのものである。

もっとましな人事はないのだろうか。

●民主党の天下り禁止の考えは、株式会社以外はダメで、株式会社なら国営企業でも何でも構わないという基準なのか。東京メトロの社長のクビに鈴をつけられないところでもわかる。

●首相の判断で、子ども手当の地方負担金がなくなりそう。まともな判断である。

|

« 10/19 子ども手当の地方負担金は問題ないのか | トップページ | 10/21 賢明な判断で和光市のホームのパンクを回避 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/19 子ども手当の地方負担金は問題ないのか | トップページ | 10/21 賢明な判断で和光市のホームのパンクを回避 »