« 6/11 ホンダ城下町の財政がピンチ | トップページ | 6/15 市内で赤ちゃんが遺棄される »

2009.06.14

6/15 聖域なき乱開発

朝霞のイイダ裏に巨大パチンコ店ができるという。古くて静かな住宅地の真ん中に。

また大きいことはいいことだ的な開発である。

「水と緑に満ちた、やすらぎと生きがいのある朝霞」が朝霞市の総合振興計画のキャッチフレーズ。
パチンコがやすらぎといえばそうだろうし、パチンコで勝つことが生きがいといえばそうかも知れないが、商店街に店がなくて、チェーンの居酒屋と、パチンコ屋しかないこの街に将来性なんか感じない、と思ってしまうのは私だけだろうか。

街の活性化とか発展とか、そういうことで開発をやればやるほど、街から商売がなくなっていく。商売やって地域社会に愛され、金儲けしている商人が少なすぎる。

目の前に朝霞市と新座市の市境がある。その切れ目から朝霞市側は、見事に13~14階建てのマンションが壁のように並んでいて、見苦しい。新座市はほとんどが5階以内、それを越える建物はときどきある程度だ。

|

« 6/11 ホンダ城下町の財政がピンチ | トップページ | 6/15 市内で赤ちゃんが遺棄される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/11 ホンダ城下町の財政がピンチ | トップページ | 6/15 市内で赤ちゃんが遺棄される »