« 4/23 フツーの仕事がしたい | トップページ | 4/26 和光市長選挙への動き »

2009.04.26

4/25 酔っぱらって国益失った人は逮捕されていないし損害賠償も問われていない

草なぎ氏への逮捕に相当厳しい批判が出てきている。まだ世の中救いがあると思う。でも

損害1000億とか夕刊紙が書き立てているが、酔っぱらって国益を損なったヒグマの子のうわばみ大臣もいたっけ。彼が国益を損なった損害賠償はどうしたらいいのか。ワイマール共和国の失敗から、権力には損害賠償をしない方がいいことになったんだっけ。ようわからん。

●「減税ナゴヤ庶民革命」という民主党の市長候補。減税=善という凝り固まった発想が陳腐。持続可能な地域社会と自治体のためにどうしたらいいのか、という観点が必要な状況になってきたのではないか。名古屋は今、減税でお金を戻すよりも、いかに自治体の税金を効果的に使うかが問われているのではないか。一方で、この市長候補、税金の使途を市民の手に戻す、という観点は評価したい。政令市の政策決定や財政は、あまりにも官僚化して、住民主権が空洞化している。
まぁ、この候補、リードしているらしいので勝つのだと思うが、おそらく市長をやってみると、議員のときの評論家的な感覚が変わってくる。それを楽しみにしたい。

|

« 4/23 フツーの仕事がしたい | トップページ | 4/26 和光市長選挙への動き »

コメント

マニフェストづくりに後房雄先生が関わっているそうなので、小中学校区のボランティア議会などの政策はそこら辺からかなという気はします。
減税の方は本人の思い入れが強すぎて止められなかったのかもしれません。
もしかしたら、読み替えをして市民税の10パーセント分を1%条例的に運用してコミュニティの公共サービスに落とすようなやり方もありうるのかなという気もしてます。
だとすれば、面白い気もします。

投稿: wacky | 2009.04.26 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4/23 フツーの仕事がしたい | トップページ | 4/26 和光市長選挙への動き »