« 2/3 就活のバカヤローを読む | トップページ | 2/14 詳しく議論が報じられる市議会の議論 »

2009.02.14

2/13 にわか仕立てのケインジアンの電気自動車振興

この間まで、したり顔して新自由主義的な立場で議論していたのに、にわか仕立てのケインジアンが跳梁跋扈していて、腹が立つ。

その1つが、電気自動車推進論者である。曰く、クリーンだ、曰く経済成長だという。そして税金をむしりとってマイカーを買わせようとしている。

しかし本当に環境によいのだろうか。電気の電源が自然エネルギーでない限り、やはりどこかで石油か原子力を燃やして発電しているわけで、送電ロスや充電池のロスなどを考えると、電気自動車が環境にいいわけがない。都会の喘息問題を解決する程度の意味しかない。しかしそのツケは発電所のあるまちに集中してぬぐうだけである。社会全体での環境効果について、きちんとした説明を受けたことがない。

どうも貧乏人に縁がなくなりつつあるマイカー取得に税金を使うことがどうなのか、私には疑問である。本当に環境のことを考えるなら、公共交通が便利な都会ではマイカーを持たない、そういう生き方ができるようにしていくことが本当の環境対策であるし、公共交通機関を通じた雇用創出になる。

|

« 2/3 就活のバカヤローを読む | トップページ | 2/14 詳しく議論が報じられる市議会の議論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2/3 就活のバカヤローを読む | トップページ | 2/14 詳しく議論が報じられる市議会の議論 »