« 12/15 非正規雇用を真剣に考える流れが | トップページ | 12/16 東京メトロのボヤ »

2008.12.16

12/16 いつまでキヤノン商品を買うのか

キヤノン大分が、大量の非正規労働者を解雇している話で、いろいろ出てきている。

1つは、大手企業の工場は、自治体から大量の補助金、膨大な税免除で誘致された。それに対する、後は野となれ山となれの解雇。経済界が無駄だと言い続けている雇用保険や、生活保護に尻ぬぐいを押しつけている。

1つは大分県杵築市が、キヤノンを解雇された派遣職員の一部を臨時職員を一時的に雇用するという方針。生活保護費を出して放浪させるより、賢明な対応ではないかと思う。
今、世の中で人材不足で困っている仕事の多くが自治体関連の仕事である。そういうところに労働者を再配置することが必要である。それをしなければ生活保護費の増大になってくる。小野善康先生が言うとおり、国や自治体は住民をリストラできない。だったら生活保護を出したり、貧困ゆえのトラブルを起こされるぐらいなら、わずかの間でも、役に立つ仕事をしてもらって、住民にとっても、当の失業者にとっても、いい状況をつくることが必要である。

●それにしても、昔から働く人をいじめているキヤノン。労働組合も連合に入れないよう会社が圧力かけている。そういう会社の商品を買う方が、庶民にとっていいことなのか、もっと考えるべきだろう。

●自民党参議院の鈴木政二はバカじゃなかろうか。民主党が数の力で雇用対策法案を出したことを、ナチスだ大政翼賛会だと言い放った。野党が力があることはナチスでも大政翼賛会でもない。野党の力があることはファシズムだろうか。

●ニュースステーションで、古館は連合が正規職員だけのことしか考えていないとレッテルを貼った。さすが自民党のゲッペルス・電通の影響力の強い放送局、強い番組である。もちろんどうしようもない対応をしている加盟労組、加盟産別もあるが、少なくとも連合は、非正規問題は優先課題と舵を切っている。名誉毀損ではないか。なにをもって正社員のみなどと断定するのか、聞いてみたい。

|

« 12/15 非正規雇用を真剣に考える流れが | トップページ | 12/16 東京メトロのボヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12/15 非正規雇用を真剣に考える流れが | トップページ | 12/16 東京メトロのボヤ »