« 10/3 友人の作った本を買う | トップページ | 10/5 インターネットで手続きできるようにすれば負担軽減になるという国の誤解 »

2008.10.05

10/5 使いにくい今年6月からの東上線

副都心線が開通してダイヤ改正してから、東上線が乗りにくい。

ダイヤ改正のあった6月以降、出張が多かったこと、暑かったこと、ダイヤがわかりにくくなって面倒くさいから通勤以外は電車に乗らなくなったこと、東上線のダイヤが不便になったことを痛感することは少なかった。定期券のルートが地下鉄経由に固定されているので、東上線を使わなかったからかも知れない。

しかし、ここのところ用事が多く定期券の期限が切れて、東上線に良く乗るようになったら、6月のダイヤ改正以降の東上線のダイヤのアラがほんとうによく感じるようになった。副都心線のひどさは格段だが、東上線もひどいものである。

最近、市役所に用事があって朝霞駅から東上線に乗ることが多かったが、朝霞駅はもっと悲惨で、準急が減るわ、急行に接続する各駅停車が減るわで、ほんとうに使いにくい(でも時刻表を見ると接続するようなことになっていて、運転がいい加減なのだろう)。

上りは、和光市で急行に接続するようなダイヤになっているのに、和光市駅の手前で長時間停車して、タッチの差で急行が先に行ってしまうことが多い。下りは、池袋から乗った急行が和光市で地下鉄から来た各駅停車に接続するような案内があるので降りてみると、すでに接続するはずの各駅停車は先に行ってしまって、次の各駅停車は、10分近く来なかったり、次の準急だったりする。

それから、急行が遅くなった。志木から池袋まで、1987年地下鉄直通前は17分。1987年の直通後~2008年6月の副都心線直通までは18~19分だったが、副都心線開通後は上り坂の下りが19~20分、昼間で下り坂の池袋行上りが20~21分。昼間の上りがどうしてこんなに時間がかかるのか。志木と和光市で長時間停車するから。志木で先行する各駅各駅と接続し、長時間停車している間に各駅停車が先に出て、また和光市で同じ各駅停車に追いつくというムダなダイヤを組んでいる。つまり各駅停車と急行が同じ速度で走っているのだ。志木→池袋17.8キロを21分で割ると平均時速50.85キロ。大阪→京都44キロを29.5分で走り平均時速90キロ近い関西の新快速に比べると半分ぐらいの速度である。東上線は毎日遵法闘争だ。

TJライナーだけが志木より遠いふじみ野まで20分で走るが、その前後は、パタッと電車がなくなる。急行も準急も18分も来ない。各駅停車もどういうわけか少ない。後の急行、準急はひどい混雑に見舞われる。●時30分に終わる仕事や用事があって、15分か20分かかって池袋に向かうと、ちょうどTJライナーの出発前後のひどい混雑の時間にぶちあたる。ほんとうにむかつく。
こういうことは低レベルなTJライナーへの誘導策だ。ふじみ野より手前の都会人には迷惑千万なダイヤである。近距離の都会の客を大事にしないから沿線イメージがいつまでも田舎臭いのだ。

また池袋駅のホームの使い方も滅茶苦茶になった。夕方、5番線がTJライナー専用ホームになってしまうため、混雑するのに降車ホームが無くなっていて混乱している。
ダイヤ改正で効率化をしたのか、池袋の電車の折り返し時間が短い電車が増えた。そのことで、ホームでの待ち時間が長く、夕方のラッシュ時間はホームに人が溢れかえって危険な状態になっている。
とくにTJライナーの前後は急行も準急もパタッと来なくなって、ホームに電車がないまま10分以上も乗客を待たせているので、転落者がいつでてもおかしくないほど混雑している。
事故が出て人が死ななければわからないのかねぇ、東上線は。

東上線のダイヤ改正の対応能力は低い。有楽町線と直通した直後も、準急を激減させて、不便を強要された。それまで床が板張りの電車が残っていたのに29分しかかからなかった池袋と川越の間も、35分かかる急行が出てきたし、やっていることがテキトーなんだろう。

●始発駅から定時運転できない東京メトロと、滅茶苦茶なダイヤの東上線が相まって、東上線沿線は交通不便地域に転落しそうだ。沿線のバス網も貧弱だし、これではクルマなしには生活できなくなるかもわからない。

|

« 10/3 友人の作った本を買う | トップページ | 10/5 インターネットで手続きできるようにすれば負担軽減になるという国の誤解 »

コメント

はじめまして、ふじみ野以北のド田舎者であります。毎回、”楽しく”サイトを拝見しております。さっそく、本題にはいりますがダイヤ改正(改悪ですかな)ご愁傷さまでありますと申し上げるべきところですが、ふじみ野より奥のド田舎人にとってはようやく私たちの苦労がわかっていただけましたかといったところであります。沿線イメージが田舎なのは近距離の都会もほかの私鉄の都会に比べると田舎だからではありませぬか?元々田舎だったところがバブルになって似非都会になったにすぎないというのはいいすぎでありましょうか。遠距離のド田舎者からしてみれば近距離の都会の客を大事にするということは私のようなド田舎者は引越ししろとおっしゃるに等しいのではありませんか?イメージイメージのなんでもイメージだけで決まる世の中ですが「ヒガシタケ」も公共交通機関なのですから都会だけでなくド田舎もカバーしなければなりません。ド田舎はバス網はすでに貧弱でクルマなしの生活はできません。これ以上都会の優遇を許せば私たちは電車にのれなくなるということを申し上げておきます。以上、乱文失礼しました。

投稿: ド田舎者 | 2008.10.24 12:28

私は志木~ふじみ野間に住んでおります。
最近は志木止まりが増え、更に急行やらTJやらが駆け抜けていく・・・。
そんな推移を歯がゆく思う沿線住民でございます。
昔は、日中12分に1本、夜も結構電車がありました。
しかし現在、池袋行きの電車が減り、不便になったように思われます。
朝もふじみ野で座席は埋まり、我々は池袋まで立ったまま乗っております。
何か良い方法はありませんかね。

投稿: やや田舎者 | 2008.11.11 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/3 友人の作った本を買う | トップページ | 10/5 インターネットで手続きできるようにすれば負担軽減になるという国の誤解 »