« 10/5 議員間で議論しない国会だから与党は質問が恐いんだろう | トップページ | 10/6 インチキだらけの麻生内閣 »

2008.10.05

10/5 石井一氏は公明党に謝罪すべきだ

民主党の石井一副代表が、テレビで公明党を「ばいきんみたいなもの」と発言した。

敵である与党だし、今さら民主党が政権を取る段になって近寄ってこられても、というメッセージだと思うが、言っていいことと悪いことがあると思う。
率直に謝罪すべきだと思う。

私はここまでくると中長期的にも公明党と選挙協力などすべきではないと思うが、しかし、政権取った後の政策決定や、年金改革や医療保険制度の改革など幅の広い合意が必要なことをする際、協力は欠かせないわけで、感情的に敵対していいことはあまりないと思う。

今、民主党は公明党と一線を引くということがあれば十分だ。

公明は「ばい菌みたいなもの」…民主・石井副代表が連携否定
 民主党の石井一副代表は5日午後のテレビ朝日の番組で、衆院選後の公明党との連携について、「一切ない。選挙前だから、(民主党の)中には、向こうから票やると言ってきたら、もらえるのかなと思う人間もいるだろうが、そんな雑音は聞かない」と否定した。

 そのうえで、公明党について、「ばい菌みたいなものだ。公明党の票を4もらったら、浮動票は6逃げていく」と語った。

(2008年10月5日18時35分 読売新聞)

|

« 10/5 議員間で議論しない国会だから与党は質問が恐いんだろう | トップページ | 10/6 インチキだらけの麻生内閣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/5 議員間で議論しない国会だから与党は質問が恐いんだろう | トップページ | 10/6 インチキだらけの麻生内閣 »