« 7/26 教科書を厚して背筋を鍛えよ、という政府 | トップページ | 7/29 専門に特化している職員の良さ »

2008.07.27

7/27 議会改革を考える・その2

昨日に続いて、市民と議員との条例づくり交流会議に出席。第3分科会、議会改革に出席する。

第一部、広がる議会基本条例では、提起の辻山中央大教授の導入の話が良かった。これまで自治体議会には共同の意思がなく、口利きという個別の行政との密約だけが役立ちの機能としてあった、という提起。その中で自治体にどうやって話し合いの合意形成、議会主義を根付かせていくのかが課題ではないかというもの。
議会基本条例を作った、3自治体とこれから作る動きのあるさいたま市議から報告を受ける。
多摩市の藤原議長は、議長として模範的な発表だったと思う。もう少し裏話をしてくれるとリアルに伝わったのではないと思う。北海道福島町議会の溝部副議長は、ていねいな提起だった。小さな自治体の方がこういう話は進みやすいと実感した。会津若松市の小林市議の話もよかったし、その話をサポートした松崎市議の裏話がまたよかった。さいたま市の沢田市議のこれからの取り組みというところでは、話がいささか散漫になったが、それでも改革の決意や方向性みたいなものは見えた。やり手だという噂を聞いていたが、なかなかの市議だと思った。
議員報酬が安ければいいのか、というのも底流に流れるテーマで、議会の市民参加や情報公開を進めて、特権的な世界で安住しないでいこうとすれば、自治体議員の専業化は避けられず、その職務は高度化していくことから、きちんとした報酬にしていくことが必要ということも意見の合意になったのはよかった。自治体議員のバーゲンセールみたいな改革しか出てこない中で、めずらしくきちんとした議論ができていたと思う。

第二部は、議会基本条例の先に見えるもの、というテーマで、自治体の各種計画策定と自治体議会の関係を議論した。武蔵野市の田村さんの話は興味深く、行政が市民参加を長いこと進めてきた自治体では、議会がまったく立ち遅れたところにいて、いかにも地方議員的なテクニカルな市民参加への揶揄みたいな行動が多い、という指摘をされていた。私もわかった。自治基本条例、議会基本条例を先駆的に策定した北海道栗山町の山本町議は、行政計画と議会の提案とをぶつけて調整していく手法を説明していただいた。飯田市の中島議員には、地域コミュニティーを母体にした議会と市民との協働のあり方を提起していただいた。福島大学の松野教授には、会津若松市の議会改革条例の策定の市民委員として入ったデパートの職員の活躍ぶりを話していただいた。会津若松の話では、地域の有力者やNPOやまちおこし以外の市民が関わったおもしろさが伝わってきた。

第三部は、求められる立法補佐機能、というテーマ。横須賀市議会の議会事務局を経験された田口一博さんが、議会事務局に高度な仕事を要求する前に、その議会が何を事務局に求めているのか明確によせ、という指摘が良かった。また衆議院法制局出身の正木さんからは、議会の立法スタッフの難しい立場を説明していただいた。和光市の井上航議員が、議会事務局が使いにくい面がある、という質問が、参加者の気持ちを一番うまく表してよかったと思う。

●参加者の中に、20年前のアルバイト先の先輩と出会う。三鷹市議の野村羊子さん。お互いあまり変わっていなかった(と思う)。

●右の立場から左の立場まで幅広い参加があったと思う。地方自治を否定しない限り、議会改革は、イデオロギーの問題じゃないんだと思う。しかし、朝霞市議会は、議会改革の中では最もマイルドな請願を、継続審議という形で毎議会店ざらしにして、市民運動をやっている連中に妥協するか突っ張るかの問題にしている。何なのだろうかと思う。
そんなに市長の追認機関でありたいのか、ハーメルンの笛吹市長にどこまでついていくつもりなのだろうか。情けない。

|

« 7/26 教科書を厚して背筋を鍛えよ、という政府 | トップページ | 7/29 専門に特化している職員の良さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/26 教科書を厚して背筋を鍛えよ、という政府 | トップページ | 7/29 専門に特化している職員の良さ »