« 12/19 集団団体交渉を取材 | トップページ | 12/23 山本孝史議員が亡くなる »

2007.12.21

12/20 東上線に新しい特急ができる

少し古い話しになるが、東上線に座席指定特急ができるというニュースがあった。
私の住むところは池袋からさほど離れていないところなので恩恵はないが、遠距離の通勤者はつらいだろうなと思っていたので、いいことだと思う。とくに、有楽町線の開通以来、急行の停車駅がいくつも増え、遠距離利用者にとっては、ひどい状況になっているため、こうした対応は必要だろう。
身体障害者や高齢者などが安心して利用できる電車になるためにも必要だと思う。

しかし、今回の対応には難点もある。

座席指定特急のために入れる新車というのが、長いすとボックスシートを組み替えられる車両だという。一見いい話のように思えるが、実は良くない話なのだ。
今の通勤電車の長いすは7人がけたが、この車両は6人がけになる。したがって従来の通勤電車より着席率が落ちることになる。もちろんボックスシートに変えても座席が増えるわけがないので、何だか意味がわからない車両が入ってくることになる。
座れる特急を走らせるなら、遅延をつくらない程度にドア数を削り、最大限の座席数を確保した車両を用意すべきだろう。

また、停車駅が何だか変である。乗降客数の少ないふじみ野と川越市は余計なような気がする。とくにふじみ野は、東武の住宅販売のためにやるのだろうか。割り増し運賃を巻き上げておきながら、森林公園と小川町の間の複線化のためにお金を使い、そこに住宅開発を行って一儲けした過去を思い出す。

東武鉄道は、特急の愛称を3つ挙げて投票させているが、3つともどうしようもなくダサくて選びようがない。どれも勘弁してもらいたい。これはどうでもいいことだけども。

|

« 12/19 集団団体交渉を取材 | トップページ | 12/23 山本孝史議員が亡くなる »

コメント

座席が回転してロングシートとクロスシートを切替えられる車両といえば、かなり昔に国鉄が試作はしたが導入せず、その後90年代に近鉄が導入(「LCカー」)しましたね。その近鉄で「LCカー」が初登場した日の数日後に、夕方5時半頃に上本町駅で、ホームで先頭に並んでいる(2列乗車です)サラリーマン2人が「オレが先だ!」ととっくみあいのケンカをしているのを見掛けました。後ろに誰も並んでないし、電車もまだ来てないのに…。実際のところ大して快適な車両ではなかったですけど。
東武は今更何やってんでしょうね。

投稿: jiangmin | 2007.12.21 01:20

先程書き忘れましたが、国鉄と近鉄のそれは、通勤電車用の一般車で、特急ではないです。

投稿: jiangmin | 2007.12.21 01:22

座席指定特急走らせるなら、まだ小田急のMSEの方が優等列車としてマトモって気がしますね。特別車両走らせる分だけ一般客に皺寄せが来ても、料金を払ってでも乗る価値のある優等列車としてのレベルは充分満たしているし、平日朝夕のラッシュのみならず休日のレジャー需要もチャンと射程距離に入ってる。兎角小田急って、連続立体高架化をめぐる住民訴訟など評判が悪いみたいですけど、この点についてだけは買っても良いのでは?と思います。

てか、そもそも直接線路が繋がっていない伊勢崎線&日光線系統と東上線系統とが同じ会社で運営されてるってのが、問題の根源なのではないのかと。

投稿: 杉山真大 | 2007.12.21 01:46

座席指定ではなく座席定員制です。
長いすとボックスシートを転換できるのは、日中での運用を考慮した仕様でしょう。
「よくない話」「意味がわからない車両」など、独断と偏見と悪意に満ちた表現は慎むべきではないですか。
ふじみ野停車は上福岡利用者を考慮してのことだと考えます、両駅で11万人超えますから。
川越市停車も、緩急接続すれば霞ヶ関や若葉の利用客も十分見込めます。
ふじみ野での東武鉄道による住宅販売はすでに残り1戸になったようですから、氏の憶測は的外れと言えるでしょう。

ご意見は結構なことだと思いますが、事実を踏まえた上で、客観的な立場からの正当な主張をお願いします。
このようなコメントをしても抹消されるのかもしれませんが…
先日賞賛された早川代議士のように、フェアなご対応を期待しています。

(メールアドレスは迷惑メール回避のためお知らせしていません)

投稿: ある市民 | 2007.12.23 03:12

jianqminさん
私も仕事で三重に通っていた頃、この車両に半分ぐらいの確率で乗りました。快適性が若干上がるけども、やはり座席数が減ることが気になりました。

杉山さん
小田急は60キロぐらい離れたところでも高所得者が住んでいることと、ロマンスカーの歴史が長いから、思う存分専用車を投資できる判断ができるのでしょうね。東上線はこれからですから。

ある市民さん
失礼しました座席定員制ですね。
やはり、私には、座席数が減ることは「よくない話」だと思います。時速60キロ以上の速度で走るものは、基本的には着席、例外立席であるべきだと思います。着席数を削るということは極力避けるべきだと思います。
座席定員制なら、7人がけのベンチ型のシートで定員分の座席料金を取れば、1両あたり6人、10両1編成で60人余計に座席を用意して売れるのではないでしょうか。

椅子の向きを変えるだけなど「意味がわからない」ことです。特急とはこういうものだ、通勤輸送はこういうものだ、という固定観念があるから、席の向きを変えるだけの電車を作ることになるのではないでしょうか。
ラッシュのない日中の運用なら、なおのこと、今のようなベンチ型のシートにする必要はないと思います。また、朝の通勤混雑を挙げる人もいますが、すべての電車が朝のラッシュ時間にかかるわけでもないので、東武が何本この車両を用意するかわかりませんが、その程度の本数なら無理に両方に対応させる必要はないんじゃないかと思います。

ある市民さんも、川越市に止めることは正しいとか、長いすとボックスシートを転換できるのは、日中での運用を考慮した仕様でしょう、とか、一市民というお立場で東武の公式見解でもお持ちなのでしょうか。

私は利用者として、こうではないの?という話をしているわけで、十分な情報公開も説明責任もしない鉄道会社の言い分をあれこれ憶測してふまえてまでものを言う必要はないと考えています。
買ったものは損したと思いたくない、というものわかりのよい消費者が、偽装産品を作る企業をのさばらせるのです。鉄道会社も例外じゃないと思います。買った物が損している、サーヒスが悪いなら悪いと声を挙げることがいい路線と沿線づくりになると思います。

それと、あまり意味のない注意を申し上げます。
リンク元見ましたが、煽っていますね。匿名で安全圏から物を言うなら、そういう卑怯なことはやめるべきでしょうね。人間卑しくなります。

投稿: 管理人 | 2007.12.23 21:18

>小田急は60キロぐらい離れたところでも高所得者が住んでいることと、ロマンスカーの歴史が長いから、思う存分専用車を投資できる判断ができるのでしょうね。東上線はこれからですから。

なるほど、湘南地域は確かに高級住宅地ではある訳ですしね。

ただ、東上線も以前は「フライング東上」とかそれなりに立派な優等列車を走らせていた訳ですから、現に東京~川越を結んでいる「小江戸」@西武新宿線の盛況を見るにリスクは高いとも言い切れないのでは??

投稿: 杉山真大 | 2007.12.26 16:09

タクシー代を考えたら、タダみたいなものですから、成功するとは思うのですが、東武東上線も営業努力をあまりしないものですから、心配もあります。

投稿: 管理人 | 2007.12.29 20:17

そもそも東上線と伊勢崎&日光線が、同じ東武鉄道って会社で経営されているのが必然性あるのですかね?近鉄にしても(軌間に違いがあっても)直接接続されていてネットワークを組んでいる(で、最近になって不採算線は別会社に分離している)のに、間に秩父鉄道が介在していて、それこそ数代前の経営者が同じだっただけで一つの会社になっているのが利用者としては理解に苦しむのですけど。

むしろ東上線は秩父鉄道辺りと統合して、東上線で最適なサービスを目指しておいた方が宜しいんじゃないですかね?東上線を分離した伊勢崎&日光線は、その分だけ経営に集中できる訳だし。

投稿: 杉山真大 | 2007.12.30 18:12

東上線はドル箱路線でしょ・・・分離されたら本社(伊勢崎&日光本線)がこまるでしょ?

投稿: TK | 2008.02.11 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12/19 集団団体交渉を取材 | トップページ | 12/23 山本孝史議員が亡くなる »