« 11/4 小沢党首の辞任 | トップページ | 11/7 島本慈子さんに会えなかった »

2007.11.06

11/6 慰留しちゃって大丈夫なの?

民主が小沢氏を慰留しているが、慰留に成功しても大丈夫なのか心配である。プロ筋の人たちは、今回の大連立話の裏側について、いろいろ危ない話を推測している。

その証拠かどうかしらないが、守屋疑惑の話は、大連立の話し合いの後、ぴたっと小さくなってしまった。どうでもいいようなニュースも含めて連日わあわあ報道していたのと対照的である。

小沢氏を放ってしまうと道連れに離党者が出て、参議院での過半数を取り返される可能性があるという心配はわからないでもないが、過去、民主から離党して与党入りした人にうまくいった人は少ない。そういう過去の実績から考えると、離党者が数人出てもそんなに傷が痛むことにならないのではないかと思うのは甘いだろうか。

一方、慰留に批判的な前原氏は別の意味で吠え立てているが、支持率最低までもっていった元党首は、相当厳しい自己批判しない限り、ほえる資格はないのではないかと思う。

私のような俗論はともかく、山口二郎氏の見解を紹介する。
07年11月:小沢辞任の意味
07年11月:大連立という幻


●NHK朝の7時のニュースで、あまりにも身勝手な自民党の言い分を、伊吹幹事長のインタビューとして7分も垂れ流した。また与党報道局になりかけている。くわばらくわばら。

|

« 11/4 小沢党首の辞任 | トップページ | 11/7 島本慈子さんに会えなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/4 小沢党首の辞任 | トップページ | 11/7 島本慈子さんに会えなかった »