« 11/2 歴史のねじを歪める人たち | トップページ | 11/6 慰留しちゃって大丈夫なの? »

2007.11.04

11/4 小沢党首の辞任

民主党の小沢党首が辞任。
不評な大連立を勝手にやろうとして、認められなかったという、話の筋からは妥当な解決であろうが、野党陣営全体のダメージは避けられない。
今回の大連立話以外は、これまでの小沢氏の対応は堅実であり、民主党の歴史始まって以来の落ち着いたものだった。その路線はできる限り踏襲すべきだと思う。そういう意味で、毎度党首選挙をめぐって、つまらないかけひきで混乱をもたらすのが心配。前原派の阿波狸や京都の不平士族がざわつくような党首選挙は回避した方がよさそうである。代表代行という職があるから、当面は代表選を行うべきではないと思う(副とか代行とつく仕事は代表が職務遂行できなくなったときに代わる職だが、日本ではそういう使われ方をしたことがないなぁ、と思う)。

ちなみに言うと、前原派の面々は、これまで口を開けば小沢批判をしていたが、それは自民党と対立ばかりしていてどうするのか、という内容である。今回、小沢一郎がこのような顛末になって、前原派はここぞとばかりに振る舞うのは目に見えているが、自民党と話し合えと言ってきた彼らがそのような振る舞いを見せれば、自己矛盾である。

【追記】
民主党幹部は代表辞任を慰留するようだが、みっともない感じがする。民主党は未練がましいところがいつも無様に思う。
ただ、小沢一郎は、小沢チルドレンの参議院議員をひきつれて与党入りする可能性も棄てきれず、それをさせない言質を取るためではないか。
これほどまでに小沢一郎をかき立てる原因は何があるのだろうか。その解明も必要だろう。これまで民主党運営をうまくやってきて、選挙で勝てないにしても、大連立で失敗するリスクより、そのままやっていく方がよかったはず。たかが海外派兵の政策1つのために、純粋なおもいで禁じ手を打つとは思えない。

|

« 11/2 歴史のねじを歪める人たち | トップページ | 11/6 慰留しちゃって大丈夫なの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/2 歴史のねじを歪める人たち | トップページ | 11/6 慰留しちゃって大丈夫なの? »