« 10/30 障害者や母子家庭を切り、スポーツ予算は10倍増の8000億円に | トップページ | 10/31 鳩山邦夫氏を証人喚問せよ »

2007.10.30

10/30 いったい誰のPRなのか

食品に関する表示偽装があちこちで摘発されている。第一義的には、偽装する業者が悪いに決まっているが、こうあちこちで出てくるというのは、業界の常識だったのだろう。食品業界でアルバイトしている人たちは、製造している自社の食品について、ほとんど良く言う人はいなかったことも思い出す。

ただし、今回、あまりにも同じパターンで同じような情報が流れていることに、作為的なものを感じざるを得ない。この程度の偽装は、どこでもありふれた話であるし、過去、内部でいろいろな思いをした人があちこちで取り締まる監督官庁等に垂れ込んでいたことがあったろう。それらはみな握りつぶされてきたと思って間違いないと思う。

妄想に近いものだが、今回の日本の食品業界の信用失墜で得をするのは誰か、なんて考えると、アメリカの食肉業界とか、過去、日本の食品安全基準の規制と国民感情の要求の高さに痛い目にあった人たちが、PR会社雇って、様々な情報を新聞や週刊誌に持ち込んでいるからではないかと思うこともある。

摘発されるパターンが類似していることが怪しく感じる。

●食品安全に関するマスコミの報道がいやらしい。守屋氏の問題もそうだが、最初にいろいろな情報を入手しているはずなのに、毎日小出しに、それも話の本筋とは違うスキャンダルまでほじくり返して、垂れ流している。私の職場も過去にそういうかたちでマスコミにやられた経験があるが、検察がマスコミに証拠情報をリークすることを通じてスキャンダル報道を制御しているらしいという話を聴いたことがある。

|

« 10/30 障害者や母子家庭を切り、スポーツ予算は10倍増の8000億円に | トップページ | 10/31 鳩山邦夫氏を証人喚問せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10/30 障害者や母子家庭を切り、スポーツ予算は10倍増の8000億円に | トップページ | 10/31 鳩山邦夫氏を証人喚問せよ »