« 8/5 町村氏のデマ流布を煽る田原総一郎 | トップページ | 8/8 埼玉県南部は教員の数が少ない »

2007.08.07

8/7 3年以上もプレハブ校舎で我慢する第4小学校

第4小学校にお子さんを通わせている保護者から、耐震強度の問題で今の校舎が使えないとされた後、建替える校舎が入札のごたごたで建て替えが進まず、3年も4年もプレハブ校舎で勉強させられる、というメールをいただいた。ひどい話である。

今日、朝霞市がそのことを釈明する回答をHPで公表している

疑問は2つある。一つはなぜいまどき、指定された業者の中だけでの指名競争入札をしているのかということ。もう一つは、市民センターとか、児童館とか、小規模公園とか、公設民営の保育園とか、次から次に落札されているのに、どうして第4小学校だけ落札がないのだろうか。逆に考えてもいいかも知れない。第4小学校の応札者がいないのに、市民センターとか、児童館とか、小規模公園とかにはどうして落札者があるのか、ということ。

1つめのことについては、いまや入札は、よほどの困難な事情がない限り、どの業者でも参加できる一般競争入札にすべきだというのが世の中の流れである。指名競争入札は、談合や談合にまつわる不正行為の温床である。応札する業者が数社しかないし、お互い顔も担当者もわかっているから、その業者どうしで値段だけ打ち合わせればいい。また新規参入業者の参加も阻んでしまう。そこへ政治家や天の声が口を挟んでくると最悪の展開になる。
一般競争入札になったからといってただちにきれいになるわけではないが、他に公正な手段を設計する能力がないなら一般競争入札であるべきだろう。まして、これまで税金で工事を請け負ってきた公共工事の関連業者が、応札拒否でサボタージュをしているなら、特定の業者を保護などする必要もない。大胆に一般競争入札にして、地方の中堅ゼネコンにでも仕事をあげたらいいと思う。
そもそも、学校建築のように設計も基準も明確な建築物については、施工業者については一般競争入札にすべきところだと思う。よっぽど個性的な建築物なら、設計士がしつこいような監理をするだろうし、標準的な建築物なら手抜きチェックを中心にやればいいからだ。

2つめの疑問は、学校建築が不当に単価が安いか、逆に、他の公共工事が技術や求められる能力の割りに高いということがあるからだろう。

いずれにしても、耐震問題だということで、突然慣れ親しんだ校舎を追い出され、耐震基準はクリアするのかも知れないが、歩けば振動が起き、自衛隊の訓練の騒音に何の抵抗力もなく、施設設備に限界のあるプレハブ校舎で3年も4年も過ごさせるというのは、教育権への侵害ではないだろうか。教育をさせる義務ばかり強調されるが、当の子どもたちの権利として考えてみたら、もっと開校時期の繰上げに市役所は努力すべきなのではないだろうか。

|

« 8/5 町村氏のデマ流布を煽る田原総一郎 | トップページ | 8/8 埼玉県南部は教員の数が少ない »

コメント

四小では、16年に行われた耐震診断で旧校舎が不適合とされ、子どもたちは、17年9月から、プレハブ校舎で過ごしています。

現時点の市の計画通り、22年4月に開校したとしても、通算5年間のプレハブ生活です。プレハブ校舎は陸上自衛隊訓練地のフェンスの横に位置しています。

この秋、プレハブ校舎移転後初めての観閲式訓練が行われます。

観閲式訓練のたびに、空が暗くなるほどの数のヘリコプターが校庭の上を飛び交い、校庭の横を戦車やランチャー砲を抱えた隊員が走ります。通常の会話もできないほどの騒音に、悩まされてきました。

これは、敷地内建替えを強く求めなかった理由のひとつなのですが、プレハブ校舎を卒業した子どもたちが通う新一中前では、高層ツインタワー型公務員宿舎が建てられようとしています。

こんなことになるなら、一中跡地への建設を待たず、新一中の前にでも横にでも同時に計画してもらうように求めればよかったです。

旧校舎の耐震強度不足への対応としては、プレハブ校舎を立てただけで放置されたままで放置です。子どもを通わせるものとして、大きな地震のニュースの度に、大きな不安にこころが揺さぶられます。

投稿: i☆f | 2007.08.07 14:42

広報あさか10/15号から、朝霞市の財政状況についての特集が始まっています。

ーーーーー
これから少子高齢化が急速に進んでいくと,将来、新たな支出が増えることが予測されています。そのほかにも、朝霞第四小学校改築事業(予算額33億円)、朝霞第五小学校改築事業(予算額45億円)や、市内の公共施設の耐震化,老朽化に対応するための改修事業に100億円を超えるお金が必要になります。
ーーーーー

という記述がありますが(7P)、

移転延期説明会では27億の予算との説明でしたから、6億円もの上乗せです。

次回入札は来年1月を予定しているそうです。

副市長が「次の入札では、指名停止が解ける企業体が応札してくるので、大丈夫」というようなことを答弁していたとのことでしたが、指名停止が解ける企業体のために6億円上積みされたってことでしょうか。

朝霞第五小学校改築事業(予算額45億円)も大きいですね。豪華過ぎると批判を浴びた1中のことを思います。

投稿: i☆f | 2007.10.21 18:54

なんか、耐震強度という理由ではありますが、小学校改築がますますうさん臭い話になっていますね。

公共工事を担うゼネコンが示し合わせてストライキやれば、税金をどんどんむしれる構図です。それに対抗もできない市役所に呆れてものが言えません。

投稿: 管理人 | 2007.10.22 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8/5 町村氏のデマ流布を煽る田原総一郎 | トップページ | 8/8 埼玉県南部は教員の数が少ない »